仕事 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈「のん」騒動にアニメ作品「この世界の片隅に」が引っ張られている件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

ところで、先般の能年玲奈(23)の大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」契約解除騒動と、それにまつわる改名や仕事についてのあれこれは相変わらず話題になっているようです。一連の問題は、本人にとっても事務所にとっても不幸なことだと思いますが、ことの詳細はノンフィクションライターの田崎健太さんが決定版ともいえる記事を書いておられたのでご参照ください。 個人 [全文を読む]

洗脳と信頼。能年玲奈は沢尻エリカのように「もったいない20代」を余儀なくされるのか?

messy / 2015年07月09日18時30分

現在、能年の仕事は基本的にラジオのレギュラー番組収録が月1のみ。先日は久しぶりにCM収録の仕事をこなしたそうだが、これは前々から契約が決まっていたものだそうだ。 情報は錯綜している。能年と、彼女が信頼しているという滝沢充子氏およびその周辺から出た情報と、能年の所属する芸能プロダクション・レプロエンタテインメント側から出た情報が真っ向対立しているからだ。■ [全文を読む]

芸能界はブラック体質?清水富美加の”電撃引退”が業界で物議に

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日19時06分

さらに同日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、司会の坂上忍(49)が「仮面ライダーの仕事は出たら人気になるが、ギャラなんて微々たるもの」と主張。あくまで知名度を上げることを第一にする時期なので薄給は当然と訴えた。これにゲスト出演したラサール石井(61)も「駆け出しのころはそんなもの、珍しくもない」と若手のギャラ事情に言及し、坂上は「僕らの時もそうだ [全文を読む]

【ウラ芸能】能年玲奈、洗脳解ける日が近づいた?!

NewsCafe / 2015年06月26日15時00分

デスク「【洗脳騒動】の余波が続く女優、能年玲奈(21)だけど、その後仕事のほうはどうよ?」記者「4月末、今年に入って能年が個人事務所を設立し、その背後に演出家で振付師の滝沢充子氏(53)が彼女を洗脳している、とマスコミに一斉に報じられました」デスク「その演出家が"生ゴミ先生"か…」記者「『あなたは女優をやらないと生ゴミね!』とカミナリを落とされたことで、能 [全文を読む]

清水富美加が突然の引退…仕事を急に辞めることの法的問題は?

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年02月22日07時00分

こういったように、芸能人が突然の引退や独立によって決まっている仕事に穴を開けることについて考えてみたいと思います。*画像はイメージです:https://pixta.jp/■芸能人の契約形態はどうなっている?インターネット等の記事によると、清水さんが月給5万円で働いていたというような記載があります。また、意にそぐわない仕事を強制されていたというような記載があ [全文を読む]

レプロと幸福の科学、どっちが“ブラック“? 幸福の科学では勝手に退会できない制度が...清水富美加は大丈夫か

リテラ / 2017年02月20日12時30分

月給5万円という低賃金に加えて、水着の仕事ややりたくなかった役での映画出演強要、さらに本間憲社長の守護霊インタビューと称して「仕事を断ったら干す」というような体質も攻撃された。 レプロ側も一応、反論しているが、宗教相手ということで腰がひけているのか、あまり具体的ではなく、説得力がない。しかも、レプロは能年玲奈に対してもタレントの人権を無視した扱いや常軌を逸 [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

具体的には、クライアントが清水の起用を希望していても、仕事を勝手に断ってしまったという。 この経験から、嫌な仕事も断れなくなってしまったという清水。事前に「やりたくない」と伝えていた水着の仕事をムリヤリ入れられてしまったこともあったとか。さらに、連ドラの撮影が深夜まで及んでも、事務所から送迎のサポートはなかったという。 ここで思い出されるのが、おととしの能 [全文を読む]

女優は奴隷なのか? 清水富美加の引退・幸福の科学専念が補強した能年玲奈独立の言い分

messy / 2017年02月13日20時00分

<給与について>・デビュー当時は歩合制(清水は08年にデビュー、09年3月から2012年3月の休刊まで、女子小中学生向けファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルを務めた)・デビュー3年後から月給制に(月5万円)・父親が事務所に「月給5万円は厳しいのではないか」と告げると、仕事を干された・清水自らオーディションに臨み役を射止めた『仮面ライダーフ [全文を読む]

大東駿介との結婚を反対されて独立した水川あさみに、元事務所「戻ってきてほしい」と……?

日刊サイゾー / 2016年10月26日13時40分

「勢いで事務所を出たものの、その後は目立った仕事をしていませんからね。今月独立した井上真央さんも、水川さんとは“格”が違うとはいえ、仕事が減らなければいいんですが……。能年玲奈さんが、いい例ですからね」(スポーツ紙記者) 今年の春先に、所属していた事務所「アトランティス」をひっそりと退所していた水川あさみ。 「独立後、新しく決まった仕事は数少ないそうですよ [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

周知のように、この間、能年玲奈をめぐっては、独立したいとする能年に対し、所属事務所・レプロエンタテインメントが徹底的に仕事を干し上げ、飼い殺し。芸能マスコミを使って「演出家・演技トレーナーの滝沢充子氏に能年が「洗脳」されている」という情報をリーク。レプロは"芸能界のドン"バーニングプロの周防郁雄社長がバックについていることから、芸能マスコミも、その情報に [全文を読む]

能年玲奈は本当に独立できるのか? 事務所に飼い殺しされバッシングを受けた3年間 、「干されて終わる」と叫ぶテープ

リテラ / 2016年05月24日18時00分

あとはほとんど仕事らしい仕事を与えず、干しあげていた。 そして、能年が事務所側のマネジメントに不信感をもち、独立を願い出ると、ブレイク前から指導を受けてき滝沢氏に「洗脳」されている、として、独立を認めず、すべての仕事を剥奪。能年は全く仕事のない飼い殺し状態におかれてしまった。 それだけではない。週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を流し、能年バッシングの流れ [全文を読む]

小池栄子に金銭トラブル発覚……問題夫が原因で芸能界を干される可能性も

Business Journal / 2017年08月21日20時00分

「この未払金は前事務所が小池に取ってきた仕事のうち、所属していた3年間のCM出演料を除く仕事の稼ぎの平均に約30%をかけた金額だと言います。前事務所は未払い分のギャラを受け取る権利があるということで、現在小池が所属する事務所代表である坂田と話し合いを進めてきたのですが、あとになって坂田が『払えない』とごねてしまった。その結果『ドリームキャブ』は訴訟に踏み [全文を読む]

住みなれた街を出ていったのは、すずだけではない──映画『この世界の片隅に』と“のん”

おたぽる / 2016年12月03日21時00分

そしてもう一つ、能年玲奈が新しい居場所でのスタートとなったこの仕事で、どこまでの魅力が出せているのか心配でもあった。 映画の冒頭、「昔から『ぼーっ』とした子だと言われていた」という主人公の語りを聞いたとき、その朴訥とした声と話し方が、すずにぴったり合っていることに驚いた。 そしてそれは、まぎれもなく、『あまちゃん』(NHK)で聞き慣れた、能年玲奈の声、そ [全文を読む]

本家は「のん」になっちゃったけど……能年ロスのあなたに贈る「ポスト能年玲奈」はこの娘だ!

おたぽる / 2016年09月13日11時00分

しかし、現在のところ、表立った活動は少なく、8月に開設された公式LINEブログと、11月公開予定のアニメ映画『この世界の片隅に』の声優としての仕事が発表されている程度だ。 そんな中、テレビやイベントなどを通して「あ、この子能年玲奈の雰囲気に似ているな」と感じることが何度かあった。「能年ロス」のひとつの症状と言っていいだろう。 そこで今回は、私が能年玲奈に [全文を読む]

卑劣! 能年玲奈に「本名使うな」と前事務所から理不尽すぎる圧力が! 能年を完全追放のテレビにクドカンも苦言

リテラ / 2016年07月22日19時30分

ニコッて笑ってる顔文字みたいになるんです」「週刊文春」の記事によると、契約が終了する間近の6月下旬、レプロから能年側に、昨年4月から今年の6月まで彼女が事務所側からの面談に応じなかったため仕事を提供できなかったとして、その15カ月分の契約延長を求める文書が送付されてくるとともに、もう一つ申入れがあったという。 それは、契約が終了しても「能年玲奈」を芸名とし [全文を読む]

「のん」改名を総スルーされた能年玲奈に、舞台関係者が熱視線「2週間で20公演組みたい」

日刊サイゾー / 2016年07月21日09時00分

ただ、早くも一部写真誌に登場するなど、能年は芸能活動を強行しており、小さな仕事でもオファーに応じる構えを見せている。ひょっとすると視聴率20%超えの人気女優が、小劇場で再出発する可能性もある。 実際、ある舞台演出家は「報酬にこだわらなければ、今すぐにでも話はまとめられる」と、能年の起用に前向きだ。 「彼女を使えばいろいろ軋轢が生まれると思われそうですが、 [全文を読む]

能年玲奈を子供扱いし庇護する阿川佐和子と「文春」にがっかり

messy / 2016年07月15日00時00分

能年が『あまちゃん』出演後に演技の仕事をあまり“させてもらえなかった”ことについても、阿川は「仮に私が能年さんをマネージメントする立場だったら、『あまちゃん』で大ブレイクしたわけだから、もっとバンバン仕事を入れちゃうけどねぇ」と前事務所の無能ぶりを皮肉る。能年はあくまでも“被害者”だということで対談が進み、しまいには阿川は涙ぐんで「あなた、その歳で人間出来 [全文を読む]

能年玲奈が事務所側の好待遇条件蹴って独立か?

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

「さかのぼれば、2013年のあまちゃん収録の途中から能年は仕事に対する不満を口にするようになりました。能年に演技指導を行っていて、後に個人事務所の取締役にもなる女性演出家Aさんの存在が大きかったようです」(前出・芸能関係者) ちょうどその頃、水面下で人気コミック『進撃の巨人』の映画化の話が持ち上がり、キャスティングが進んでいた。 「能年は“進撃”の大ファ [全文を読む]

“独立騒動”で芸能界引退危機の能年玲奈、法廷闘争に向けて勉強中!

日刊サイゾー / 2016年05月29日11時00分

こうした媒体は、能年がブレーク後に天狗になって仕事をより好みし始め、助言した親しい演出家の言いなりになっているという話を基本線にしていますが、実際には彼女自身の言い分もあって、拘束時間やギャラに関して、あまりに一方的な事務所ペースになっていることに不満を持っていたという話。マネジャーがコロコロ替わったり、三流アイドルみたいな客寄せイベントの仕事をさせられた [全文を読む]

能年玲奈“最後のレギュラー”が終了…芸能界の掟が恐ろしすぎると視聴者ドン引き

デイリーニュースオンライン / 2015年10月02日16時00分

このことから、ネット上では 「番組卒業よりは降板のようにしか感じない」 「仕事も減って逆にエールを送られる立場じゃないの?」 「ラジオ番組で芸能界を卒業かと思った…」 「このままどんどん仕事減ってくのかな…」 などと、前向きな卒業と捉える声は皆無だった。 当初は能年自身のワガママによって、所属事務所から謹慎を喰らっていたとも言われていたものだが、『週刊文春 [全文を読む]

フォーカス