高畑淳子 内田有紀に関するニュース

夫殺しを描く『ナオミとカナコ』は、なぜ女性たちに人気を博したのか?

ウートピ / 2016年03月17日12時00分

評判が良いのは、まず広末涼子、内田有紀、吉田羊、高畑淳子、佐藤隆太というメインキャストの好演ありき。特に、高畑淳子はカタコトの日本語で「妻に暴力を振るう? そんな男には、生きている価値はナイのことですね。殺しナサイ!」などと煽る中国人社長・李朱美を怪演。あまりにキャラが立っていて面白いので、Twitterでも李社長botがいくつもできるほどの人気です。原作 [全文を読む]

視聴者が大絶賛!「ナオミとカナコ」で最も光ったのは「アツコとヨウ」

アサジョ / 2016年03月23日09時58分

3月17日に最終回を迎えたドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)は、主演こそ広末涼子と内田有紀だったが、視聴者を釘付けにしたのは高畑淳子と吉田羊だったと言っても過言ではない。 高畑が演じた中国人社長役は“チャイニーズ淳子”と呼ばれ、ネット上では専門のスレッドが立てられるほどの大人気に。対する吉田は内田有紀の夫の姉役で、トレードマークの黄色いコートを風にな [全文を読む]

高畑淳子、「ナオミとカナコ」の怪演で「女・香川照之」の異名が!

アサジョ / 2016年03月22日09時59分

女優の高畑淳子がドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)で見せた怪演で、テレビ界から注目が集まっている。 高畑は同ドラマでヤリ手商売人の中国人を演じたが、赤いヒョウ柄のニットに真っ赤な口紅を塗ったキャラクターはインパクト十分。彼女が片言の日本語で「アナタ マタ ココ 来ルネ」などと言う姿は、日本人がイメージしがちな“おもしろ中国人”そのもの。共演した吉田羊 [全文を読む]

「ナオミとカナコ」広末涼子と内田有紀を霞ませた“チャイニーズ淳子”が再評価

アサ芸プラス / 2016年03月03日09時59分

高畑淳子ですよ。彼女は中国人のヤリ手商売人を演じているのですが、このキャラクターは非常にインパクトが強く“おもしろ中国人”に仕上がっています。ネットでは“チャイニーズ淳子”と呼ばれていて『今日のチャイニーズ淳子はどんなハデ服を着ているか?』『今日はチャイニーズ淳子の名言が出るか?』など、ドラマの内容とは別に、高畑の服装や言動を楽しみにしている女性視聴者が [全文を読む]

ドラマ『ナオミとカナコ』高畑淳子の「マッド中国人社長ぶり」が相変わらずヤバすぎると絶賛の声

AOLニュース / 2016年01月22日12時00分

1月14日にスタートしたフジテレビ系のドラマ『ナオミとカナコ』の第2話が放送された1月21日夜、ネット上では作中に登場するベテラン女優・高畑淳子の中国人社長ぶりがまたもや話題となっている。 第1話の内容を受ける形で、この日、同番組では内田有紀演じる加奈子のDV被害を重くみた親友の直美(広末涼子)が、徐々に加奈子の夫である達郎(佐藤隆太)の殺害に向かって具体 [全文を読む]

今さら広末涼子と内田有紀って…大爆死したフジ木22ドラマ唯一の希望とは?

アサ芸プラス / 2016年01月18日17時59分

しかし、主人公と交流する中国人を演じた高畑淳子にだけは、視聴者から称賛の声が殺到しているという。「高畑が演じた中国人社長役の印象があまりに強烈だったため、視聴者は本編の内容よりもそちらに興味がいったようです。放送後、ドラマを称賛する人のほとんどが、高畑が演じたキャラクターや演技に関するもので、『高畑さんのインパクトが凄すぎる』『高畑がもっと出演すれば人気 [全文を読む]

内田有紀の口に無理やり……『ナオミとカナコ』リアルDV演技がハンパなさすぎ!

日刊サイゾー / 2016年01月15日20時30分

そして2人目は、なぜか今回、在日の中国人を演じている高畑淳子さん。直美が勤める百貨店の大口顧客の知り合いとして登場。高級時計の値段を質問して「高いから買わない」と言いつつ、それを盗んでしまう女性でした。直美の執拗な追跡によって時計を返却し、その後別の時計を営業する直美を気に入って意気投合。ご飯を食べながらDVについての話をした直美に「そんな男、殺してしま [全文を読む]

「またDV受ける役...」いつの間にか“幸薄い女優“のトップになった内田有紀

tocana / 2015年11月30日08時00分

他にも、佐藤隆太や吉田羊、高畑淳子らが周りをかためる。1992年に17歳でデビューした内田と、95年に15歳でデビューした広末は、活躍した年代も同じだが、意外にも今回が初共演となる。しかしキャスティングが発表されるやいなや、「内田ちゃん、またDV受ける役なのか...」「演じるキャラがいつも不幸すぎないか?」「また不幸な役...いや、演技上手いし似合うけどさ [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

脇も魅力的で、特に高畑淳子サン演ずる華僑の李社長が最高だった。「殺すのコトネ!」と片言の日本語でまくしたてる姿に、毎回大いに笑わせてもらったもの。俗に、優れたドラマには「魅力的な脇役」が付きものというけど、主役を食うほどの脇の存在感って、要は物語に奥行きがある証しなんですね。タイムシフト視聴率が導入された今なら、同ドラマはもっと評価されていたかもしれない。 [全文を読む]

なぜあのラスト?広末涼子「ナオミとカナコ」の結末が明かされなかった事情

アサ芸プラス / 2016年03月22日17時59分

しかしその結果、ネットでは『結局、捕まったのか、逃げ切ったのかどっちなんだ?』『中途半端なラスト』と、スッキリしない結末に不満の声を上げる視聴者も目立ちました」(前出・テレビ誌記者) とはいえ、中国人社長演じる高畑淳子の熱演や、放送中のネット掲示板での盛り上がりなど、様々な話題を呼んだ「ナオミとカナコ」。視聴率は低くとも、視聴者の記憶には残るドラマになった [全文を読む]

吉田羊の捜査能力が怖すぎ! マイナス要素出すぎで、もう捕まるしかない!?

日刊サイゾー / 2016年02月26日20時30分

新たな生活を始めた加奈子は、直美が勤める百貨店の顧客・中国人の李(高畑淳子)のもとで働くこととなります。達郎を殺したことで、自由を手に入れた加奈子は楽しそうに仕事をします。とりあず李には「夫とは別居中」ということにしております。あーこのままでいればとりあえずハッピーエンドなんだけど……。 そんなうまくいくほど世の中は甘くはありません! 陽子は探偵事務所に [全文を読む]

広末涼子 ドラマ「ナオミとカナコ」撮影スタッフに見せつけた“変わらない魅力”とは?

アサ芸プラス / 2016年02月20日09時57分

また、共演者の吉田羊さん(年齢非公表)と高畑淳子さん(61)はNHK大河『真田丸』でも共演しています。あちらでは高畑さんが義理の母役なので、吉田さんが高畑さんを『母上、母上~』と冗談っぽく呼んでいます」(前出・ドラマ関係者) そんな和気藹々(あいあい)とした現場でもやっぱり「主役」は広末。熟した「人妻の武器」を男性出演者やスタッフに見せつけていた。「薄化粧 [全文を読む]

かつての清純派女優が企てる、危うい完全犯罪――“最強の二人”『ナオミとカナコ』の生きる道

日刊サイゾー / 2016年02月18日19時00分

だが、そんな二人の共演を凌駕し、すべてを持っていくかのようなインパクトを与えたのが高畑淳子だ。彼女が演じているのは、中国食品の輸入会社・李商会を経営している中国人社長・李朱美。独特のイントネーションと豊かな表情で黄色い色眼鏡の強欲な中国人を演じ、全編シリアスなサスペンスドラマの中で明るいアクセントになっている。高畑が演じると、自分本位で守銭奴の李も、かわい [全文を読む]

ドトウの展開に今期イチの緊迫感! 『ナオミとカナコ』殺人計画開始で物語が動く

日刊サイゾー / 2016年01月29日20時30分

2つ目は直美の顧客で、在日中国人の李朱美(高畑淳子)のもとで働いていた、不法入国者の林竜輝(佐藤隆太/2役)。彼は達郎にそっくりな容姿を持った中国人なのです。達郎を殺した後、林に達郎のパスポートを持たせ、故郷である中国に帰らせます。達郎の死体さえ処分して見つからなければ、出国の記録で彼が中国に“失踪”したことに見せかけられるということに……。 そして3つ目 [全文を読む]

フジテレビ渾身の“DV演出”に驚愕……『ナオミとカナコ』のサスペンス感と「中国人」

日刊サイゾー / 2016年01月22日20時30分

一方、直美は勤め先の百貨店でのトラブルで知り合った中国人社長・李朱美(高畑淳子)に呼び出され、チャイナタウンの部屋を借りるに当たって連帯保証人になってほしいと頼まれます。特に怪しいものではないらしく、直美は百貨店売上のノルマに協力してもらうことを引き換えに、保証人になることを了承したのですが、そこで、達郎そっくりの林竜輝(佐藤隆太)に再会。そのソックリ具 [全文を読む]

新ドラマ『ナオミとカナコ』佐藤隆太のDV夫ぶりにハマる視聴者続出 「ヤバすぎる」「ある意味かなりリアル」

AOLニュース / 2016年01月15日12時00分

そうしたシーンを演じる佐藤の姿を観たネット上の視聴者からも「佐藤ヤバすぎるwwww」「佐藤隆太自身がいい人系だから、こういうキャラが逆にハマりすぎてて怖いw」「ある意味、かなりリアルなDV夫」「これは佐野史郎の冬彦さん以来のハマリ役かも」「それにしても怖すぎてビビるw」「個人的には高畑淳子の中国人も捨てがたいけどやっぱり佐藤のDV夫のインパクトはデカいわ」 [全文を読む]

広末涼子、夫に仕返しした妻の行動にびっくり!?

Smartザテレビジョン / 2016年01月07日18時50分

1月14日(木)にスタートするドラマ「ナオミとカナコ」(毎週木曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09フジテレビ系)の記者会見が行われ、広末涼子、内田有紀、吉田羊、高畑淳子、佐藤隆太が登壇した。本作は、奥田英朗の同名小説を、初共演の広末と内田でドラマ化した作品。誰にでも起こり得る日常を舞台に、犯罪を遂行していく二人の女性の姿を描き、夫のひ [全文を読む]

“病んでる系”ドラマ対決は、堺雅人『Dr.倫太郎』が圧勝、木村拓哉『アイムホーム』との一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2015年04月17日00時00分

キャストはほかに、吉瀬美智子、内田有紀、高橋一生、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世ら。初回は、酷い鬱症状に悩むOL役に、ハリセンボン・近藤春菜がゲスト出演した。 ネット上では、通常の医療ドラマとは一線を画するクセのある題材に対し、視聴者の好みは分かれている印象だが、キャスト陣の演技のうまさに唸る視聴者が続出。「 [全文を読む]

究極の選択!? 堺雅人『Dr.倫太郎』VS阿部サダヲ『心がポキッとね』水10対決が波乱の予感

日刊サイゾー / 2015年03月05日00時00分

堺、蒼井のほか、吉瀬美智子、内田有紀、高橋一生、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世らが出演。脚本は、『花子とアン』(NHK)や、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)などのヒットメーカーで知られる中園ミホが手がける。 「堺と中園のタッグともあり、豪華な役者陣が集まったという印象。また、放送中の『 [全文を読む]

「花子とアン」から約半年!高梨臨が中園作品に再び挑む

Smartザテレビジョン / 2015年03月03日06時00分

ほか、高橋一生、遠藤憲一、松重豊、長塚圭史、酒井若菜、余貴美子、高畑淳子、石橋蓮司、小日向文世が出演する。 [全文を読む]

フォーカス