スケジュール 能年玲奈に関するニュース

負けるな、能年玲奈!「のん」に改名し本格復帰の能年に前事務所が卑劣な妨害工作、自ら明かした冷遇と洗脳報道の真相とは

リテラ / 2016年07月15日15時19分

昨年の「週刊文春」報道によれば、『あまちゃん』(NHK)出演時には、朝ドラのハードスケジュールにも関わらず事務所からのサポートは手薄で、そのうえ当時の月給はたったの5万円であったという。前述の阿川佐和子との対談で能年はその頃のことをこう振り返る。阿川「資料によると、『あまちゃん』の撮影の時は洗濯する時間もないし、給料も月に五万円でお金がなかったって話があり [全文を読む]

干され続ける能年玲奈、人気減で「仕事がない」でんぱ組.inc最上もが、病んだ清水富美加、芸能界の病みを生む労働環境

messy / 2017年02月26日18時00分

だが、人気高騰中や売り出し時期には無茶苦茶なスケジュールを詰め込まれ、そのシーズンを終えてパタリと仕事がなくなれば、精神的に追い詰められてしまうタレントもいるだろう。でんぱ組.incの最上もが(年齢非公表)が、今まさにそうした状況であることを明かし、話題となっている。 2月20日にAbemaTVで放送された『最上もがのもがマガ』で、でんぱ組.incの最上も [全文を読む]

新垣結衣が大量消耗のピンチ! レプロの“支配力維持”のためにフル稼働か!?

tocana / 2017年03月14日09時00分

それからは余裕を持ったスケジュールとなったのだが、レプロのために再び若手時代のように働くことになりそうだ。 ※イメージ画像は、「レプロエンタテインメントHP」より [全文を読む]

テレビから永久追放?”のん”こと能年玲奈と事務所が法廷闘争へ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日09時03分

レプロの公式サイト内にある能年の紹介ページには、地上波放送された映画『ホットロード』がスケジュールの一つとして記されていた(15日夜時点)。契約は解消されておらず、「能年は所属タレントである」というのが事務所の見解のようである。 「レプロの報道対応は事実上の制裁。能年を相手取って裁判ともなれば半年、1年以上かかるかもしれません。裁判費用もバカになりません [全文を読む]

CM契約の更新を拒否?堀北真希”引退報道”の複雑な舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月29日19時04分

昨年8月に俳優の山本耕史(39)と「交際0日」でプロポーズを受けて電撃結婚するなど順風満帆に見えた堀北だが、今後のスケジュールはいっさい白紙でCM契約更新も断り、事務所との軋轢まで浮上している。人気女優に何が起きているというのかーー。 ■確執の発端はあのジャニタレとの破局? 堀北は昨年7月にファンクラブの新規受付を停止し、そのまま閉鎖。さらに主演ドラマ『ヒ [全文を読む]

能年玲奈の事務所トラブル…「独立」も「残留」もいばらの道

デイリーニュースオンライン / 2015年05月04日07時50分

拘束の長いドラマ撮影で過酷スケジュールになっても事務所のフォローはなく、洗濯するヒマもないために下着の替えも切れるような状況。替えの下着を購入しようにも財布に「200円」しかなく、パンツすら買えなくなっていたという。 「冷遇のきっかけになったのは同じ事務所の川島海荷(21)の存在。川島は本間代表が自ら才能を見出し、肝入りで大々的に売り出した。『あまちゃん』 [全文を読む]

能年玲奈、9nineらが所属するレプロとソニーミュージックがタッグを組んでオーディションを開催

okmusic UP's / 2015年02月25日18時00分

■審査スケジュール: 書類選考→2次審査→3次審査 ■日程: ・2次審査:2015年4月29日・5月2日~6日、9日、10日 (札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡 ※想定) ・3次審査:2015年6月6日・7日(東京 ※想定) ■DREAM GIRL AUDITION 2015 専用サイト http://www.sonymusic.co.jp/sd/d [全文を読む]

岩手知事の暴露で再燃! 噂される『あまちゃん』続編計画の真相

メンズサイゾー / 2014年01月24日17時30分

だが、アキの母親・天野春子を演じた小泉今日子や親友の足立ユイを演じた橋本愛らのオファーが急増し、出演者のスケジュール確保が厳しくなっていることや、脚本を務めた宮藤官九郎が「やるかどうかは俺ひとりじゃ決められないし、続編、再演、スピンオフは基本的に楽しめない性質なので」と消極的なコメントをしたことなどから、続編はないと思われていた。昨年末の紅白歌合戦で『あ [全文を読む]

『あまちゃん』続編熱望の能年玲奈「ほかに大きなオファーがない!?」一方、橋本愛は……

日刊サイゾー / 2013年08月28日09時00分

打ち上げや記者会見では主役の能年玲奈が事あるごとに「あまちゃん2をやりたい」とNHK側にリクエストしていたが、同局のディレクターは「皮肉にも『あまちゃん』のブレークで、橋本愛や小泉今日子の仕事が増えてスケジュール的に難しい」と話している。 ただ「ここまでヒットしたら当然、『次をできないか』という上からの相談はあった」とディレクター。 「2001年放送の『ち [全文を読む]

能年玲奈 あまちゃん撮影合間は台詞で頭いっぱいで何もせず

NEWSポストセブン / 2013年07月15日07時00分

早朝から深夜までハードなスケジュールにもかかわらず、カメラを向けると一瞬で笑顔に。ポーズを指示しなくても自然とキマってしまうのが、モデル経験もある能年の“かっけー”ところ。ドラマではなまったアキちゃんも、撮影中はほとんど言葉を発しない。 「撮影の合間は何もしないですね。セリフで頭がいっぱいなので…」 と言う。記者が差し入れのさくらんぼを手渡すと、どこにでも [全文を読む]

忽那汐里、オスカーゴリ押し女優を尻目に、NHK朝ドラヒロイン内定のうわさ

サイゾーウーマン / 2013年06月23日09時00分

東スポにも、大学との二足のわらじがネックとなって、仕事に十分なスケジュールが割けなかったと報じられている。 しかしこのたびの大学中退によって、先頃からNHK周辺でうわさされていた“ある情報”に、より真実味が増してきたという。 「それは、来年4月から放送される、NHK朝ドラのヒロイン役に、忽那が内定したという情報です。『純と愛』の夏菜、『あまちゃん』の能年玲 [全文を読む]

第二の新垣結衣?のんや清水富美加が抜けたレプロ期待の新人女優

デイリーニュースオンライン / 2017年08月08日11時51分

積極的に推していくようですが、事務所が過度の期待を掛け、多忙のスケジュールを詰め込むようなことになると清水やのんと同様に、契約トラブルの要因にもなり兼ねない。それだけにタレントの扱いには慎重になってきているようです」(芸能記者) 南は、能年玲奈や清水富美加らの抜けた穴を埋めることができるのか。のびのびとした環境で育っていってほしいものだ。 文・海保真一(か [全文を読む]

新垣結衣 すでに疲労困憊気味も清水富美加の“穴埋め”で夏以降は不眠不休に!

アサ芸プラス / 2017年03月25日09時57分

穴埋め仕事が本格化する今夏以降は休む間もない過密スケジュールだと聞いています」(前出・事務所関係者) せめて気持ちだけでも、楽しく踊るように「ゆるっと」していてほしい。 [全文を読む]

看板女優のガッキーも「被害者」だった? 以前から業界内で問題視されていたレプロの“ブラック企業体質”

日刊サイゾー / 2017年02月25日09時00分

多忙なスケジュールの中で『疲れた!』『きつい……』とこぼすことも多く、事務所としては新垣の身体が壊れてしまう前に、一度リフレッシュ期間を挟むという英断を下したと記されていた。しかし、報道に対してレプロは猛然と抗議。最後は、同社の後ろ盾だった“芸能界のドン”ことバーニングプロの周防郁雄社長を動かし、東スポを屈服させたのだが……」(週刊誌芸能記者) 結局、以後 [全文を読む]

佐村河内氏を描いた映画『FAKE』が突きつける テレビメディア3つの問題

しらべぇ / 2016年08月01日06時00分

放送スケジュールが決められ、つねに情報の鮮度が求められると、ひとつのネタをじっくり深掘りしたり、伝えられているのと違う側面に光を当てたりする時間を割きづらい。岩間氏は「(佐村河内氏のゴーストライター問題において)今日撮って明日出す人たちが、すごく大きく足りなかったわけではなく、映画『FAKE』は後出しジャンケンの部分もある」と語る。それに対して森監督は、「 [全文を読む]

第二の能年玲奈に!? 『まれ』好演の土屋太鳳を襲うNHK病

デイリーニュースオンライン / 2015年09月02日12時00分

そして、殺人的なスケジュールが組まれます。朝から深夜まで撮影が入り、休みはほぼなし。体調を崩してしまう出演者も多いですね」 それゆえ、朝ドラの仕事の後は、しばらく仕事を抑えるケースもあるようだ。吉高由里子(27)がいい例で、一種の燃え尽き症候群に陥っていると報道もされている。 さらに、別の危険性もある。 「ドラマがブレイクすればするほど、イメージが固まって [全文を読む]

有村架純がドッキリ発言で主演映画大ヒット(2)いまが売り出しのチャンスと事務所が大胆命令?

アサ芸プラス / 2015年05月16日09時57分

結果、スケジュールは1年先まで埋まったが、そこにはスキャンダル対策という側面も‥‥。「有村といえば、13年にジャニーズタレントとの親密なツーショットが週刊誌に流出。実はキスや抱擁だけでなく、もっと危ない写真もあったが、事務所の力で、掲載はソフトな写真にとどめてもらったそうだ。私生活ではとにかく脇が甘いため、仕事漬けにして恋愛する暇を与えない。そんな思惑を感 [全文を読む]

広瀬すず、ドラマ視聴率は「そこそこ」でも業界評価が爆アガリの理由

メンズサイゾー / 2015年02月28日17時00分

何とかスケジュールの確保に成功したのが広瀬だったのです」(芸能関係者) 運を味方につけて連続ドラマ初主演を射止めた広瀬だが、視聴率は「悪くない」程度のレベル。だが、それでも日テレサイドは大喜びなのだという。「主演が知名度抜群の能年から新人の広瀬に代わった時点で、日テレはドラマの大失敗を覚悟していました。しかし、フタを開けてみれば視聴率10%前後で及第点の数 [全文を読む]

脱朝ドラ戦略を分析 吉高由里子はイメージリセット狙いか?

NEWSポストセブン / 2014年11月15日07時00分

エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスはアメリカに夫を残して“単身赴任”中だが、先日、ドラマ終了後のスケジュールを聞かれ、「白紙です。分かりません。ずっと日本にいるかも」と発言したことが報じられた。 だが、これほど人気のドラマなのに未だに彼女本人の名前ではなく「マッサン女優」と言われているのは、今後の彼女の女優人生に少なからず影響しそうだ。「朝ドラ出演 [全文を読む]

能年玲奈主演映画『海月姫』の主題歌にSEKAI NO OWARI、コメントも到着!

Entame Plex / 2014年09月24日22時49分

そしてSEKAI NO OWARIは主題歌制作のために、どうしても映画の撮影現場を見てイメージを膨らませたいと希望し、レコーディングで多忙なスケジュールの合間を縫って、わずか30分ながら撮影現場を見学して、曲のインスピレーションを得たとのこと。 主題歌の作詞を担当したSaoriは、「主題歌の話を聞いて嬉しかったです。私たちはいつもメロディが先なのですが、N [全文を読む]

フォーカス