綾瀬はるか 高畑淳子に関するニュース

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

最後に大台を記録したのは、2013年の『八重の桜』(綾瀬はるか主演)の初回(21.4%)で、ほぼ3年間、20%超えを記録できていない。 来年の『真田丸』(1月10日スタート予定)は『半沢直樹』(TBS系)、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で高視聴率をゲットし、“新・視聴率男”を襲名した堺雅人が主演を務め、脚本は三谷幸喜。キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草 [全文を読む]

『ドクターX』『相棒』独走、月9に前田敦子、『ぬ~べ~』は評判が“地獄”、深田恭子はうんこNG……秋ドラマ初回総まとめ

日刊サイゾー / 2014年10月23日00時00分

■『地獄先生ぬ~べ~』の評判が“本当に地獄” 5位は、“潜在視聴率ナンバーワン女優”といわれる綾瀬はるかが、“30歳処女”を演じる『きょうは会社休みます。』。視聴者の満足度は高く「綾瀬はるかがかわいすぎる!」「綾瀬さんが『ホタルノヒカリ』と被らないように演じ分けていて、好感持てる」「キュンとした。録画して何度も見ちゃう」といった意見が見受けられる。また、裏 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行、久本雅美の「小泉今日子」発言でお詫び “母親役が似合う女優”ランキングに苦戦

TechinsightJapan / 2017年05月12日19時02分

“母親役が似合う女優”を「綾瀬はるか」「宮沢りえ」「ウーピー・ゴールドバーグ」「野際陽子」「竹内結子」「八千草薫」「篠原涼子」「山口百恵」「小池栄子」「浅香光代」「倍賞千恵子」と様々な角度から予想するが、最終的にTOP10のうち2位、5位、7位、8位が当てられずに残った。これまでを振り返っても珍しく低い正解率である。 それは久本雅美が「似てるってよく言わ [全文を読む]

長澤まさみ、上野樹里、高畑充希は「ウザい女」を超越した天才である

Business Journal / 2016年05月01日17時00分

前クールでは、綾瀬はるかの主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)で“嫌な女”を徹底的に演じた水川あさみが「新境地を開いた」「女優として一皮むけた」と絶賛された。 ウザい役や嫌な女を演じ切るというのは、女優にとってどんな意味があるのだろうか。テレビ・ドラマ解説者でコラムニストの木村隆志氏は、以下のように語る。●実は悪役や主役より“オイシイ”ウザいキャ [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

初回が20%に乗らなかったことで、「低い」とする向きもあるが、12年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)以降の大河ドラマで、初回視聴率が大台を超えたのは、13年の『八重の桜』(綾瀬はるか主演)の21.4%のみ。『平清盛』は17.3%、14年の『軍師官兵衛』(岡田准一主演)は18.9%、15年の『花燃ゆ』(井上真央主演)は16.7%のスタートで、それらと比較す [全文を読む]

「ほかの二世俳優に負けるな!」女優・高畑淳子が2人の子どもに熱血演技指導で“教育ママ”に!

日刊サイゾー / 2014年11月11日18時00分

「この秋も高視聴率ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)や、綾瀬はるかさん主演の『今日は会社休みます。』(日本テレビ系)に出演するなど、女優として相変わらずの活躍を見せています」(テレビ局関係者) そんな順風満帆な彼女が今、一番頭を悩ませているのが、同じ女優と俳優を職業にしている娘の高畑こと美と、息子の高畑裕太のことだという。 「高 [全文を読む]

フォーカス