デスノート 満島ひかりに関するニュース

「恋仲」7月20日開始決定!Twitterで話題の夏ドラは?

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日10時00分

◆第1位「デスノート」(6月17日 34,900件)“ミサミサ”こと弥海砂(あまねミサ)役にグラビアアイドルの佐野ひなこが決定。佐野ひなこ本人も出演決定したことをツイートし、同時にエキストラの参加を呼びかけて、2,007件のRTがあった。「新たなキャスト! ミサミサは佐野ひなこちゃんなんだ! 水球ヤンキース&ぬ~べ~に出てたよね」「デスノートの予告 きたぁ [全文を読む]

松山ケンイチ好評、前田敦子は「学芸会」…「ど根性ガエル」の役者通信簿

デイリーニュースオンライン / 2015年07月24日12時00分

確かに初回視聴率こそ杏主演の『花咲舞が黙ってない』14.7%、『ど根性ガエル』13.1%、『デスノート』16.9%と高い数字を出し、好調な滑り出しを見せている。 しかし初回というのは番宣効果もあって一般視聴者が「ものは試し」とチャンネルを合わせるもの。勝負は2話目以降にかかっている。 第2話では筆頭格の『花咲舞……』こそ12.9%と微減に留まっているが、『 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月27日付)

ガジェット通信 / 2017年07月27日17時00分

主演にテレビドラマ「デスノート」などの窪田正孝、ヒロインに『HK/変態仮面』シリーズなどの清水富美加が名を連ねている。 ■関連映像:東京喰種 トーキョーグール プロモーション映像 特報(https://yahoo.jp/Kl99YGm) 4位 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(https://yahoo.jp/OIA5Hi) ■公開日 :2017 [全文を読む]

第86回ドラマアカデミー賞で「民王」が4部門受賞!

Smartザテレビジョン / 2015年10月28日11時00分

【主演男優賞】 1位「デスノート」(日本テレビ系)窪田正孝、2位「民王」遠藤憲一、3位「民王」菅田将暉 1位に輝いた窪田は、“眼球の演技”で大きな話題を集めた。デスノートの魔力によって回を追うごとに増していく不気味さが、平凡な大学生から“ダークナイト”へと変貌するさまを見事に表現していた。「キラの目の表情が鬼気迫るものがあった」という意見が多数寄せられた [全文を読む]

「大コケ確実」の声もひっくりカエル!?満島ひかりと松山ケンイチの“ど根性”

アサ芸プラス / 2015年07月23日05時59分

「2006年の映画『デスノート』のL役は、公開前は実写化に反対の声が多かったうえ、『松山には合わない』と言われていましたからね。結果は絶賛され、良い意味で予想を裏切りました。2012年のNHK大河『平清盛』も、視聴率が取れる題材でないことはやる前から分かったうえで主演を引き受けたんです。結果、こちらは振るわず、『低視聴率俳優』のレッテルを貼られましたが、本 [全文を読む]

満を持して高橋一生回!夫婦とは、結婚とは、離婚とは…「男って他人の言うことは信じるのに、妻の言うことは信じない」/『カルテット』第四話レビュー

messy / 2017年02月08日23時00分

婚姻届は呪いを叶えるデスノートです。毎日喧嘩して、離婚届持ってこられて、それでも……息子と離れたくないから抵抗してたんだけど(だったら定職に就けよ)、ある時駅の階段から落ちて僕入院して……(愉高、真紀をじっと見つめ、逸らしました)。とにかく、人生であんなに憎んだ人はいません」。愉高、自分に非があったって言っているようなものですが、それでも出来れば離婚はした [全文を読む]

映画「デスノート」東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた“嫌味”

アサ芸プラス / 2016年02月13日09時58分

2月5日、秋公開の映画「デスノート 2016」で、俳優の東出昌大が主演を務めることが発表された。これを受け、「東出なら観ない」という声が相次いでいるという。芸能関係者が語る。「彼は以前から『演技が下手』と言われていますからね。セリフが棒読みで、感情を込めて叫ぶシーンは、単に大きな声を出しているようにしか見えません。なぜ彼が話題作にキャスティングされてきたか [全文を読む]

「ピョン吉」を好演、満島ひかりが女優を志したウルトラマン監督からの一言

アサ芸プラス / 2015年08月03日05時59分

中には『デスノート』(2006年)の金子修介監督、『一命』(2011年)の三池崇史監督など、後に満島さんを映画に起用する監督もいたのですが、彼女はその時、女優をやることに迷いがあったんです。そんな中、長く『ウルトラマンシリーズ』を手掛けてきた実相寺昭雄監督の回の撮影に臨みます。撮影の合間、実相寺さんは満島さんのところにやってきて、『役者に向いてるから続ける [全文を読む]

「ど根性ガエル」13.1% 日テレドラマ全て2桁発進

Smartザテレビジョン / 2015年07月13日12時24分

デスノート」の初回視聴率が16.9%、「花咲舞が黙ってない」が14.7%で、日本テレビ系7月期の連続ドラマは、すべて視聴率2桁の好発進となった。 同ドラマは、'70年代の同名人気漫画を初めて実写化したもので、漫画の設定の16年後を描いたもの。ダメな大人に成長してしまった主人公・ひろしを松山ケンイチが演じ、Tシャツの中の平面ガエル・ピョン吉の声を満島ひかり [全文を読む]

佐野ひなこのミサミサ役は「似合いすぎ」と大好評も...ドラマ版『デスノート』の消えない不安要素

メンズサイゾー / 2015年06月01日19時35分

7月5日にスタートする人気マンガの実写ドラマ版『デスノート』(日本テレビ系/毎週日曜22時半~※初回のみ22時~)の追加キャストが発表された。 すでに主人公の夜神月に窪田正孝(26)、ライバルのLに山崎賢人(20)、実写版初登場となるニアに優希美青(16)という配役が決定していたが、新たに発表されたのは月に全てを捧げるアイドルの「ミサミサ」こと弥海砂に佐野 [全文を読む]

フォーカス