蜷川幸雄 二宮和也に関するニュース

<女性チャンネル♪LaLa TV>8月9月2か月連続企画【追悼】蜷川幸雄ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」他故・蜷川幸雄氏 演出・監督の舞台、映画、関連作品を一挙放送

PR TIMES / 2016年07月26日11時08分

CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:寺嶋博礼)では、8月9月の2カ月連続企画特集【追悼】蜷川幸雄として、2014年から1年半に渡り蜷川幸雄氏を追ったドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」から、世界を魅了し続けた映画・舞 [全文を読む]

嵐・二宮和也、伊藤綾子アナ熱愛!スキャンダルを喜ぶ意外な人たち

しらべぇ / 2016年07月13日05時30分

わが道行ってる感じに好感もてます」30代広告代理店につとめる男性は「嵐なら断然ニノ! 蜷川幸雄に認められたニノは別格。『ジャニーズのニノ』じゃなくて、俳優・二宮和也を応援する」ジャニーズにいながらジャニーズに染まらない...そんな二宮くんのキャラクター。そんなニノへの男性からのエール。奥さんやお子さんのために職場の組織に染まらざるを得ない30代既婚男性とっ [全文を読む]

嵐 二宮・JUMP 伊野尾…マイペースな6月生まれのジャニーズたち【ジャニゴトまとめ Vol.16】

okmusic UP's / 2016年07月01日19時00分

今回は、6月生まれのジャニーズに関するノートをご紹介します♪《ジャニゴトまとめ Vol.16 ラインナップはこちら》 ◆6月生まれのジャニーズはこの人たち!◆6月17日生まれの共通点は“インドア派”?◆お祝いしちゃっていーの?◆役者としても磨きがかかってきたこの人も【その他の画像】嵐SMAP 中居正広・嵐 櫻井翔…ベテランから若手まで、司会で活躍するジャニ [全文を読む]

岡田准一、二宮和也らの演技力高めた「ジャニーズの大恩人」蜷川幸雄

アサジョ / 2016年05月17日09時58分

「世界の蜷川」と評された演出家の蜷川幸雄さんが12日、肺炎による多臓器不全のため亡くなった。80歳だった。 この訃報に、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が追悼コメントを発表。ジャニー社長にとって蜷川さんは、所属タレントの演技力を高めてくれた大恩人だった。 ジャニー社長に続き、これまで蜷川演出の舞台に立った東山紀之、錦織一清、植草克秀ら古参のメンバーはも [全文を読む]

客が入らず大コケ…嵐・二宮和也がトラウマを背負った主演映画とは?

アサ芸プラス / 2015年04月13日17時59分

「ヒットこそしなかった『青の炎』ですが、監督は演劇界の重鎮・蜷川幸雄ということもあり完成度が高く、批評家からの評価も上々だった。さらに、本作での二宮の演技は海外監督の目にも留まり、映画『硫黄島からの手紙』でハリウッドデビューが決まったのです。当時、海外進出は事務所のゴリ押しという声が一部でありましたが、決定権を持っていたのは世界的巨匠のクリント・イーストウ [全文を読む]

小泉今日子、12年前の渋谷と今の違いは?

NEWSポストセブン / 2016年12月18日16時00分

同作は、2004年に蜷川幸雄氏演出で、主演を二宮和也と小泉今日子が務めた。それから12年後、村上虹郎と小泉今日子主演で復活した。 同作のフォトセッションが上演前日の12月8日に行なわれ、作・演出を担当した岩松氏、村上、小泉が登場した。12年前と今の渋谷の街の違いについて小泉は、当時はギャル風の若者が多かったが今は外国人が多いと述べた。 撮影■高柳茂 [全文を読む]

蜷川幸雄さん「また一緒に…」嵐・二宮に書いた“魂の手紙”

WEB女性自身 / 2016年05月17日00時00分

5月16日、東京・青山葬儀場で蜷川幸雄さん(享年80)の告別式が営まれた。「鬼の蜷川」という異名も持ち、スパルタ指導でも知られる蜷川さんが見出し、輝きを与えた原石は数知れない。今年3 月に日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞した二宮和也(32)も、その1人だ。 《今回の訃報を聞き、驚きました。本当に強い、熱い、情熱を持っているお方でお芝居というものを教 [全文を読む]

“ジャニーズの落ちこぼれ”生田斗真が「ジュニアの希望の星」になれたワケ

アサジョ / 2015年08月03日09時59分

生田は舞台を通して演出家・蜷川幸雄と出会い、共演した「劇団☆新感線」から様々なことを学ぶことで”俳優一本”でやっていこうと決意したのだという。 今でも尊敬してやまない「劇団☆新感線」の古田新太には特に影響を受け、古田のようになりたくて「真剣に太ろうとさえ思った」ほどだとか。 また、生田の芝居に対するストイックな姿勢は昔からで、特に役作りは徹底しているとい [全文を読む]

あの大物監督も魅了した、嵐・二宮和也の「ジジ殺し」な人心掌握術とは?

アサ芸プラス / 2015年06月25日17時59分

二宮はこれまで蜷川幸雄、倉本聰、クリント・イーストウッドら演劇界、ドラマ界、映画界の重鎮たちと仕事をしてきた。いずれも二宮の自然体の演技にほれ込んで抜擢された。おかげで出演作はいずれも評価が高く、その高い評価を聞きつけて次のオファーが舞い込んでくる繰り返しで、役者・二宮の評価も右肩上がりを遂げた。 そんな二宮も、松竹の金看板・山田監督との仕事はかなり勝手 [全文を読む]

歌わない、踊らない…ジャニーズの落第生・生田斗真が「ジュニアの希望」になったワケ

アサ芸プラス / 2015年01月20日18時00分

そんな時に舞台と出会い、演出家・蜷川幸雄や共演した「劇団☆新感線」から様々なことを学び、俳優一本でやっていこうと決意したのだという。今でも尊敬してやまない「劇団☆新感線」の古田新太には特に影響を受け、古田のようになりたくて真剣に太ろうとさえ思ったほどだとか。 生田の芝居に対するストイックな姿勢は昔からで、特に役作りは徹底している。映画「脳男」の際には体作り [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

つかこうへい、野田秀樹、蜷川幸雄といったアングラ劇団出身の演出家が、テレビ系人気者をあえてキャスティングし始めます。 今や「セカイの~」と語られる蜷川氏も、40年ほど前は石橋蓮司らと小劇団を結成し、唐十郎の超難解な書き下ろしアングラ劇と格闘していた人。その後、一転して商業演劇へと進出し、東山紀之、二宮和也、松本潤といったジャニーズの面々を臆面なくキャスティ [全文を読む]

フォーカス