投資信託 野村證券に関するニュース

野村HD、アベノミクスの追い風受け「完全復活」目前~頭痛の種、米国巨額提訴の行方

Business Journal / 2014年02月12日01時00分

1月6日には株式や投資信託への投資で年間100万円までなら売却益が非課税となる少額投資非課税制度(NISA)がスタート。今年は大幅反落で始まったが、市場関係者は「個人投資家がNISAで株を買う動きが広がり、相場を下支えする」との期待を口にする。 投資家は証券会社などで専用のNISA口座を開設。毎年100万円まで株式や投資信託を購入でき、5年間はその売却益や [全文を読む]

金融経済メディアを運営する株式会社ZUUが、 株式会社日税ビジネスサービスと業務提携 会員制サービス事業『日税FPフォーラム』を提供開始

DreamNews / 2015年01月26日13時30分

※ 金融商品とは、(1)株式(2)債券(3)投資信託(4)投資型年金保険(5)デリバティブ取引(金利・為替・通貨)等を指します。海外の金融商品にはお答えできかねる場合がございますので、予めご了承ください。 6) Q&Aコーナー 「質問受付サービス」に寄せられた質問内容とそれに対する回答を会員専用HPより閲覧できるコーナーです。 ※ 質問者の同意を得たもの [全文を読む]

IPOの投資経験に関するインターネット調査 経験者の9割以上が国内株式や投資信託等へも投資

@Press / 2017年01月13日12時30分

株式会社Finsight(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大室 州)は、近年IPO(新規公開株式)が個人投資家の注目を集めている状況を踏まえ、直近1年間にIPOの抽選に申込み経験がある全国の男女799人を対象にIPOの投資経験に関するインターネット調査を実施しました。【サマリー】・37.3%が2社以上の証券会社でIPOの抽選に申込み・最も口座を開設し [全文を読む]

投資家拡大目指し各金融機関がコンサルサービス強化する動き

NEWSポストセブン / 2015年04月24日16時00分

投資ビギナーでも株式や債券、投資信託などで、本格的な資産運用ができる点が好評で、大和証券および野村證券では、それぞれ1社で口座残高は1兆円を突破。業界全体では3兆円に達するのも時間の問題とみられている。 このように現在の金融業界は、コンサルティングやサポートを充実させて個人投資家の拡大を目指しているのだが、その傾向はFX(外国為替証拠金取引)業界でも強まっ [全文を読む]

個人投資家向け「投資信託 - PMS(R)」サービス開始

@Press / 2014年02月28日09時30分

海外金融商品を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS(R))」で高い評価を得ている投資顧問会社 IFA JAPAN(R)株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役兼CEO:荒川 雄一)は、2014年2月より個人投資家向けに、投資信託を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS(R))」の助言サービスを開始し、専用サイトを開設しまし [全文を読む]

「マーケット・アナライズplus+」がニコ生とコラボ

@Press / 2016年10月31日15時45分

・ニコニコ生放送配信ページ http://live.nicovideo.jp/watch/lv280088982 3.出演者 ・岡崎良介(金融ストラテジスト) 伊藤忠商事に入社後、米国勤務を経て、1987年に野村證券投資信託委託(現・野村アセットマネジメント)に移りファンドマネジャーとなる。1993年から日本バンカーズトラスト信託銀行(現ドイチェ・アセッ [全文を読む]

株価2万3000円レポに続き複数の投資のプロが株高を予測

NEWSポストセブン / 2016年02月02日16時00分

そうした日本企業の強さこそ、本誌が前号で紹介した投資信託の大手運用会社・三菱UFJ国際投信による「半年後、株価2万3000円になる」という衝撃的なレポート(1月14日付)の論拠といえる。 この「2万3000円」レポートに続くように、複数の投資のプロたちも続々と株高を予測し始めているのだ。 第一生命経済研究所は1月20日付のレポートで〈現行の株価水準は異常に [全文を読む]

流行の「ラップ口座」は絶対契約するな!愚の骨頂 バカ高い手数料でぼったくり

Business Journal / 2015年06月04日06時00分

また、公募の投資信託の純資産残高が、4月末で99兆1636億円となっており、100兆円が間近に迫っている。こちらも、金融・資産運用業界にとって朗報だ。 しかし、筆者が少なからず懸念している数字の急膨張がある。投信全体の純資産に対して、まだ大きくはないが、「ラップ口座」の残高が急伸しているのだ。 ラップ口座とは、個々の顧客に対して、証券会社や信託銀行が担当者 [全文を読む]

フォーカス