歌詞 美空ひばりに関するニュース

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

インターネットに接続されたMEG-CD 専用端末で音楽データやジャケット写真データをダウンロードし、プレスCDと同等の音質を専用のCD-Rに記録し、ジャケット/歌詞カード及びCDレーベルの印刷を行います。株式会社ミュージックグリッド 会社概要1) 商号:株式会社ミュージックグリッド2) 代表者:牛島 英幸3) 本店所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷 [全文を読む]

美空ひばりの未発売音源を収録したシングルがリリース

okmusic UP's / 2016年05月21日17時00分

作詩家のなかにし礼が実兄の借金を背負い込んだ後に歌詞を書き、その歌詞を見た三木たかしが詞の内容を気に入り曲をつけたもので、三木たかし自身が歌い1970年にシングルレコードとして発表。ヒットにはならず埋もれていたが、その存在を知った当時のTBSドラマプロデューサーである久世光彦が楽曲に惚れこみ、ドラマ化を企画し主題歌として美空ひばりにオファー。カバー楽曲をシ [全文を読む]

伊藤君子、美空ひばりをジャズで歌う『Kimiko sings HIBARI』を発売

okmusic UP's / 2017年03月16日19時00分

ライヴでもたびたびリスペクトに満ちたカバーを歌い、さらにひばりへの想いを込めた歌詞をピアソラの曲に乗せて伊藤自らが書き上げた「SKYLARK」は伊藤君子の代表曲として大切に歌い続けてきた。美空ひばりの楽曲でアルバムを世に送り出すのは伊藤の長年の悲願であった中で、今回の節目の年についにリリースする運びとなった。 内容は、「東京キッド」や「愛燦燦」、「津軽のふ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】亀梨和也&松下奈緒『阿久悠物語』に続編期待する声 「SPドラマで終わるのが勿体ない」

TechinsightJapan / 2017年08月27日14時14分

また、阿久悠が歌詞提供しなかった大物歌手が美空ひばりだった。美空ひばりがあまりに大きな存在で「提供できなかった」といった方が近いのかもしれない。彼は1976年頃にラジオ番組の企画で美空ひばりが歌うことを想定して書いた歌詞を公表しており、直接アプローチしきれずにいたようだ。結局その歌詞は1979年に八代亜紀が『舟唄』として歌い彼女の代表曲となった。 一方で [全文を読む]

布施明デビュー50周年記念! 日本を代表するヴォーカリストの極上の歌声を堪能できるCD全集が完成。

PR TIMES / 2015年05月03日11時23分

小椋佳による詩的な歌詞と美しいメロディー、そしてそれを情感豊かに歌い上げる布施明の絶品の歌唱により大ヒットした「シクラメンのかほり」。北海道・摩周湖を全国的に有名にした「霧の摩周湖」。布施明の代名詞ともいえる、伸びやかなロングトーンの魅力が最大限に発揮された「君は薔薇より美しい」。フランク・シナトラの名曲を日本語詞で歌ってヒットし、紅白歌合戦でも3回披露し [全文を読む]

心に響いてこそ…「音楽で涙した経験」7割超がアリ!

NewsCafe / 2015年12月31日12時00分

歌詞にはないが、メロディにはたくさん。■子供の演奏会で。何故だか涙が出た。■昔子供の頃聞いていた曲を聞くと、思い出で感涙する。■懐メロは名曲ばかりで泣ける。■20~30年前まではそんな曲たくさんあったけどな…。■よくあるけどきちんと聴くと音楽は素敵だな。【ナシ…23.6%】■えーっ! …泣くの!?■感動することはあっても、感涙することはない。■嫌な思い出 [全文を読む]

「紳助以上の大物芸人S」にも暴力団幹部との交友が! 暴力団と「黒い交際」が囁かれてきた芸能人総まくり

リテラ / 2015年11月14日13時00分

91年に歌われた、〈残侠一代 嵐か雨か 涙噛みしめ 武蔵野の 土に刻まん この命〉という歌詞の「道」は住吉会のためにつくられた曲であったという。また、細川たかしは、2008年9月、山口組系後藤組・後藤忠政組長の誕生日ゴルフコンペに参加していたことが週刊誌にスッパ抜かれた。この年は詐欺事件「円天騒動」に関与していたことも重なり、細川は紅白歌合戦の出場辞退に追 [全文を読む]

さかいゆう「受験のシンデレラ」主題歌配信開始!小泉孝太郞、川口春奈もPR

dwango.jp news / 2016年07月11日12時31分

同曲は、電子ピアノの音色が冴えわたるアップテンポなリズムに、背中を押してくれるような歌詞が映える応援歌。 「受験のシンデレラ」出演の小泉孝太郎は『But It’s OK !』について、「この受験のシンデレラという連続ドラマはスポ根ドラマにも似たような、とても爽快感があり、かつ泣けるドラマです。歌詞にある『やれるだけやって悔い残らぬよう目指すのはただ自己ベ [全文を読む]

さかいゆうの新曲がNHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌に決定

okmusic UP's / 2016年06月28日16時00分

主題歌「But It's OK !」は、さかいにしか出せない力強いビートとヴォーカルに、前向きな歌詞が添えられた、さかいゆうなりの応援歌に仕上がっており、ドラマスタート日の7月10日(日)より、各音楽配信サイトにてフル配信される。また、さかいは7月3日(日)に最新アルバム『4YU』のワンマンツアーファイナル公演を行ない、今秋には、さかいがリスペクトする洋 [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

●全曲の歌詞が掲載されたブックレット付き カラオケの練習に最適な全曲の歌詞が掲載されたブックレット付きです。演歌の世界を目と耳でお楽しみください。 ●商品概要 [画像1: http://prtimes.jp/i/1915/147/resize/d1915-147-979318-1.jpg ] 商品名:演歌あっぱれ! 価 格:9,990円(税抜) セット内 [全文を読む]

“ラスボス”小林幸子降臨!「ボカロと戦うのが面白い」

anan NEWS / 2016年02月04日08時00分

小林:ボーカロイドというのは、簡単に言うと作り手が自分で作ったメロディと歌詞をソフトに入力して、機械に歌わせるというものなんですね。だから、突然、音階が4~5オクターブ飛んでも平気だし、120小節、息継ぎなしで歌うこともできる。私たち歌手からすると、本当にとんでもないですよ。でもね、プロの歌い手として歌えないのが悔しくて、なんとかできないかと挑戦したくな [全文を読む]

「スルメ欲しさに...」紅白総合司会・黒柳徹子が語っていた“戦争責任“と平和、テレビへの思い

リテラ / 2016年01月01日08時00分

貧しい生活のなか家族のために命を削って働いたお母さんの姿を歌うこの曲の歌詞と、戦後70年という節目を鑑みて、黒柳はこんな話を始めたのである。「戦争が終わってから日本人は本当によく働いたんですね。私は戦争が終わった時小学生だったんですけど、小学生でも、子どもでもみんな働きました。地ならしをするヨイトマケのお母さんたち、みんな働きました。日雇いでお仕事で。お父 [全文を読む]

「ああ~」に続く歌といえばランキングTOP5! 3位『あー夏休み』を抑えた2強は?

しらべぇ / 2015年08月25日17時00分

「あぁ~日本のぉどこかに~」という歌詞は、誰もが口ずさめるはずです。【3位:あー夏休み/TUBE:12%】夏の“ああソング”といえば、これですね。1990年にTUBEが発売したこの曲は、発売から四半世紀経つ現在も夏休みの定番ソングとして多くの人に親しまれています。曲目に「あー」と入っているのも印象的ですね。【2位:川の流れのように/美空ひばり:14%】美空 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宇多田ヒカルや吉田美和と同じ“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。心に沁みわたる新曲『花』がドラマ『シメシ』の主題歌に。

TechinsightJapan / 2015年06月25日16時30分

歌詞も彼女が書いているが、ドラマの脚本を読んで書き下ろしたというだけあって、このストーリーにふさわしい内容となっている。 Ms.OOJAは、『花』のテーマは「誰だって花のように咲き誇ることができる」だとして、「“目まぐるしい日々の中でも、真っ直ぐに生きて行く凛とした人”をイメージして書き下ろしさせて頂きました」とコメント。また「ドラマストーリーの“二度と味 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(1)石川さゆりの絶唱「感動で身震いがした」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

演歌独特の難しい言葉遣いを避けて、わかりやすい歌詞にしたことで、20代、30代の女性が上司とカラオケに行って歌う定番ソングになった。大ヒット曲ではないけど、個人的には『別れの予感』がいちばん好きでしたね。ただ『愛人』に関しては当初、本人が『歌いたくない』とはっきり言っていましたね」 思いを込めて女心を歌い上げるテレサの早すぎる死を惜しむ声はあとを絶たない。 [全文を読む]

「LIGHTS OF LIFE ~明日のために」 V.A

PR TIMES / 2012年02月22日11時24分

その様子がNHKのニュースで取り上げられ、その感動的な歌詞にも注目が集まり、大きな反響を呼んだ。年末12/25にはTBS「報道の日」で再び取り上げられ、紅白でも夏川りみと秋川雅史のデュエットで歌われるなど、大きくクローズアップされている。歌詞の世界がことのほか素晴らしい楽曲が集められていることも大きな特徴です。折れそうになった心は歌によってやさしく支えられ [全文を読む]

平井堅「楽屋に逃げて泣いた」と告白…14年前の引退危機

ザテレビジョン / 2017年08月26日10時05分

有名になるにつれて精神的に追い詰められていった平井は、歌う前に「歌詞を間違えたらどうしよう」「声がひっくり返ったらどうしよう」「音程が狂ったらどうしよう」という不安を抱えるようになり、「楽屋に逃げて泣いたり」という事態もたびたび起きるようになってしまう。 「(歌という)一番大好きなものが一番恐怖なものになって、そこから絶望しかなくて」と苦しかった頃の心境 [全文を読む]

伊藤君子、美空ひばりの名曲を熱唱!デビュー35周年記念ライブ開催

okmusic UP's / 2017年05月29日18時00分

爽快なトリオの演奏で駆け抜ける「恋人よ我に帰れ(LOVER, COME BACK TO ME)」に続いて奏された、ひばりの隠れた名曲、広島の原爆投下を描いた反戦歌「一本の鉛筆」は、表情を抑制した歌声をもってシンプルに歌うからこそ、歌詞の重みと悲しみがより表出し、会場はつかのま静まりかえり、涙を流す人も多くみられた。 [全文を読む]

大竹しのぶ 紅白で大反響の『愛の讃歌』を遂に配信開始へ

dwango.jp news / 2017年03月21日11時16分

今回の日本語詞は、ピアフを演じた大竹しのぶ自身が、ピアフの歌に込めた想いを原型に近い日本語詞で表現するもので、表現者と歌詞が一体となり、『愛の讃歌』の新たなスタンダード=大竹しのぶ版となりうる内容になっている。 <大竹しのぶ コメント> 舞台「ピアフ」を演じていて、『愛の讃歌』はずっと舞台の中で歌ってきたんですが、昨年、紅白歌合戦という特別な番組で歌えたの [全文を読む]

PUSHIM、昭和歌謡&ポップスがテーマのカバーアルバム第二弾を11月に発売

okmusic UP's / 2016年09月13日11時00分

これらの楽曲達のひとつひとつの歌詞は本当に素晴らしいものばかりです。心の模様を形容する言葉、語りとなる行間、そして歌い手の表現力。この全てに私自身超える事は出来ませんが、私の世界、そして新曲として聴いて下さい。 [全文を読む]

フォーカス