牛肉 松屋に関するニュース

【衝撃事実】吉野家で「牛丼の肉抜き」を注文してみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月03日06時00分

牛肉抜きも対応してくれる? とはいえ、お客さんの要望に何でもかんでも対応するのはさすがに厳しいはず。例えば「牛丼の牛肉抜き」なども対応してもらえるものなのでしょうか。 おそらく、牛肉とタマネギを混ぜて煮込んだ状態で大量に用意しているはずなので、牛肉抜きで注文されるのは相当な手間がかかってしまうはず。僕が店員さんなら断りたいです。でもせっかくなので試してみ [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

店舗が増え、米国産の牛肉が不足し価格が高騰してしまった。そして値上げをして、一部にフリーズドライという研究中の、いわば乾燥冷凍加工肉を使うようになった。それで味が落ちて、それまでのお客様が離れてしまったのです。 【弘兼】吉野家のキャッチフレーズである、「うまい」「やすい」「はやい」のうち、先の2つが崩れてしまった。 【安部】簡単に言えばそういうことです。私 [全文を読む]

松屋フーズ過去最高益の立役者 「松のや」社長が語る「とんかつビジネス」最前線

文春オンライン / 2017年05月29日11時00分

――大阪に長くいらしたとのことですが、西日本には「肉といえば牛肉」という雰囲気がありますよね。全国展開するとんかつ事業を手がける中で西は鬼門じゃないですか? 佐藤:いやこれがそうでもないんですよ。西で初めて出したとんかつ店は大阪の難波にある「なんさん通り店」なんですが、実はここ、全国の中でも売上の高い店の一つなんです。わたしも出店当初は「西で豚はどうなん [全文を読む]

【最強グルメ】本物の牛肉の味を堪能できる本物すぎる牛丼屋! 秋葉原「サンボ」が激ウマ! 携帯禁止

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年05月25日06時00分

パッと見た感じ、具の大半が牛肉で、タマネギの比率が極端に低くなっていることをご確認いただけるだろうか。 もちろん、サンボの牛丼にもタマネギは使用されている。かなりじっくりと煮込まれているため、溶けて原型をほとんどとどめていないだけなのだ。タマネギの姿を確認できても、かなりドロドロに柔らかくなっている。 本物の牛丼の味 気になる味の方だが、ひと口食べればチェ [全文を読む]

【実食】ふんわり月見とろろとプレミア肉の相性が最高!松屋の“プレミアム定食”は丼にして食べてみて

えん食べ / 2014年08月12日11時30分

松屋で先月より順次導入されている“プレミアム牛肉”を使った新メニュー「プレミアム牛皿 月見とろろ定食」が、8月11日の15時に発売された。 ということで、えん食べ編集部も発売日の15時ぴったりに食べに行ってみることに。 最寄りの松屋に着くと、ちょうど店員さんが券売機を操作してメニューを追加しているところだった。食券を購入、価格は590円だ。ちなみにイートイ [全文を読む]

松屋フーズ初!牛めし味の「牛まん」が登場

Walkerplus / 2017年04月17日12時28分

松屋フーズは、「Yahoo!ショッピング」内の「牛めし松屋・ヤフーショップ」限定で、同社初となる「牛まん(牛肉入り中華まん)」(10個冷凍3480円/送料込)2種類を、4月29日(土)の“4(よい)2(に)9(く)の日”から発売開始する。 新発売となる「牛まん」は、中華の巨匠・金萬福(きんまんぷく)氏が監修。実際に松屋店舗で販売している「牛めし」の材料と同 [全文を読む]

牛丼が「三社三様」の変革期に突入 過去の常識は通用せず?

NEWSポストセブン / 2014年08月13日16時00分

ところが7月に使用する牛肉を冷凍肉からチルド肉に切り替えた「プレミアム牛めし」を発売。「究極の牛めし」「社運をかける」という緑川源治社長は意気込んだ。ちなみに現場のスタッフからは「確かに好評だけど、きちんと作ると牛めしだけでこれまでの何倍も手がかかる。正直、現場の負担は増えるばかり」との声も聞こえてくる。 吉野家は今年4月、味の改善を狙って、牛肉のカット厚 [全文を読む]

牛丼「松屋」一人負けのワケ 業績の見通しに暗雲

ZUU online / 2017年06月03日10時30分

その荒波を航行する牛丼御三家のうち、松屋を展開する松屋フーズ は、業績の見通しに暗雲が立ち込めているが、その理由は?■コスト上昇が直撃 松屋の厳しさがにじみ出る牛丼の原材料のうち、最も価格に影響力を及ぼすのが牛肉のショートプレート価格だ。日本食肉流通センターの集計によると、首都圏における最も取引量の多いアメリカ産のショートプレート1キロ当たりの価格は、直近 [全文を読む]

衝撃の新商品登場!松屋の牛めしをうどんで再現

Walkerplus / 2015年09月28日12時39分

味付けされた牛肉や香ばしい揚げ玉、ネギとタマネギが入ったかやくも、アクセントを加える。 松屋の看板をイメージしたパッケージはインパクト十分。広く愛されている松屋の「牛めし」同様、思わずかき込みたくなる一杯に仕上がっている。【東京ウォーカー】 [全文を読む]

松屋「適正価格」の「プレミアム牛丼」で万年3位脱出なるか

NEWSポストセブン / 2014年07月22日07時00分

「折からの円安基調で輸入牛肉など原材料のコストが高騰しているのに加え、家賃や光熱費も上がる傾向にあります。さらに、すき家を襲った人手不足に端を発して各社とも人件費の上昇圧力に悲鳴を上げています。 幸い、昨年から吉野家が火をつけて他社も追随した単価の高い牛鍋商品や、キムチやサラダなどサイドメニューが好調なおかげで上位3社の客単価は目立って落ちていませんが、 [全文を読む]

松屋、牛めし変えるってよ…!これまでと“別次元の旨さ”を目指した「プレミアム牛めし」を試食

えん食べ / 2014年07月18日11時30分

プレミアム牛めしのポイントは、「牛肉」「品質管理」「タレ」の3点。従来の冷凍肉ではなく北米・カナダ産の“チルド肉”を使うことで、社長いわく「目からウロコの食感」を実現したといいます。 また、仕入れから店舗まで徹底してチルド管理することで、酵素により熟成が進み、肉のうまみ成分が増すのだそう。肉に併せてタレも原料から見直し、牛肉本来の旨みを引き出せる無添加タ [全文を読む]

牛丼業界に新顔が参戦! 東京・新橋で話題の「肉めし」の実力とは?

週プレNEWS / 2013年11月20日06時00分

牛肉を主体とした具がご飯の上にのる、という点では3大チェーンが提供する牛丼と同じだが、実は見た目も味もレシピもまったく異なる。特製ダレでタマネギ、こんにゃくとともにやわらかく煮込まれた牛角切り肉がゴロゴロ盛られ、さらに、同じタレで煮込まれた4分の1丁分の豆腐が、牛肉に張り合うかのようにデーンと横たわっているのである。 具の材料となる角切り肉は、国産牛(!) [全文を読む]

「松屋の牛めし」と「吉野家の牛丼」、仕分けすると吉野家が× その理由とは?

AOLニュース / 2013年10月25日14時43分

すると、「牛めしの原材料は、牛肉、たまねぎ、ご飯、それからタレを使っています。ポスターにあるように、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料は一切使っていません。それから、そのほかの合成添加物も一切使っていません。また、天然添加物も使っていません」とのこと。 公にしている宣伝文句や消費者への問合せ対応から判断して、「食べても良い」メニューと同書では紹 [全文を読む]

牛めしの名脇役!松屋の「黒胡麻焙煎七味」が全国販売

Walkerplus / 2017年05月24日14時54分

牛肉の旨味を引き立てすっきりとした後味が特徴で、プレミアム牛めしのお供として提供されている「黒胡麻焙煎七味」。これまでは関東地方を中心とした店舗でしか味わうことが出来なかったが、全国の松屋店舗で販売開始となった。 松屋オリジナルの黒胡麻焙煎七味は、香ばしい黒胡麻と山椒の豊かな香り、唐辛子のピリッとした辛みが、煮物や炒め物など幅広い料理の旨味をより一層引き [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

さらに、「これまでの“牛肉信仰”が崩れ去っている」と指摘するのは、外食ジャーナリストの中村芳平氏である。 「TPP(環太平洋経済連携協定)を先取りする形で、米国産や豪州産牛肉の輸入が拡大し、食品スーパーに行けば大型のステーキ肉が安く買えるようになりました。国産牛でも300g~500gクラスが閉店間際に行けば500円以内で投げ売りされている。 これだけ家庭で [全文を読む]

松屋の牛丼が“ライスバーガー”になって登場 しかも家庭向け冷凍食品だ!

えん食べ / 2013年02月15日14時40分

「牛めしバーガー」は、松屋秘伝のタレをベースに煮込んだ牛肉・たまねぎを、醤油風味で香ばしく焼き上げたライスパテでサンドし、冷凍に仕上げた商品。調理方法は、凍ったままの牛めしバーガーの袋に切り込みを入れ、電子レンジで温めるだけでいいそうです。 販売される1セット(1袋2個入り × 5袋 = 10食)の価格は2,980円(送料込み)。発売から1か月間は、限定 [全文を読む]

牛肉のやわらか煮をふわふわ卵でとじた「プレミアム牛とじ丼」、松屋に--生野菜やお新香のセットも!

えん食べ / 2016年09月05日07時30分

これは、やわらかく煮た牛肉に特製のタレを合わせ、ふわふわの卵でとじた新メニュー。化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料は不使用。みそ汁が付く。 また、プレミアム牛とじ丼に国産生野菜やお新香がセットになった「プレミアム牛とじ丼生野菜セット」(並630円~)と「プレミアム牛とじ丼お新香セット」(並590円~)もあわせて用意される。 なお、持ち帰りの場 [全文を読む]

日本が勝手に合意をアピールするTPPで実際に安くなる品目リストは?

週プレNEWS / 2015年11月09日06時00分

例えば、牛肉の関税率38.5%は、TPP発効時に27.5%、16年目に9%に。 アメリカ産牛バラ肉を使う吉野家の牛丼(並・380円)の価格は、「吉野家の牛丼1杯の牛肉の原材料費は約90g・155円。今はココに43円の関税がかかっていますが、TPP発効1年目に31円、16年目に10円になります。外食業界は値下げ効果で売り上げが伸びる“価格弾力性”を想定して値 [全文を読む]

牛丼業界、不毛な価格競争&疲弊の戦犯は、「リーダー」すき家である

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

2003年にBSE(牛海綿状脳症)問題でアメリカからの牛肉輸入が停止する以前、すき家は吉野家という帝王を追う少壮気鋭の挑戦者にすぎなかった。 しかし、同騒動で吉野家が長期の牛丼販売停止に追い込まれる中、すき家はオーストラリア産の牛肉使用によって一時停止した牛丼販売を早期に再開、さらに値下げ戦略とバラエティに富んだメニュー展開などで、結果的にファミリー層の需 [全文を読む]

エースコック 松屋監修 牛めし風うどん 新発売

PR TIMES / 2015年09月17日11時56分

■かやく: 程良く味付けした牛肉をメインに、香ばしい揚げ玉、色調の良いねぎと調理感のある玉ねぎを加えて仕上げました。 ■パッケージ: 「松屋」の看板をイメージした、親しみやすさとインパクトのあるパッケージに仕上げました。 【商品概要】 ■商品名: 松屋監修 牛めし風うどん ■内容量: 92g(めん70g) ■かやく: 味付牛肉、揚げ玉、ねぎ、玉ねぎ ■荷 [全文を読む]

フォーカス