所属事務所 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈「のん」騒動にアニメ作品「この世界の片隅に」が引っ張られている件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動で広告にてキャラクター起用されていた企業から契約の解除だけでなく損害賠償を求められ、一説には3億円を超える(仕事内容の割に)巨額な費用負担を所属事務所のサンミュージックが負担した、という事例があります。能年玲奈が若く社会常識がまだまだこれから身につく歳であるとはいえ、芸能人として一番大事な20歳前後の時期に大口の映画 [全文を読む]

堀北真希、能年玲奈、中居正広……所属事務所に「NO!」のタレントが芸能界を変える!?

日刊サイゾー / 2016年06月22日09時00分

芸能界では長年“所属事務所絶対主義”が続いていた。過去、所属事務所に歯向かい結婚した者や独立した者は、どんな大物であろうが、ことごとく追放されてきた。 だが、ここ数年、その流れが変わってきているという。 21日発売の「女性自身」(光文社)では、俳優・山本耕史との結婚を強行した堀北真希の妊娠説が報じられた。 「彼女をめぐっては、一部で独立説が報じられるなど、 [全文を読む]

「引退危機報道」は所属事務所からの能年玲奈への最後通告か? 意外な復活の可能性も浮上!!

Business Journal / 2016年05月31日19時00分

能年は、「あまちゃん」で一躍国民的女優となり、活躍の場を広げるも、昨年4月に所属事務所からの独立騒動が勃発。 所属事務所に無断で長年にわたって演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立し、その後は所属事務所サイドとの打ち合わせや契約交渉を頑なに拒否し続けていたという。 そうした折、今年6月いっぱいで能年と所属事務所との契約が切れることから、最悪の [全文を読む]

深津絵里、ビートたけし、西村まさ彦…実は“改名していた”有名俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月27日07時00分

同時期に、俳優の真剣佑も新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)に改名し、所属事務所を移籍。子役として活躍していた吉田里琴も吉川愛と改名し、2016年4月の芸能界引退から、心機一転の再デビューを果たしています。 今回は、実は過去に改名をしていた有名俳優たちをピックアップ。その意外な理由についても紹介します! 未だに前事務所には能年玲奈の名が…のん 近年の芸能人の [全文を読む]

卑劣! 能年玲奈に「本名使うな」と前事務所から理不尽すぎる圧力が! 能年を完全追放のテレビにクドカンも苦言

リテラ / 2016年07月22日19時30分

所属事務所であるレプロエンタテインメントとの契約が終了したことを機に、芸名を「のん」と変えて再出発した能年玲奈。その新しい名前を聞いた誰もが面食らった「のん」という芸名だが、今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)2016年7月28日号で、この改名劇をめぐる新事実が明かされた。その裏にはレプロからの圧力があったというのである。 もともと、改名すると発表した「FR [全文を読む]

能年玲奈、「和解不能」で来年6月で芸能界から放り出されることが確定!?

アサ芸プラス / 2015年07月27日05時59分

NHKの朝ドラ「あまちゃん」で主人公を熱演し、国民的人気女優となった能年玲奈が、所属事務所からの独立騒動で一転、窮地に立たされている。 今年1月に無断で個人事務所を立ち上げたことで、所属事務所との対立が激化し、主演を務める予定だった来年4月期放送のTBS系連ドラへの出演も見送りとなったという。 最近はめっきりテレビやCMなどでの出演も減らしているが、芸能プ [全文を読む]

能年玲奈 豹変させた「生ゴミ先生」の“洗脳”レッスン!

WEB女性自身 / 2015年04月28日00時00分

ことの発端は今年1月、能年が所属事務所に無断で、株式会社Mという新会社を設立したこと。「能年さんみずから、代表取締役に就任しました。そして、もう1人の取締役がA子さんなんです。所属事務所に会社設立も知らせず、“謎の女性演出家”が取締役に名前を連ねたとあって、『あまちゃんが独立か!?』と一部で騒がれているんです」(テレビ局関係者) 演劇関係者によると、A子さ [全文を読む]

能年玲奈、元所属事務所が公式サイトにプロフィールを残し続ける意図とは

週刊女性PRIME / 2017年09月08日18時10分

のんが“洗脳・独立騒動”を経て所属事務所から独立したのは昨年6月のこと。独立前に設立した個人事務所に所属して芸能活動を再開はしたものの、彼女が思っていたほど順調にはいかなかったようだ。 そんなとき、'16年11月に公開された劇場アニメーション『この世界の片隅に』の主人公・すずの声優に抜擢される。'16年11月に公開されたこの映画は公開当初の映画館が63館 [全文を読む]

ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だ

リテラ / 2017年08月22日21時56分

「週刊文春」(文藝春秋)などの報道で、かねてより契約トラブルが取り沙汰されていたローラと所属事務所・LIBERAとの問題だが、本日22日、この騒動に進展が見られた。 ローラ側から所属事務所に対し、不当な専属契約で拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが明らかになったのだ。また、ローラ側はボランティアのために用意した2000万円の [全文を読む]

能年玲奈改め”のん”がバラした「あまちゃん時代の極貧生活」

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日12時08分

改名の理由を能年の代理人弁護士は、「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮した」と説明しているが、所属事務所であるレプロ・エンタテイメントは、「現在までその解決に至っておりません」とコメント。未だ、両者の間で問題は解消していない。 それでも能年は、「のん」として、7月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)、15日発売の『フライデー』(講談社)と [全文を読む]

負けるな、能年玲奈!「のん」に改名し本格復帰の能年に前事務所が卑劣な妨害工作、自ら明かした冷遇と洗脳報道の真相とは

リテラ / 2016年07月15日15時19分

周知の通り、これまで能年玲奈は所属事務所から冷遇を受け続けてきた。昨年の「週刊文春」報道によれば、『あまちゃん』(NHK)出演時には、朝ドラのハードスケジュールにも関わらず事務所からのサポートは手薄で、そのうえ当時の月給はたったの5万円であったという。前述の阿川佐和子との対談で能年はその頃のことをこう振り返る。阿川「資料によると、『あまちゃん』の撮影の時 [全文を読む]

業界人がこっそり明かす「新人俳優が売れるかどうかのカラクリ」

しらべぇ / 2016年04月24日18時00分

■若い男性が気にしてる?しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1352名を対象に調査してみたところ、俳優の所属事務所が気になってしまう人は男性に多いと明らかに。性年代別の調査では、20代男性が最多で1割を超えていた。女性の中には、イケメン俳優にのめり込む人もいるだろうが、たとえそうだとしても所属事務所まで関心のある人は少ないよう。■ファンレターを送るため [全文を読む]

ローラ、完全終了へ、億単位の損害賠償を事務所から請求される可能性! 黒幕はあの“いわくつき人物”との声も

tocana / 2017年08月23日09時00分

人気モデルでタレントのローラが所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れを行ったと22日発行の「スポーツニッポン」が報じた。ローラは2カ月前に「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して」とツイート。善意で提供したボランティア代金2000万円の使途も不明になっているそうで、ローラはす [全文を読む]

もはや何でもあり?清水富美加の出家先が今度は能年玲奈の守護霊を召喚!

アサ芸プラス / 2017年02月23日10時25分

能年の騒動でも明らかにされていますが、いま“能年玲奈”の名前を使えるのは旧・所属事務所側であり、のんからは権利を主張できないのです。ともあれ、のん側は静観を決め込むでしょうね」 次に登場するのは、能年の守護霊と清水による対談あたりだろうか。ともあれ、今回の清水引退騒動は思いのほかに長期化するのかもしれない。(金田麻有) [全文を読む]

ONE OK ROCKやっぱり2017年の紅白歌合戦に内定? のん(能年玲奈)も出演可能なNHKのキャスティング無双

messy / 2016年12月26日20時00分

彼女は前所属事務所レプロエンタテインメントとの契約期間満了に伴い独立したが、レプロ側がまだ彼女の独立に納得を示していないことは周知の通りだ。そのためなのか本名である能年玲奈名義での活動継続が困難になり、民放各局への露出はほぼない。公開中の映画『この世界の片隅に』で主役の声優を務めるも、公開前にそのことを伝える民放テレビ局はなく、映画が異例の大ヒットをした今 [全文を読む]

本名・能年玲奈、今後は使用すると違法行為該当で損害賠償支払いの可能性も?

Business Journal / 2016年07月23日07時00分

6月30日に前所属事務所のレプロエンタテインメントとの契約が満了したことに伴う改名と見られるが、7月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、レプロ側は契約延長を求める趣旨の文書を能年側に送っているという。 また、そのなかには、「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するにはレプロの許可が必要」という内容もあるようだ。これを受け入れるとなれば、今後は [全文を読む]

能年玲奈 キョンキョンも手を差し伸べにくい…独立トラブル「契約切れ」目前のボヤキ生活

アサ芸プラス / 2016年07月02日09時57分

だが、能年の所属事務所が許可を出さなかったんです。一連の騒動の影響でしょう」「一連の騒動」とは、仕事上の方針で事務所と確執が生じた能年が、15年1月に個人事務所を設立したことがコトの始まり。取締役に能年の演技指導を長年務めたT氏が就任したこともあり、メディアに「能年洗脳騒動」と不穏な文字が躍る異常事態を招いている。先月には、事務所との契約が切れる6月末日を [全文を読む]

能年玲奈が事務所側の好待遇条件蹴って独立か?

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

ところが、この6月末に所属事務所との契約が切れると、そんな状況が大きく変わるのではないかといわれているのです」(芸能関係者) 能年と所属事務所のトラブルが初めて報じられたのは、2015年4月、能年が個人事務所を設立したときだ。所属事務所に無断で設立したことはルール違反の疑いがあり、「独立騒動」がふってわいた。 「さかのぼれば、2013年のあまちゃん収録の途 [全文を読む]

能年玲奈、事務所独立なら表沙汰にならなかったネガティブ情報が噴出?

アサ芸プラス / 2016年06月03日17時59分

人気若手女優として頭角を現していた能年だったが、昨年4月に所属事務所からの独立騒動が勃発。事務所に無断で演技指導を受けてきた演出家女性と個人事務所を設立したことで、一年以上にわたり“干されている”状況が続いていた。 そうした中、今年6月いっぱいで能年と所属事務所との契約が切れることから、最悪の場合、このまま芸能界引退の可能性もあることが一部メディアで報じ [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

周知のように、この間、能年玲奈をめぐっては、独立したいとする能年に対し、所属事務所・レプロエンタテインメントが徹底的に仕事を干し上げ、飼い殺し。芸能マスコミを使って「演出家・演技トレーナーの滝沢充子氏に能年が「洗脳」されている」という情報をリーク。レプロは"芸能界のドン"バーニングプロの周防郁雄社長がバックについていることから、芸能マスコミも、その情報に [全文を読む]

フォーカス