青春 満島ひかりに関するニュース

<青春に謝るTBS「ごめんね青春!」>宮藤官九郎が問いかける「青春」という恥ずかしい言葉の復権

メディアゴン / 2014年11月24日00時05分

十代の高校生の中に、金星人や火星人が混じって同じ授業を受けることになったら?TBSドラマ「ごめんね青春!」(日曜・21:00〜21 :54)はそんなドラマである。仏教系の男子校(通称・東高[とんこー])と、カトリック系の女子校(通称・三女[さんじょ])が、「三女」の経営難から、合併することになる。本作は、そのドタバタを描いた青春学園コメディだ。脚本のクドカ [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

永遠の青春文学が活字で、音で、映像で、色彩でよみがえる。 太宰の真骨頂は短編にあります。 2009~2010年にNHK-BSで放送されたドラマ「太宰治 短編小説集」は気鋭の映像作家10人(ユニット)が太宰の短編に挑み、それぞれ25分の作品として作り上げたドラマ・シリーズです。 「太宰の言葉を削ったり、脚色したり、余計な言葉を加えずに、テキスト(小説)そのも [全文を読む]

第1位は『君の膵臓をたべたい』映画初日満足度ランキング(7月第5週)Filmarks調べ

PR TIMES / 2017年07月31日16時26分

エンドロールのミスチル最高」(30代・女性)、「浜辺美波の笑顔に癒された」(30代・男性)「初恋の喪失以上を描き切った、優れた青春心理ドラマ」(40代・男性)2位:『海辺の生と死』の感想・レビュー[画像3: https://prtimes.jp/i/8641/95/resize/d8641-95-110719-3.jpg ]「映像と音が綺麗で島に流れる時間 [全文を読む]

満島ひかり、恋する女性の切なさと強さ体現『海辺の生と死』新写真入手

CinemaCafe.net / 2017年07月14日17時05分

かつて島尾ミホが加計呂麻島で過ごした青春期と、人生を決定づけることになった恋をまっすぐに体現した満島さん。本作の脚本を読んだ当初、「この作品と触れ合ったら、自分のなかのものが掘り起こされちゃうぞ。役者としてだけじゃなく“満島ひかり”としてかかわらなければいけない作品だ」とまで感じたという、その強い思いは、今回の写真にも現れているといえそうだ。 『海辺の生 [全文を読む]

乃木坂46齋藤飛鳥、MONDO GROSSOのアルバムに参加

dwango.jp news / 2017年05月19日08時00分

そして、SHINICHI OSAWA名義の『Our Song』を彷彿させる青春ソング『SEE YOU AGAIN』を歌うのは、歌を始めてから若干1年にして既にEPを2枚リリースするなど、精力的な活動をするゼロ年代の若手ソロシンガー、Kick a Show (キッカショウ)が発表されている。 否が応でも期待が高まるMONDO GROSSO14年ぶりのニュー [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】 今週末みたい映画ランキング(2月16日付)

ガジェット通信 / 2017年02月17日15時00分

』(http://yahoo.jp/ff2blB) ■公開日 :2017年2月18日(土) ■監督 :村上正典 ■キャスト:川口春奈、山崎賢人、松尾太陽、上杉柊平、甲本雅裕、国生さゆり 他 ■作品概要:ベストセラーを誇る葉月抹茶のコミックを実写化した青春ロマンス。 月曜日になると友人に関する記憶の全てを失くしてしまう女子高生と、そんな彼女に心を奪われたクラ [全文を読む]

日曜劇場「ごめんね青春!」のシナリオ全10話が、スマホやPCで読める! 電子版後編12月21日(日)発売!

PR TIMES / 2014年12月16日11時48分

株式会社KADOKAWA 角川マガジンズブランドカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹、ブランドカンパニー長:馬庭教二)は、TBS系日曜劇場「ごめんね青春!」の全10話のうち、電子書籍『日曜劇場「ごめんね青春!」後編(第6話~第10話)』を12月21日(日)より直営電子書店BOOK☆WALKER(http://bookwalker.jp [全文を読む]

クドカン新作で描く学園ドラマは男女共学への中二病的な憧れが全開!

週プレNEWS / 2014年10月05日06時00分

国民的ブームを巻き起こした『あまちゃん』以来、初となるクドカンこと宮藤官九郎脚本ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系、日曜21時~)が12日(日)からスタート! それに先がけ3日(金)、都内で試写会が開催され、主演の錦戸亮、満島ひかり他、波瑠、トリンドル玲奈、川栄李奈、えなりかずき、生瀬勝久、風間杜夫ら共演者、そして宮藤官九郎と磯山晶プロデューサーが舞台挨拶 [全文を読む]

黒島結菜主演『時をかける少女』に「原田知世は超えられない」の声 “沖縄美少女”時代と「顔が違う」との指摘も?

おたぽる / 2016年05月18日09時00分

「『時をかける少女』は、累計発行部数250万部以上を誇る、筒井康隆の大ヒット青春SF小説を原作としているのですが、これまでに映画化4回、ドラマ化は今回で5回目と、何度も実写化されているだけに、ネット上では『出がらし』『見飽きた』と指摘されるなど、新鮮味に乏しく、『日テレは安牌を切ったな』『冒険心が足りない』などと批判されているようです。また、原作ファンか [全文を読む]

憧れて真似した事ありませんか?“心に残るドラマのキスシーン”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月19日09時55分

映画『はたちの青春』で唇を合わせるシーンが2度。出演者はガーゼでガードして挑んだといいますが連日満員の大騒ぎだったそうです。そのため、昭和初期はドラマにキスシーンが出るなど稀。あっても「しているように見える」程度でした。もちろんセクシーな女優さんが大勢出演するセクシー系ドラマや、サスペンス物にお色気シーンはありましたが、一般的なドラマでは作品通してキスシー [全文を読む]

菊地凛子と元日婚した染谷将太に浮上した“疑惑”とは?

アサジョ / 2015年08月05日09時59分

染谷将太主演、園子温監督による青春妄想グラフティ映画「みんな!エスパーだよ!」が9月4日より全国公開される。 染谷といえば今年元日に自身のホームページで結婚を発表したばかり。昨年公開された映画「寄生獣」でも主演を務めるなど、公私ともに今もっともノリに乗ってる若手俳優の1人である。 そんな彼の結婚相手は「バベル」「パシフィック・リム」などのハリウッド作品で活 [全文を読む]

広瀬すずを超える!? 太眉美少女・黒島結菜、能年玲奈に続いて「カルピス」新キャラクター抜擢でネクストブレイクに名乗り

メンズサイゾー / 2015年03月22日17時00分

「近年の同CMはネクストブレイク女優を目ざとく起用した爽やかな青春路線。かつては大塚製薬『ポカリスエット』が得意としていた内容ですが、同商品の演出が路線変更されたことで『カルピスウォーター』に役目が移った。超大手メーカーの主力商品であるだけに露出度は高く、CMの演出も見事で出演女優の魅力を最大限に生かしている。このCMに出演すれば『業界が次に推すのはこの [全文を読む]

日曜劇場 「ごめんね青春!」 宮藤官九郎シナリオ集 2014年12月21日(予定)発売決定!

PR TIMES / 2014年11月23日10時18分

電子版は前編12月7日、後編12月下旬(予定)に発売! 株式会社KADOKAWA 角川マガジンズ ブランドカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹 、ブランドカンパニー長:馬庭 教二 )は、2014年12月に日曜劇場「ごめんね青春!」宮藤官九郎シナリオ集を発売いたします。 TBS系日曜劇場「ごめんね青春!」(毎週日曜よる9時放送中)のシナ [全文を読む]

錦戸亮、意地を張りすぎるとスキャンダルを呼び寄せる!?

i無料占い / 2014年10月12日10時30分

――名前でここまでわかる! 開運アドバイザーの安斎勝洋先生が姓名鑑定で、話題のあの人やトピックに迫ります! 10月12日にスタートするドラマ『ごめんね青春』(TBS系)で、仏教高校の教師を演じる関ジャニ∞の錦戸亮さん。相手役は、演技は女優として評価の高い満島ひかりさんです。脚本は工藤官九郎さんで、コメディタッチのドラマのようですが、果たして、ヒットするでし [全文を読む]

【注目ドラマ情報】クドカンの学園ドラマ「ごめんね青春!」

NewsCafe / 2014年10月08日15時00分

その名も「ごめんね青春!」。合併して共学になる予定の静岡県の男子校と女子校を舞台に、男子生徒と女子生徒とが団結して文化祭の成功を目指すという青春ストーリーだ。池袋ウエストゲートパーク、木更津キャッツアイ、流星の絆、そして最近は、あまちゃんが記憶に新しいように、数々のヒットドラマを生み出したクドカンが、TBSの名プロデューサー磯山晶と数年前から本作品の企画を [全文を読む]

満島ひかり カメレオン女優に期待される「女優力」

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時59分

1966年放送の青春ドラマ「若者たち」をリメイク、満島は泥沼不倫から抜け出せない妹を熱演していた。 「満島は不幸な役をやらせると抜群に光り輝く。中2で単身上京、ダンスボーカルユニット『Folder』(のちのFolder5)メンバーとして歌手デビューしたものの、売れっ子にはなれず、解散後は辛酸をなめた。女優に転身後は演技賞を根こそぎにするまでになったが、売れ [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(2)根強い石田ゆり子の「処女性」

アサ芸プラス / 2012年01月25日11時00分

「まさに戦後の青春そのもの、シンボル的存在ですね。若い頃はかわいさで売っていたけど、数多く作品を経験するうちに演技力がついてきて、もはや大女優の風格すら備わっている。こういう人は、もう出てこないんじゃないかな」 いくつになっても「処女性」を失わない清純派女優といえば、石田ゆり子(42)だろう。主役で存在感を見せつけるタイプではないが、不思議な透明感を持ち [全文を読む]

フォーカス