関係 倉科カナに関するニュース

カイ(EXO)日本ドラマ初出演WOWOW「連続ドラマW 春が来た」豪華キャスト陣が解禁!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年04月14日12時00分

原作:向田邦子「春が来た」(『隣りの女』所収)文春文庫刊監督:河合勇人(「鈴木先生」『俺物語!!』『チア☆ダン』)脚本:吉田弥生出演:カイ(EXO)、倉科カナ、古畑星夏、健太郎、高田聖子/高畑淳子、佐野史郎 ほか【特設サイト】http://www.wowow.co.jp/dramaw/harugakita/「連続ドラマW 春が来た」キャストコメント■倉科 [全文を読む]

倉科カナがセクシーウエディング姿、桐谷健太と仲良しオフショット

dwango.jp news / 2016年11月23日23時29分

放送されたばかりの第6話では、仕事で頭角をあらわす弟・高田優(山田涼介)に、ヤキモキしてしまう兄・高田隆一(桐谷健太)が「あああーーー!!!」と、どうにもならない気持ちを叫ぶシーンや、兄の恋人でヒロイン・矢作梓(倉科カナ)の関係も、悪化してしまうのか・・!?と思わせた場面もあったが、アメブロで公開された写真は、撮影中の桐谷健太と倉科カナはとっても仲良しに [全文を読む]

<現役弁護士が観る「最後の証人」>倉科カナの座ったままの「異議あり!」は残念…だけど次回が楽しみ

メディアゴン / 2015年02月13日00時48分

被害者は、彼と不倫関係にあった浜田美津子(紺野まひる)で、事件も密会のホテルの一室で起きた。ところが島津は無実を主張。佐方は事件の背後に何かあると直感して、弁護を引き受ける。担当検事は佐方のかつての同僚の庄司真生(松下由樹)。有罪は動かないようにみえた。有効打を出せない佐方に、いらだつ被告人・島津。ついに最終弁論の場となるが、最後の最後に美津子の夫・高瀬が [全文を読む]

月9「カインとアベル」9.0%上昇要因は倉科カナの”魔性ぶり”か

デイリーニュースオンライン / 2016年11月22日20時03分

兄と弟の対立構造が徐々に目に見えるようになり、会社でも女性関係でも物事が大きく動きそうな気配が出てきた「カインとアベル」(フジテレビ系)。11月21日放送の第6話は、自己最高となる9.0%(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率をマークするなど好調気配。「うわー、梓あかん奴やこいつ」と思わせる場面で始まり、「サッサとキスくらいしろやゴルァ」と言いたくなる [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

現在はNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演中 (取材・文/直井裕太 撮影/下城英悟) [全文を読む]

結婚の絶対条件!? 妻夫木聡が掃除すべき「金銭問題」と「性的サービス」

日刊サイゾー / 2016年01月04日17時00分

ただ、妻夫木は所属事務所であるホリプロとの関係が良好でないといわれており、ファンクラブ閉鎖の理由はそっちにあるのではという声も多いんです。同事務所の小島瑠璃子が『収入が少ない』と暴露したように、ホリプロは『給料制』。事務所でもトップクラスの人気と実績を持つ彼なら、不満を持ってもおかしくないでしょう。マイコの母親が『妻夫木さんって、学歴もないし、収入もねえ… [全文を読む]

視聴率も残念だが、妻たちは“もっと残念な夫”話で熱く盛り上がっていた!

週プレNEWS / 2015年02月04日19時50分

子供が生まれる前まではイイ感じだった夫婦関係が、子育て開始とともに急激に悪化し、離婚寸前の危機を描くドラマ『残念な夫。』(フジテレビ系、水曜22:00~)。 本日の放送で第4回となるが、視聴率は初回の9.4%から徐々に落とし前回は7.4%(ビデオリサーチ社調べ。関東地区)。同じく現代の夫婦像を描き、妻に焦点を当て話題の『○○妻』(日テレ系)が平均14.5% [全文を読む]

「未成年淫行」小出恵介、過去には倉科カナに体操着姿を要求していた!

アサ芸プラス / 2017年06月14日05時59分

年代設定ではブルマーの時代だったので悔しかった』とクレームを入れており、もともと、ロリータ志向が強かったのかもしれません」(前出・芸能記者) 小出ほどの人気俳優ならば、関係を結ぶ女性に困らなかったはず。もし未成年好きが事実だとすれば、相手の年齢を知って、理性が抑えられなくなってしまったのか。 [全文を読む]

「奪い愛、冬」倉科カナの“不敵な笑み”が最高視聴率! 続編望む声も

Smartザテレビジョン / 2017年03月06日12時20分

終わってすぐに“蘭さんロス”“康太ロス”といったつぶやきが見られ、新たな関係性での続編を期待する声も大きい。 そんな2人の目に見える怪演ばかりがクローズアップされてきたが、忘れちゃいけないのが、終盤になるにつれて明らかになってきた主人公・光の強さだ。 パッと見、蘭のような強烈なライバルがいたらあっさり引き下がってしまいそうな雰囲気なのに、最後まで愛を信じ [全文を読む]

愛する男は余命2カ月、狂妻水野美紀は精子着床、カオスに飲み込まれたヒロインは…/『奪い愛、冬』第六話レビュー

messy / 2017年02月27日21時00分

最終的には男の経営しているらしいいかがわしそうなバーに踏み込み、男に蘭さんとの関係を詰問。見ず知らずの奴に答えるかよ、知りたきゃ500万円持ってきな、と一蹴されると、迷うことなくママ・郁恵ちゃんを頼り、500万のおこづかいをおねだりします。金額を聞かされびっくりした郁恵ちゃんでしたが、息子の婚約破棄に涙ぐんで歓喜し、「自分と投資のため。だから頼むよ」と言 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】水野美紀&秋元才加に挟まれる倉科カナ 『奪い愛、冬』クランクアップも漂う緊迫感

TechinsightJapan / 2017年02月27日12時05分

劇中の蘭と秀子の関係を思えば、水野美紀、倉科カナ、秋元才加のスリーショットを見ても「クランクアップご苦労様でした」と爽やかな気持ちになれないものである。 毎回ドロドロな上に急激な展開が続くなか『「奪い愛、冬」ドラマ公式アカウント(ubaiai)ツイッター』では2月25日に「最終回にふさわしいどんでん返しが待っています。蘭(#水野美紀)の怪演にもご注目くださ [全文を読む]

星野源、「奪い愛」水野美紀の決めゼリフをマネしてさらに好感度がアップ!?

アサジョ / 2017年02月17日10時15分

ドロドロの男女関係が見どころのドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)にて、水野美紀の怪演が話題になっている。なかでも夫役の大谷亮平とその元カノである倉科カナが密会する現場に踏み込み、不貞を否定する大谷に向かって「違わないよおおお!」と絶叫するシーンは、もはや語り草のレベルと言えよう。 そのシーンは芸能界でも注目されており、2月10日放送の「ミュージックステー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大谷亮平、三浦翔平と“奪い愛”ショット公開 「実は仲良いんか~い」安堵の声

TechinsightJapan / 2017年02月15日12時35分

作品中ではひとりの女性を巡って険悪な関係にある2人だが、撮影合間のオフショットでは和やかな空気を漂わせている。 金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』は第4話の放送が終わり、婚約者の元カレ(大谷亮平)の登場で嫉妬に狂い壊れていく三浦翔平と、大谷の妻役を演じる水野美紀の夫を愛するがあまりの行動が“ホラー”だと話題になっている。 同ドラマは回を重ねるごとに恐ろしい結末 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】水野美紀のロケショット 嫉妬の鬼“蘭”が海を眺める姿に「怖すぎる~」

TechinsightJapan / 2017年02月10日16時00分

テレビ朝日系の金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』で、倉科カナ演じる主人公・池内光と元カレ・森山信(大谷亮平)の関係に嫉妬の炎を燃やすのが信の妻・森山蘭(水野美紀)だ。水野美紀の熱演が「最早サスペンスを通り越してホラーだ」と評判で、その存在感は主人公を食ってしまいそうな勢いである。 2月10日放送の第4話では、その蘭の呼びかけにより池内光と婚約者・奥川康太(三浦 [全文を読む]

嫉妬で苦しいあなたへ…妬みで闇落ちしそうなときに観たいドロドロ系ドラマ

ココロニプロロ / 2017年02月10日11時45分

この2人が参加するドロドロの四角関係が開始前から話題を呼んでいたのが、金曜夜のドラマ『奪い合い、冬』でした。イケメンたちの間で戸惑うヒロインの恋模様やお色気たっぷりな展開に期待が高まりましたが、いざ始まってみると注目を集めているのは「大谷さんの妻役で、倉科カナさんへの嫉妬に狂う水野美紀さんの様子がもはやホラー」という点。いやほんと、そこいらの幽霊よりよっぽ [全文を読む]

剛力彩芽、見つけたコスプレ道…注目深夜ドラマ

NewsCafe / 2017年02月06日11時00分

そこに大谷の妻役・水野美紀(42)がからむドロドロの恋愛群像劇です」 デスク「三浦が倉科にプロポーズした時のサプライズダンスで、飲んでたビールを吹き出しちゃったよ」 記者「そのシーンを、通りがかった大谷と水野が見ていることに気づいた倉科は、わなわなと震えだして、気絶しちゃいました(笑)」 デスク「倉科と大谷の関係を知る水野の怪演ぶりは本領発揮って感じ。ドロ [全文を読む]

山田涼介の月9「カインとアベル」最終回の”タイトル詐欺”に視聴者あぜん

デイリーニュースオンライン / 2016年12月21日09時32分

そのせいかどうかはわかりませんが、最終回は隆一と優の関係だけでなく、優と矢作 梓(倉科カナ)との関係もさわやかに解決され、優はずっと自分を慕ってくれた柴田ひかり(山崎紘菜)の思いに気付き、さらに会社は立て直され……と、急激にすべてがハッピーエンドに向かう怒涛の展開。打ち切りドラマでもないのに、これまでのことがなかったかのような無理やりな収束のさせ方には、 [全文を読む]

'17年1月から始まる新ドラマの最新情報を紹介!木曜~土曜編

Smartザテレビジョン / 2016年12月09日17時13分

■ 親子が三角関係になる泥沼の愛憎劇!波瑠が主演のホームドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」が'17年1月13日(金)夜10時からNHK総合で放送。仲のいい親子が、関係を一変させ、泥沼の三角関係に陥る姿を描く。共演は斉藤由貴、寺脇康文、柳楽優弥ら。■ 倉科カナ主演で描かれるドロキュンラブストーリー倉科カナ主演の「奪い愛、冬」が'17年1月20日(金) [全文を読む]

倉科カナ 胸もと大胆ウェディングドレスで魅了

Smartザテレビジョン / 2016年11月27日09時00分

21日に放送された第6話では、仕事で頭角をあらわす弟・優(山田涼介)に兄の隆一(桐谷)がどうにもならない気持ちを叫び、恋人・梓(倉科)との関係も、悪化してしまうのかと思わせたが、ブログで公開された写真では「いえーい!!」と二人でポーズ。 ドラマの中の緊張感とは別の笑顔に、ファンからも「ホント理想で幸せな夫婦にしかみえないね♪」「倉科さんスタイルよすぎ」な [全文を読む]

倉科カナが“愛に一直線の激情型女子”、三浦翔平が“嫉妬で我を失う癒し系男子”に! ドラマ「奪い愛、冬」ににただならぬ気配を察する人続出

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月23日15時00分

という3角関係が描かれるという。 そんなドロドロの恋愛ドラマを制作するのは、これまたドロドロな恋愛ドラマ「不機嫌な果実」の制作スタッフ。同作は作家・林真理子原作の不倫を描いた恋愛ドラマで、濃厚かつスリリングな泥沼恋愛劇が話題となった。 この時点で世間では「あ…これ家族とは見れないドラマだな」「不機嫌な果実のスタッフがこのストーリーで制作するんでしょ? 期待 [全文を読む]

フォーカス