戦隊 松坂桃李に関するニュース

【極秘】戦隊ヒーロー番組の知られざる秘密11選! もっとも狂気が感じられた作品は○○

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年01月07日06時00分

1975年の秘密戦隊ゴレンジャーから始まり、今なお多くの子供たちをテレビ画面にくぎ付けにし続けているスーパー戦隊シリーズ。原則として1年で新ヒーローに交代するため、それぞれ思い入れのあるヒーローは年齢によって違いますが、特に男子は戦隊ヒーローに夢中になっていた時期があるものではないでしょうか。 スーパー戦隊シリーズ番組の知られざる秘密11選 今回はそんなス [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本潤 VS 松坂桃李 “シンケンレッド”の意地でアクション対決制す

TechinsightJapan / 2017年01月03日17時40分

課題を出される前に、まずはムロツヨシから「戦隊ヒーローをやってた」とアピールされて『侍戦隊シンケンジャー』(2009年2月~)で志葉丈瑠役を務めた松坂桃李がシンケンレッドに変身するポーズを披露すれば、「はい滑ったー!」とMJがいじって火花を散らす。 そんな2人が監督からアクションの課題「回転しながらナイフを奪ってキメる回転拘束」「テコの原理でナイフを奪う [全文を読む]

松坂桃李、ブレイクの理由は“正統派ヒーロー感” 『サイレーン』に見る俳優としての強み

リアルサウンド / 2015年10月29日16時25分

参考:ファブリーズの長男=高杉真宙の魅力は“品格”と“ちょいダサ”にあり!? 若手俳優の登竜門とも呼ばれる“戦隊ヒーローもの”である『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日/09年)で俳優デビューを果たし、その後、連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(NHK/12年)の安岡信郎役や、大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK/14年)の黒田長政役で、存在感を示してきた松坂桃 [全文を読む]

松坂桃李 大人女性に人気理由は家族思う発言とイケメン評論家

NEWSポストセブン / 2012年10月15日07時00分

そもそも彼が大人の女性たちから“モテモテ”になったキッカケは戦隊ヒーローシリーズ出身にある、とイケメン評論家・沖直実さんは言う。 「桃李くんは2009年に『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)で、俳優デビューしたんですけど、戦隊ヒーロー作品って、子供と一緒にお母さんも見るんですよ。だから昔から、お母さん人気は高かったんです。その頃から応援しているファンは [全文を読む]

【芸能コラム】竹内涼真&竜星涼&磯村勇斗 みね子を取り巻く3人のヒーロー 「ひよっこ」

エンタメOVO / 2017年06月17日16時00分

3人の共通点は、いずれも「仮面ライダー」、「スーパー戦隊」OBであること。若手俳優の登竜門である両シリーズのOBからは、これまでも綾野剛、福士蒼汰、松坂桃李、菅田将暉らが朝ドラ出演を経てブレークした。今や「ライダー」、「戦隊」を経ての朝ドラ出演は、若手俳優がブレークするための最有力ルートと言ってもいいだろう。 とはいえ、一口にライダー、戦隊OBと言っても [全文を読む]

戦隊ヒーロー俳優が、土屋太鳳に恋する爽やか高校生に!

Movie Walker / 2015年12月14日12時30分

相手役を務める山崎賢人はもちろんだが、菜穂に思いを寄せる弘人役を演じた若手俳優・竜星涼のイケメンぶりに注目したい! 竜星は、松坂桃李を輩出するなどイケメン若手俳優の登竜門ともなっている戦隊シリーズの出身。「獣電戦隊キョウリュウジャー」の主演で一躍名を広めた現在22歳の新鋭だ。中性的な雰囲気の端正な顔立ちと183cmの高身長を武器に、ドラマ「桜蘭高校ホスト部 [全文を読む]

ジョキンジャーなる新たな戦隊ヒーローが話題に! 主人公は果たしてイケメン!?

Entame Plex / 2015年01月22日23時40分

スーパー戦隊シリーズといえば、「侍戦隊シンケンジャー/松坂桃李」「天装戦隊ゴセイジャー/千葉雄大」「烈車戦隊トッキュウジャー/志尊淳」をはじめとするイケメン俳優達が登場することでも知られ、ちびっこはおろか女性をも虜に。そんな中、2014年秋に突如として“除菌戦士ジョキンジャー”なる正義のヒーローが現れたのをご存知だろうか? 二酸化塩素を擬人化した新たなヒー [全文を読む]

島田紳助の寵愛を受けた戦隊ヒロインが大阪でフリーターに!?

メンズサイゾー / 2013年03月18日08時00分

古くは玉山鉄二やオダギリジョー、最近だと水嶋ヒロや佐藤健、松坂桃李など、戦隊・特撮モノに出演することが人気俳優になるための王道と言われるようになって久しいが、一転して特撮出演女優の「その後」は、はなかなか厳しい。 特撮モノに起用される女性の数は男性に比べて少ないため、単純に比較はできないが、ここ20年で見ても、さとう珠緒に千葉麗子、来栖あつこなど、特撮モノ [全文を読む]

有村架純、土屋太鳳…、朝ドラ女優と長文ブログの親和性

NEWSポストセブン / 2017年07月01日07時00分

当サイトでも、朝ドラの影響については、5月23日に〈仮面ライダー&戦隊出身俳優、ブレークに必要なのは朝ドラ〉などの記事を掲載しており、男性タレントにとっても朝ドラ出演が大ブレークの重要ファクターになっていることを報告した。 これは、「戦隊モノ」「ライダー系」に出た男性俳優がさらなるステップアップに朝ドラが重要だ、という話である。同記事内では、イケメン評論 [全文を読む]

『恋ヘタ』高梨臨の“共演者キラー”ぶりがハンパない! 虜にされた“4人の有名男性”の疑惑を関係者が暴露!

tocana / 2017年05月20日09時00分

「実際、その頃の高梨は戦隊ヒーロー番組『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)に出演し、世間からも美女と認識され始めていました。同番組には高梨のほかに、当時アイドリング!!!のメンバーだった森田涼花も出演していたけれど、森田は現在あまり露出がありません」(マスコミ関係者) 一方の高梨は、2014年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』、15年の『Dr.倫太 [全文を読む]

大嫌いなのに大好き!? ジャニヲタ界隈をザワつかせる“星野源”という存在の謎

日刊サイゾー / 2016年12月21日09時00分

いまお茶の間で人気者なのは、菅田将暉や山崎賢人、坂口健太郎、窪田正孝、福士蒼汰、松坂桃李など、「朝ドラ」出身俳優か戦隊特撮モノ出身俳優、あるいはその両方「特撮→朝ドラ」のルートをたどってきた人が実に多く、ジャニーズにとっては厳しい時代となっている。 しかし、そんな中、ジャニヲタたちがいま、熱い(?)視線を送り、一方的に「嫉妬」し、強烈に「敵視」している人 [全文を読む]

殺人鬼、娼夫、童貞教師…松坂桃李が次に挑むのはカッコよすぎる忍者!

Movie Walker / 2016年08月09日10時35分

“怪優”としての評価を高めつつある彼だが、思い起こせばその俳優デビューは戦隊ヒーローの「侍戦隊シンケンジャー」。ここで培ったアクションの経験と、その後立て続けにクセの強いキャラクターを演じてきた松坂にとって、今回の霧隠才蔵はまさに松坂のために用意されたような役なのかも!? 体を張った演技で、天才忍者を見事に体現した松坂。まばたき厳禁の激しいアクションシーン [全文を読む]

松坂桃李が超常現象を熱弁&心霊体験を告白

Smartザテレビジョン / 2015年10月16日18時20分

戦隊モノの苦労や超常現象などについて語り、明石家さんまのために暗躍(!?)を約束する。 「侍戦隊シンケンジャー」('09~'10年テレビ朝日系)のシンケンレッドとしてデビューした松坂は、1年間の番組が終わると翌年は全国でヒーローショーを行う戦隊モノの仕組みを語り、「撮影が終わった後もせりふや動きなど、戦隊モノ独特の癖が抜けなくて大変だった」と振り返る。 ま [全文を読む]

イケメン評論家が選ぶ 2014年にブレイクしたイケメンBEST4

NEWSポストセブン / 2014年12月07日07時00分

これまでは戦隊ヒーローやジュノンボーイからブレイクする流れがありましたが、最近はNHKの朝の連続ドラマに出演したらブレイクするという、暗黙の法則がありますね」(沖さん、以下「」内同) 朝ドラの他にも、今年ブレイクした4人の共通点は、「ギャップ萌え」と「知性」だと沖さん。それぞれの魅力について語ってもらった。まずはドラマ『きょうは会社休みます。』で綾瀬はるか [全文を読む]

福士蒼汰の人気加熱で考える、“ミーハーホイホイ”作用を失ったジャニーズの課題

サイゾーウーマン / 2014年11月24日18時45分

ちなみに、同じくトップコートの菅田将暉や、ジャパン・ミュージックエンターテインメントの千葉雄大など、脇ができる演技派は重宝されるため別売り感も(ちなみに、みんな戦隊やライダーの特撮出身者だ)。◎身長問題 残念ながら、福士や東出昌大、山崎賢人など、いまどきのイケメン俳優と言われる人は高身長だが、ジャニーズはキムタクも岡田もKinKi Kidsも嵐も滝沢秀明も [全文を読む]

「想像力」こそ視聴者の最大の武器! タモリイズムあふれる『烈車戦隊トッキュウジャー』

日刊サイゾー / 2014年04月16日18時00分

それが、特撮番組『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)だ。 戦隊のモチーフは、タモリが大好きな「電車」。そして彼らの武器は、タモリ最大の趣味であり芸の根幹を担う、「妄想」すなわち「イマジネーション力」である。「世界は、目に見えるものが全てではない。夢見る力、想像する力、すなわちイマジネーションを持つ者だけが見ることが出来る世界がある。イマジネーション [全文を読む]

フォーカス