北京 香港に関するニュース

MasterCard、「プライスレス香港」を発表

PR TIMES / 2014年03月11日14時08分

香港は、北京、シンガポール、ロンドン、ニューヨークなど世界37か所の他都市とともに、アジア/太平洋地域で4番目のプライスレス・シティとなります。プライスレス香港を通じて、香港における特別な特典を享受できる機会を提供し、MasterCard会員に驚きや喜びの体験をご提供することを目指しています。特典の対象分野はショッピング、ダイニング、トラベル、娯楽など多岐 [全文を読む]

【ホテル日航大阪】香港返還15周年&ホテル日航大阪開業30周年特別企画「Best of the Best 香港フード・フェア」開催!

PR TIMES / 2012年04月23日12時24分

メニュー内容: <ホテル日航香港コラボ 飲茶ランチ> ・小さな彩り前菜 ・新鮮野菜の湯引き 特製ソース ・林シェフ特製 飲茶盛り合せ ・ホテル日航香港蘇(そ)シェフとコラボ オリジナル北京ダックピザ ・海老のチリソース煮 クコの実とナッツ入り花捲添え ・特製おかゆ ・蘇(そ)シェフのスイーツ <ディナーコース> ・香港式特製前菜 ・北京ダック ・ホテル日航 [全文を読む]

北京・上海・四川・広東「四大中華物語」

プレジデントオンライン / 2017年02月24日15時15分

東は上海市、西は四川省、北は北京市、南は広東省の、日本人になじみの名を冠したこの4分類は、シンプルだからこそ理解しやすく、食べ手にとって便利なツールになる。 ---------- ●北京料理 北京ダックやフカヒレのスープなど、豪華な食材を使う宮廷料理と、北京近郊の郷土料理が交ざり合った料理。小麦文化で饅頭や麺類が主食。シンプルな塩と醤油の味つけで、四川料 [全文を読む]

“まだ勝利ではない” 香港、中国主導の選挙改革案を否決も…続く現行制度

NewSphere / 2015年06月19日11時55分

香港議会は18日、北京の中央政府が提案した次期行政長官選挙の改革案を否決した。この改革案を巡っては、中央政府が押し付けた“偽りの民主主義”だとして、昨年から市民の激しい抗議活動が続いていた。議会で否決されたことにより、香港が北京に公式に反旗を翻した形となった。中国共産党機関紙は、「香港のパンドラの箱が開けられ、その未来を破壊する悪魔が放たれた」と不吉な言葉 [全文を読む]

香港は大赤字。中国人は上海ディズニーランドに「夢」を見るのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月06日20時00分

次ページ>>共産党高級幹部が災害時に寄付したある意味驚愕の金額 2002年の湖南水害において、北京の党高級幹部600人の寄付金の合計額は、同じく北京にある民間会社の社長の寄付金の6分の1しかありませんでした。小中学校の再建のために、北京の200万党員のうち高級幹部60万人が寄付した額は1人あたりたった10元(150円)しかなく、香港のテレビ会社社長1人が [全文を読む]

中国の次期最高指導者・習近平ファミリーの総資産は420億円

NEWSポストセブン / 2012年08月08日16時00分

* * * 北京の中国筋によると、習近平は経済区構想のために、台湾や香港、欧米の外資の誘致を企図しているという。問題は、そこに親族・ファミリーの影がちらつくことだ。 習近平には姉が2人おり、長女夫妻は複数の会社を経営し、北京や深セン、香港を拠点に不動産関連を中心としたビジネスを展開。次女夫妻はカナダに居住しカナダ国籍も取得していながら、中国の国内事業に出 [全文を読む]

株式会社オーエスは中華人民共和国現地法人の社名を変更し、9月10日(本日)より新社名の会社で運営を開始します。

DreamNews / 2015年09月10日13時00分

株式会社オーエスの、中華人民共和国現地法人「喜摩祖賃(北京)有限公司(旧社名)は、本日9月10日より新社名「奥愛斯商貿(北京)有限公司」として営業を開始いたします。株式会社オーエス(本社:大阪、代表:奥村正之)の、中華人民共和国現地法人は、本年7月社名変更の認可を関係省庁より取得し、9月1日をもって書類整備が完了し、本日(9月10日)より新社名の会社で運営 [全文を読む]

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「国連トップが北京の虐殺を歓迎してるぜ!」

アサ芸プラス / 2014年10月21日09時56分

北京を嫌がった人たちは国外に脱出したんだ。何せ、北京のお気に入りを香港のトップである行政長官にし続けたんだからな。 しかし、中国政府は香港市民にこう約束していた。 「17年から行政長官を民主的に選ぶようにする」 共産主義者はいつの時代でもウソをつくが、結局この約束は破られることになった。今回のデモはそれに反発して、心ある若者たちを中心に立ち上がったわけだ。 [全文を読む]

東南アジア・東アジア5か国の大学生がビジネス提案で競う グローバルインターンシップ開催

PR TIMES / 2013年08月23日11時02分

■開催期間と場所 ・エントリー:8月初旬(エントリー受付中) ・予選会:8月~10月 各国にて ・決勝戦:12月中旬 東京にて ■参加対象学校(※国毎に五十音順) 【日本】大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、上智大学、東京大学 東京工業大学、一橋大学、早稲田大学、等 【中国】上海交通大学、清華大学、同済大学、中国人民大学、復旦大学、 北京大学、北京郵電大学 [全文を読む]

習近平主席の女性遍歴記した暴露本 当局の圧力で出版不可か

NEWSポストセブン / 2013年08月21日07時00分

予告記事によると、同書の内容は習氏が16歳のときに北京から片田舎の陝西省の農村に下放された際の恋愛の物語や、その後北京に戻り、清華大学在学中に恋に落ちた女性のこと、さらに初婚の相手が父親の習仲勲(元副首相)の部下だった外交官の一人娘だったが、後に離婚したこと。さらに、福建省廈門市副市長時代に、当時の人気歌手で現在の妻の彭麗媛さんと再婚したものの、すれ違い [全文を読む]

朱鎔基元首相の娘 朱氏後押しで中国銀行総裁有力候補に浮上

NEWSポストセブン / 2013年05月06日07時00分

北京の名門、中国人民大学に入学し、同大で修士課程を修了。その後、カナダの大学院に留学した際、カナダに移民していた北京出身の男性と知り合い結婚したという。 朱氏の知人によると、燕来さんは親が大幹部であるにもかかわらず、自身は幹部風を吹かせることもなく、勉学にいそしむごく普通の中国人留学生で、結婚も夫の方が積極的だったという。夫は1993年5月に首相だった朱鎔 [全文を読む]

アジア随一の風俗都市、中国・東莞市から30万人の風俗嬢が消えた!

週プレNEWS / 2014年03月14日06時02分

「広東省は北京から3000kmも離れ、経済的にも中国で一、二を争う豊かな地域です。距離とカネゆえに中央に干渉されにくい立場なのをいいことに、香港の黒社会(ヘイシャーフイ)と現地の役人が結託、風俗産業を発展させました。ただ、中国経済が成長した2006年頃からは、広州・深センなどの大都市では『街のメンツにかかわる』と規制が強化され始めます。結果、経営者や女の [全文を読む]

金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常

Forbes JAPAN / 2017年02月24日17時00分

また、2013年、エジプト向けにスカッドミサイルの部品を密輸していた北朝鮮の貿易会社は、在北京北朝鮮大使館を荷送り人住所として使用していた。ミャンマー、エジプトの北朝鮮大使は、武器密輸を幇助したため国連制裁対象者に指定されているし、北朝鮮の最大手の武器密輸団体・朝鮮鉱業開発貿易会社(国連制裁対象)は、代表者を中東・アフリカ諸国等の大使館に派遣し、ヒョン容疑 [全文を読む]

李克強マカオ訪問に潜む中国の戦略

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月13日16時00分

マカオを絶賛し、経済的支援を強めて、香港や台湾の民に焦りを覚えさせることによって、北京に従わせようという魂胆だ。 しかし、そういった精神的あるいは思想的な側面からのコントロールだけでなく、実は中国には「マカオを、ポルトガル語圏を制するための拠点にする」という、非常に遠大な戦略があったのである。 その戦略が見据えているのは、「人民元流通圏の拡大」という世界 [全文を読む]

中国人も泣いた!「涙活のカリスマ」藤田麻衣子、中国でツアーライブ

Record China / 2016年03月19日23時10分

2016年3月、シンガーソングライター藤田麻衣子が、11日に広州、13日に北京でそれぞれライブを行い、昨年の上海でのライブに続き、中国のファンの前で歌声を披露した。 藤田麻衣子といえば、「THEカラオケ バトル 最強女子ボーカリストNO.1決定戦」(テレビ東京系)において、「最優秀泣ける歌唱賞」を受賞し、「涙活のカリスマ」として一世を風靡した実力派アーティ [全文を読む]

中国株大暴落が警告する危険信号。習近平は世界を道連れにするのか

まぐまぐニュース! / 2016年01月06日20時00分

北京の天安門広場では、華やかな新年歓迎式典が行われましたが、大気汚染は相変わらずだし、大気汚染の根源となっているエネルギー問題を解決するには様々な問題が絡んでいてなかなか着手できないのが現状です。 大気汚染の元凶となっている石炭の消費が減り、鉱山がひとつ閉鎖されれば10万人が失業すると言われています。しかし、去年は石炭の価格が暴落し、生産過剰状態が続いた [全文を読む]

中台トップ会談――軍事パレードによる威嚇も効果なく

ニューズウィーク日本版 / 2015年11月05日16時30分

その理由に関しては10月9日付の本コラム「台湾・蔡英文氏訪日と親中・親日をめぐる闘い」で書いたように、台湾国民は北京寄りの馬英九政権に見切りをつけているからだ。 香港統治において「一国二制度」を実施し、それがいかに素晴らしいか、いかに北京が香港の自治を守っているかを台湾に見せて、やがて台湾を「一国二制度」で統一しようともくろんでいた。 しかし香港の自治は守 [全文を読む]

要チェック!独自調査で判明した【世界のがっかりスポット】

TABIZINE / 2017年03月22日07時30分

しかし、今回の調査によれば中国の北京、上海、香港、韓国のソウルなどの主要都市は、10票前後のマイナス票が集まっていました。行く人が多い分だけマイナスの評価も増えざるを得ないのですが、アジアの観光でがっかりしている人は少なくないみたいですね。 例えば北京については「空気が汚くのどが痛い」「汚くていい思い出がない」など。 上海については「マナーが悪い。タクシ [全文を読む]

また中国人が失踪。習近平に辞任を迫る怪文書は誰が書いたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月24日19時30分

同氏は同日に北京から香港に飛行機で向かう予定だった。賈葭氏の妻は、夫の行方が分からなくなったと当局に訴えている。 政府系ニュースサイトに掲載された習近平国家主席の辞任を求める匿名の手紙をめぐって、賈葭氏に対する当局の懸念が高まっていたとみられる。手紙はサイトから間もなく削除された。 今回の失踪も、習主席のイメージを守ることを目的とした、最近注目を集めるメデ [全文を読む]

爆買い中国人が日本を去り、「最悪マナー」の旅行者に荒らされる観光地

まぐまぐニュース! / 2016年03月09日20時00分

また、中国メディアの北京晨報も、オーストラリアでは中国人客の爆買いが完全に退潮していることを報じています。 ● 中国人客の「爆買い」、オーストラリアでは「完全に退潮」、昨年までの熱気見る影もなく 次ページ>>世界各国で爆買いが終了。中国人の次なる目的は? 一方、冒頭の記事では、昨年12月の本土からの香港来訪者は前年同月比で15.5%も減少したことを伝えて [全文を読む]

フォーカス