松井咲子 柏木由紀に関するニュース

増田有華ラストステージ、河西智美まさかの卒業発表。第2回「AKB48紅白対抗歌合戦」は紅組の勝利!

週プレNEWS / 2012年12月20日17時00分

(取材・文・撮影/関根弘康) 紅組 キャプテン篠田麻里子、大島優子、小嶋陽菜、松井玲奈、山本彩、指原莉乃ら81人 白組 キャプテン高橋みなみ、板野友美、渡辺麻友、柏木由紀、峯岸みなみ、松井珠理奈ら65人 ■第2回AKB48紅白対抗歌合戦 セットリスト 紅『チーム紅推し』 白『ワッショイ白!』 紅『それでも好きだよ』(島崎遥香) 白『君は僕だ』(渡辺麻友) [全文を読む]

AKB48、「第2回紅白対抗歌合戦」は篠田率いる紅組の勝利

リッスンジャパン / 2012年12月18日01時00分

■第2回AKB48 紅白対抗歌合戦セットリスト○白組「ワッショイ白!」 板野・内田・柏木・大場・菊地・高橋・藤江・仲谷・石田晴・峯岸・宮崎・横山・田名部・岩田・前田亜・宮澤「君は僕だ」 渡辺麻友 「となりのバナナ」 横山由依・渡辺美優紀「清原( 小池・替え歌)」峯岸・仲谷・石田晴・宮崎・小林香・小嶋菜・小森・小林茉・森川・大島涼・名取・片山・内田・永尾・田 [全文を読む]

「恋愛禁止ルール緩和へ?」"おニャン子の夫"秋元康がGoogle+でAKB48恋愛タブーに切り込む

日刊サイゾー / 2012年01月24日08時00分

1月15日、このサイトで秋元氏が、彼氏とのプリクラが流出した経験のあるメンバー・松井咲子に向けて「今まで、どんな恋愛をして来たんですか?」と無茶振りを仕掛けたのだ。 このコメントによって、ファンの間には一気に緊張が走り、松井がどのような返信をするのかに注目が集まった。秋元氏のコメントから30分後、松井は「完全に黒歴史です、本当にありがとうございました」との [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】橋本奈々未“卒業コンサート”と小嶋陽菜“こじまつり前夜祭” カラーの違いくっきり

TechinsightJapan / 2017年02月22日17時37分

一方、卒業コンサート『こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~』を前に21日に開催された『こじまつり~前夜祭~』では、まずAKB48のOGから秋元才加や松井咲子が登場してパフォーマンスして会場を沸かせた。さらに同時間帯にさいたまスーパーアリーナで開催されていた乃木坂46の『5th Year Birthday Live』と中継で小嶋とのコラボユニット「乃木坂AKB」に [全文を読む]

大島優子は「共喰い」。集英社文庫『ナツイチ』キャンペーンでAKB48の読書感想文・課題図書が発表!

週プレNEWS / 2013年06月26日04時00分

■チームA 伊豆田莉奈/「言えないコトバ」益田ミリ 入山杏奈/「鉄道員」浅田次郎 岩田華怜/「終末のフール」伊坂幸太郎 大島涼花/「永遠の出口」森 絵都 川栄李奈/「蒼い時」山口百惠 菊地あやか/「年下の女友だち」林真理子 兒玉遥/「平成大家族」中島京子 小林茉里奈/「幸福論」アラン 佐々木優佳里/「ハニー ビター ハニー」加藤千恵 佐藤すみれ/「六花の [全文を読む]

「もはや処女性ゼロ」AKB48の“男性ストリップ泥酔”報道にもファン激怒せず!!

日刊サイゾー / 2013年06月14日09時00分

今回、柏木由紀や松井咲子といった“清純派”とされるメンバーの名前はなかったものの、大事なイベントの前々日に夜遊びに興じるメンバーに対し、ファンはさぞかしショックを受けているだろうと思いきや、意外と冷静な様子。ネットの反応を見ても、「このメンバーなら今さらって感じ。何も思わない」「河西(智美)と窪田のお泊りに比べたら、随分マシ」「遊びな遊びな」というような [全文を読む]

AKB48、新体制を11月1日よりスタート、新公演開始まで“ウェイティング公演”を実施

リッスンジャパン / 2012年10月08日02時00分

10月22日(月) チームB「シアターの女神」公演10月24日(水) チームK「RESET」公演10月25日(木) チーム4「僕の太陽」公演10月29日(月) チームA「目撃者」公演AKB48 - アーティスト情報<AKB48・新チーム体制>◯チームA伊豆田莉奈、入山杏奈、岩田華怜、大島涼花(※昇格)、河西智美川栄李奈、菊地あやか、小谷里歩(※NMB48チ [全文を読む]

イジリー岡田も止めた“エロキャラ”で注目のAKBメンバー

NEWSポストセブン / 2012年01月14日07時00分

松井咲子(21)と、佐藤すみれ(18)です。まだまだ上位メンバーには及びませんが、このふたりが、どれだけ人気を伸ばすのか注目ですね」(ある放送作家) 第7期研究生オーディションに合格し、2010年にチームKに昇格した松井。AKB48の中で唯一の音大生というお嬢様キャラが注目され、昨年の第3回選抜総選挙では、38位でアンダーガールズ入りを果たした。が、こ [全文を読む]

フォーカス