家族 松坂桃李に関するニュース

「生と死は横にある」“監督デビュー作で宮沢りえ主演”が実現したワケ

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月27日17時22分

癌宣告を受けた母が残される家族のために奮闘し……と書くと、ありきたりな物語のようだがそうではない。どんないびつな形であれ、家族の中で生きたことがある人なら、いや誰かに“熱い愛”を注がれたことのある人なら、心を揺さぶられる作品になっている。出演陣は、宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李……とならぶ豪華キャスト。だが、監督は(これまでのインディーズ作品が [全文を読む]

展開が気になって眠れない!最後はいったいどうなるの!?最終回が楽しみな2017冬ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年03月09日07時55分

放送開始時には、ほのぼの幸せだった家族も、いちゃいちゃしていた恋人たちも、クズ同然だった若者も、たくさんの出会いやきっかけによって大きく変化してきました。これからエンディングに向けてどんな展開が待っているのか、ドラマファンにはもっとも楽しみでたまらない時期と言えるかもしれません。 今回は、そんな2017年冬ドラマの中から、特に最終回が楽しみな作品を5つ厳選 [全文を読む]

映画「キセキ ーあの日のソビトー」松坂桃李演じるGReeeeN ジンの姿初公開

dwango.jp news / 2016年07月29日11時05分

GReeeeNのプロデューサー・JIN(ジン)を演じる松坂桃李と、JINの実の弟でGReeeeNのリーダー・HIDE(ヒデ)役の菅田将暉のダブル主演で、家族との衝突を経ながら、仲間と共に自分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描きだす。 また、ヒデの恋人役・理香に忽那汐里、ジンとヒデの両親、医者であり厳格な父親・森田誠一役に小林薫、 [全文を読む]

吉高主演映画で松坂桃李・松山ケンイチが心を揺り動かされる

dwango.jp news / 2017年04月10日10時55分

「これは事実か創作か?」「いったい誰が、何のために書いたのか?」「自らの家族とどんな関係があるのか?」数々の疑念を抱きながらも強烈にそのノートに惹き寄せられ、自らの運命を狂わせていく役どころだ。本年公開、菅田将暉とのダブル主演映画『キセキ ―あの日のソビト―』が大ヒットを記録、以降も続々と新作映画の公開が控える松坂は、宿命に翻弄されるキャラクターをどのよう [全文を読む]

「自分より守りたい人ができた」杉咲花が語る『湯を沸かすほどの熱い愛』

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月28日17時53分

取材時もずっと、宮沢りえさんのことを「お母ちゃん」と呼び続けるのも違和感がないほど、本物の家族のように存在していた。今回のインタビューでは、宮沢りえさんと母娘のように見えるまでの役作りの過程や、杉咲さんの演技が特に光っている3つのシーン、そして実際の母親との関係性などを聞いた。■演技というより、過ごしているようだった――まず、この映画に参加することになった [全文を読む]

深キョン、母役ハマってた…1月ドラマ雑感(中)

NewsCafe / 2017年01月29日08時00分

松坂桃李(28)主演『視覚探偵日暮旅人』(日本テレビ系)の11・2%と、三浦友和(64)主演『就活家族』(テレビ朝日系)の11・0%です」 デスク「『視覚探偵』はスペシャルあっての連ドラ化。主人公の過去がちょびっとずつ明かされそうな雰囲気で、これは楽しみな1作だ。CG処理が大変そうだけど」 記者「土9(どっく)と呼ばれ、土曜9時ドラマとして定着してしていた [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(1月26日付)

ガジェット通信 / 2017年01月26日19時00分

GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJINとその弟であるリーダーHIDEの青春期のエピソードを基に、兄弟が家族や仲間との衝突を経験しながら、音楽を志し突き進む姿を描く。 ■関連映像:キセキ ーあの日のソビトー 特報(http://yahoo.jp/-kTOfj) キセキ ーあの日のソビトー 劇場予告編(http://yahoo.jp/S5a4mk) [全文を読む]

『真田十勇士』堤幸彦監督インタビュー「僕は“プロ”なんだけど“プロ”じゃない」

ガジェット通信 / 2016年09月30日19時00分

そして幸村というカリスマ的キャラクターは智謀・知略に長けていて、父親ら家族との面白いエピソードもたくさんあって……まあその辺の詳しいところは大河ドラマ見てください(笑)。 そして、合戦の最中、凄い活躍をして死んでいくんです。家康に切腹を迫ったというエピソードもあるくらいですから、ある種のヒーロー像ですよね。そんなヒーローが実は「腰抜け」だったというマキノノ [全文を読む]

「図書館戦争」ドラマ版が今秋放送決定! 新たに松坂桃李、中村蒼、土屋太鳳らが参加

Entame Plex / 2015年06月01日11時04分

聴覚を失う厳しい演技は本当に難しいですが、私の家族が毬江ちゃんと同じ突発性難聴で右の聴力を失っているので、一緒に歩んだ家族としても、誠実に心をこめて演じました。見守って頂けたら嬉しいです」(土屋太鳳)とそれぞれコメントを寄せている。 [全文を読む]

『図書館戦争』続編に松坂桃李、中村蒼、土屋太鳳が参戦

Movie Walker / 2015年05月29日06時00分

聴覚を失う厳しい演技は本当に難しいですが、私の家族が毬江ちゃんと同じ突発性難聴で右の聴力を失っているので、一緒に歩んだ家族としても、誠実に心をこめて演じました」と述べている。 主演の岡田は、「『図書館戦争』の続編は映画だけではなく、ドラマもあります。原作ファンの方のみならず、初めて見ていただく方にも楽しめるようになっていると思います。新キャストの方々も加わ [全文を読む]

「図書館戦争」に松坂桃李、中村蒼、土屋太鳳が参戦!

Smartザテレビジョン / 2015年05月29日06時00分

聴覚を失う厳しい演技は本当に難しいですが、私の家族が毬江ちゃんと同じ突発性難聴で右の聴力を失っているので、一緒に歩んだ家族としても、誠実に心を込めて演じました。見守っていただけたらうれしいです。 [全文を読む]

松坂桃李「入口と出口で印象が、がらっと変わる。古沢良太さんの脚本は見事だと思いました」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月08日11時30分

「人格者だが不能」の貧乏寺住職の妻、親に家出された女子高生と妻の浮気に耐える高校教師、ホテル経営者家族も事情を抱え……時を遡りながら描かれる、愚かだけれど真摯な人々の“生”を描いた7つの短編集。 取材・文=河村道子 [全文を読む]

【写真満載】広瀬アリス、「リア充してます」発言!“マイメロディのお花屋さん”でかわいすぎる店長に変身!

Woman Insight / 2015年03月03日13時09分

保育園のとき、マイメロディのハンカチやバッグを持っていたので、今回の仕事が決まったとき、うれしくて家族に連絡したそう! ↑マイメロディと抱き合って、飛び跳ねたり……とあまりにかわいすぎます! そして小さいころ、「花屋になりたかった」という夢を語った広瀬さん。「こういう形で夢が叶って、うれしい」と話していました。 花好きの母親の影響を広瀬さんも受けているとい [全文を読む]

【三井ショッピングパーク ららぽーと共通】 「ららぽーと」のTV-CMに松坂桃李さん出演決定!& ららぽーと柏の葉・横浜リニューアルオープン

PR TIMES / 2013年04月19日18時04分

■4/19(金)には、柏エリア・つくばエクスプレス沿線において最大級の店舗面積の「ZARA」や、「GAP」「ビーミング ライフストア by ビームス」「アーバンリサーチ ドアーズ」など、人気のトレンドファッション店舗や、こだわりのプレミアム商品の提供がある「スシロー」や自分で選んで揚げられる串揚げブッフェ「串家物語」などがオープンし、ご家族からカップルまで [全文を読む]

「ドラマWスペシャル 尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」平成24年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2012年12月21日19時40分

「尾根のかなたに」は、1985年の日航機墜落事故で親を失った息子たちを中心に、絶望から這い上がった3つの家族の27年を描いたヒューマンドラマで、「なぜ君は絶望と闘えたのか」の著者・門田隆将氏によるノンフィクションを、実力派スタッフ・キャストでフィクションとして映像化したものです。父親を失うという絶望と闘い続けた少年たちが、27年の時を経て自分が父親になっ [全文を読む]

松坂桃李 大人女性に人気理由は家族思う発言とイケメン評論家

NEWSポストセブン / 2012年10月15日07時00分

祖父に見守られてる感じがする」 こんな家族思いの発言が多いところも胸キュンポイントだという。 「計算じゃなく、大人の女性が喜ぶ“古き良き日本”的なコメントを普通に言っちゃう。こういう言葉って年上女性は大好きなんです。 正直、顔も“昭和”っぽいんで、若い子なんかは“何が魅力かわからない”って人も多いかもしれません。でも、自分がモテていることに気がついてない感 [全文を読む]

松坂桃李 シンケンジャーの秘密は撮影終盤まで知らなかった

NEWSポストセブン / 2012年09月28日16時01分

それから俳優業がどんどんおもしろくなっていったんです」(松坂、以下同) 実生活では、よく話す明るい姉妹、パワフルで世話好きな母、穏やかで優しい父の5人家族。しかし、大学を休学して俳優をやりたいといったときは両親から猛反対を受けた。 「なかば家出同然でひとり暮らしを始めました。『梅ちゃん先生』に出演して、ようやく認めてもらえたのかも。やっと近所の人に言えるっ [全文を読む]

イオングループの未来屋書店、映画『ユリゴコロ』 公開を記念して、 劇場鑑賞券や非売品グッズをプレゼントするタイアップキャンペーンを 2017年8月18日から開催。

DreamNews / 2017年08月18日14時00分

そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念の先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。過去と現代をつなぐ、容赦ない愛の物語。 (C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017 「ユリゴコロ」製作委員会■会社概要【社名】 株式会社未来屋書店【本社】 千葉市美浜区中瀬1-6NTT 幕張ビル7F【電話番号】 043-298-1021(代表)【FA [全文を読む]

【予告編】吉高由里子×松坂桃李×松山ケンイチ、3人に科せられた宿命とは…『ユリゴコロ』

CinemaCafe.net / 2017年08月04日14時30分

そしてこの家族の過去に、一体何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める――。 2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たし、“まほかるブーム”を巻き起こした、沼田氏の同名ベストセラー小説を、『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督が映像化に挑戦した本作。 「一冊のノ [全文を読む]

吉高由里子主演作で松坂桃李&松ケンらが“愛と宿命”に翻弄される!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月10日10時00分

「これは事実か創作か?」「いったい誰が、何のために書いたのか?」「自らの家族とどんな関係があるのか?」と数々の疑問を抱きながらも、強烈なそのノートに引き寄せられ、自らの運命を狂わせていく役どころだ。 さらに、ある日突然に亮介(松坂)の前から姿を消してしまう婚約者・千絵役には、映画・ドラマはもちろん、宮藤官九郎やいのうえひでのりなど、名だたる演出家たちに見 [全文を読む]

フォーカス