美空ひばり 三波春夫に関するニュース

美空ひばり、幻の『第15回紅白歌合戦』音声テープ&初公開インタビューを生誕80周年記念作に収録

okmusic UP's / 2017年03月27日15時30分

3月29日に発売される美空ひばりのDVD BOOK『美空ひばり 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり』に、残っていないとされていた9回目の紅白「第15回紅白歌合戦」出場の音声テープ、本邦初公開のインタビューテープが収められることがわかった。 【その他の画像】美空ひばりリリースの発表を見た関係者から連絡があり再調査したところ、残っていないと思われていた美空ひば [全文を読む]

山下達郎と三波春夫、SMAPと「御三家」に関する大人的考察

NEWSポストセブン / 2012年10月06日16時00分

すでに風格のかたまりで遠い存在に見えていた美空ひばりは、デビュー30年ぐらいで40歳ぐらい。単純に比較すると、今のユーミンよりもフレッシュで若々しい存在だったと言えます。また、大御所の代名詞だった三波春夫は、その頃はデビュー30年ぐらいで50代後半でした。現在の山下達郎やサザンオールスターズのほうが、キャリア的にはそれ以上に“ベテラン”です。当時の自分たち [全文を読む]

無料放送局の「BS11」は地方でウケている 民放地上波とは異なる発想で番組を編成

東洋経済オンライン / 2017年03月29日07時00分

実際、昨年4月に開始した「あのスターにもう一度逢いたい」は、美空ひばりや島倉千代子、三波春夫といった往年のスターの昔の映像を見ながら、ゲストが当時のエピソードや昭和の世相について語るという番組で「制作費は結構かかるが視聴者が付いている」(編成局長の二木啓孝取締役)という。■夜の報道番組を早い時間帯に放送BS11は、独立系民放局としては異色で独自の報道部門を [全文を読む]

「四万十川」などのヒット曲&昭和の名曲を熱唱!『The Vocalist~音楽に恋して~「三山ひろし」』TBSチャンネル1で11月13日(日)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2016年11月11日14時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/3065/712/resize/d3065-712-308428-0.jpg ] 大注目の演歌歌手・三山ひろしが、最新曲「四万十川」ほか自身のヒット曲の数々を生演奏で熱唱!また、本人が尊敬する先輩、三波春夫、村田英雄、美空ひばりらの昭和歌謡の名曲も披露。特技であるけん玉の腕前を、鮮やかに魅せるのも見どころ [全文を読む]

2015年『NHK紅白歌合戦』の注目ポイントは「戦後70年」「アニソン」「80年代アイドル」

リアルサウンド / 2015年12月31日17時00分

それぞれ『紅白』の顔であった三波春夫と美空ひばりの代表曲だ。『東京五輪音頭』は史上最高視聴率81.4%を記録した1963年、つまり前の東京オリンピック開催の前年の『紅白』で『蛍の光』の代わりに出場歌手全員で歌われた。また『人生一路』は、30回記念の1979年の『紅白』に美空が特別出演した際に歌った楽曲でもある。 [全文を読む]

AAA 2013 桑田佳祐「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」、4日間で約2万人を動員!

okmusic UP's / 2013年12月05日14時00分

アンコールでは「アンパンマンのマーチ」と「愛のさざなみ」を歌って今年亡くなったやなせたかし、島倉千代子を悼み、美空ひばりの「川の流れのように」では小林幸子張りの巨大衣装をまとった。極上の音楽に極上のエンタメ要素がたっぷりと詰め込まれた、あまりにも濃密な約4時間だった。 ソロとしての作品発表から始まり、サザンの大復活でのニューシングル発売に大規模ツアー開催と [全文を読む]

フォーカス