化粧品 水原希子に関するニュース

水原希子さん登場の「紫外線ニュース」で日差しの季節へ注意喚起!

PR TIMES / 2016年04月25日16時11分

(※角質層まで)当製品は、化粧品に含まれるビタミンCを角質層まで届ける「ブライトニングモード」を新搭載しました。プロモーション活動を通して、「ブライトニングモード」によるお肌のケアを、特に日差しが気になる季節に使用することを提案して参ります。広告では、水原希子さんの満面の笑顔と「もう、日差しを忘れて過ごせそう」のキャッチコピーによって、ブライトニングモード [全文を読む]

赤い口紅が復権 少しずつ景気上向いている影響ではとの分析

NEWSポストセブン / 2015年12月05日07時00分

クリスマス商戦で賑わう百貨店、化粧品売り場に異変が起きている。真っ赤な口紅を試し塗りする女性たちの姿があちらこちら――。 《赤いルージュ、復権》という見出しが11月20日の朝日新聞朝刊に掲載された。《景気が上向くと流行するとされる赤い口紅が売れている》という。 資生堂は「マキアージュ」の鮮やかな赤、コーセーは「エスプリーク」の深みのある赤、ポーラも秋に売り [全文を読む]

VIPルームになだれ込み!水原希子の夜遊びが止まらない

アサ芸プラス / 2014年11月17日09時59分

最近では化粧品CMでのセクシーなキスショットが印象的だ。また、現在放送中の小栗旬主演ドラマ「信長協奏曲」(フジテレビ系)での好演も評価を高めている。 プライベートでは韓国の男性アイドルグループ「BIGBANG」のメンバーであるG-DRAGONとの交際が伝えられていたが、某芸能プロダクションのマネジャーはこう語る。 「水原さんはブレーク前の10代の頃からとに [全文を読む]

赤い口紅が黒髪、太眉、白肌とセットで流行 脱デフレ反映か

NEWSポストセブン / 2014年02月08日07時00分

同紙のインタビューで前田氏は「化粧品産業は女性の心理と密接に関係している産業。最近はやり出した赤は気分が乗っていて、自己主張が強くなっているときでないと使いにくい色だ。景気が回復しつつある証しと言えるだろう」と続けている。アベノミクスが女性たちの好み、ひいては化粧品業界を動かしていると言える。 実際に女性誌を見ると、赤い唇で微笑むモデルたちが目に付く。現在 [全文を読む]

お家エステ気分が味わえる!本格ホームケア美容家電3選

LBR - Life & Beauty Report / 2016年08月05日21時00分

サプリメントや化粧品と異なり、早くて2週間くらいで効果が実感できるのも嬉しいポイント。使っていくうちに肌触りがスムーズになり、肌が健康になっていくのを体感できるはず。レーザーだからこそできる、顔全体のキメの変化は感動モノ!■RFボーテ キャビスパ/ヤーマン ¥29,800(税抜)年齢とともにつくお腹周りのブヨブヨお肉。運動だけでは解決できないダイエット悩み [全文を読む]

「前代未聞の爆音BGM」竹野内豊、窪田正孝、野村周平“熱愛質問封じ”に記者ブーイング

サイゾーウーマン / 2016年03月19日16時00分

9日に行われた資生堂の男性化粧品ブランド「UNO」の新CM発表会に、竹野内豊、窪田正孝、野村周平のイケメン俳優トリオが集結した。3人の共通点といえば、直近でそれぞれ人気女性タレントとの交際を報じられていること。現場には多数のマスコミが取材に訪れたという。 竹野内のお相手は、熱愛報道を自らも認めており、結婚間近ともいわれている女優の倉科カナ。また、窪田は昨年 [全文を読む]

男性ヘアメイクさん直伝!人気の「赤リップ」で魅せるモテ唇の裏ワザ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年01月25日11時30分

この冬は赤リップが大流行! 化粧品メーカーから続々と新色が発表されています。テレビのCMでも水原希子さんが、華麗な赤リップを披露していますね!歴史は繰り返す、そして流行も繰り返す…ということで、赤リップは実は、化粧品業界では景気のいいときに流行るとウワサされています。また、赤は女らしさが強調される色なので、女性の活躍が目立つ時期に流行るのかもしれません。◆ [全文を読む]

すっぴんからゴージャスメイクまで、レディー・ガガが資生堂新年広告で50セルフィー披露

FASHION HEADLINE / 2015年01月02日09時00分

今回、日本を代表する化粧品会社として美を追求してきた資生堂がガガのセルフィーと共に発したメッセージは「あなたはあなたでいて。それが、あなたの美しさだから。」。中長期戦略「VISION 2020」の下、個々の美の多様性を認め、それぞれの美を応援する方向へ向かう資生堂と、ガガの姿勢が共鳴する広告となった。 両者は今年、この広告を皮切りに今後もコミュニケーショ [全文を読む]

フォーカス