絶対 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈『この世界の片隅に』が公開 著名人から絶賛の嵐

しらべぇ / 2016年11月13日16時00分

とか、NHKスペシャルの「カラーで見る戦前の日本」みたいなシリーズが好きなら絶対!とか、ホントにいろんな見方が出来るんでお得ですよ、『この世界の片隅に』。— ゆうき まさみ (@masyuuki) 2016年11月12日漫画『りびんぐゲーム』などの作者、星里もちる氏も...『この世界の片隅に』立川で最終観て来た。前評判に通り素晴らしいアニメーション、素晴ら [全文を読む]

ローラ、能年玲奈、西山茉希…芸能界にはびこる奴隷契約に公正取引委員会も動き出している

messy / 2017年08月12日14時00分

ローラは今年の6月17日にTwitterで「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください」「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」「いま誰のことも信じられないくらい怖いんだ」などと呟いており、トラブルがあったことを示唆していた。 日本の芸能界の「奴隷契約」については今まさに問題視され始めているところだ。今 [全文を読む]

クドカン大河抜擢で、のん完全復活を期待する声! “お着替えタイム”で新たな方向性にも期待集まる

おたぽる / 2016年11月20日09時00分

また、宮藤としても、大河ドラマの脚本という大役、さらには、舞台出身ということで何かと比較されることの多い三谷幸喜が、現在放送中の大河ドラマ『真田丸』の脚本を担当し、話題となっているだけに、絶対にヒットさせたいという思いは、いつも以上に強いでしょうから、『あまちゃん』でヒロインをしっかりと演じきったという信頼感や、話題性も含め、のんを主役とまではいかなくとも [全文を読む]

「のん」能年玲奈主演のアニメ映画を著名人たちが「これはスゴイ!」と激賞

アサジョ / 2016年11月16日10時15分

それと、兵器描写も超リアルなのでガンダムとか好きな人も絶対楽しめますよ」と語り、独自の賞である2016年度「町山大賞」にも選出した。 同映画については11月11日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でも水道橋博士が絶賛している。 水道橋博士は「NHKの朝ドラ『あまちゃん』が独自の目線で3.11を描いたように、『この世界の片隅に』では女の子の目を通 [全文を読む]

「絶対に許さない」北乃きい『ZIP!』卒業の裏に、あの騒動と事務所の圧力!

tocana / 2016年08月10日08時00分

ジャニーズは昔のことだろうと、絶対に許しませんから。そのため契約更新という可能性は絶対になかった」と別の日テレ関係者。 もちろん北乃もその辺の事情は承知している。今後女優業をしていく上でジャニーズと共演できないとなると幅が狭まってしまうため、どうにかしてNG指定を外してほしいところだ。 「卒業にあたって一部スポーツ紙のインタビューに答え、事務所の先輩の瀬戸 [全文を読む]

小泉今日子も投げ出した!? 能年玲奈の復帰に音事協が「NO!」で、さらなる絶望へ

日刊サイゾー / 2016年07月27日11時00分

それは、タレントのマネジメント事業をしている自分たちの首を絞めることになりますから、絶対に認めるわけにはいかない。一部で小泉今日子が後ろ盾になるような報道や、映画などのオファーが来ているという話も出ていますが、それはまったくのウソ。確かに、舞台監督を目指す小泉は能年起用に色気を出していましたが、芸能界のドンから、能年をバックアップしようとしていることを厳し [全文を読む]

“関西テレビ界の女帝”上沼恵美子が能年玲奈の母に公開説教!

日刊サイゾー / 2016年07月26日09時00分

絶対失敗します! 専門家に任せないとあかん。こんなに才能のある彼女を生かすもつぶすも、お母さんだと思う」と訴えた。 能年は昨年1月に個人事務所「三毛andカリントウ」を、心酔する魅力開発トレーナーの滝沢充子氏と設立。何も知らなかった所属事務所「レプロエンタテインメント」は激怒し、先月末に所属契約が切れた現在も大トラブルになっている。 これらは「独立騒動」と [全文を読む]

能年玲奈、身勝手な独立で事務所に多額損失与える…芸能界干されるのは当然か

Business Journal / 2016年07月23日20時00分

きちんとした事務所がついていれば、絶対にあのような写真にOKは出しません。トラブルがあった以上、CMやドラマの仕事は当然しばらく無理だとしても、こんな仕事ばかりしていたらそれこそファンは減る一方だと思いますよ」(同) 自分を応援してくれる声まで失うことになれば、本当に孤立してしまう。レプロ側を批判する向きの強い今回の騒動だが、果たして能年が選んだ道は、本当 [全文を読む]

「ほんまに天使!」能年玲奈の麦わら帽子姿が超絶カワイイと絶賛の声!! 女優復帰はベッキー復帰のどさくさにまぎれて!?

おたぽる / 2016年05月12日20時00分

肌寒い時の為の長袖を残しときたいけど、絶対すぐに着なくなるから、こまめにこまめにしないといけないですよね。先日は春夏帽子を出しました」というコメントともに、白い服に緑色のチェックの自作のスカートに麦わら帽子をかぶった画像が5枚。それらには生き生きとした能年の表情も写されており、ここ最近、一部の雑誌などで報じられた“復帰”説にも、ファンたちは「事実なんじゃな [全文を読む]

有村架純、高畑充希とのツーショット披露で高視聴率確定? “美くびれ”披露には修整疑惑の声も…

おたぽる / 2015年12月31日09時00分

「来年1月に放送開始される、有村が主演を務める月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)の番宣のために臨んだ、ファッション雑誌『non-no』(集英社)のグラビア撮影での様子を投稿したようですが、2人は去年公開された映画『女子ーズ』で共演以後も親交があるだけに、仲睦まじい様子が見てとれ、『たとえストーリーがひどくても、ドラマ [全文を読む]

堀北真希の結婚余波...新垣結衣に熱視線、華の88年生まれ「最後の清純派」に

メンズサイゾー / 2015年08月25日19時00分

同じ事務所の後輩・能年玲奈(22)が独立騒動で活動休止状態になっていることもあり、稼ぎ頭の新垣はしばらく結婚など絶対に認めてもらえないでしょうから、今後も清純派を続けていくことになるでしょう」(週刊誌記者) ファンにとっては安心できる材料といえるが、堀北は「絶対的な清純派」から突然の結婚という流れだっただけに安心はできない。いつ結婚してもおかしくない年齢で [全文を読む]

事務所と冷戦中の能年玲奈が「社長かっこよかった」と綴った理由とは?

アサ芸プラス / 2015年08月06日17時58分

プライベートでは絶対に履かないようなスキニーな黒のパンツで決め、腰には弾倉っぽいデザインの幅広ベルト。極めつけは両手に握った拳銃2丁である。とても22歳女子の衣装コレクションにあるとは思えないアイテムばかりだ。 写真の背景を見ると自分の部屋とは思えず、壁や床の感じからはレッスンスタジオか会議室のような印象を受ける。これが所属事務所のオフィスなのか、それとも [全文を読む]


能年玲奈の所属事務所が、週刊文春を名誉毀損で提訴!「これは能年本人を訴えたのと同じこと」

日刊サイゾー / 2015年06月15日09時00分

これに、文春編集部は「記事には絶対の自信を持っている」と反論している。 芸能プロが出版社を名誉毀損で訴えるケースは多いが、今回は少し違う。事情を知る関係者は「レプロ側は文春の記事のネタ元を能年本人、もしくは彼女に極めて近い人物と見ている。つまりこれは、事務所が能年を訴えたのと同じことです」と話す。別の狙いもある。 「レプロが問題視しているのは、能年が勝手 [全文を読む]

映画『海月姫』心理テスト 共感する登場人物でわかるあなたが求める人間関係

i無料占い / 2014年12月27日12時00分

協調性や柔軟性はありますから、こんな友達でなくては絶対嫌! という選り好みはしないようです。 ■C:三国志オタクのまやや……ホンネで語れる付き合いがしたい まややを選んだあなたは、人を見かけで判断しないでほしいと思っているようです。まややは長身であることにコンプレックスを抱いていました。あなたにも、何かコンプレックスがあるのかもしれません。ですから、お互い [全文を読む]

【小澤亮太インタビュー】「僕のサーフィン姿、全然かっこよくないんです」

Woman Insight / 2014年08月24日16時30分

そして、初対面のときに、「この人絶対怖いなぁ……戦いたくないなぁ……」と思っていた城戸くんの本物のパンチの凄さを撮影中に実感したので、皆さんにも劇場でその臨場感を体験してもらいたいなと思います。 “No.2”にスポットを当てるという異色の成り上がりヤンキー青春映画『アキラNo.2』は、8月23日から初日舞台挨拶付きチケットのプレリザーブがスタートしました( [全文を読む]

この春イチオシの髪形「ワンカールボブ」、絶対可愛くなれるポイント4つ

Woman Insight / 2014年03月23日11時30分

この春のヘアチェンジの髪型候補に、ワンカールボブはいかがですか?(さとうのりこ) \“ボブ”ヘアの芸能人/ → 【速報】長谷川潤の新CM発表!楽曲はユニコーンで「オッサンで大丈夫?」と奥田民生が心配 → 能年玲奈主演の純愛映画『ホットロード』ポスター解禁!主題歌は尾崎豊! → ダレノガレ明美「モテ部屋」で2年越しの恋の行方は…? → 優木まおみと南明奈の“ [全文を読む]

『あまちゃん』カップルが現実に!? 「実はジャニヲタ」能年玲奈と、イケメン俳優・福士蒼汰に熱愛報道

日刊サイゾー / 2014年01月06日17時30分

『あまちゃん』のファンからは、「お似合いのカップル」「この2人ならうれしい」「『あまちゃん』はまだ終わってなかったんだ!」といった声が上がる一方で、「俺は絶対に信じない」「玲奈ちゃんが男と付き合うなんて……」「やっぱりイケメンが好きなんだな」と、ショックを受ける男性も多いようだ。 「能年さんはモデル時代、典型的なジャニヲタで、KAT-TUNの亀梨和也の切り [全文を読む]

能年玲奈×堺雅人「視聴率40%共演ドラマ」争奪戦

アサ芸プラス / 2013年09月10日10時00分

広告業界では、今年の顔の2人の強力タッグとなれば、視聴率40%もイケるとの声も上がっています」(前出・広告代理店関係者) 能年サイドも絶対の勝算が保証されている「半沢2」のオファーなら、快諾すると予想される。テレビ関係者もこうほくそ笑む。 「役者としての堺さんはとにかく高評価です。長いセリフを伝えきる能力もそうですが、注目したいのは『目』です。『半沢──』 [全文を読む]

能年玲奈、橋本愛、小池徹平に脚本のクドカンまで…『あまちゃん』大人気の裏で相次ぐスキャンダル

メンズサイゾー / 2013年06月16日08時00分

同じ町内に住む飲食店主に「娘の活躍の邪魔になるから飲酒運転は絶対にしないし、車に乗っても事故を起こさないように注意している」と話していたという誠さん。その矢先の事故だけに、無念さは察するに忍びない。 ネット上では、発売前の「週刊新潮」の見出し広告が出た直後からこの記事が取り沙汰されており、発売後の現在に至るまで「本人関係ないじゃん」「ゲスい」など、批判的な [全文を読む]

フォーカス