能年玲奈 あまちゃんに関するニュース

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

■実はストーリーテリングの名手そして、『あまちゃん』人気の源泉は、なんといっても、天才・宮藤官九郎の珠玉の脚本と、能年玲奈(現・のん)を始めとする個性的な俳優たちの絶妙な“ハマり役”に尽きますね。クドカン作品というと、よく小ネタのオンパレードと思われがちだけど、実は彼、ストーリーテリングの名手としても知られてるんです。実際、同ドラマは純粋にあらすじだけ追っ [全文を読む]

『連続テレビ小説 あまちゃん』 いよいよCS初放送!“あまちゃん愛”にあふれるゲストがロケ地(岩手県久慈市)を巡る特別番組付き

PR TIMES / 2016年03月09日15時58分

【CS初放送】『連続テレビ小説 あまちゃん』毎週放送前に特別番組『「あまちゃん」そのまえに・・・』付き!3/16(水)スタート 毎週(水)21:00-23:00(6話連続放送)[再放送]毎週(日)10:00-12:00(6話連続放送)[画像1: http://prtimes.jp/i/8885/18/resize/d8885-18-412975-1.jpg [全文を読む]

「一発屋になっちゃう!?」紅白から10日……『あまちゃん』離れできない能年玲奈は大丈夫か

日刊サイゾー / 2014年01月10日17時30分

『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈が9日夜、自身のブログで『NHK紅白歌合戦』の余韻に浸っていることを明かし、ファンを心配させている。 「本命はユイちゃん!」という見出しで更新されたブログには、「紅白歌合戦、まだ余韻が残っています。勢ぞろいであまちゃん大騒ぎ! 楽しかったなあ。歌手の方々の本物のステージ、いつまでも見たかったです。ママも鈴鹿さんもかっこよ [全文を読む]

岩手県が能年玲奈を全面バックアップ!「プロジェクトN」始動

しらべぇ / 2016年08月10日07時00分

大ヒットドラマ『あまちゃん』(NHK)で一躍人気者になった女優・能年玲奈。『海月姫』や『ホットロード』などの映画作品でも主演し、順調な芸能生活を送るかに思えたが、その後露出が激減。事務所との独立騒動や洗脳疑惑を経て、『のん』へ改名して活動を再開したが、依然として俳優歳の活動は見られていない。そんな彼女のファンにとって、なんとも明るいニュースが飛び込んできた [全文を読む]

『まれ』 『あまちゃん』と共通点多いのは若い視聴者狙いか

NEWSポストセブン / 2015年05月20日11時00分

これは『あまちゃん』のアキ(能年玲奈)が好きになった種市先輩(福士蒼汰)が、ユイ(橋本愛)とつきあい始めたのと同じパターンだ。『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版刊)著者の田幸和歌子さんが言う。 「あまちゃんでは最終的にアキと種市先輩がつきあうことになりました。希と圭太も結局はつきあえることになるんじゃないかなぁと予測しちゃいますよね」 一 [全文を読む]

「NHK連続テレビ小説『あまちゃん』完全シナリオ集 第1部・第2部」発売決定!

PR TIMES / 2013年09月27日09時26分

「NHK連続テレビ小説『あまちゃん』完全シナリオ集 第1部」には、ヒロイン・天野アキ(能年玲奈)が北三陸市にやってくる第1回から第72回(第1週~第12週)まで、「―第2部」には、アキが東京へ戻りアイドルを目指す第73回から第156回(第13週~第26週)までのシナリオを掲載いたします。また、あわせて同書の電子版も発売することが決定しています。 【書籍概要 [全文を読む]

紅白歌合戦でも能年玲奈を完全排除!『あまちゃん』映像を流しながら、主演の能年を一切映さず!

リテラ / 2017年01月01日16時00分

VTRのなかでは資料映像として『あまちゃん』の映像も流されていたのだが、そこに能年玲奈(のん)の出演シーンは1秒たりとも含まれていなかったのだ。指摘するまでもなく、のんは『あまちゃん』の主演女優である。ドラマを紹介しながら、主演女優がまったく映らないというのは、どう考えても不自然だ。 もちろん、この裏にはレプロエンタテインメント=バーニングプロダクションの [全文を読む]

能年玲奈が事務所側の好待遇条件蹴って独立か?

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

引退か、再ブレークか──NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年4月~9月)で人気女優となった能年玲奈(22才)。その周辺がにわかに騒がしい。 「能年はあまちゃん以降、いくつかの映画やCMに出演しましたが、徐々に姿を見る機会が減り、今年1月、『かんぽ生命』のCMが終了すると、彼女の活動はブログでしか見られなくなりました。ところが、この6月末に所属事務 [全文を読む]

引退危機の能年玲奈、気になる「そのあとに...」|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年05月31日20時00分

あらためて全員でしみじみしたのは主役の天野アキを演じた能年玲奈の特別さだった。「あのピカピカ感はすごかったねぇ」という。 現在はほぼ露出がない彼女だが「6月に現在の事務所との契約が切れるらしい、そのあとにどういう動きがあるのだろう?」という話題にもなった。 するとその2日後に「能年玲奈、事実上芸能界を引退へ。」という記事が出た。発信元は週刊女性。事務所から [全文を読む]

綾瀬はるか「“本命”を引きずり降ろす『紅白司会者レース』の内幕」

アサ芸プラス / 2013年10月23日10時00分

能年玲奈(20)である。 「ところが、あの超天然キャラがネックなんですよ」 と苦笑するのは、先のNHK関係者である。 「台本はあるといっても、芝居と違って“素”が出てくるでしょうから」 NHKは能年の適性を計るべく、9月20日に情報番組「あさイチ」に登場させ、トークを展開。ところがMCの井ノ原快彦にどんな空間にいると落ち着くかと聞かれて「おうち」と答え、 [全文を読む]

「あまちゃんロス」にはさせねえ!(1)発育著しい能年玲奈の胸の膨らみ

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

とまれ、大ヒット最大の要因は、最後まで瞳をキラキラと輝かせた主演・能年玲奈(20)のハンパない純粋さだ。ところが、「アキちゃんにもう一度、会いたい」と録画したドラマを見続けていたら、ピュアではない別の魅力に気づいたファンもいる。そう、回を追うごとに、アキちゃんの色気がムンムンと増していったことに──。 9月28日放送の最終回で大団円を迎えたNHK朝ドラ「あ [全文を読む]

「能年玲奈VS綾瀬はるか」紅白司会でメディア報道が真っ二つ

メンズサイゾー / 2013年10月06日13時00分

発売中の「週刊文春」(文藝春秋)は、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で主演を務めた能年玲奈(20)が紅組の司会にほぼ内定したと報道。役名の天野春子名義で歌った「潮騒のメモリー」がヒットした小泉今日子(47)の25年ぶりの出場も噂されており、まさに『あまちゃん紅白』になるという。問題はメディアなどで度々取り上げられている能年の“天然ぶり”だが、アドリ [全文を読む]

あまちゃんロス症候群、通称『あまロス』なあなたを癒す本ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月03日11時40分

それが『あまちゃん』が始まり北限の海女が注目され、現地に足を運んだとある編集者がこの本を見初めて全国発売したそうです」「能年玲奈さんや小泉今日子さんら出演者たちがロケ地入りした際の会見やドラマに関する地元の新聞記事なども掲載されていて、フレッシュな記録にもなってます。海女の歴史を知ることで『あまちゃん』の世界が地続きになるので、これを読んでからロケ地に行く [全文を読む]

能年玲奈、まるで子役!? 『火曜サプライズ』で初の“食レポ”も空回り

メンズサイゾー / 2013年10月02日14時15分

今月1日の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)では、副題を『~じぇじぇっ!超豪華すぎます秋の拡大2時間SP~』とし、『あまちゃん』主演の能年玲奈(20)を起用。番組では『あまちゃん』のBGMや挿入歌が頻繁に流されるなど、完全に「乗っかった」形の企画である。 『あまちゃん』以外にはテレビでの目立った活動のない能年だが、9月20日には、『あまちゃん』の朝の本放送 [全文を読む]

能年玲奈×堺雅人「視聴率40%共演ドラマ」争奪戦

アサ芸プラス / 2013年09月10日10時00分

今年のドラマの顔とも言えるそれぞれの主演・能年玲奈と堺雅人の“夢の共演”プランが急浮上しているという。実現すれば視聴率40%も夢ではなさそうだが、水面下で繰り広げられる「じぇじぇじぇな倍返し」の舞台ウラを関係者が明かす。 NHKの朝ドラ「あまちゃん」のヒットで大ブレイクのはずが、能年玲奈(20)の次回作がなかなか決まらない。と思いきや、水面下では奇跡の共演 [全文を読む]

洗脳と信頼。能年玲奈は沢尻エリカのように「もったいない20代」を余儀なくされるのか?

messy / 2015年07月09日18時30分

いまだ収束傾向にない、能年玲奈(21)の事務所独立騒動。無名の存在から、2013年4月~9月のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で主演したことで一躍“旬の若手女優”となった能年玲奈が、その舞台から引き摺り下ろされた。あるいは自ら降りたのだという見方も一応、なくはない。 現在、能年の仕事は基本的にラジオのレギュラー番組収録が月1のみ。先日は久しぶりにCM [全文を読む]

能年玲奈洗脳騒動で見せた小泉今日子のカッコ良さ|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2015年04月30日17時38分

近頃話題の能年玲奈洗脳騒動ですけど、『週刊文春』の特集記事を読んでみたら、事務所に問題があるらしいってことと、小泉今日子が異常に格好いいってことしか伝わってこなくてビックリしました。 『あまちゃん』放送開始直前、父親が交通事故を起こしたから何か迷惑を掛けることになるかもしれないと能年玲奈が詫びると「あんた、筋通したね。大丈夫、私たちみんなで守るから」と言い [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】能年玲奈がエレキギターで“GO!GO!7188”を演奏。「イキイキしている」と評価される。

TechinsightJapan / 2014年12月28日13時25分

女優の能年玲奈が、バラエティ番組『ナカイの窓』に単独ゲストとして出演。一般的に知られるイメージとは違った一面を見せてくれた。その1つがエレキギターの演奏で、ロックバンド・GO!GO!7188を弾き語りすることに。その姿にMCの中居正広や東野幸治の反応は? NHKの朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈は、現在公開中の映画『海月姫』で主演するなどいろいろ [全文を読む]

「視聴者が求めるのは永遠のドジっ子」能年玲奈の新CMが大人っぽすぎて不評!?

メンズサイゾー / 2013年12月22日11時00分

ヒロインの天野アキ役を演じたのは、女優の能年玲奈。オーディションで1953人の中から選ばれ、それまでほぼ無名の存在だったにもかかわらず、同作で一気にブレイクした。 オリコンが発表する「2013 ブレイク女優ランキング」でも堂々の1位に選ばれるなど、大活躍の一年だった能年。『あまちゃん』終了後の動向が注目されたが、来年夏に公開予定の映画『ホットロード』で暴走 [全文を読む]

『あまちゃん』ファンに聞いた 能年玲奈に演じてほしいマンガキャラ ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月12日18時30分

「じぇじぇじぇ!」が流行語大賞候補と目されるなど社会現象を巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍時の人となった能年玲奈。そんな彼女が、来年公開の映画『ホットロード』で、『あまちゃん』のキャラとは一転、不良役を演じることが発表されました。ファンの間では、一体どうなってしまうんだ!? と囁かれているようですが…。では、どんなキャラクターが彼女にふ [全文を読む]

フォーカス