テレビ出演 二宮和也に関するニュース


2016年1月に放送されたテレビ出演者の独自ランキングを発表/テレビ番組と芸能人(タレント・有名人)の人気度・口コミなどが満載の次世代TVメディア「TVRider(テレビライダー)」

DreamNews / 2016年02月18日11時00分

株式会社サイバーコンサルタント(代表取締役:廣田章)が運営する『TVRider(テレビライダー)https://tvrider.jp/』は、当サイトに集まったテレビ出演者の2016年1月データを発表致します。株式会社サイバーコンサルタント(代表取締役:廣田章)が運営する『TVRider(テレビライダー)https://tvrider.jp/』は、当サイトに [全文を読む]

テレビ出演数1位は二宮! 嵐、年始番組ラッシュで「視聴率はジャニーズ3番手」脱出?

サイゾーウーマン / 2015年01月17日09時00分

近年、年末年始のテレビ誌の表紙はSMAPから移行し、嵐の独壇場となっているが、今年こそ高視聴率をキープし、“テレビ界の顔”となれるだろうか? [全文を読む]

嵐・結成秘話、メンバー3人がジャニーズを辞めようとしていた

アサジョ / 2017年01月22日10時15分

「バックダンサーのポジションが前のほうになっていき、テレビ出演も増えていった17歳のとき、同じく退所を考えていたJr.と『明日、社長に辞めると言いに行こう』と約束したそうです。その相手こそが二宮和也。彼も辞めたくてしようがなかったそうです」(テレビ番組制作会社幹部) 翌朝、ジャニー喜多川社長の自宅へ向かったが、運悪く不在。家政婦に通されたリビングで、驚きの [全文を読む]

嵐だけじゃない?ジャニーズ全体に漂う「ファン離れ」の危機的兆候

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日07時06分

ポストにつけたものの、そのまま人気やポジションを持続できるかは難しいと思います」(前出・芸能関係者) ファン離れが一気に加速すると、今度はテレビ出演への影響も出てくる。これまでジャニーズタレントは、出演させれば視聴率が取れるといわれていた。だがその伝説も途切れてしまえば、局側もそれ相応の判断を下すことになるだろう。 こうした状況では、ジャニーズ内に「恋愛禁 [全文を読む]

尾田栄一郎の重い腰を上げさせた香川真司へ感謝の声が殺到! 長澤まさみに「アモーレになってやれ」の声

日刊サイゾー / 2016年07月11日21時00分

「シリーズ累計売り上げは3億部を超え、“最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ”としてギネス世界記録に認定されるなど、日本のみならず世界でも名を知られた漫画家である尾田ですが、これまでテレビ出演したことがなかっただけに、当然ファンからは『本物か?』という疑惑がささやかれたものの、本人確認としてルフィをサラサラと描き上げる姿にファンは大熱狂。年収 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】風間俊介、小沢健二を「生き神様」と敬愛 ボーダーシャツにも思い入れ

TechinsightJapan / 2016年01月27日19時54分

小沢健二が2014年3月20日に『笑っていいとも!』の“テレフォンショッキング”へゲスト出演して、「16年ぶりのテレビ出演」と話題になった。彼はその時もジャケットの下にボーダーシャツを着ており、風間もその姿をうなずきながら見ていたのではないだろうか。 映画『ねこよん』は杉作さんのノンフィクション漫画作品を実写化したものだ。風間は漫画が大好きで、今は『昭和 [全文を読む]

ファンも戦々恐々、嵐・二宮和也はおかずクラブ・オカリナとのキスもOK!?

アサ芸プラス / 2015年10月15日17時59分

コントでメキメキと存在感をアピールしてきた彼女たちだが、最近はブスかわいいキャラすら確立した彼女たちが、テレビ出演のたびに“ビジネスキス”を見せており、そこでも世間の注目が集まっている。 近いところでは、くりぃむしちゅーの上田晋也、ピースの綾部祐二などの芸人はもちろん、日本テレビの上重聡アナウンサーまでもがその標的になっている。 上重アナとのキスについては [全文を読む]

嵐・二宮和也が自ら明かした衝撃の「ケチケチ伝説」

アサ芸プラス / 2015年05月14日09時58分

メンバーがファンからのお便りに直に答えてくれること、テレビ出演や雑誌取材の際の裏話などを包み隠さず話してくれることなどが、人気を集めている。櫻井翔や松本潤もラジオ番組を持っていたが、2人ともカッコつけたがりの見栄っ張り。理屈っぽくて本音を出せないため、長続きしなかった」 嵐唯一の“ツッコミ役”である二宮が、ぶっちゃけ話を連発するのが「BAY STORM」。 [全文を読む]

Hey! Say! JUMP山田涼介、トップアイドルへの道 急激な躍進の背景事情を追う

リアルサウンド / 2014年04月20日11時56分

だが、これまで舞台を中心に活躍してきたJUMPだけに、後からデビューしながらも、テレビ出演の多いKis-My-Ft2やSexy Zoneのほうが、一般的な認知度が高いとの見方もある。この春からの急激なメディア露出は、事務所内のマネジメント体制が変わったという噂もあり、今後より多方面での活躍していくのではないか。その環境の変化においても、山田涼介は努力を続 [全文を読む]

いつの間にか“地味”に!? ジャニーズ「好きな」「嫌いな」ランキング双方圏外だった香取慎吾の現在

日刊サイゾー / 2014年02月26日09時30分

しかし、1年に1作品のペースで務めている連ドラ主演のほか、10年以上MCを務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)、おととしに始まった旅バラエティ『おじゃマップ』(フジテレビ系)、20年間レギュラーを務める『笑っていいとも!』(同)、02年以降、司会を務める『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)など、ピンでのテレビ出演の頻度は、中 [全文を読む]

東北魂! サンドウィッチマンが年末年始テレビ出演本数トップ10入り

メンズサイゾー / 2013年01月10日12時00分

国内テレビの放送内容を記録し、調査データとして提供するエム・データが、「2012年~2013年、年末年始のテレビ出演者ランキング」を発表した。調査内容は、2012年12月30日から2013年1月5日までの期間に放送されたキー局全テレビ番組に出演した人物の出演本数だ。発表されたランキングベスト10は以下の通りである。 1位:スギちゃん…25本 1位:松本潤( [全文を読む]

フォーカス