紅白 綾瀬はるかに関するニュース

CDは1,000枚、NHKに貢献ゼロ……でも“大物”和田アキ子が『紅白』に出場し続けるワケ

日刊サイゾー / 2014年10月21日09時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 10年以上前からヒット曲もなく、NHKの番組に対して貢献度もないにもかかわらず、女性歌手としてNHK『紅白歌合戦』の最多出場を誇る歌手・和田アキ子。今年も『紅白』に出場するのか否か、その行方が注目されている。 和田は1970年以来、計37回の [全文を読む]

1200人調査で選出!「オヤジが本当に見たい紅白歌合戦2013!」(1)

アサ芸プラス / 2013年11月13日09時54分

この季節、気になるのが「NHK紅白歌合戦」の出場者だろう。そこで、オヤジ世代にアンケートを実施し、「本当に見たい歌手」を選出。というわけで、“本家”よりも一足先に「ドリーム・オブ・紅白歌合戦」を開幕させよう! さあ、やってまいりました大みそか、除夜の鐘をつく前に紅白見ながら、女房の尻を突っつきたい‥‥。オヤジが本当に見たい「夢の紅白歌合戦」、総合司会のアサ [全文を読む]

【紅白】嵐×スター・ウォーズも!後半の見どころは?

Smartザテレビジョン / 2015年12月31日17時29分

12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」。12月29日から3日間にわたり行われたリハーサル取材を基に、後半戦の見どころを紹介する。 後半戦は、放送中の連続テレビ小説「あさが来た」の特別編からスタート。'15年にそれぞれがお世話になった人へ、年の瀬のあいさつをしようというストーリー。終盤では、波瑠演じるあさたちが、ある人にあ [全文を読む]

和田アキ子の紅白追放計画、NHKが本気モードに突入! ホリプロは執念のロビー活動へ

tocana / 2016年11月21日09時00分

NHKが大晦日の風物詩「紅白歌合戦」から和田アキ子を追放することに、いよいよ本気になっている。そのせいで割を食ってしまったのが、和田と同じ芸能プロダクション・ホリプロに所属している女優の高畑充希だ。高視聴率を記録したNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを務め、紅組司会が確実視されていたが、和田を外すために選ばれず、有村架純に司会の座を奪われたとい [全文を読む]

NHK紅白 小林幸子、X、マッチ…復活組が多い背景に目玉不足

NEWSポストセブン / 2015年12月02日07時00分

今年のNHK紅白歌合戦まであと1か月。出場歌手の顔ぶれには初出場組や意外な歌手の名前があった。視聴率低迷が叫ばれるなか、今年は視聴者の関心を集めることができるのか? その見所について、コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で鋭く分析する。 * * * 先日、今年の紅白歌合戦出場者が発表された。今年はポルノもきゃりーもももクロも出ないのか~、ゴールデンボン [全文を読む]

黒柳徹子 司会指名でNHKに出演直訴した「2人の歌手」

WEB女性自身 / 2015年12月01日00時00分

11月26日夜、NHK紅白歌合戦の司会者そして出場歌手が発表された。 「司会については、紅組は綾瀬はるか(30)、白組がV6の井ノ原快彦(39)、そして総合司会が有働由美子アナ(46)になるのではないかという情報が数週間も前から流れており、彼らの名前が公表されても、会場にいた記者たちは『まぁ、聞いていたとおりだな』、というぐらいの感想でした。それが、もう1 [全文を読む]

紅白歌合戦の事件級ハプニングシーン5選 吉川晃司大暴れ、綾瀬はるかの司会など

AOLニュース / 2014年12月29日12時00分

大みそかに行われる「第65回紅白歌合戦」。一時期ほど国民の関心も低くなったという意見もあるが、とはいえその年を代表する(もしくはNHKと縁がある)歌手が一堂に会するイベントだけに世間の注目度は高い。 そんな紅白の歴史で「事件」といわれる有名なハプニング案件を紹介。悪夢の3年「1984年~1986年」といえるだろう毎年何かが起きた80年代半ばを筆頭に、昨年ま [全文を読む]

「紅白」当落“場外バトル”を生中継!(2)薬師丸ひろ子の出演は驚き?

アサ芸プラス / 2014年12月10日09時57分

そうした流れに紅白も巻き込まれていったということでしょう」 それでも一部の歌手にとって紅白出場は喉から手が出るほど欲しいもの。昨年“御大”北島三郎が「勇退」という名の「リストラ」にあった時点で、次のターゲットになっていたのは和田アキ子(64)だ。 「歌唱力は別として、CDが売れていません。3年前からNHKは、『アッコ切り』を本気で考えるようになった。ネック [全文を読む]

嵐・二宮和也、『紅白』終わりの年越し行事は「嵐とTOKIOの10人でテレビ見てる」

サイゾーウーマン / 2014年01月08日09時00分

大みそかに放送された『第64回NHK紅白歌合戦』で、無事に司会の大役を務め上げた嵐。司会は4回目となるだけに余裕も出てきたのか、進行に不慣れな紅組司会・綾瀬はるかを見事にサポートし、視聴者からの評判も上々だった。スポーツ報知の報道によると、嵐の歌唱部分は視聴率で46.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、歌手別ランキングで8位に食い込んでいる。 近 [全文を読む]

「能年玲奈VS綾瀬はるか」紅白司会でメディア報道が真っ二つ

メンズサイゾー / 2013年10月06日13時00分

業界内では、恒例の『NHK紅白歌合戦』の話題がささやかれるようになってきた。なかでも熱心に語られているのは、紅白両軍の司会者が誰になるのかという話題だ。 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)は、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で主演を務めた能年玲奈(20)が紅組の司会にほぼ内定したと報道。役名の天野春子名義で歌った「潮騒のメモリー」がヒットした小泉今日子 [全文を読む]

紅白歌合戦 テレビでは放送されない5つの“裏ハプニング”

WEB女性自身 / 2016年01月06日06時00分

第2部で視聴率39.2%と、 大台 を割ってしまった第66回NHK紅白歌合戦。しかしその裏では、出演者たちによる様々な事件が起きていた。そこで、本誌がテレビでは放送されなかった5つの 舞台裏ハプニング を紹介する。 ■イノッチ 本誌記者にも 神対応 V6の井ノ原快彦(39)を白組司会に迎えた今年の紅白。関係者が口を揃えるのはイノッチの 奮闘ぶり だ。スタッ [全文を読む]

【紅白】コラボ続々、前半戦の見どころを一挙紹介!

Smartザテレビジョン / 2015年12月31日17時20分

12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」。12月29日からは3日間にわたりリハーサルが行われたが、放送を前半戦の見どころを紹介する。 司会陣は既報の通り、紅組司会が綾瀬はるか、白組司会が井ノ原快彦、総合司会は黒柳徹子と有働由美子アナ。井ノ原と有働アナの「あさイチ」(NHK総合)コンビはリハーサルから絶妙の掛け合いを見せ、安 [全文を読む]

紅白歌合戦司会者 屈指の名コンビは上沼恵美子と古舘伊知郎

NEWSポストセブン / 2015年12月12日07時00分

1951年1月3日、ラジオ放送から始まった紅白歌合戦。一年を締めくくるにふさわしい、豪華な出演者たちを1つにまとめ、独特の緊張感の中、“歌のバトル”を仕切る司会者は、相当の大物揃い。個性と実力溢れる、その時代の“顔”が揃っている。 2015年を締めくくる紅白歌合戦の司会者は、V6の井ノ原快彦(39才)と綾瀬はるか(30才)だ。 「お茶の間にアットホームな空 [全文を読む]

車椅子でNHK入りの黒柳徹子 紅白サイドに「出番は抑えて」

NEWSポストセブン / 2015年12月10日07時00分

彼女は今、NHKの番組には出演していないので、『紅白』の打ち合わせだったのでしょう。最近は少しの移動にも車椅子を使うようにしているそうです」(NHK関係者) 11月26日、NHKは今年の掉尾を飾る『第66回紅白歌合戦』の司会者、出演者を発表した。紅組司会の綾瀬はるか(30才)、白組司会のV6・井ノ原快彦(39才)、総合司会の有働由美子アナウンサー(46才) [全文を読む]

【紅白】NHK紅白司会「綾瀬と井ノ原」に内定報道!ネットで賞賛

秒刊SUNDAY / 2015年11月03日09時25分

NHKの年末の恒例音楽番組「NHK紅白歌合戦」の司会にV6の井ノ原快彦と綾瀬はるかが内定したことが明らかになった。綾瀬は今回で2度めとなる。もともと司会は「タモリ」の線で行く予定であったがスケジュール等の都合で折り合いがつかず、一度白紙に。週明けにも正式発表するものとおもわれる。紅白司会 白組ーイノッチ 赤組ー綾瀬 総合ー有働 日刊スポーツ pic.twi [全文を読む]

吉高&仲間のWヒロイン司会が大本命!? 紅白歌合戦の司会を占う

リテラ / 2014年09月17日12時30分

今年もそろそろ「紅白の司会が誰になるか」という話題が盛り上がる時期になってきた。大晦日の国民的番組『NHK紅白歌合戦』の司会は例年10月に発表されており、予想合戦も本格化している。白組の司会は5年連続で嵐が最有力として、問題は赤組の司会だ。世間ではいったいどんな予想が飛び交っているのだろうか。 まず、今年最初に名前が挙がったのは、松たか子。『アナと雪の女王 [全文を読む]

民放スタッフが賞賛する綾瀬はるかの天然司会

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時59分

年末の紅白歌合戦(NHK)でグダグダな司会ぶりを見せた綾瀬はるか(28)。だが、意外と業界内では賞賛の声は上がっていたようだ。その理由とは…。 「リハーサルでもハラハラしていましたが、本番ではやはりドキドキさせてくれましたね。オープニングから『NHKホールが生きているみたいですね』と不思議な表現をしたかと思えば、浜崎あゆみの紹介をする際は放送事故寸前の沈黙 [全文を読む]

綾瀬と嵐が約束?「みんなでカウントダウンしよう」

WEB女性自身 / 2013年11月28日07時00分

『第64回 NHK紅白歌合戦』(NHK総合・ラジオ第1/12月31日19:15〜23:45)の司会は、今回で4度目を数える白組司会の嵐と、司会は初めての綾瀬はるかが務める。これまでの通算成績は紅29勝、白34勝と白組がやや優勢。今年はどちらに勝利の女神は微笑むのか?嵐と綾瀬に話を聞いた。松本潤「一年の最後の日に、これだけたくさんのアーティストの方が集まって [全文を読む]

紅白まで頼ってる?「逃げ恥」新垣結衣の人気はどこまで続くのか

デイリーニュースオンライン / 2016年12月28日11時55分

「新垣は『逃げ恥』を終えてからも、NHKドラマの出演女優らを差しおいて『紅白歌合戦』のゲスト審査員に抜擢され、歌手として出場する星野源(35)との共演が期待されるなど話題に事欠かない。同世代女優と比較してもその人気は頭一つ飛び抜けた感があります」(芸能関係者) ■同世代女優と比較しても新垣結衣がリード 新垣と同世代の女優には石原さとみ(30)や綾瀬はるか [全文を読む]

NHK紅白 低迷一因は「綾瀬はるかの予想外の進化」との指摘

NEWSポストセブン / 2016年01月06日07時00分

歴代最低視聴率を記録した昨年のNHK紅白歌合戦。内容のマンネリ化、目玉不足、ベテラン勢の冷遇などさまざまな低迷の理由が指摘されている。紅白はこのまま衰退していまうのか? コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で昨年末の紅白を振り返る。 * * * そんなわけで、昨年大晦日に放送された紅白歌合戦。初手から郷ひろみが還暦とは思えないパワーでジャパーン!!を連 [全文を読む]

フォーカス