現在 能年玲奈に関するニュース

ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

日本タレント名鑑 / 2016年03月22日13時55分

現在はご結婚されて育児中心の生活のようですが、時々モデル復帰されている姿もまた幸せそうで、まさにゼクシィの顔と言えます。 他にも朝ドラ女優の倉科カナさんなども。そして、2015年~2016年現在の顔は新木優子さん(22歳)。2014年からはファミレス・ガストのCMも担当されています。年齢的にもちょうど良く、彼女の持つ透明感とピュアさで、今後引っ張りだこにな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】能年玲奈がエレキギターで“GO!GO!7188”を演奏。「イキイキしている」と評価される。

TechinsightJapan / 2014年12月28日13時25分

その姿にMCの中居正広や東野幸治の反応は? NHKの朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈は、現在公開中の映画『海月姫』で主演するなどいろいろな役柄を演じている。だが、12月24日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した彼女は、ドラマや映画以上に意外な素顔を見せることとなった。 最近はギターにハマっているという能年玲奈。中学生の時には友達とバンド [全文を読む]

本家は「のん」になっちゃったけど……能年ロスのあなたに贈る「ポスト能年玲奈」はこの娘だ!

おたぽる / 2016年09月13日11時00分

しかし、現在のところ、表立った活動は少なく、8月に開設された公式LINEブログと、11月公開予定のアニメ映画『この世界の片隅に』の声優としての仕事が発表されている程度だ。 そんな中、テレビやイベントなどを通して「あ、この子能年玲奈の雰囲気に似ているな」と感じることが何度かあった。「能年ロス」のひとつの症状と言っていいだろう。 そこで今回は、私が能年玲奈に [全文を読む]

能年玲奈に田畑智子…朝ドラヒロインの“幸せ番付”

デイリーニュースオンライン / 2015年11月24日12時30分

現在放送中の『あさが来た』は、7週目放送までで22%の高視聴率を記録している。2013年後期の『ごちそうさん』が22.3%、2014年前期の『花子とアン』が22.6%を叩きだし、まさに国民的ドラマだ。 そんなドラマを彩る女優たちの悲喜こもごもを、11月24日発売の「女性自身」(光文社)では、「朝ドラ女優波瀾万丈」と題して、「幸せ」をつかんだ人、「波瀾万丈」 [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

先述の「週刊女性」の記者を登場させ、能年と滝沢氏の現在の関係についてこう解説してみせた。「演出家の女性といま一緒に暮らしていまして、生活も、本当に仕事をこういう風に受ける受けないみたいなのも、どうも演出家の女性の言うことを聞いていると。我々の取材によると、能年さんの親も娘さんのことを心配して、『大丈夫なのか』と。『本当に一緒にいていいのか』みたいなことを説 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】能年玲奈、やっぱり悩んでいた。「バラエティで周りについていけない」と芸人に相談。

TechinsightJapan / 2015年01月05日15時30分

今回のようにMCが能年玲奈のペースに合わせるとトークも進むらしいが、マツコ・デラックスが「新しいテレビだね…」と評するなど、現在のキャラクターもかなり浸透してきた。やはり“能年ちゃんはありのままの姿でいい”のかもしれない。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

能年玲奈だけではない!! 大ブレイクした後に沈んだ女優たち

tocana / 2015年05月12日09時00分

07年に、夫である小野氏の死去を境に芸能界への復帰を果たした若村は、12年に放送されたNHK朝ドラ『純と愛』をはじめ、現在ではさまざまなドラマや映画に出演している。 ■ルビー・モレノ 92年に映画『あふれる熱い涙』で新人ながら主役としてデビューを果たした、フィリピン人女優のルビー・モレノ。93年に公開された映画『月はどっちに出ている』の主演では、日本国内 [全文を読む]

能年玲奈が「白目」姿を初公開!映画『海月姫』のオタクすぎるポスターが解禁!

Woman Insight / 2014年08月20日18時29分

能年玲奈さんが“くらげオタク”に大変身! 12月に公開される映画『海月姫』のポスタービジュアルが公開になりました! 原作ソックリなキャスト陣による“オタク”なビジュアルの完成度たるや……!! 『海月姫』は講談社『Kiss』で大人気連載中のコミックで、現在までに累計発行部数270万部突破(1~13巻)!! さらに、映画の公開日も12月27日に決定し、今回はな [全文を読む]

のん女優復帰は遠い?60秒CMが話題でも泥沼状態が続くワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年06月18日12時00分

しかし、2017年現在も実写作品での起用はなし。前所属事務所・レプロエンタテインメント(以下、レプロ)との確執が尾を引いているようだ。 13日夜、サッカー日本代表のイラク戦のハーフタイムに突然流れた限定CM。のんは同CMで一人佇み、アカペラを披露。ファンの間で話題になった。 2016年7月にメディア露出を始めて以来、のんは映画『この世界の片隅に』やアニメ『 [全文を読む]

有村架純の姉・有村藍里、「ヌードで姉妹トラブル危機」よりヤバい“事務所トラブル”浮上?

サイゾーウーマン / 2017年04月12日12時00分

現在、架純はNHK朝ドラ『ひよっこ』にヒロインとして出演中だけに、“ヌード”のイメージがつくのは言語道断のはずですし、架純サイドがこうやって名前を使われることを許可したとは考えられません。そのためマスコミ関係者の間では、『姉妹間に確執が生まれそう……』などとささやかれているんです」(芸能記者) 2016年には、藍里のブログ上でツーショット写真を公開するなど [全文を読む]

干され続ける能年玲奈、人気減で「仕事がない」でんぱ組.inc最上もが、病んだ清水富美加、芸能界の病みを生む労働環境

messy / 2017年02月26日18時00分

しかし、映画PRで『あさイチ』(NHK)に彼女が出演した際は完全復活も期待されたが、その他のテレビ局が彼女を登場させることはないまま現在に至っている。 彼女自身、2月22日に出演したラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)でも「仕事がしたい」と、現状の仕事量に不満を持っていることがうかがい知れた。 事務所からの独立騒動により、2014年公 [全文を読む]

清水富美加引退騒動、「レプロのタレントはいつどうなるかわからない」と警戒広まる

Business Journal / 2017年02月15日12時00分

「まず、現在は『のん』という芸名で活動している能年玲奈。この改名は、レプロ側の要求によって、本名でもある『能年玲奈』が使えなくなったことによるものといわれています。のんは、大ブレイクのきっかけとなった連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)出演時でも月給はかなり安く、ギャラをめぐって独立の意思を見せたことが、現在事実上干されている原因ともいわれています。 ま [全文を読む]

清水富美加、能年玲奈……“洗脳疑惑”タレントを立て続けに輩出したレプロの闇

サイゾーウーマン / 2017年02月15日11時45分

また、昨年夏に独立宣言し、現在は“のん”名義で活動している能年を引き合いに出して、『清水も能年と近い状況に追い込まれたのでは』といった論調の記事も、NGとなっています」(スポーツ紙記者) 能年の後に清水が騒動を起こさなければ、「能年自身の問題」として片付いたかもしれないが、清水の一連の騒動によって「レプロこそが諸悪の根源」という見方が、ネット上で強まってい [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

ただ、2つだけ明らかなことは、能年がレプロ側から『能年玲奈の名前を使うな』と警告され、改名を余儀なくされたことと、現在、能年(のん)が女優として“干されている”ということ。このヤクザ的なやり口を思わせる状況から、世間はレプロへの不信感を募らせており、清水への同情的な声に繋がっています」(芸能記者) レプロといえば、“芸能界のドン”率いるバーニング傘下の芸能 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

こと、このランキングにおいては、現在好調の日テレやテレ朝じゃないところが面白い。それにしても壮観である。いずれ劣らぬ名作揃い。『木更津キャッツアイ』はいわずと知れたクドカンワールド全開ドラマ。後に『タイガー&ドラゴン』(TBS系/05年)や『流星の絆』でも組む金子文紀Dとの名タッグは、ここから始まる。同ドラマは平均視聴率こそ10.1%と今ひとつだったけど、 [全文を読む]

大ヒットでもメディアが黙殺?能年玲奈のアニメが”封印”の異例事態

デイリーニュースオンライン / 2016年11月25日10時10分

現在、一度は独立を画策したSMAPメンバーにも仕事があるのは、騒ぎが大きくなったため、飼い殺しにしづらくなったからです。それでも独立して芸能関係の仕事を続けるのであれば、膨大な根回しは必要不可欠。能年の場合はそういった業界のルールをあまりに無視しすぎたのが現状を招いた要因です」(前出・芸能関係者) 2017年、解散後のメンバーは再び事務所残存と独立の間で揺 [全文を読む]

クドカン大河抜擢で、のん完全復活を期待する声! “お着替えタイム”で新たな方向性にも期待集まる

おたぽる / 2016年11月20日09時00分

また、宮藤としても、大河ドラマの脚本という大役、さらには、舞台出身ということで何かと比較されることの多い三谷幸喜が、現在放送中の大河ドラマ『真田丸』の脚本を担当し、話題となっているだけに、絶対にヒットさせたいという思いは、いつも以上に強いでしょうから、『あまちゃん』でヒロインをしっかりと演じきったという信頼感や、話題性も含め、のんを主役とまではいかなくとも [全文を読む]

「他の週刊誌の宣伝をいたします」 『週刊大衆』が『週刊文春』の「のん」(能年玲奈)さんの記事を宣伝ツイート

ガジェット通信 / 2016年10月28日18時45分

「のん」さんこと能年玲奈さん、事務所の独立問題をきっかけに現在いわば「干された」状態となっており、本名の「能年玲奈」での活動もままならないという異例の事態。ドラマ『あまちゃん』をはじめ映画『ホットロード』『海月姫』などでヒロインを演じていたのんさん、ファンは活動を心待ちにしていると思われる。 11月12日より公開予定の映画『この世界の片隅に』では声優とし [全文を読む]

能年玲奈から“のん”へ転身、テレビ業界から猛烈に干されている現状

messy / 2016年10月25日20時00分

現在のんは、2006年のデビューから所属していた事務所「レプロエンタテインメント」と決別し、自身が代表取締役を務める事務所「株式会社non」に所属して芸能活動を続けている。とはいえ、レプロエンタテインメント側は「現在も協議中」と主張しており、事務所との対立が完全に解消しているとは言えない。いわゆる“事務所パワー”が圧力としてはたらいているかどうかは不明だ [全文を読む]

のん・能年玲奈のアニメ映画主演をスポーツ紙が総スルー! レプロが『めざましテレビ』にも圧力か

日刊サイゾー / 2016年08月25日00時00分

このニュースを、「リアルサウンド」「クランクイン!」「Billboard Japan」といったネットニュース媒体が報じる一方で、通常であればこの手のニュースにいち早く飛びつくオリコンや、日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、サンケイスポーツ、デイリースポーツといった主要スポーツ紙が、気持ち悪いほどにスルーを決め込んでいる(24日夕方現在)。 また [全文を読む]

フォーカス