最近 能年玲奈に関するニュース

【エンタがビタミン♪】能年玲奈がエレキギターで“GO!GO!7188”を演奏。「イキイキしている」と評価される。

TechinsightJapan / 2014年12月28日13時25分

最近はギターにハマっているという能年玲奈。中学生の時には友達とバンドを組み、ロックバンド・GO!GO!7188の『ジェットにんぢん』などをコピーしていたそうだ。その頃、母親から買ってもらったピンク色をしたテレキャスタータイプのエレキギターを、今も大切に使っている。1万2000円だったので“安物のヤスコ”と名付けたという。 要望された能年玲奈は、その“安物 [全文を読む]

かわいいのに1人……“ボチカワ”? 彼氏持ちのきゃりーぱみゅぱみゅが「ぼっちアピール」連発のナゼ

日刊サイゾー / 2014年07月03日20時30分

ここ最近、“ぼっちアピール”が以前にも増して目に付くきゃりーぱみゅぱみゅに対し、疑問の声が相次いでいる。 かねてより“人見知り”であることを公言してきたきゃりーだが、先月29日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、「友達はほぼ1人」「ご飯もほぼ1人」「焼き肉も1人で行く」「1人で観覧車に乗った」などと、孤独な私生活を告白。 また、先月15日のW杯・ [全文を読む]

のん=元・能年玲奈、独立騒動でも大活躍で「あのバーニング」に完勝の「ありえない偉業」

Business Journal / 2017年03月30日20時00分

その背景には、ここ最近、大手芸能事務所による不手際が相次いだことで、芸能事務所のブラック企業ぶりが広く知られるようになったことが影響していると広告代理店関係者は指摘する。「最近は、SMAPを解散に追いやったジャニーズ事務所が典型例です。一昨年、『週刊文春』(文芸春秋)の報道で、メリー喜多川副社長の傍若無人ぶりがまかり通る、異様な“ジャニーズ帝国”上層部の [全文を読む]

新垣結衣が大量消耗のピンチ! レプロの“支配力維持”のためにフル稼働か!?

tocana / 2017年03月14日09時00分

まだまだレプロからテレビ局に対する圧力はあるのだが、最近はそれもかなり弱まってきているという。 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークしたのんだが一昨年、レプロからの独立騒動 が勃発。週刊誌などのメディアを通して揉めた末に昨年、レプロとの契約満了となり、本名の能年玲奈からのんに改名して活動を再開した。 「レプロから『能年を使うな!』という指令がメデ [全文を読む]

「のん」能年玲奈のスター街道復帰が見えた!“わんこそば”に思わぬヒントが?

アサ芸プラス / 2016年11月09日16時00分

記録は36杯でしたが、動画で見せる笑顔は全盛期と同じ輝きを放っており、視聴したファンもとてもホッコリしていたようです」(エンタメ誌記者) しかし、最近はネットでしか世間の注目を浴びていない状況だっただけに、今回の投稿にも「SNSでしか目立てないってかわいそう」「のんっていう芸名がまるでユーチューバー」など、世間ではもはや「動画サイトの人」という認識になって [全文を読む]

能年玲奈改め「のん」!復活のカギは「母親」の小泉今日子の映画監督デビュー作品!?

Business Journal / 2016年07月25日19時00分

実際、かつてはNHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを演じ、映画「ホットロード」で主演を務めた能年も、最近では大幅に露出を減らしている。 もはや事実上の芸能界引退の窮地に立たされているといっても過言ではない能年だが、数少ない心の拠り所といってもいいのが、“母親”の小泉今日子の存在だ。 小泉といえば、「あまちゃん」で能年扮する天野アキの母親役の [全文を読む]

能年玲奈復活のラブコール、生放送中にフジ女子アナ号泣、水トアナのキャラもう飽きた?……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年03月05日13時00分

デスクS 最近の能年はどうなんだ。ブログとかで自撮り写真をアップするとか、そっちの方は盛んだったろ。記者G それがですね、2月19日に更新したブログに風船を持った自撮り写真を掲載しているんですが、その目が「死んでいる」とネット上で話題になってました。以前あった“洗脳”疑惑がまた再燃ですよ。ブログでも悲哀を感じさせるレベルに……。デスクS しかし、いまだにネ [全文を読む]

【独占インタビュー】乃木坂46・生駒里奈「グループと自分…今、そして未来のこと」

Woman Insight / 2015年08月02日15時50分

オフの日、最近は暑いので、午後3時くらいまで漫画やアニメを見て、それからアニメイトに行ったり、原宿に洋服を買いに行ったりしています。 WI 普段はどんなファッションが多いですか? 生駒 日に焼けたくないので、Tシャツにパンツとかラフな格好が多いです。以前は本当にシンプルだったんですが、最近はリングとかTシャツの柄とか、ラフな中にもひとつアクセントを入れるよ [全文を読む]

AKB48の表紙起用がトドメ!?「CUTiE」休刊に、アイドル起用続くファッション誌業界が戦々恐々

日刊サイゾー / 2015年07月31日20時30分

ここ最近、アイドルの起用が続いているファッション誌業界。「Soup.」(モール・オブ・ティーヴィー)レギュラーモデルのAKB48・阿部マリアや、「Ray」(主婦の友社)や「LARME」(徳間書店)でレギュラーモデルを務める乃木坂46・白石麻衣のほか、3月から「CanCam」(小学館)専属モデルとなった乃木坂46の松村沙友理と橋本奈々未、4月から「Ray」 [全文を読む]

杏に綾野剛も 丸メガネが芸能人の「最先端盛りアイテム」に

NEWSポストセブン / 2015年06月13日07時00分

先の月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)でも、主演の杏が丸メガネ姿を披露していたが、ここ最近、目にする機会がかなり増えた。 ファッションライターの川口ゆかりさんによると、丸メガネは、フレームの大きい黒縁の“アラレちゃんメガネ”の次のトレンドとして、1年ほど前からきているアイテムだという。今流行っている背景には、ファッションの“オ [全文を読む]

能年玲奈×堺雅人「視聴率40%共演ドラマ」争奪戦

アサ芸プラス / 2013年09月10日10時00分

「同じ事務所で先にプッシュされていた川島海荷(19)が、最近の能年ブームに不機嫌になっていると聞きます。何でもスタッフに対して『みんな玲奈ちゃんで忙しいもんね~』と皮肉めいたことも口にしているとか。川島も能年と同じく新垣を目標にしているのですが、最近では自虐的に『元ポスト・ガッキーで~す』と話し、周囲が笑えない状況になることもあるそうです」(テレビ関係者 [全文を読む]

あまちゃんも夢中の「カイゼルひげ」 売り上げ7倍増の人気

NEWSポストセブン / 2013年08月24日16時00分

売場担当者に訊くと「意識していませんでしたが、そういえば最近、ヒゲのついた商品が増えていますね」という答えが返ってきた。 雑貨店やアクセサリーブランドのLilou(リル)などを展開しているアテックス株式会社によれば、ヒゲをモチーフにしたアクセサリー類の人気が出始めたのは一昨年から。 「種類を増やし続けているので比較が難しいのですが、2012年後期と2013 [全文を読む]

完全復活へ…のん、セクシーになった!?

NewsCafe / 2017年03月29日11時30分

さらに…」 ん? 「最近の彼女、セクシーになったと評判です。大人の女っぽくなったというか、胸もDカップはある…なんて声も(笑)」(先のデスク) 本格復帰への期待、胸と同じくますます膨らむ?!NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

のん(能年玲奈)、事務所独立騒動で大モメでもあり得ない大活躍…LINEの広告塔に

Business Journal / 2017年03月27日20時00分

最近はさまざまなイベントに顔を出し、ファンたちも喜んでいるところだ。 しかし、LINEといえば“ゲス不倫”から復帰したばかりのベッキーをCMに起用するなど、挑戦的な姿勢が話題。なぜ、あえて“炎上タレント”を起用するのか? テレビ局関係者はこう推測する。 「LINEは“炎上商法”をうまく活用していますよね。炎上は悪いことばかりではないんですよ。注目されるわけ [全文を読む]

「のん」能年玲奈の“干され問題”が火種で有名文化人が大モメ!

アサ芸プラス / 2017年02月17日09時59分

いったん論争は終結したのですが、最近になって争いが再燃。ジャーナリストの津田大介さん、コラムニストの小田嶋隆さんらネットで影響力のある方々が参戦し、険しい言葉が連日、ツイッターで飛び交っています」 2月中旬現在、のんの話とは別に、過去の発言などを巡り、山本氏が集中的に非難を受けている状況だという。「のんさんも自分がきっかけで激論となっているだけにチェックし [全文を読む]

清水富美加引退騒動、「レプロのタレントはいつどうなるかわからない」と警戒広まる

Business Journal / 2017年02月15日12時00分

テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でその魅力が再注目された新垣結衣をはじめ、その『逃げ恥』に“ポジティブ女子”として出演した“だーりお”こと内田理央、朝の人気情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の3代目司会者を務める川島海荷、“ハセキョー”の愛称で一大ブームを巻き起こし、最近は大人の色香あふれるアラフォー女優として活躍する長谷川京子などが [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

最近では、レプロに所属する人気タレント・マギーの不倫疑惑がフライデーされたものの、テレビやスポーツ新聞が一切後追いしないという、なんとも気味の悪い現象が起きた。 「所属者との契約トラブルや、マスコミへの圧力の実態が明るみになるにつれ、世間には『レプロ=怖い』というイメージが定着。レプロには、10代の女性タレントが多く所属しており、ファンからも心配する声が上 [全文を読む]

アニメ・マンガの世界が目の前に 「聖地巡礼」の魅力って?

しらべぇ / 2016年12月11日08時30分

最近では巡礼マップが作られたりと、コアなファンだけのものではなくなっている。そんな「聖地巡礼」を実際にしたことがある人はどれくらいいるのだろうか?■巡礼者は意外に少ない?しらべぇ編集部が全国20台〜60台の男女1365名に調査した結果、「聖地巡礼をしたことがある」と答えたのは全体の10.3%。男女年代別で見てみると、若い男性と50代が多いようだ。女性は全体 [全文を読む]

クドカン大河の主演は嵐メンバーのリレー方式か? 能年玲奈か? 嵐なら大河はナチス「民族の祭典」になる

リテラ / 2016年11月22日18時00分

しかし、先日、本サイトでは、クドカンの大河がこのように国威発揚路線に利用されてしまう危惧を表明しつつも、最近、「戦争の怖さを子供達に知らせたい」と発言していた稀代の脚本家が得意の小ネタで、ナショナリズムとは逆ベクトルの五輪ドラマをつくってくれるかもしれない、と期待をよせる記事を配信した。 クドカン大河は、ナチスドイツの五輪映画『民族の祭典』になるのか、そ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】のん、能年玲奈からの改名に「どっちもどっち」「2画はシンプルで面白い」

TechinsightJapan / 2016年11月20日14時15分

ワルイちゃんにちなんで「最近した悪いこと」を聞かれると、のんはしばらく考えてから「ワルイちゃんの気持ちを分かるため、ブラジャーを振り回した」と告白。ワルイちゃんは「お母さんのブラジャーやパンツを“ワーッ”って引っ張ってきて、ぐるぐる回したりする」のだそう。「子どもって(そういうこと)やりませんか?」と逆に報道陣に問いかけた。 のんは、現在公開中の映画『この [全文を読む]

フォーカス