特集 美空ひばりに関するニュース

ご存知ですか? 6月24日は美空ひばりが亡くなった日です

文春オンライン / 2017年06月24日07時00分

今年、2017年は歌手の美空ひばりの生誕80年ということで、雑誌やテレビで特集が組まれたほか、4月には東京ドームで、五木ひろしや氷川きよし、AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅなど多彩なアーティストが出演してトリビュートライブも開催されている。そのひばりが亡くなったのは、いまから28年前のきょう、1989(平成元)年6月24日のことだった。 1987(昭和62 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ Vol.3」(10月4日豊洲)。 天地創造や映画音楽、大谷康子と岩見玲奈を迎えた協奏曲も上演。

DreamNews / 2017年09月15日12時00分

第1部が協奏曲を含む作品集、第2部が映画音楽特集となっている。映像音楽コンサートを展開するスリーシェルズは、没20年・生誕88年記念として行っている黛敏郎メモリアルの第3回の内容を9月15日に公開した。第1部が協奏曲を含む作品集、第2部が映画音楽特集となっている。没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズVol.3」ついにラスト!黛敏郎(まゆずみ・ [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.1(1)庶民調の声と男装の演技が人気「10年間ひばりマネー記録」

アサ芸プラス / 2016年12月28日09時55分

有名人の私生活を根掘り葉堀り暴く特集もまたアサヒ芸能の売り物のひとつだった。 美空ひばりは、戦後日本の芸能シーンを疾風のごとく駆け抜けた国民的スターである。「アサヒ芸能」は1957年11月24日号で芸能生活10周年を迎えたひばりの特集記事を組んで「素顔と私生活」に切り込んでいる。その中で、芸能界トップに登りつめた20歳の天才、10年間の人気の秘密を「りんご [全文を読む]

吉井和哉、年末の武道館公演は久しぶりとなる全方位解放!

okmusic UP's / 2014年10月08日13時00分

10月20日に発売される音楽雑誌「ミュージック・マガジン」では、初の吉井和哉表紙・特集を敢行。THE YELLOW MONKEY~ソロ活動の全キャリアを様々な角度から検証したうえで、カヴァーアルバムについての本人インタビューを行うという充実の内容。11月1日~2日にかけては、吉井和哉を大特集したニコニコ24時間生放送が決定。吉井和哉の全キャリアを通して映像 [全文を読む]

USEN音楽放送 美空ひばり 特集OA開始

PR TIMES / 2014年06月30日15時58分

「大親友」中村メイコの選曲と「ココだけの話」 株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村公正、以下、USEN)は、運営するUSEN音楽放送 C-62 アーティスト特集 MONTHLY 演歌/歌謡曲 7月のプログラムとして 美空ひばりを特集いたします。 「大親友」中村メイコさんが厳選した名曲と「ココだけの話」などのトーク、錚々たる大物作家別の特 [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

2015年は、生誕90年の作曲家特集として、芥川也寸志と渡辺宙明の個展を開催して好評を得る。フルオーケストラ、弦楽オーケストラ、アンサンブル、小編成まで様々な形態で日本の作曲家の音楽をアーカイヴすべく活動している。リリースされたCDは6枚。タワー・レコード やamazonのチャートで1位も記録している。トリプティーク(三連画)とは、前衛、近現代音楽、映像音 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

Vol.1は黛敏郎の多彩な活動を紹介する意味で、電子音楽、室内楽、弦楽オーケストラまで幅広く特集する。チケットはカンフェティとスリーシェルズで販売。没20年・生誕88年記念 「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕!黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)は戦後音楽界のトップを走った作曲家です。斬新な発想とダイナミックなサウンドは、世界で評価さ [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(2)戦後最大のスター「美空ひばり」の愛と死

アサ芸プラス / 2017年01月02日17時57分

89年7月6日号はひばりの大いなる遺産の相続人にスポットを当てて特集している。〈死去したのは6月24日午前零時28分のこと。間質性肺炎のため、入院先の順天堂大学病院で52年間の生涯を閉じた。これまでの病状を振り返ると、昭和62年4月に持病の腰痛悪化のため福岡市で入院。病名は「左右の大腿骨骨頭壊死」「慢性肝炎」と判明するが、翌63年4月には東京ドームで復活し [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

2015年は、生誕90年の作曲家特集として、芥川也寸志と渡辺宙明の個展を開催して好評を得る。フルオーケストラ、弦楽オーケストラ、アンサンブル、小編成まで様々な形態で日本の作曲家の音楽をアーカイヴすべく活動している。リリースされたCDは6枚。タワー・レコード やamazonのチャートで1位も記録している。トリプティーク(三連画)とは、前衛、近現代音楽、映像音 [全文を読む]

吉井和哉、ニコ生24時間特番の内容が豪華すぎる

dwango.jp news / 2014年10月30日12時00分

そのリリースに先駆け、11月1日(土)~2日(日)にかけて吉井和哉を大特集するニコニコ24時間生放送を行うことが告知されていたが、このたび、その超豪華と言える内容が一挙発表された。番組では様々な豪華プログラムが用意されているが、まず注目すべきは、番組24時間を通して、11月19日発売のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』の全楽曲フル [全文を読む]

吉井和哉、ニコ生24時間特番で美空ひばりの長男・加藤和也氏と「Wカズヤ対談」

okmusic UP's / 2014年10月30日12時00分

そのリリースに先駆け、11月1日(土)~2日(日)にかけて吉井和哉を大特集するニコニコ24時間生放送を行うことが告知されていたが、このたび、その超豪華と言える内容が一挙発表された。【その他の画像】吉井和哉番組では様々な豪華プログラムが用意されているが、まず注目すべきは、番組24時間を通して、11月19日発売のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松田聖子“歌姫”の本領発揮 ニューアルバム『SEIKO JAZZ』で圧倒的存在感

TechinsightJapan / 2017年03月26日11時59分

今でも音楽番組で80年代のヒット曲を特集すると取り上げられるのが松田聖子である。『赤いスイートピー』(1982年)や『あなたに逢いたくて~Missing You~』(1996年)、卒業シーズンには隠れた名曲と評判の『制服』など様々な楽曲を耳にする。そんななかビールのCMソングにも使われた『SWEET MEMORIES』(1983年)は彼女が意識していたか [全文を読む]

ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション22】

サライ.jp / 2017年02月21日17時00分

一時的に大ヒットしても、その後は「懐メロ特集」のような場面でしか聴けない楽曲は、とうてい定番楽曲とはいえないでしょう。また、美空ひばりの「リンゴ追分」など、特定の歌手が得意としても、他の歌い手さんがあまり採り上げないような楽曲は、たんに「その人の定番・十八番」にすぎません。ちょっと紛らわしいのが、いわゆる「カヴァー」という現象でしょう。もともとは「代役」と [全文を読む]

松方弘樹追悼・名曲歌唱シーンを放送決定

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日19時11分

番組では「ありがとう、松方弘樹さん」と題して特集コーナーを設け、故人の同番組の出演回から「赤と黒のブルース」の歌唱シーンをオンエア。 ほか、美空ひばりさんや菅原文太さんにまつわるスタジオトークシーンなどを振り返りながら、MC・徳光和夫らが松方さんをしのぶ。 [全文を読む]

船村徹の文化勲章を後押しする昭和歌謡人気

クオリティ埼玉 / 2016年11月01日10時16分

いわゆる懐メロ、特に昭和歌謡を特集した番組を毎晩どこかのチャンネルでやっている。地上波の若者向け番組にはなじめない人たち、なかでも人口分布において最多の団塊の世代を中心にした中高年層向けであることは明らかだ。健康関連のCMの対象とも重なる。 地上波だけの時代では懐メロはテレビ東京(その前身を含めて)の専売特許みたいだったが、BSではNHKも民放各局も昭和歌 [全文を読む]

刺傷事件の原因をアイドルとSNSに押し付ける老害コメンテーターに批判続出

アサ芸プラス / 2016年05月25日06時00分

元アイドルの女子大生がファンに刺された事件を受けて、5月23日放送の「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)でも同事件を特集。そこで交わされたコメンテーターの発言が的外れだとして、アイドルファンの怒りを買っているという。アイドル誌のライターが語る。「怒りの標的となっているのはレギュラーコメンテーターの玉川徹氏(53)、そして日替わりコメンテーターの石 [全文を読む]

ジャズはどう楽しむ? 「正解が無いのが面白さ」と評論家

NEWSポストセブン / 2016年04月23日16時00分

美空ひばりを筆頭に日本のジャズ・ヴォーカルも特集します」(同前) ◆ごとう・まさひろ/1947年、東京都出身。ジャズ評論家。慶應義塾大学在学中の1967年、四谷にジャズ喫茶『い~ぐる』を開店。著書に『一生モノのジャズ名盤500』(小学館)ほか多数 ※週刊ポスト2016年4月29日号 [全文を読む]

高倉健と山口組のディープな関係 健さんが田岡組長に奨学金提供を直談判!

リテラ / 2014年11月28日12時00分

"最後の銀幕スター"高倉健が逝去して以来、芸能マスコミや週刊誌は追悼特集で埋めつくされている。そんな中、「アサヒ芸能」(徳間書店)12月4日号が いかにも「アサ芸」らしい特集記事を掲載した。 題して「高倉健と山口組」。タイトルの横に山口組・田岡一雄三代目組長とのツーショットが掲載されている、衝撃的な記事だ。 確かに、近年はすっかりそういうイメージはなくなっ [全文を読む]

島倉千代子さん 追悼番組放送のお知らせ

PR TIMES / 2013年11月12日17時34分

放送日時: 平成25年11月12日(火曜日)17:00 ~ 平成25年12月31日(火曜日)24:00 番組名 : K-33 チャンネル 臨時特集 7 「島倉千代子 追悼特別番組」(タイムテーブル放送 番組ホームページ参照) 放送媒体 : USEN440、SOUND PLANET、music AirBee!、SOUND PLANET-i、SOUND PL [全文を読む]

フォーカス