テレビ 満島ひかりに関するニュース

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

思えば、2016年のテレビ界はいろいろありました。 まず、ベッキーを襲った文春砲に始まり、朝ドラ『あさが来た』(NHK)の21世紀の同枠最高視聴率の更新、『報道ステーション』(テレビ朝日系)と『笑点』(日本テレビ系)の主役交代劇に、10月からは「日曜ゴールデン戦争」が勃発。暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、90年代の純愛ドラマの扉を開いたのは、91年1月スタートの『東京ラブストーリー』だった。それ以前、連ドラ界はトレンディドラマの時代だったのが、『東ラブ』以降は“純愛ド [全文を読む]

満島ひかり、ヌードシーンでの大胆な姿に期待! 黒柳徹子役で見せる芸達者ぶりが話題

メンズサイゾー / 2016年05月18日10時00分

テレビ放送が始まった昭和28(1953)年にNHK専属テレビ女優第1号となった満島扮する黒柳徹子が、テレビとともに歩み続けてきた芸能生活が描かれている。 「NHKが本気を出して60年前のテレビを作ってみた!」という力強いキャッチコピーを象徴するように、満島以外のキャストも豪華。浅草でコメディアンとして活躍した後にテレビ界に進出した渥美清を歌舞伎役者の中村獅 [全文を読む]

「トットてれび」満島ひかりの本気が見えた瞬間とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年08月10日13時00分

テレビと共に歩んできた黒柳徹子のエッセー「トットひとり」「トットチャンネル」をドラマ化した「トットてれび」(NHK総合)。黒柳を演じた満島ひかりの名演もさることながら、およそ60年前のテレビ黎明期を独特な演出で再現したストーリーは大きな話題を集め、週刊ザテレビジョン主催の第89回ドラマアカデミー賞では「監督賞」に輝いた。この演出を担当したのは、「連続テレビ [全文を読む]

2017年テレビ界を専門家が予想!

Smartザテレビジョン / 2016年12月31日00時00分

アイドル、ドラマ、バラエティー界の専門家が2016年を振り返りながら2017年を大予想!■ こうなる!アイドル界「成熟期のライブアイドルからテレビで活躍する人材発掘」2016年のアイドルシーンでは乃木坂46が初のミリオンを達成。欅坂46も女性アイドルユニットデビュー曲の初週売り上げ記録を更新し「NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)の出場も決めた。ライブアイ [全文を読む]

清水ミチコが再現ドラマで黒柳徹子を熱演!

Smartザテレビジョン / 2016年07月06日06時02分

7月17日(日)夜6時57分からテレビ朝日系で放送される「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」で、清水ミチコが黒柳徹子を演じることが分かった。 同番組は、日本第一号のテレビ女優としてデビューした黒柳の数々の体験談とともに、テレビの歴史をひもといていくバラエティー。番組内では実際に起きたエピソードを再現ドラマ化し、黒柳役を物まね歴40年にも及 [全文を読む]

『トットてれび』満島ひかりが抱えるプライベートでの”致命的な欠点”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月03日12時10分

4月30日より放送がスタートしたテレビドラマ『トットてれび』(NHK)が、早くも評判を呼び話題を集めている。女優・黒柳徹子(82)の自著エッセイをドラマ化した同作品の主演を演じるのは、人気急上昇の女優・満島ひかり(30)だ。 高視聴率を叩き出し、一大ブームとなった朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)のプロデューサーらが参加し、脚本はこちらも人気を博し [全文を読む]

黒柳徹子の半生をドラマ化 満島ひかりは主演オファーを2度断っていた…

anan NEWS / 2016年04月30日20時00分

テレビ女優第一号として、テレビの草創期から現在に至るまで活躍を続ける黒柳徹子さん。その人生を描くドラマ『トットてれび』で日本中から愛される超大物を演じるのは、満島ひかりさん。 演技力を非常に高く評価されている満島さんでさえ、出演依頼を2回断ったほど、プレッシャーを感じていたそう。しかし、プロデューサーの加賀田透さんは、「満島さんは黒柳さんに通じる無垢で正直 [全文を読む]

満島ひかり、“黒柳徹子役”抜擢に「コスプレショー希望!」の声 “胸タッチ”&“ノーブラ・透け乳首”再現を望む声も

おたぽる / 2016年03月02日19時00分

「『トットてれび』は、黒柳が著したエッセーを原作にしているのですが、黒柳は、テレビ放送が始まった1953年にNHK専属テレビ女優第1号となり、今もテレビ界の生きる伝説として活躍していますから、テレビ草創期から黄金期、そして現代と、テレビ史を紐解くという意味でも、今回のドラマ化には注目が集まっています。さらに、黒柳役を務めるのが、『現代最高の女優』に推す声 [全文を読む]

「恋仲」7月20日開始決定!Twitterで話題の夏ドラは?

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日10時00分

「デスノート」は7月5日(日)夜10:00から日本テレビ系で放送スタート。(2回目以降は夜10:30スタート)◆第2位「恋仲」(6月16日 28,080件)本日、スタート日が7月20日(月)であることが判明。主人公に福士蒼汰、恋の相手役に本田翼の月9が6月15日にクランクインしたというニュースが発表され、翌日には「早く見たい」ツイートが拡散。「楽しみすぎる [全文を読む]

フジに異常事態! 「広末の演技が上滑りで…」ドラマ『スターマン』が打ち切りの危機!?

ハピズム / 2013年07月16日11時57分

今期のドラマの中でも、放送前から一際注目を集めていたのが、満島ひかり主演『Woman』(日本テレビ系)と、広末涼子主演『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)だ。テイストは全く異なるものの、両者ともにシングルマザーが主人公であることから、「これは日テレとフジのドラマ制作部の威信をかけた戦争なのでは……」と業界内でも話題を呼んでいる。 その本気度はキャス [全文を読む]

GENERATIONSが映画主題歌「空」をテレビ初披露!

ザテレビジョン / 2017年06月16日19時00分

6月16日(金)夜8時から放送される「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に登場するGENERATIONSの放送直前のリハーサル風景が公開された。 GENERATIONSは、片寄涼太が出演する映画「兄に愛されすぎて困ってます」(6月30日公開)の主題歌「空」がテレビ初披露となる。 さらに、友近に似た大御所歌手・水谷千重子と雨上がり決死隊・宮迫博之に似 [全文を読む]

MONDO GROSSO 満島ひかりMV撮影に密着のメイキング映像公開

dwango.jp news / 2017年06月14日12時04分

今週6月16日(金)放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(毎週金曜 20:00)に初出演が決定している。ボーカルに満島ひかりを迎えての出演となり、注目が集まるのは間違いないだろう。 さらに、6月17日(土)にはNHK「バナナ♪ゼロミュージック」(毎週土曜 22:20)にも出演が決定している。「おしゃれに感じる音楽特集」をテーマに、MONDO G [全文を読む]

椎名林檎の書き下ろし主題歌を松、満島、一生、龍平が!

Smartザテレビジョン / 2017年01月14日06時00分

本ドラマは、「Mother」('10年日本テレビ系)や「最高の離婚」('13年フジテレビ系)、「Woman」('13年日本テレビ系)など、数々のヒット作を手掛けた坂元裕二の完全オリジナル作品で、冬の軽井沢を舞台に巻き起こる大人たちの人間ドラマを描いた物語。人間ドラマの名手・坂元と、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、4人の俳優陣のコラボレーションが [全文を読む]

冬ドラマ出演女優で誰が好き?人気ランキングを発表

しらべぇ / 2017年01月06日08時00分

(画像は火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビのスクリーンショット)1月期テレビドラマの放送がまもなく始まる。前期は『逃げるは恥だが役に立つ』が大ヒットし、「逃げ恥ロス」などの言葉も生まれた。しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,365名を対象に、2017年1月スタートドラマに出演する若手女優の中から「一番好きな女優は誰か?」調査を実施。結果をもと [全文を読む]

満島ひかり「再現ドラマにしたくない」と口説かれ徹子役受諾

NEWSポストセブン / 2016年05月28日07時00分

50年前のテレビがそのまま現代によみがえったかのような錯覚に陥る。団塊世代はもちろん、当時を知らない30代、40代をも釘付けにしているのが『トットてれび』(NHK)だ。 「岸本加世子さん(55才)演じる沢村貞子さんがなつかしくて…。黒柳さんとの母娘のような関係が垣間見えて当時にタイムスリップしたような気持ちになりました」(66才・主婦) 「こんなドラマ見 [全文を読む]

NHK「トットてれび」で満島ひかりが黒柳徹子から受けた“注文”とは?

アサジョ / 2016年05月13日09時59分

文字通りテレビの草創期から活躍し、テレビ界の生き字引のような存在である黒柳ですから、オファーを受けた満島も最初はこの仕事を受けるか躊躇したそうです。しかし、黒柳が『満島さんに演じていただけるならいいわ』と言っていると聞いて、演じる決心をしたといいます」(女性誌記者) 単なる黒柳のコピーでは嫌だという満島に「気にせず自由に演じていただいて結構」と答えた黒柳だ [全文を読む]

満島真之介が明かした「満島一家のルール」が面白すぎる 「超体育会系」「ブッ飛びすぎw」

AOLニュース / 2016年01月12日21時00分

1月11日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に俳優の満島真之介が登場、その時に披露したエピソードが面白すぎるとネット上で話題となっている。 満島は女優の満島ひかりを姉に持ち、妹はモデルの満島みなみ、そして弟も一人いる4人兄弟の長男だ。華やかな芸能一家のように見えるが、実は両親は体育教師で、体育会系一家で育ったことを告白した。 朝は必ず5時起き [全文を読む]

「あさが来た」で注目 天才子役・鈴木梨央を作った6人の女性

NEWSポストセブン / 2015年10月05日11時00分

9月28日にスタートした、NHK連続テレビ小説『あさが来た』は、起業家・広岡浅子をモデルにした、朝ドラ初の「幕末物」として話題になっているが、注目すべきはその時代設定だけではない。役者も見どころで、波瑠(24才)が演じる主人公・今井あさの少女時代役に抜擢された鈴木梨央(10才)はその一人。「あれっ、あの子どこかで見たような…」と思った人も多いはず。これまで [全文を読む]

天才・満島ひかりは「プッツン女優」か!? 業界人が目撃してしまった謎の行動

tocana / 2015年09月03日09時00分

夕食を食べた後、部屋に戻るとドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)が映し出されていた。「女の先生って誰だっけ?」「マチコ先生だ」なんて会話が展開しているなか、「ぴょん吉の声って満島ひかりでしたよねぇ」と私が話をふると全員に驚かれた。誰かから言われないと気づかれないほど、満島ひかりは演技が達者なのだ。 1985年生まれの満島ひかりは、1997年に男女混成によ [全文を読む]

フォーカス