真木よう子 川口春奈に関するニュース

第2話は4.5%……真木よう子『セシルのもくろみ』大爆死で、新語「セシる」が誕生!?

日刊サイゾー / 2017年07月25日18時00分

川口春奈から「低視聴率女王」の称号を譲り受けることになるのか? 7月20日に放送された真木よう子の主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)第2話が、平均視聴率4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。早くも崖っぷちに立たされている。 「初回の5.1%からさらにダウンし、“打ち切りライン”の5%を割り込んでしまいました。このままでは、今世 [全文を読む]

『セシルのもくろみ』視聴率爆死3.8%の明確なワケ…真木よう子の責任ではない!?

messy / 2017年08月17日22時00分

真木よう子(34)演じる主人公の宮地奈央が読者モデルにスカウトされ、一流モデルを目指していくという物語。『STORY』や姉妹誌『VERY』の読者を意識し、洗練された都会派ドラマに仕立てるのかと思いきや、蓋を開けてみれば<どこまでも庶民な主婦が、ドロドロの旧態依然な業界で右往左往する>という、洗練とは程遠い内容だった。 主人公の宮地は元々「ファッションに無頓 [全文を読む]

フジ『セシルのもくろみ』ついに3%台! 後番組の浅野忠信『刑事ゆがみ』は脚本が不安……

日刊サイゾー / 2017年08月15日20時30分

真木よう子主演『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の平均視聴率が、ついに3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にまで落ち込んでしまった。 初回から5.1%と低調だった同作。第2話以降、4%台が続き、10日放送の第5話で、3.8%を記録してしまった。 同作は、ファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなどさまざまな立場の女性 [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』、早くも「打ち切り水域」突入! 今世紀最低ドラマ予備軍に

サイゾーウーマン / 2017年07月24日08時00分

真木よう子主演のフジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』(木曜午後10時~)第2話が、7月20日に放送され、視聴率4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。早くも“打ち切りライン”といわれる5%割れを叩き出してしまった。初回の5.1%から、さらに0.6ポイント数字を落とし、お先真っ暗の状況だが……。 同ドラマは、ひょんなことから、ファッショ [全文を読む]

三浦貴大、西島秀俊…アラサー女子を胸キュンさせる少女マンガ実写映画2015

アサ芸プラス / 2015年03月05日09時58分

ほかにも、真木よう子主演の「脳内ポイズンベリー」(水城せとな原作)や、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが4姉妹の役を演じる「海街diary」(吉田秋生原作)などにも、早くも期待の声が上がっている。 それにしてもなぜ、今になって「少女マンガ原作映画」にアラサー女子たちが注目しているのか? そのキッカケは「L・DK」で注目された「壁ドン」のようだ。少女 [全文を読む]

『MOZU』5%台で今期最低視聴率! 『ごめんね青春!』ら1ケタ連発のTBSドラマ

サイゾーウーマン / 2014年10月26日14時00分

西島秀俊、香川照之、真木よう子ら豪華俳優陣が出演する連続ドラマ『MOZU Season2~幻の翼~』(TBS系)。初回視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と1ケタスタートだったが、10月23日放送の第2話は5.6%にまで低下。裏では米倉涼子主演『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が20.8%を記録しており、4倍近くもの [全文を読む]

「日本禁煙学会に気をつけろ!?」TBS『MOZU』好スタートも、喫煙シーン頻出で心配の声

日刊サイゾー / 2014年04月11日17時30分

さらに、映画『さよなら渓谷』で、第37回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞した真木よう子や、生瀬勝久、伊藤淳史、池松壮亮、長谷川博己、染谷将太と、主役級の大物俳優が名を連ねており、同作で起死回生を狙うTBSの本気度が伝わってきます」(芸能ライター) “WOWOW共同制作ドラマ”をうたい、続編のseason2は6月からWOWOWで放送されることが決定し [全文を読む]

観月ありさが今期ワースト、月9『失ショコ』は第4位! 冬ドラマ視聴率ランキング

サイゾーウーマン / 2014年03月27日15時30分

4月からはTBSとWOWOWが共同制作し、西島秀俊、香川照之、真木よう子ら実力派キャストが出演する『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』の放送が決定。低迷が続く枠に、いよいよ本格的に数字が獲れそうな社会派の刑事モノを投入するTBSだが、果たして起死回生を図れるだろうか? [全文を読む]

テレ朝に反撃か!? 大コケ枠「木曜ドラマ劇場」に、西島秀俊主演超大作『MOZU』を放送する“TBSの本気度”

日刊サイゾー / 2014年02月23日12時00分

さらに、映画『そして父になる』で、第37回日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞した真木よう子や、生瀬勝久、伊藤淳史、池松壮亮、長谷川博己、小日向文世と、主役級の大物俳優が名を連ねる。これが早くも、「キャストが豪華すぎる!」「TBSが本気だ!」と大きな話題を呼んでいる。 「TBSとWOWOWの共同制作ドラマは、同じく西島・香川のダブル主演で、2012年にス [全文を読む]

清川あさみ『美女採集』4/26(木)発売。35名の女優・タレント・ミュージシャンが動植物に変身!表参道ヒルズにて個展も開催!

PR TIMES / 2012年04月26日10時40分

4月26日には5年ぶりのシリーズ最新作となる『美女採集』を発売!清川あさみが採取した、35名の美女の奥にある“美しさ”を動植物のイメージに重ね合わせて表現した作品群には圧倒されます! 【内容紹介】35名の美女が動植物に変身!綾瀬はるか×うぐいす、綾波レイ×繭、杏×キリン、上戸彩×インコ、加藤あい×キツツキ、川口春奈×カエル、貫地谷しほり×コアラ、吉瀬美智子 [全文を読む]

フォーカス