現在 高樹沙耶に関するニュース

石垣島で理想を追求する益戸育江、いまだオスカーに在籍中のナゾ

サイゾーウーマン / 2012年04月30日08時00分

昨年10月、レギュラー出演していた人気ドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)を突如降板し、現在は沖縄・石垣島にて自然と共存する生活を満喫中の高樹沙耶こと益戸育江。ブログやTwitterで独自の世界観をつづり、芸能界から足を洗った生活にみえるが実はいまだ芸能界に籍を置いているという。 現在、石垣島の高台にある古びた平屋で一人暮らしをしている益戸。もともと彼女 [全文を読む]

俳優ベンガルの息子が偽装結婚で逮捕 『あぶない刑事』お蔵入りに不安の声

しらべぇ / 2016年11月08日19時00分

現在事実関係を確認している模様で、当人はかなり混乱している様子。■『あぶない刑事』ファンから不安の声今回のニュースでもっともショックを受けているのが、『あぶない刑事』のファンたちだ。ベンガルは第1シリーズから出演し、取調室で犯人に「吐け、吐け」と迫るなどして必ず自白に追い込む「落としのナカさん」役で人気者になった。息子の起こした事件であるため直接的な関係は [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

矢田亜希子とも現在は離婚しています。 2014年に仮釈放となり出所。この時、芸能界に戻ることはないと述べていましたが、2016年の1月に渋谷で行われたライブにLIVのメンバーとして出演し、音楽界への復帰を果たしました。その後も大阪でトークイベントを開催したり、ブログを開設するなど、地道な活動は続けているようです。 田代まさし(覚せい剤取締法違反で2001年 [全文を読む]

藤谷美和子が“徘徊行動”……表舞台から姿を消した女性芸能人の現在

サイゾーウーマン / 2012年04月06日12時00分

「小田原で徘徊生活!」という見出しの通り、表舞台から姿を消した藤谷の現在のプライベート姿が掲載されている。 記事によると神奈川県・小田原駅周辺で目撃されている藤谷は、ボサボサの髪の毛でキャップを深くかぶり、いつも黒いキャリーバックを引いているという。掲載されている数点の写真を見るかぎり、姿形に面影はあるもののとても女優には見えない様相だ。またペットボトルの [全文を読む]

石垣島に高樹沙耶のキャンプ場『虹の豆』が近日オープン? 実際に行ってみた

しらべぇ / 2017年05月30日11時00分

現在はテストオープン中その後、問い合わせた人物に話を聞くことができたのだが、現在はやはりテストオープン中らしく、本営業はもう少し先になるのではないかとのこと。Facebookでは場内の美しい画像が多数投稿されているため、石垣島の自然の中でキャンプを楽しみたい人には素晴らしい施設になるかもしれない。気になる人はぜひチェックしておこう。・合わせて読みたい→簡 [全文を読む]

テレ朝が成宮寛貴の疑惑を黙殺 新ドラマ“前田敦子の恋人役”起用で「高樹沙耶の悪夢再び」!?

日刊サイゾー / 2016年12月06日20時30分

しかし、10月に右京の元妻役の高樹沙耶容疑者が大麻所持の疑いで逮捕され、現在は『相棒』全シリーズの約3分の2が再放送できない状態。その上、成宮が出演するシーズン11~13まで“NGリスト”に入ってしまうと、さらに絞られてしまいます」(テレビ誌記者) 成宮といえば、2日発売の「フライデー」(講談社)が、成宮の“コカイン吸引疑惑”を報道。これを、フジテレビ『と [全文を読む]

大麻のせいで19人殺害?懸念される”医療大麻”への影響を考える

デイリーニュースオンライン / 2016年07月30日13時05分

ですが、現在の日本の大麻取締法では医療目的であれ所持は違法となっているため、逮捕され、裁判中でした。大麻の医学的効能は国際的には現在も議論中ですが、山本さんのケースでは大麻使用後に治療効果が出始めていたようです。しかし、勾留された後、大麻が使用できなくなってからは体調が悪化し、病死しました。 この一例をもって大麻とがん治療の因果関係を断じるのは早計です。で [全文を読む]

「DREAMS COME TRUE」吉田美和を祝福した元メンバー・西川隆宏の現在

サイゾーウーマン / 2012年04月01日08時00分

※画像は『LOVE CENTRAL』(NAYUTAWAVE RECORDS)【関連記事】・あの王子様はいま? 渋谷系アーティストたちの現在を大捜査・理想を追求しすぎたのか...... 芸能界から解放された高樹沙耶の現在・「秀樹、感激~♪」を封印し、意外性を打ち出している西城秀樹の現在 [全文を読む]

大麻で逮捕の高樹沙耶が“神格化”!? 中毒者が石垣島の宿泊施設に集結か

日刊サイゾー / 2017年04月03日13時00分

現在、沖縄では海上や離島を利用しての麻薬密輸が過去最大量の規模となっていることから、県警の捜査も手いっぱいの様相。そんな中、調達がしやすいともいわれる大麻利用の急増は、同時に高樹被告への尊敬という奇妙な現象を加速させるのか。そのあたり高樹被告本人に見解を聞くべく「虹の豆」から車で20分ほど走った石垣島の自宅に行ってみたが、人の気配はなく、彼女の話を聞くこ [全文を読む]

『相棒』が及川、六角ら卒業組投入の禁じ手出すも視聴率低迷

NEWSポストセブン / 2017年02月14日07時00分

「レギュラー出演者だった高樹沙耶は昨年10月に大麻取締法違反で逮捕され、現在公判中。“3代目相棒”の成宮寛貴も薬物疑惑報道で引退など、とにかく悪いことの連続で、史上最大のピンチを迎えているんです」(テレビ朝日関係者) 2002年から連続ドラマとして高視聴率をキープし、現在「シーズン15」が放送中の『相棒』。平日の夕方に放送される再放送までも視聴率10%台 [全文を読む]

不満続出! 水谷豊による『相棒』私物化がさらに悪化していた!

tocana / 2017年02月04日07時00分

現在も人気があるからこそ放送は継続されているわけだが、全盛期に比べれば下降しているといわれる。理由として「ドラマの内容が純粋につまらないものになっている」との声もネット上などにあるが、果たして相棒に何が起こっているのか。関係者に話を聞いた。「現在は四代目相棒として反町隆史さんが出演中ですが、2016年は高樹沙耶の逮捕や成宮寛貴の引退など、過去の出演者の問 [全文を読む]

有名人のドラッグ摘発が頻発する裏事情

NEWSポストセブン / 2016年12月30日16時00分

我々にとっても死活問題なので、監視の目を光らせ、現在はやっていないはずです」 疑惑のタレントに近しい筆者の知人によれば、現在のような「噂が噂を呼ぶ」状態の中で、タレントにまつわる有象無象の情報が飛び交っているという。その結果、警察当局やマスコミ関係者らが振り回されているのが現実らしい。 [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(2)<ドラマ篇>「もう誰も愛さない」での衝撃シーンを伊藤かずえに直撃

アサ芸プラス / 2016年11月19日09時57分

そのため、昼の再放送枠では現在、高樹の出演した回は見送られている。 そして、高樹に関係なく“永久欠番”となったのが、シーズン3の第7話「夢を喰う女」(04年)だ。右京と亀山(寺脇康文)は、図書館司書の女から閲覧者の個人情報を聞き出す。「図書館員の倫理綱領と守秘義務違反にあたる」 図書館の関係者からの厳重抗議を受け、テレ朝は欠番という判断を下した。 抗議によ [全文を読む]

“薬物疑惑”を実名報道されたタレントの現在――マスコミに握られた「決定的な物証」

サイゾーウーマン / 2016年11月12日11時45分

現在では、これらの報道はまるでなかったかのように女優活動を行い、昨年は月9『ようこそ、わが家へ』(同)に出演、さらには製薬会社のCMにも出演するほどになりました」(スポーツ紙記者) さらに今年2月には「週刊新潮」(新潮社)が、清原の“シャブ仲間”として、長渕剛の覚せい剤使用疑惑を報じた。 「清原自身の証言として、長渕と2人で東京・帝国ホテルのスイートルーム [全文を読む]

徹底的に洗われる“高樹沙耶人脈” 石垣島から姿を消した元占い師女性の行方は……?

日刊サイゾー / 2016年11月11日13時00分

「Aさんから大麻使用については聞いたことがなかったんですけど、高樹容疑者と同じように、エコライフを異様に賛美していましたね」(同) 現在、島内すべてに及ぶ大規模な捜査が行われているようには見えないが、高樹容疑者の友人・知人ら周辺人脈が徹底して洗われているのは間違いなさそうだ。高樹容疑者と顔見知りの人間が捜査員から話を聞かれたというウワサは、あちこちでささや [全文を読む]

高樹沙耶逮捕報道の中、安倍昭恵が小池百合子との対談で「日本を取り戻すことは大麻を取り戻すこと」宣言

リテラ / 2016年11月01日12時00分

現在神道の祈祷で使われる麻は、ほとんどが中国製ですが、日本古来の神とつながる精神性を得るためには、日本製の麻を使う必要があると思うんです。「日本を取り戻す」ことは「大麻を取り戻す」ことだと思っています」 たしかに、本サイトでも報じたように、昭恵夫人は最近、医療用大麻の解禁をしきりに主張し、その運動を支援していた。しかし、この10月25日には同じく医療大麻の [全文を読む]

テレビ朝日に激震?高樹沙耶の”大麻逮捕”で被る巨額損失

デイリーニュースオンライン / 2016年10月31日12時06分

現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

大麻所持で逮捕の高樹沙耶、大麻知識は素人レベル? 研究者からも非難轟々のワケ

日刊サイゾー / 2016年10月28日13時00分

いまだその効果は学会では認められていないのですが、ステロイドを多用する現在の治療法では、副作用のほか、患者が出産する際の奇形児リスクが高かったりするので、医療大麻の適用も一案だったんです。たまたま音楽イベントで上京されていた高樹容疑者とお会いする機会があったので、そのあたりのことを聞いてみたんですが、彼女は根本的に医療大麻に関する医学的知識に乏しく、話は抽 [全文を読む]

日本の大麻解放運動はメンバーが残念? 元参加者が語った内情とは?

tocana / 2016年06月02日08時00分

現在は石垣島に居住し、講演活動などを行っている。そんな彼女が激戦が予想される東京選挙区において新党改革からの出馬を表明、公約には医療用大麻の推進を掲げている。 大麻解放というと、60~70年代に花開いたヒッピー文化の残り香といった印象がある。ヒッピー文化はアメリカ西海岸で生まれたムーブメントで、自然回帰とラブ&ピースを主張し、ニューエイジ運動に強い影響を与 [全文を読む]

参院選出馬、高樹沙耶の「大麻解禁」公約はトンデモじゃない! 世界各国で大麻の医療効果が認められ合法化進む

リテラ / 2016年05月13日08時00分

アメリカにおいては2016年1月現在、医療用大麻は23州で合法化され、この流れは今後も続いていくと見られている。また、カナダ、チェコ、フィンランド、ドイツ、オーストリアなどでも医療用の大麻は合法化され、盛んに研究が行われている。 長年抱かれ続けてきた「危険な麻薬」という大麻のイメージが覆され、なぜ各国で急速に合法化への動きが出てきているのか。それは、大麻を [全文を読む]

フォーカス