映画 松坂桃季に関するニュース

『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』、若手俳優 “登竜門”としての違いは?

リアルサウンド / 2016年02月20日07時00分

特撮の人気シリーズである『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』に出演した役者たちが、子供たちだけでなく幅広い層から人気を集め、ドラマや映画などで活躍するケースが目立つ。ただし、出演した役者たちがブレイクしていく流れは、『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』では少し異なっている。参考:斎藤工、窪田正孝、佐野岳……2.5次元ミュージカルで飛躍した実力派俳優たち 200 [全文を読む]

綾瀬はるかと松坂桃季に破局危機! 主演ドラマ低視聴率で「最近は、会ってもいない……」

日刊サイゾー / 2015年12月12日11時00分

綾瀬と松坂は、昨年5月に公開された映画『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』の共演がきっかけで交際に発展。その後、綾瀬の自宅近くのスーパーマーケットで松坂が買い物している現場を目撃されて、熱愛と騒がれた。さらに綾瀬が両親に松坂を紹介したことが明らかになって、結婚の行方が注目されるようになった。 この秋には、福山雅治をはじめとして芸能人が次々に結婚。芸能人の結婚 [全文を読む]

真剣佑、父・千葉真一に内緒で事務所移籍!ステージパパに嫌気がさした?

アサジョ / 2017年05月31日07時15分

13年にはハリウッド映画の主演を果たし、14年に日本に活動の拠点を移動。映画『ちはやふる 上の句/下の句』では、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。今までは千葉の個人事務所に所属していましたが、仕事の話になると必ず千葉が、父子共演など口をはさむため、仕事のオファーがしにくいと言われていました。自ら事務所に連絡をして、売り込んだようです」(女 [全文を読む]

魔性と呼ばれた女、葉月里緒奈 久しぶりの女優仕事が「痩せすぎて怖い」!!

messy / 2017年03月01日00時00分

17歳の時に連続ドラマで芸能界デビューした葉月は、大きな瞳と白い肌、折れてしまいそうな華奢な体型で多くの若者を魅了し、アイドル的なポジションの清純派女優としてデビュー直後から数々のドラマや映画、CMなどに出演していく。順風満帆だった葉月が魔性の女と呼ばれた原因は、なんといっても俳優・真田広之(56)との不倫にあるだろう。1995年、葉月は映画『写楽』で初 [全文を読む]

映画『真田十勇士』×コトブキヤ侍箸タイアップキャンペーンのお知らせ

@Press / 2016年08月02日17時45分

ホビーメーカー・株式会社壽屋(本社:東京都立川市緑町/代表:清水一行)は、2016年8月22日(木)から全国ロードショーされる話題の映画『真田十勇士』と、自社商品の日本刀型箸『侍箸(さむらいばし)』とのタイアップキャンペーンを行います。 http://www.kotobukiya.co.jp/event/event-83013/ 映画『真田十勇士』は『20 [全文を読む]

12/6(土)は、WOWOW無料放送の日!「大人のウィークエンド オレたちのエンタメ語り12時間」を放送

PR TIMES / 2014年12月06日11時44分

大人が楽しめる映画、音楽、スポーツ、ドラマを放送し、ゲストには、真田広之、松坂桃季、西田敏行、糸井重里、大竹まことほか大人の男(オレたち)を招く。聞き手には、清水ミチコ、眞鍋かをり、マキタスポーツほか芸能界きっての“聞き上手”たちが登場。 番組の後半には、YOU、藤井隆も聞き手として参加する。 清水ミチコは、「大人は放送されているものを自分から見に行かなき [全文を読む]

“コカイン吸引報道”成宮寛貴の芸能プロが講談社と決別か?「11月には菅田将暉主演で映画化も……」

日刊サイゾー / 2016年12月02日17時00分

菅田は、講談社のコミックを原作とした主演映画『溺れるナイフ』が先月公開されたばかりですが、今後はこういったこともなくなるかもしれません」(同) 「フライデー」と成宮サイドが、真っ向対立する形となった今回の騒動。両親がいない中、幼い弟を養育してきた苦労人としても知られる成宮だけに、「事実無根」であってほしい……。 [全文を読む]

死者の脳=記憶を「覗き見る」技術が現実味…死刑囚の記憶から冤罪判明の可能性も

Business Journal / 2016年08月13日07時00分

8月6日に封切りされた映画『秘密THE TOP SECRET』(松竹)は、エンタテインメントとしてだけではなく、社会に大きなメッセージを発信する作品といえるだろう。それは「科学の進歩」「人間の尊厳とは何か」を改めて問う物語でもある。 原作は清水玲子のコミック。科学技術の進歩によって死者の脳を覗き見ることが可能となり、それを犯罪捜査に利用する未来の話がストー [全文を読む]

綾野剛 中村獅童に引退を進言?「そろそろ譲っていただいて…」

WEB女性自身 / 2013年08月24日00時00分

8月24日、映画『ガッチャマン』の初日舞台挨拶が都内で行われ、主演の松坂桃季(24)、共演の綾野剛(31)、剛力彩芽(21)、濱田龍臣(12)のほか、初音映梨子(31)、中村獅童(40)、岸谷五郎(48)らが登壇した。 松坂ら演じるヒーロー・「ガッチャマン」の敵役を演じた中村は、子ども時代にアニメ版の同作を見ていたという。出演オファーが来たときのことを「松 [全文を読む]

フォーカス