契約 能年玲奈に関するニュース

芸能人の事務所トラブル、契約書に「他事務所での芸能活動禁止」記載は6割

週刊女性PRIME / 2017年09月21日04時00分

「暗い内容のツイートをした2か月後の8月22日にローラさんが、20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、所属事務所に契約終了を求める申し入れをしたことが報じられました。彼女は10年の長期契約を結んでおり、事務所の社長から“辞めるつもりなら、暴露本を出す”と脅されていたそうです」(スポーツ紙記者) 芸能界にはびこる悪習 ローラだけではない。現在は“の [全文を読む]

能年玲奈「のん」騒動にアニメ作品「この世界の片隅に」が引っ張られている件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

ところで、先般の能年玲奈(23)の大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」契約解除騒動と、それにまつわる改名や仕事についてのあれこれは相変わらず話題になっているようです。一連の問題は、本人にとっても事務所にとっても不幸なことだと思いますが、ことの詳細はノンフィクションライターの田崎健太さんが決定版ともいえる記事を書いておられたのでご参照ください。 個人 [全文を読む]

卑劣! 能年玲奈に「本名使うな」と前事務所から理不尽すぎる圧力が! 能年を完全追放のテレビにクドカンも苦言

リテラ / 2016年07月22日19時30分

所属事務所であるレプロエンタテインメントとの契約が終了したことを機に、芸名を「のん」と変えて再出発した能年玲奈。その新しい名前を聞いた誰もが面食らった「のん」という芸名だが、今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)2016年7月28日号で、この改名劇をめぐる新事実が明かされた。その裏にはレプロからの圧力があったというのである。 もともと、改名すると発表した「FR [全文を読む]

本名・能年玲奈、今後は使用すると違法行為該当で損害賠償支払いの可能性も?

Business Journal / 2016年07月23日07時00分

6月30日に前所属事務所のレプロエンタテインメントとの契約が満了したことに伴う改名と見られるが、7月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、レプロ側は契約延長を求める趣旨の文書を能年側に送っているという。 また、そのなかには、「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するにはレプロの許可が必要」という内容もあるようだ。これを受け入れるとなれば、今後は [全文を読む]

能年玲奈、芸能界干される可能性が濃厚…テレビ局員「起用するわけにはいかない」

Business Journal / 2016年07月22日07時00分

女優の能年玲奈との所属契約をめぐり、対立している芸能事務所レプロエンタテインメントが14日、マスコミ各社に文書でコメントを発表した。昨春から契約問題は報じられてきたが、レプロ側が声明を発表するのは初めて。法的手段に出る意向も示した。能年はこの日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューで、6月末で契約は終了したと表明し、「のん」に改名することを宣言 [全文を読む]

テレビから永久追放?”のん”こと能年玲奈と事務所が法廷闘争へ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日09時03分

レプロとの二重契約が取り沙汰され、約1年半に渡って姿を消すこととなった。 今年7月に入って、能年は一部雑誌メディアを通じて「(レプロとの)6月までの契約は終わった」と主張し、芸名を「のん」と改名。芸能復帰すると宣言していた。しかし15日頃になってレプロが一部メディアを通じて、能年との契約解消を否定するコメントを正式発表。事態は急転した。 今回の一件について [全文を読む]

芸能界の露骨すぎる“忖度”の実態

デイリーニュースオンライン / 2017年08月23日08時05分

タレントのローラ(27)が、所属事務所「LIBERA」に契約終了の申し入れ書を送っていることが判明した。“奴隷契約書”とも呼ばれる同事務所との契約をめぐって、事務所社長との仲違いに発展している。未だ解決の糸口が見えず、ローラの本格的な芸能復帰には時間がかかりそうな気配だ。近年、こうしたタレントや芸能事務所にまつわるトラブルが表面化し、タレントのファンや視聴 [全文を読む]

ベッキー、石田純一、能年玲奈、マツコ…「契約違反」に苦しむ芸能人たち

アサジョ / 2016年07月26日09時58分

今年は「芸能人の契約違反」が大豊作だ。「『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との禁断愛で活動休止したベッキーは10社のCMを降板し、4億円の違約金が発生。事務所と折半すると言われています。また、契約絡みの騒動の渦中にあるのが能年玲奈です。6月末で所属事務所との契約が切れましたが、事務所は能年が面談に応じず仕事を提供できなかった15カ月分の契約延長を求めています [全文を読む]

篠田麻里子インスタで“久々登場”の能年玲奈、バーニング内での「横流し移籍」へ?

日刊サイゾー / 2016年07月04日09時00分

能年といえば、この6月末で所属事務所・レプロエンタテインメントとの契約が切れたとされている。“フリー”になって最初の露出が、篠田のインスタグラムというのは微妙なところだが、これを勘ぐる向きもある。 「実際に能年とレプロの契約が切れたのかどうかは、双方から正式な発表がないので、なんとも言えません。しかし、2カ月近くもブログを更新せず、露出を避けていた能年が7 [全文を読む]

ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だ

リテラ / 2017年08月22日21時56分

「週刊文春」(文藝春秋)などの報道で、かねてより契約トラブルが取り沙汰されていたローラと所属事務所・LIBERAとの問題だが、本日22日、この騒動に進展が見られた。 ローラ側から所属事務所に対し、不当な専属契約で拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが明らかになったのだ。また、ローラ側はボランティアのために用意した2000万円の [全文を読む]

SMAP、能年玲奈も浮かばれない!? 公取委の「芸能界浄化作戦」で、音事協“巨大化”の本末転倒

日刊サイゾー / 2017年07月15日09時00分

レプロエンタテインメントの能年玲奈(現・のん)や清水富美加(現・千眼美子)の例を筆頭に、芸能人の独立や移籍をめぐるトラブルが相次いでいることから、公取委は大手芸能事務所などを対象に、独立や移籍を一方的に制限するなど、独占禁止法に抵触するような不公正な契約が結ばれていないかどうか、調査を始めたという。 ネット上では調査対象として“芸能界のドン”率いるバーニ [全文を読む]

清水富美加が突然の引退…仕事を急に辞めることの法的問題は?

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年02月22日07時00分

*画像はイメージです:https://pixta.jp/■芸能人の契約形態はどうなっている?インターネット等の記事によると、清水さんが月給5万円で働いていたというような記載があります。また、意にそぐわない仕事を強制されていたというような記載があります。その真偽はもちろん不明ですが、仮に事実であるとしても、タレント、女優を問わず、「芸能人」という形態やテレビ [全文を読む]

ONE OK ROCKやっぱり2017年の紅白歌合戦に内定? のん(能年玲奈)も出演可能なNHKのキャスティング無双

messy / 2016年12月26日20時00分

彼女は前所属事務所レプロエンタテインメントとの契約期間満了に伴い独立したが、レプロ側がまだ彼女の独立に納得を示していないことは周知の通りだ。そのためなのか本名である能年玲奈名義での活動継続が困難になり、民放各局への露出はほぼない。公開中の映画『この世界の片隅に』で主役の声優を務めるも、公開前にそのことを伝える民放テレビ局はなく、映画が異例の大ヒットをした今 [全文を読む]

本家は「のん」になっちゃったけど……能年ロスのあなたに贈る「ポスト能年玲奈」はこの娘だ!

おたぽる / 2016年09月13日11時00分

ご承知のとおり、昨年事務所独立騒動により休業状態となり、今年の6月いっぱいで所属していた事務所との契約も終了。 さらには芸名を「のん」として、新たに活動することを表明した。 しかし、現在のところ、表立った活動は少なく、8月に開設された公式LINEブログと、11月公開予定のアニメ映画『この世界の片隅に』の声優としての仕事が発表されている程度だ。 そんな中、 [全文を読む]

負けるな、能年玲奈!「のん」に改名し本格復帰の能年に前事務所が卑劣な妨害工作、自ら明かした冷遇と洗脳報道の真相とは

リテラ / 2016年07月15日15時19分

6月いっぱいでレプロエンタテインメントとの契約を終了し、今月から再始動するにあたって芸名を「のん」に改名するとインタビューで語っている。「能年......ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで「のん」です。 いろいろありまして──能年玲奈は本名なんですけど、芸名を改めて活動することになりました。renaだけにするとか、名字を変 [全文を読む]

能年玲奈、契約終了でファンが「復活」エール大合唱! 事務所HPにプロフィール掲載されたままで不安も

メンズサイゾー / 2016年07月01日18時00分

引退報道すら飛び出す危機的状況だったが、レプロとの契約は6月いっぱいで終了。事務所を離れればフリーで復活できる公算がある。契約最終日となった同30日、能年のブログに復活を期待するファンから「ずっと待ってました」「やっと復活できるね」「明るい未来が待ってるはず!」「また映画やドラマで能年さんを見たい」などといった歓喜の声が殺到し、コメント数が4000件を超 [全文を読む]

能年玲奈が「menme」の名前で絵や洋服の即売企画中

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

所属事務所との契約トラブルに揺れる能年玲奈(22才)。事の発端は2015年4月、能年が所属事務所に無断で、個人事務所を立ち上げたことだった。その背景には、個人事務所の取締役になる女性演出家・Aさんの影響も大きかったと言われている。 この6月で事務所との契約は期限切れとなるのだが、事務所側は能年サイドが求めたとおりに給料の大幅アップなどの条件を提示するも、能 [全文を読む]

能年玲奈が事務所側の好待遇条件蹴って独立か?

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

ところが、この6月末に所属事務所との契約が切れると、そんな状況が大きく変わるのではないかといわれているのです」(芸能関係者) 能年と所属事務所のトラブルが初めて報じられたのは、2015年4月、能年が個人事務所を設立したときだ。所属事務所に無断で設立したことはルール違反の疑いがあり、「独立騒動」がふってわいた。 「さかのぼれば、2013年のあまちゃん収録の途 [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

しかし、能年側がこれに屈することなく、あくまで独立の姿勢をつらぬくと、契約切れのこのタイミングで、マスコミは新たに「能年、引退へ」というバッシング報道を展開し始めたのだ。 口火を切ったのは「週刊女性」(主婦と生活社)6月7日号。「能年玲奈、引退へ」と打ち、演技指導の滝沢氏の"洗脳"によりマネージャーに罵詈雑言を浴びせるなど能年の態度が変化。事務所が新しい [全文を読む]

のん、新CMのセリフは事務所トラブルへの「勝利宣言」だ!

アサ芸プラス / 2017年08月29日17時59分

このCMはその第一歩になりそうですね」(前出・放送作家) 以前所属していた事務所と契約が切れる時に、「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するには、事務所の許可が必要」という旨の文書が送られたというのん。「何度倒されても、ボクは負けない!」精神で、新たな“のん時代”を切り開いていってほしいものだ。(窪田史郎) [全文を読む]

フォーカス