松屋 吉野家の牛丼に関するニュース

「松屋の牛めし」と「吉野家の牛丼」、仕分けすると吉野家が× その理由とは?

AOLニュース / 2013年10月25日14時43分

まず、松屋の「牛めし」。こちらは、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料の不使用を大々的に宣伝しているので、安心しやすいメニュー。ただ、他の調味料が使用されていないか不明のため、著者で科学ジャーナリストの渡辺氏が松屋に直接問い合わせました。すると、「牛めしの原材料は、牛肉、たまねぎ、ご飯、それからタレを使っています。ポスターにあるように、化学調味 [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

※「吉野家」の吉野家ホールディングス、「松屋」の松屋フーズ、「すき家」「なか卯」のゼンショーホールディングス ■弘兼憲史の着眼点 ▼「優秀な奴は安い」非学歴主義の底力 1949年生まれの安部さんは、僕と2つ違いの同年代です。僕たちの世代にとって、牛肉は高級品でした。牛丼を初めて食べたときは、世の中にこんなに美味いものがあるのかと思ったほどです。 それ以来 [全文を読む]

【驚愕】地方出身者が東京に出てきて驚いたこと11選 / 牛丼がウマイ

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年02月11日06時00分

その後、松屋は味噌汁が無料ということを知り、松屋に行く機会が増えたそうですが、それでも「最初に食べた吉野家の味」は最高の美味しい思い出として今も記憶に残っているといいます。 便利すぎてビビってしまう 他にもたくさんの意見が寄せられましたが、全体的には「便利すぎてビビってしまう」という意見が多くなっていました。 電車やバスの便利さや、ほしいものが何でも揃っ [全文を読む]

スガシカオが満足する「牛丼の紅しょうが」 20袋必要と判明

しらべぇ / 2016年04月12日17時00分

怒られていたが、むしろ優秀なスタッフではないだろうか?(2)松屋は「もらい放題」吉野家と同様に紅しょうがをもらえる上限を聞いたところ、「もらい放題」であった! 在庫があるかぎり、どれだけもらっても問題ないとのこと。(3)すき家なお、すき家を訪れたのだが、こちらも「もらい放題」。松屋とすき家であれば、スガシカオもスタッフも安心のサービスをしてくれるとわかった [全文を読む]

日本が勝手に合意をアピールするTPPで実際に安くなる品目リストは?

週プレNEWS / 2015年11月09日06時00分

外食業界は値下げ効果で売り上げが伸びる“価格弾力性”を想定して値決めするので(原材料費の値下がり分の1.5倍が妥当とのこと)、これを加味すると1年目は約20円安の360円、16年目には約50円安の330円になる可能性があります」(百年コンサルティング代表・鈴木貴博氏) 松屋の牛めし(並・290円)もアメリカ産バラ肉を使用。肉の量は1杯64gで、TPP後の価 [全文を読む]

まさかの牛丼400円も…吉野家大幅値上げでマクドナルドの復活もある?ってホントか

週プレNEWS / 2014年12月30日06時00分

“三大チェーン”の一角である松屋は、すでに7月から関東圏の店舗で、使う牛肉の質を高めた「プレミアム牛めし」(並盛380円)を導入し、実質値上げに踏み切っている。 すき家は291円で頑張っているものの、もはや“安くてうまい”牛丼は風前の灯(ともしび)! 「牛丼チェーンの抱える構造的な問題なのですが、看板メニューである牛丼は利益率がとても低い。人件費と原材料費 [全文を読む]

【衝撃】くら寿司が『牛丼』発売!魚介だしベースで牛丼屋も真っ青なウマさ

しらべぇ / 2016年11月02日18時00分

吉野家の牛丼(並)が380円(税別)、松屋の牛めし(並)が290円(税別)と比較しても「くら寿司」の牛丼は強気な価格だが、充分に満足できる美味しさだ。牛丼販売のタイミングに併せて、一時販売を休止していた『7種の魚介だれ すしやの天丼』も平日限定で発売を再開する。こちらも、はしでつまんでもヘタレない本格的な「えび」と「いか」を贅沢に使用している。注文を受けて [全文を読む]

牛丼、500円時代突入か 吉野家の仕掛けた鍋戦争、すき家を“瀕死”に追い込む

Business Journal / 2014年12月08日06時00分

ちなみにすき家は同1.4%増となり7カ月連続で前年実績を上回り、松屋フーズの「松屋」は同0.9%減だった。●すき家、店舗閉鎖と初の営業赤字に [全文を読む]

消費増税でも値上げ感を出さない、飲食店の“こっそり値上げ術”

週プレNEWS / 2014年03月26日06時00分

4月1日から、吉野家の牛丼並盛は20円値上げされて300円、松屋の牛めし並盛は10円値上げの290円になる。いずれも増税分以上の便乗値上げに踏み切った形だが、すき家は逆に10円値下げの270円。かくして、昨年4月から横並びだった“並盛280円”という牛丼の価格は3つに割れた。 増税時の価格改定には「大きく分けて4つのパターンが想定される」と指摘するのは、『 [全文を読む]

吉野家 牛丼100円値下げで売上高11.1%増・値下げ無期限継続

NEWSポストセブン / 2013年05月17日07時00分

これで最安値が、競合する『すき家』や『松屋』と同じ価格になった。 値下げの理由は、BSE問題で厳格化されていた米国産牛肉の輸入規制が2月1日に緩和され、原料の牛肉を低コストで調達できるようになったからだ。 「吉野家の牛丼に最適な品質の牛肉が、安価で、安定的に調達できるようになったので、この安さが実現できました」(吉野家広報担当・吉村康仙さん) この値下げで [全文を読む]

吉野家 「うまい」支えた往時の牛丼管理技術を取り戻せるか

NEWSポストセブン / 2013年05月05日16時00分

その吉野家がこの4月、牛丼の価格を引き下げ、これまで380円だった並盛の価格を、ライバルの松屋やすき家と横並びの280円とした。吉野家の牛丼(並)がこの価格帯になるのは、同じく280円だった2004年2月以来のこと。吉野家は「うまい、安い、早いを取り戻す」と意気盛んだが、この10年間、興味深い展開を次々に繰り出してきたことを考えると、まだまだ予断を許さない [全文を読む]

フォーカス