女優 高知東生に関するニュース

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(2)熟女優の舞台裏 黒木瞳「初対面で挨拶しない」共演者は無視 檀れいは代理店幹部に「ボディタッチ攻撃」

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時59分

テレビ局にとって、ドル箱とも言える高視聴率熟女優たち。その舞台裏をのぞいてみると、意外な素顔がかいま見えるのだ。 * プライドの高そうなツンとした外見とは裏腹に、丁寧な人間関係でスタッフから絶大な信頼を得ているのが、放送前は低視聴率が予想されていたにもかかわらず、高視聴率獲得中のドラマ「GTO」(フジ系)に出演中の美熟女優・黒木瞳(51)だ。 「例えば時代 [全文を読む]

高島礼子、「決意」の評価…6月会見雑感

NewsCafe / 2016年07月01日18時50分

デスク「2016年も半年が過ぎちゃったなぁって浸ってたら、その最後に大きな会見が飛び込んできたな」 記者「元俳優の高知東生(51)の覚醒剤逮捕から1週間を前に、妻で女優、高島礼子(51)が決意の会見をしましたね」 デスク「さすがに、会見があった京都まで行けなかったけど、テレビで見る分には毅然とした態度で、泣くところは泣いたりして、合格点の会見じゃなかったか [全文を読む]

高島礼子はなぜ離婚しないのか? 「結婚の誓い」の重み

ウートピ / 2016年07月28日15時02分

「それでも高島礼子が離婚しないのはどうしてか?」以前このコラム「不倫議員の妻はどうして夫を許したのか?」で、「女性受けを狙う女優は、夫の不始末発覚後、すぐに離婚する」と書いた私は、その予想に反した行動を取った高島礼子への言い訳を試みたいと思います。高島礼子は、男ウケor女ウケ?そもそも高島礼子の需要は男にあるのか?女にあるのか?最近の作品はよく存じ上げませ [全文を読む]

ドラッグ逮捕の人気AV女優・麻生希をクスリ漬けにした“薬局”の存在と、AV業界の闇

日刊サイゾー / 2016年07月15日13時00分

人気AV女優の麻生希(27)が、麻薬及び向精神薬取締法違反などの容疑で逮捕されたことが報じられた。麻生を摘発したのは、先日、元俳優の高知東生を逮捕した厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部とあって、関連を疑う声もある。高知はもともとAV業界出身だけに、麻生容疑者との接点があった可能性もある。 「高知と麻生が直接の知り合いかどうかはわかりませんが、麻生をドラッグ [全文を読む]

<高知容疑者・致死量の数倍の覚醒剤>高島礼子は夫の覚醒剤を知っていたか?知らなかったか?

メディアゴン / 2016年06月25日07時40分

矩子幸平[ライター]* * *6月24日、元俳優で、女優・高島礼子の夫としても有名な高知東生容疑者(51歳)が、覚醒剤取締法違反で逮捕された。クラブホステス(33歳)の女性と横浜市内のホテルで就寝中に覚醒剤と大麻の所持で現行犯逮捕。覚醒剤約4グラム、大麻約2グラムが、ガラス製の器具などともに押収されたという。覚醒剤の標準的な使用量は1回当たり0.02~0. [全文を読む]

上戸彩に相武紗季も?関係者が挙げる、2017年に離婚しそうな芸能人

デイリーニュースオンライン / 2017年01月02日12時05分

」の川谷絵音(28)、高知東生(52)の覚せい剤逮捕と不倫の合わせ技一本で三行半を叩き付けた女優の高島礼子(52)。他にも、浜崎あゆみ(38)、香川照之(51)などの離婚も話題になった。2017年は果たしてどうなるか、占ってみた。 あるスポーツ紙記者が離婚の可能性が高い夫婦の筆頭として挙げるのが、俳優の江口洋介(48)と歌手の森高千里(47)夫婦。 「森高 [全文を読む]

高島礼子、迫る第2の矢田亜希子化

NewsCafe / 2016年08月26日10時10分

デスク「バカ息子が強姦事件をやらかして大ピンチの女優、高畑淳子=あつこ=(61)だけど、同類相哀れむ状態があの女優だな」 記者「夫が覚せい剤で逮捕され、離婚しちゃった高島礼子(52)ですね」 デスク「2人はドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)で共演したよね」 記者「ドラマは高島の元夫、高知東生(51)の騒動で注目を浴び、初回こそ11%を超える視聴率 [全文を読む]

高島礼子は2018年以降に離婚すべき 人気占い師助言

NEWSポストセブン / 2016年07月17日07時00分

今回は、夫である高知東生容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕された、女優・高島礼子を占ってもらった。【プロフィール】高島礼子たかしまれいこ生年月日:1964年7月25日 51歳出生地:神奈川県横浜市 OL、アマチュアレーサー、レースクイーンなどを経て、25歳から本格的に女優デビュー。1999年に高知東生と結婚。高知は高島の父の介護に専念するという理由で、201 [全文を読む]

高知東生容疑者は「覚せい剤ブローカー」!? 一連の報道に見る“10年前”は偶然の一致か

日刊サイゾー / 2016年07月07日09時00分

記事では、高知容疑者が芸能界に入る前、AV男優をやりながら女優をあっせんする芸能プロを経営していたが、所属女優との交際や、暴力団との交遊など、当時、素行が悪かったことが書かれている。その中で、同時期にAV業界にいた関係者の証言として、薬物売人のウワサがAV業界を去ったきっかけになったという話があるのだ。 さらに1998年、当時の大蔵省で「ノーパンしゃぶし [全文を読む]

高知東生・高島礼子夫婦 格差婚ゆえの悲しき結末?

NEWSポストセブン / 2016年06月26日07時00分

だが、そのプロフィールでもっとも太字で紹介されるのは、女優・高島礼子と「格差婚」したことだろう。 25日(土)の『めざましどようび』(フジテレビ系)でも、VTR中「格差婚」のテロップが出され、結婚発表後、高知が「もっと大きくなる」と宣言するもようが流された。 私は、この二人が結婚披露宴のお色直しで“着流し”で登場した場面が忘れられない。なぜ、そんな恰好を [全文を読む]

高島礼子は知っていたのか?

クオリティ埼玉 / 2016年06月26日00時24分

なぜなら、狭い芸能界、所属事務所の女優の夫のスキャンダルは勿論入ってくるだろう。しかもその役は何と!警察官! 高島本人もそうだ。清原逮捕もあったあとである。 知っていて、離婚を選ばず、この役をのうのうと引き受けるだろうか。 知っていたのならその役を受けず、この時期にどう捜査の手が及ぶかわからないので、きっと夫の更生につとめていたはず。 昔、三田佳子の次男 [全文を読む]

元俳優の高知東生容疑者が覚せい剤逮捕!妻・高島礼子は…

しらべぇ / 2016年06月24日18時05分

高知容疑者は、妻で女優の高島礼子(51)の父が患うパーキンソン病の介護などを理由に昨年秋に芸能界を引退していた。■過去には「東急」→「東生」改名騒動も高知容疑者は1993年に芸能界デビュー。1996年には東京急行電鉄(東急)から、「高知県に東急が進出したと誤解される」との理由で、不正競争防止法による芸名差し止めを訴えられた。1998年に一審の東京地裁で敗訴 [全文を読む]

川谷絵音他、女性を不幸にする“疫病神男”たち

日刊大衆 / 2016年12月03日21時00分

ほのかは中学生の頃からファッション雑誌のモデルとして活躍していて、最近は『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)や『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)などに出演し、女優やタレントとしても活躍の幅を広げていた。しかし二人の交際のキッカケが“三軒茶屋の会員制バーでの出会い”だっため、未成年にもかかわらず飲酒させていたとも報じられてしまった。ほのかの所属事務 [全文を読む]

高島礼子に小倉優子も…なぜ美女は「遊び人」と付き合うのか?

しらべぇ / 2016年08月04日07時00分

今月1日、女優の高島礼子が夫で元俳優の高知東生被告と離婚したことがわかった。高知被告は覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪などで6月に逮捕。1999年の結婚以来「おしどり夫婦」と言われていた大物カップルは、17年でその夫婦生活に幕を下ろした。■高島礼子と小倉優子の共通点とは?「良き夫」として知られていた高知だが、もともとは異色の経歴の持ち主。成人向けビデオ [全文を読む]

アグネス 夫逮捕の高島礼子に「妻が責任を負うものではない」

NEWSポストセブン / 2016年07月18日07時00分

元俳優・高知東生容疑者(51才)が覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件を受け、謝罪会見で「妻の責任がある」と発言した女優の高島礼子(51才)。妻としての責任問題について、さまざまな意見が交わされている。 家族が間違った道に進んでしまったとき、妻や親はどのように“責任”を取ってきたのか。芸能界では次のような例がある。 古くは1970年代 [全文を読む]

人気AV女優に薬物逮捕報道! 高知東生容疑者とも意外な接点が!!

Business Journal / 2016年07月11日12時00分

女優・高島礼子の夫で元俳優の高知東生容疑者が、4gもの覚せい剤を所持してクラブホステスの五十川敦子容疑者と横浜市内のラブホテルで一緒にいるところを、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されてから1週間ほどが経った。 そんな中、ある興味深いスクープ記事が「週刊実話」の7月21日号に掲載された。 それは人気AV女優の麻生希が麻薬及び向精神薬取 [全文を読む]

3大芸能ベテラン美人女優の大異変!(1)高島礼子が夫・高知東生逮捕で…

アサ芸プラス / 2016年07月09日09時57分

出世作となった「極道の妻たち」シリーズで威勢よくタンカを切っていた人気女優も、夫の逮捕にはカタなしだった──。一寸先は闇と言われる芸能界で、“大異変”に直面したのは3人の勝ち気なキャリア、人気とも兼ね備えたベテラン女優たち。離婚問題や色香満載の問題作に、モロ肌をさらして「ケジメ、つけさせてもらうで──」。 高島礼子(51)の夫・高知東生容疑者(51)が現行 [全文を読む]

高島礼子と高知東生の想像以上だった“深い結びつき”! 周囲が必至で「離婚」を説得も…

tocana / 2016年07月09日07時00分

しかもラブホテルで女性と一緒に寝ていたところを現行犯逮捕されたとあって、妻の女優高島礼子との離婚は待ったなし! と言いたいところなのだが、高島本人は離婚を望んでいないという。ただ周囲の説得は続いており、激しい“攻防戦”が繰り広げられている。 高島は夫の逮捕から1週間がたった6月30日、ついに会見を行い、何度も涙を流しながら謝罪した。高知容疑者がクスリをして [全文を読む]

高島礼子、「芸能活動自粛」をまぬがれたのは三田佳子を反面教師にしたから?

アサジョ / 2016年07月06日15時00分

そんな高島がとある大女優と好対照だと芸能ライターが指摘する。「家族が薬物事件で逮捕された例と言えば、三田佳子のことを思い出す人は多いはずです。1998年に未成年の次男が逮捕されたときに三田は7社のCMを降板し、女優活動を10カ月間自粛。さらに2000年に次男が再逮捕され、その時は1年間の活動自粛を余儀なくされています。当事者が夫と息子という違いはあるものの [全文を読む]

「高知東生よりこっちが怪しい」永井大に桐谷健太、高知逮捕で続々と“犠牲者”! 気の毒なとばっちり受けた3人

tocana / 2016年07月04日08時00分

最大の被害者は妻で女優の高島礼子。おしどり夫婦でありながら「夫の異変に気付かなかったのか?」という疑問が残ったうえ、CM契約にも影響が出ている。7月スタートの主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日)は予定通り放送されるというが「彼女の役どころは警察官。さすがに笑えません」(テレビ関係者)。 さらに、高知容疑者のインスタグラムに頻繁に映りこんでいたこと [全文を読む]

フォーカス