アイドル 満島ひかりに関するニュース

2017年テレビ界を専門家が予想!

Smartザテレビジョン / 2016年12月31日00時00分

アイドル、ドラマ、バラエティー界の専門家が2016年を振り返りながら2017年を大予想!■ こうなる!アイドル界「成熟期のライブアイドルからテレビで活躍する人材発掘」2016年のアイドルシーンでは乃木坂46が初のミリオンを達成。欅坂46も女性アイドルユニットデビュー曲の初週売り上げ記録を更新し「NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)の出場も決めた。ライブアイ [全文を読む]

三吉彩花や篠原涼子だけじゃない、あのタレントの意外なアイドル時代

アサ芸プラス / 2015年11月27日09時59分

さくら学院のメンバーだったアイドル時代について語った。 三吉は2010年からの2年間、小中学生限定ユニット・さくら学院の最年長メンバーとして在籍。同期で人気モデルの松井愛莉と共に、170センチの長身コンビとして異彩を放っていた。今回の放送を受けてネットでは、「三吉彩花ってアイドルだったんだ!?」という声もあがっているが、アイドル誌のライターが笑いながら話す [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

今では当たり前の、アイドルが料理やコントに挑戦する流れを作ったのも、この番組から。また、ハリウッドスターなどの海外セレブが来日して出演する番組としても貴重な存在でした。まさしく日本を代表するテレビ番組だったと思います。感謝。 ――以上、5位から2位の発表でした。さて、いよいよ1位の発表。となれば、残るは、あの番組しかありません。あなたにとって、2016年で [全文を読む]

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

日本タレント名鑑 / 2016年08月30日12時05分

今やアイドルグループの人気メンバーの卒業後の進路として、“女優”は代表的な存在となっています。AKB48グループやハロプロ出身者以外にも、女優として成功しているアイドルグループ出身者は意外と多く、ここではそんな人気女優を紹介します。 永作博美は“冬の時代”1990年代前半のアイドルトップランナー以前、このコーナーでもご紹介した通り、篠原涼子さんは1990年 [全文を読む]

14年ぶり新作で参加アーティストも話題! 「モンド・グロッソ」大沢伸一が初めて日本語の“歌もの”を制作した理由

週プレNEWS / 2017年07月05日15時00分

―好きなアイドルとかタレントはいました? 大沢 週プレで見たかは覚えてないけど、多岐川裕美さんですね。小学生の時に「酸っぱい体験」ってシングルも買いました。美人なんだけど、どこか影がある感じが好きでしたね。 ―おーっ。週プレにも何度か出ていただいてますけど、小学生で好きって、かなりマセてません?(笑) 大沢 そう言われてみればそうですね(笑)。 ―でも、 [全文を読む]

満島ひかり、綾瀬はるか、新垣結衣の成功。アイドル路線の下積み経験が必要とされるのはなぜ?

messy / 2017年05月03日16時00分

現在大活躍している女優の多くが、デビュー当時は水着を着用して海やプールやベッドで微笑むグラビアアイドルとしての活動を経ている。古くは“キャンギャル”、最近は演技派として頭角を表している吉岡里帆(24)なども水着グラビアが多くのマンガ雑誌で特集されていた。女優を目指して芸能界入りする女性にとって、そうした仕事は下積み、いわば顔見世期間といえる。先日、芸能界を [全文を読む]

満島ひかり、映画「ONE PIECE」で披露した美声にアニメファンが驚嘆

アサ芸プラス / 2016年07月06日15時00分

「今どきのアイドルを起用しなくて良かった、というものです。というのも4月公開のディズニー映画『ズートピア』の主題歌をE-girlsのAmiが担当したものの、あまりに歌唱力が低くて世界観をぶち壊したと批判されたばかりですからね。それに比べると満島の歌唱力は折り紙付きで、ジャズの要素も入った今回の劇中歌も難なく歌いこなしています」 かつてアイドルグループ「Fo [全文を読む]

亀梨和也「ジャニーズ(笑)」という風潮に物申す!サブカルとジャニーズの距離

リテラ / 2015年02月05日12時06分

だが、そのような話題の監督とアイドル映画以外でジャニーズタレントが仕事できるようになったのは、ここ十数年のこと。映画ばかりか、テレビドラマや楽曲だって昔はたんなるアイドル枠でしかなく、「商業の人間」どころか、「ジャニーズだって、プププ」と露骨に嗤われてきた時代があったのだ。 歴史を紐解くと、フォーリーブスから郷ひろみ、たのきんトリオと順調にアイドルを量産 [全文を読む]

満島ひかり、岡村隆史と混浴で“お宝拝見”に衝撃走る! 「胸はないけど……」発言には称賛の声

日刊サイゾー / 2017年07月13日23時30分

しかし、アイドルから女優へと転身する際には当時の事務所社長から反対されたといい、先月23日放送の『さんまのまんま 初夏に大笑いしましょかSP』(フジテレビ系)では当時のことを赤裸々に語って話題を呼んだ。 「満島は、1997年にアイドルグループ・Folder(後にFolder5に改名)のメンバーとしてデビューしましたが、同グループが2000年に活動休止となっ [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

アイドル評論家の村山義典氏は、「アイドル歌手やグラドルが本格女優化する以前の水着仕事は当然、お宝プレミア化します。長澤まさみ(29)や綾瀬はるか(31)なども写真集やDVDで、今では見られないようなサービスカットを残しています」 これにあたる話題作の主が、夜の報道番組「ユアタイム」(フジテレビ系)でキャスターを務める市川紗椰(30)だ。15年に発売した「月 [全文を読む]

島崎遥香が大先輩・前田敦子と肩を並べた?ナイトドラマの視聴率が意味するものとは!?

アサ芸プラス / 2016年11月30日09時59分

この結果についてアイドル誌のライターはこんな分析を見せる。「本来は前田のファンと島崎のファンはあまり被らないはずですが、それはガチオタに限定した話。広い意味でのAKB48ファンは前田ドラマも島崎ドラマも同じように応援するため、似たような視聴率に落ち着くのでしょう。その証拠に現在放送中で、AKB48ファミリーが多数出演する『キャバすか学園』(日本テレビ系)も [全文を読む]

ヒロインの同僚役は重荷か!?川栄李奈の朝ドラ出演に強まる懸念

アサ芸プラス / 2015年11月09日12時59分

アイドルとして数々の公演をこなしてきた川栄は、待ったなしの一発勝負に慣れており、観客を前にしても緊張とは無縁です。激しいダンスの経験から殺陣などのアクションにも対応が可能で、元々が舞台向きなんですね。しかも周りの役者が主演・川栄の演技に合わせてくれるので、存分に力を発揮できる環境がありました。もちろん表現者としての力量は高いとは思いますが、舞台とドラマは [全文を読む]

真野恵里菜、究極の「パンチラ映画」にファン絶賛...園子温作品から新たなブレイク女優誕生か

メンズサイゾー / 2015年08月12日19時30分

真野といえば、元々は松浦亜弥(29)に憧れてハロー!プロジェクトでアイドルとしてデビュー。しかし、一部のアイドルマニアの間で話題になるくらいで鳴かず飛ばずの印象があった。だが、女優として活動しはじめると才能が開花。2012年にハロー!プロジェクトを卒業して現在は女優業に専念し、メキメキと頭角を現している。 この躍進には「女優の才能を見抜く天才」である園監 [全文を読む]

満島ひかり ドラマ「ど根性ガエル」大反響!“女優力”の源とは?

アサ芸プラス / 2015年08月01日17時57分

「満島の前で『アイドル』はNGワード。決して口にしてはいけません」 ある映画関連のパーティでの出来事。同じテーブルに着いたスポンサー関係者が満島に「10代からファンです」と告げたところ、不機嫌そうな顔つきで、「あの時代はもう思い出したくないから‥‥」 こうつぶやいたきり、押し黙ってしまったという。はたして、アイドル時代に何があったのか。 満島がユニット「F [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

キリストを裏切ったユダの独白を「ひと夏の女子高生の合宿」として描いた『駈込み訴え』では、デビュー直後のトップアイドルも十二使徒のひとりとして参加しています。 巻末には、小説家・文芸評論家、高橋源一郎さんに素敵な解説をいただきました。なぜ、ダザイは私たちをとらえて離さないのか。その秘密が明かされます。 【小説、原作】太宰 治 1909(明治42)年、津軽の大 [全文を読む]

夏連ドラ、ヒット続出の理由と、“期待薄”秋ドラ・レース占う〜アイドルドラマだらけ?

Business Journal / 2013年09月22日16時00分

事務所の権力と政治力だけで主役にあてがわれるアイドルドラマとはワケが違う。この手のアイドルの熱狂的なファンの数が、必ずしも高視聴率につながるとは限らないことを、テレビ局はうすうす、というか重々気づいている。わかっちゃいるけどやめられない、それがテレビであり、芸能界ってもんだ。 その悪しき慣習が最も現れているのが、10月から始まる予定のドラマである。NHKも [全文を読む]

「Fan+(ファンプラス)」に「アイドルワンプラス」登場! 今、話題!懐かしのアイドルのグラビア作品を配信!

@Press / 2012年12月28日12時00分

NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井上 淳也)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」において、株式会社ラインコミュニケーションズ(所在地:東京都港区、取締役代表執行役員:藤中 秀紀)が、人気グラビアアイドルの動画を提供するショップ「アイドルワンプラス」を、2012年12月28日(金)正午に [全文を読む]

NMB48石塚朱莉「どのアイドルにも負けたくない」舞台にかける想い

dwango.jp news / 2017年08月15日23時03分

久しぶりのアルバム『難波愛~今、思うこと~』を発売し、神戸ワールド記念ホールで行われた「NMB48 LIVE 2017 in Summer ~」も成功させたNMB48。卒業メンバーが続出しピンチと言われる中で、舞台に活路を見出そうとしている石塚朱莉に話を聞いた。-元々、舞台に興味があったんですか?石塚卒業した岸野里香さんが出ていた「愛の唄を歌おう」を見て、 [全文を読む]

美しい神の島と満島ひかり、共鳴しあってた『海辺の生と死』【さぼうる☆シネマ】

MYLOHAS / 2017年07月29日15時00分

思えば、アイドルから転身して映画『愛のむきだし』のパンチラはっちゃけカンフー女子高生役で映画的頭角を表したのが2009年。 その後も『川の底からこんにちは』の投げやりヤケクソOL、『駆け込み女と駆け出し男』の艷っぽくも無垢な愛人、ドラマ『トットてれび』のまんま徹子さん、『カルテット』の不思議チェリスト、ミュージカル『百万回生きたネコ』のひとり2ネコ役、最近 [全文を読む]

満島ひかり 主演映画「海辺の生と死」でみせた妖艶姿(3)命がけの恋をはかなんで…

アサ芸プラス / 2017年07月18日12時57分

アイドルから女優に転身したばかりの09年からすでに兆候はあった。「彼女がその名を知らしめたのは園子温監督の映画『愛のむきだし』(ファントム・フィルム)ですが、純白の生パンティを大開脚で惜しげもなく見せたり、安藤サクラと濃厚なキスや愛撫を見せたり、あげく、過激なオナニーも披露しました」(映画関係者) 問題のシーンでは、ベッド上で恋の相手を思い出し、大股を開く [全文を読む]

フォーカス