騒動 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈「のん」騒動にアニメ作品「この世界の片隅に」が引っ張られている件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

ところで、先般の能年玲奈(23)の大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」契約解除騒動と、それにまつわる改名や仕事についてのあれこれは相変わらず話題になっているようです。一連の問題は、本人にとっても事務所にとっても不幸なことだと思いますが、ことの詳細はノンフィクションライターの田崎健太さんが決定版ともいえる記事を書いておられたのでご参照ください。 個人 [全文を読む]

能年玲奈の事務所トラブル…「独立」も「残留」もいばらの道

デイリーニュースオンライン / 2015年05月04日07時50分

女優・能年玲奈(21)の「洗脳騒動」が波紋を広げている。 恩師である演技指導の講師に洗脳され、無断で個人事務所を設立するなど暴走していると複数のメディアで報じられている。その一方、事務所の冷遇ぶりに能年が反旗を翻しただけとの説もあり、洗脳報道は事務所サイドが仕組んだのではないかとの憶測も流れている。 人気女優をめぐる正反対の報道がぶつかり合っている騒動の真 [全文を読む]

能年玲奈がブログで大人気…コミュ障ファン獲得で広がる芸能界復活への期待

デイリーニュースオンライン / 2016年01月04日12時00分

だがその後、「洗脳騒動」や「事務所独立騒動」などネガティブな話題が立て続きに報道され、2015年はほとんど姿を見なかった。2015年10月に最後のラジオレギュラー番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)も終了、新たな仕事の話もなく、事実上干された状態になっている。 もうこのまま芸能界から消えてしまうのかと思いきや、意外なことに能年に再び日 [全文を読む]

ついに最後のレギュラー番組も終了……“干された”能年玲奈の最新情報と、もうひとりの黒幕

日刊サイゾー / 2015年10月07日09時00分

“独立騒動”渦中の女優・能年玲奈の最後のレギュラーだったラジオ番組が、今月1日に最終回を迎えた。 3年半にわたってレギュラーを務めたのは、TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』。放送のラストは「一番自由になれる場所だった。楽しく頑張らせていただきました」とあいさつし、「受験生の皆さんにもエールを送ります! フレー! フレー!」と明るく締めくくっ [全文を読む]

能年玲奈、元所属事務所が公式サイトにプロフィールを残し続ける意図とは

週刊女性PRIME / 2017年09月08日18時10分

のんが“洗脳・独立騒動”を経て所属事務所から独立したのは昨年6月のこと。独立前に設立した個人事務所に所属して芸能活動を再開はしたものの、彼女が思っていたほど順調にはいかなかったようだ。 そんなとき、'16年11月に公開された劇場アニメーション『この世界の片隅に』の主人公・すずの声優に抜擢される。'16年11月に公開されたこの映画は公開当初の映画館が63館 [全文を読む]

真木よう子は騙されただけ?女優のんとも繋がるコミケ騒動の”怪しい黒幕”

デイリーニュースオンライン / 2017年09月01日11時45分

真木よう子(34)の「コミックマーケット93」参加騒動が波紋を広げ続けている。真木はクラウドファンディングで資金を集めてフォトマガジンを制作し、12月に行われる「コミックマーケット93」に参加することを表明していたが、Twitterなどネット上で多くの非難を浴びたため、8月28日に「コミックマーケット」への参加中止を発表した。「コミケ」とも言われる同イベン [全文を読む]

干され続ける能年玲奈、人気減で「仕事がない」でんぱ組.inc最上もが、病んだ清水富美加、芸能界の病みを生む労働環境

messy / 2017年02月26日18時00分

レプロエンタテインメントからの独立騒動を発端に、テレビから締め出されてしまったと見られている“のん”(23/本名:能年玲奈)。主人公の声を務めるアニメーション映画『この世界の片隅に』は異例のロングランヒットとなり、『毎日映画コンクール』で3冠、第90回『キネマ旬報ベスト・テン』の日本映画ベストワンおよび監督賞を獲得、今年度の各賞レースを総ナメする勢いは止ま [全文を読む]

もはや何でもあり?清水富美加の出家先が今度は能年玲奈の守護霊を召喚!

アサ芸プラス / 2017年02月23日10時25分

能年の騒動でも明らかにされていますが、いま“能年玲奈”の名前を使えるのは旧・所属事務所側であり、のんからは権利を主張できないのです。ともあれ、のん側は静観を決め込むでしょうね」 次に登場するのは、能年の守護霊と清水による対談あたりだろうか。ともあれ、今回の清水引退騒動は思いのほかに長期化するのかもしれない。(金田麻有) [全文を読む]

清水富美加に「仕事放棄は無責任」の批判が出揃う中、伊集院光が「死にたいと言ってる人に…」

messy / 2017年02月16日00時30分

2月12日に突如報じられた女優・清水富美加(22)の事務所退社騒動。清水は宗教法人「幸福の科学」への出家に伴い、デビューから8年間所属してきた芸能事務所・レプロエンタテインメントからの退社を希望している。それから4日めとなる今日も、騒動は収束するどころか拡大中といえるだろう。 レプロエンタテイメントといえば、能年玲奈の独立騒動も記憶に新しい。そのため、この [全文を読む]

芸能界はブラック体質?清水富美加の”電撃引退”が業界で物議に

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日19時06分

女優の清水富美加(22)が宗教法人「幸福の科学」に出家するために電撃引退した騒動が波紋を広げている。引退理由は「奴隷契約」とも表現される低待遇への不満などとされている。だが、これにワイドショーなどに出演している芸能人たちから厳しい意見が続出。所属事務所「レプロエンタテインメント」の肩を持つようなコメントが連発され、その状況に視聴者から疑問が噴出するなど議論 [全文を読む]

本家は「のん」になっちゃったけど……能年ロスのあなたに贈る「ポスト能年玲奈」はこの娘だ!

おたぽる / 2016年09月13日11時00分

ご承知のとおり、昨年事務所独立騒動により休業状態となり、今年の6月いっぱいで所属していた事務所との契約も終了。 さらには芸名を「のん」として、新たに活動することを表明した。 しかし、現在のところ、表立った活動は少なく、8月に開設された公式LINEブログと、11月公開予定のアニメ映画『この世界の片隅に』の声優としての仕事が発表されている程度だ。 そんな中、 [全文を読む]

能年玲奈が「のん」改名で前事務所に「仕事も名前も奪うのは酷すぎる!」の声

アサ芸プラス / 2016年07月19日17時59分

洗脳騒動以降、独立や引退説まで出た彼女だが、これで心機一転、新たなスタートを切った。能年は「週刊文春」の取材で、その意気込みを次のように語っている。「洗脳報道もそうですけど、いろんな言葉を浴びて対峙することで、自分が成長できたんじゃないかなって今は感じています。(中略)何かに囚われるよりも、面白い事をしようという風に気持ちを切り替えられるようになりました」 [全文を読む]

能年玲奈改め”のん”がバラした「あまちゃん時代の極貧生活」

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日12時08分

洗脳騒動、個人事務所設立・独立騒動で、表舞台から姿を消していた能年玲奈(23)が、「のん」に改名したと発表した。改名の理由を能年の代理人弁護士は、「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮した」と説明しているが、所属事務所であるレプロ・エンタテイメントは、「現在までその解決に至っておりません」とコメント。未だ、両者の間で問題は解消していない。 [全文を読む]

能年玲奈、“生活費稼ぎ”で匿名イラストレーターに!? さらなるドロ沼裁判勃発で「復帰絶望」

サイゾーウーマン / 2015年11月13日13時00分

所属事務所からの独立騒動が勃発し、芸能活動を休止中の能年玲奈。所属事務所・レプロエンタテインメントとの関係にヒビが入った時期には、匿名イラストレーターとして生活費を稼ごうとしていたことまで判明したというが……。 能年の独立が明らかとなったのは、今年4月。「東京スポーツ」が一面で「能年玲奈“洗脳”騒動」と大々的に報道し、能年が「生ゴミ先生」と呼ばれる演出家・ [全文を読む]

「一生演技ができますように」能年玲奈、事務所トラブルに神頼み? 小泉今日子の参戦見送りで騒動解決の糸口見えず

メンズサイゾー / 2015年07月08日17時35分

直接の言及でないとはいえ、騒動に関連してここまで露骨にアピールしたのは初めてだ。騒動前から決まっていた仕事をこなしているだけで、実質的には開店休業状態。それでも今まで気ままにブログを綴っていたが、ついに余裕がなくなってきたと思われる。 6月21日には代表作であるNHK朝ドラ『あまちゃん』で共演した小泉今日子(49)と渡辺えり(60)との3ショット写真を掲載 [全文を読む]

女優のん、芸能界ルールとは無縁の新天地に?風向きの変化で復活の兆しも

デイリーニュースオンライン / 2017年08月27日12時00分

「のんは15年の4月に所属事務所レプロと独立騒動を起こし、それ以降、本名である”能年玲奈”の芸名も使えず、大手メディアの本流から離れて”干された”状態だった。このアプリでも最初のCM出演当時は”ゲームの顔”とも言える存在だったのに、独立騒動後に何の説明もなく、CMキャラが北大路欣也(74)に変更されたことがあった。ゲームのプロデューサーもネットの販促番組 [全文を読む]

深津絵里、ビートたけし、西村まさ彦…実は“改名していた”有名俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月27日07時00分

所属事務所に無断で個人事務所「三毛&カリントウ」を設立していたと報道され、事務所独立騒動が発生。同事務所の取締役を務める女性から洗脳されているのでは? という疑惑も報じられ、レギュラー番組やテレビCMも続々と終了するなど、事実上の休業状態に追い込まれていました。 その後、2016年7月に能年玲奈は、芸名をのんに改めます。アニメ映画『この世界の片隅に』(20 [全文を読む]

完全復活へ…のん、セクシーになった!?

NewsCafe / 2017年03月29日11時30分

長く独立騒動に揺れ、業界を干された格好だった女優、のん(23)に完全復活が見えてきた。 「先日は、LINEの格安スマホのCMに登場し、本名で旧芸名の能年玲奈から改名後では初のCMなのですが、話題になっています」とはテレビ誌デスク。 白いシャツ姿の、のんが口を半開きにし、何か言おうとしながら、無言のまま最後に商品メッセージをアナウンスするというシンプルだが印 [全文を読む]

清水富美加、能年玲奈……“洗脳疑惑”タレントを立て続けに輩出したレプロの闇

サイゾーウーマン / 2017年02月15日11時45分

清水富美加の幸福の科学への出家騒動で、所属事務所のレプロエンタテインメントは、2015年に“洗脳疑惑”が報じられたのん(能年玲奈)の名前が出ることに、最も敏感になっているという。各マスコミ、芸能関係者とも、清水の件に関しては「レプロが被害者」とする向きが強いが、一方で「この短期間に、立て続けに2人の所属タレントの洗脳疑惑が勃発したことで、管理責任を問われる [全文を読む]

ONE OK ROCKやっぱり2017年の紅白歌合戦に内定? のん(能年玲奈)も出演可能なNHKのキャスティング無双

messy / 2016年12月26日20時00分

今年のSMAP解散をめぐる一連の騒動で明らかになったように、ジャニーズ事務所がテレビというメディアに対して発動する権力は絶大。そのため、ワンオクが日本で観客動員数・売上ともトップと呼べるレベルのバンドになってからも全くテレビ出演がないのは、ジャニーズ事務所からの圧力があるとまことしやかに囁かれている。 だが、そうした芸能事務所のパワーゲームにさほど神経を使 [全文を読む]

フォーカス