能年玲奈 小泉今日子に関するニュース

連続テレビ小説「あまちゃん」で話題沸騰の番組挿入歌「潮騒のメモリー」がCDリリースが決定

okmusic UP's / 2013年07月21日00時00分

その後も能年玲奈、橋本愛演じるアキ&ユイコンビの“潮騒のメモリーズ"によって歌い継がれ、ドラマの展開の重要な鍵を握るもうひとつのテーマソングともいえる曲として、長らく音源リリースが熱望されていた。 そして今回、7月19日オンエアの回で、この曲に秘められた謎がついに明らかになった。劇中に登場する薬師丸ひろ子演じる大女優鈴鹿ひろ美主演の映画主題歌として、鈴鹿ひ [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

■実はストーリーテリングの名手そして、『あまちゃん』人気の源泉は、なんといっても、天才・宮藤官九郎の珠玉の脚本と、能年玲奈(現・のん)を始めとする個性的な俳優たちの絶妙な“ハマり役”に尽きますね。クドカン作品というと、よく小ネタのオンパレードと思われがちだけど、実は彼、ストーリーテリングの名手としても知られてるんです。実際、同ドラマは純粋にあらすじだけ追っ [全文を読む]

小泉今日子も投げ出した!? 能年玲奈の復帰に音事協が「NO!」で、さらなる絶望へ

日刊サイゾー / 2016年07月27日11時00分

女優・能年玲奈の「改名騒動」で、芸能界への本格復帰が絶望的な状況が浮き彫りになった。 7月15日発売の「フライデー」(講談社)で、芸名を「のん」に改めることを表明した能年だが、21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、レプロから警告書が送付されていたことがわかった。 「レプロはバーニングプロやナベプロなど大手事務所が名を連ねる日本音楽事業者協会(音事協)に [全文を読む]

「のん」こと能年玲奈が新事務所「株式会社non」設立、復帰第1弾は“小泉今日子プロデュース舞台”か

日刊サイゾー / 2016年07月21日17時00分

「のん」に改名した能年玲奈が、自身が代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立したと、21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。 能年は昨年1月、所属するレプロエンタテインメントに無断で、個人事務所「株式会社三毛&カリントウ」を設立。能年サイドは、「能年が描いた絵やグッズなどを販売する会社で、契約違反に抵触しない」としたが、レプロとの話し [全文を読む]

能年玲奈、引退危機カウントダウンに「救世主はやっぱり、小泉今日子しかいない!」 激ヤセに心配の声も

おたぽる / 2016年06月20日12時00分

事務所からの独立騒動が原因で、昨年から開店休業状態が続いている女優の能年玲奈だが、今月末に切れる事務所との契約を更新しなければ、そのまま芸能界を引退せざるを得ない状況に追い込まれるのではないかという憶測も広まっている。そのXデーが近づく中、能年ファンからは「救世主はやっぱり、小泉今日子しかいない」と、2013年に放送された、NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん [全文を読む]

ファミリー劇場の“あまちゃん愛”が止まらない!!『連続テレビ小説 あまちゃん』 6/15(水)いよいよ東京編突入!

PR TIMES / 2016年06月03日10時34分

>★その1:毎週放送の特別番組『「あまちゃん」そのまえに・・・』も東京編!GMT47の“キャンちゃん”こと・蔵下穂波さんが登場!★その2:WEB限定お楽しみ企画『「あまちゃん」そのあとに・・・』では、青木俊直さんの“あま絵”で「あまちゃん」を全話復習!(http://www.fami-geki.com/amachan/)★その3:ニコニコ生放送で6/15( [全文を読む]

引退危機の能年玲奈、気になる「そのあとに...」|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年05月31日20時00分

あらためて全員でしみじみしたのは主役の天野アキを演じた能年玲奈の特別さだった。「あのピカピカ感はすごかったねぇ」という。 現在はほぼ露出がない彼女だが「6月に現在の事務所との契約が切れるらしい、そのあとにどういう動きがあるのだろう?」という話題にもなった。 するとその2日後に「能年玲奈、事実上芸能界を引退へ。」という記事が出た。発信元は週刊女性。事務所から [全文を読む]

頼みの綱は小泉今日子?能年玲奈“トラブル引退危機”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日19時06分

女優の能年玲奈(22)が、所属する芸能事務所「レプロエンタテインメント」から独立することが決定的となったと騒がれている。発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)では「芸能界を引退へ」とまで報じられ、ファンが大騒ぎする事態となっている。 ■独立トラブル泥沼化で引退危機 能年はレプロ側との契約が今年6月末で終了。事務所からは延長が打診されていたが、話し合いどころか [全文を読む]

能年玲奈の“独立騒動”が小泉今日子の介入で完全終結へ……一方「共倒れ」状態の川島海荷は?

日刊サイゾー / 2016年04月29日09時00分

女優の小泉今日子(50)が24日、エッセー集『黄色いマンション 黒い猫』(スイッチ・パブリッシング)の発売を記念して、都内でラジオ局「J-WAVE」の公開収録を行った。 同エッセー集は、小泉の「SWITCH」(同)誌での東京・原宿をめぐる連載をまとめたもの。一部報道によると、小泉は「原宿では『あまちゃん』(NHK)で能年(玲奈)ちゃんとのシーンもあって、楽 [全文を読む]

能年玲奈“3ショット写真”掲載は事務所への威嚇!?「いずれは小泉今日子の事務所へ……」

日刊サイゾー / 2015年06月25日09時00分

所属事務所からの独立騒動で渦中の女優・能年玲奈だが、その近況を「女性自身」(光文社/7月7日・14日合併号)が報じている。 同誌によると、能年は都内で今月6日から3日間、出演している「かんぽ生命」のCM撮影に臨んだ。そのため、事務所との“雪解け”も近いと思われたが、直接テーブルに着いて話し合いを求める事務所に対して、能年は弁護士を通じてそれを拒否。CM撮影 [全文を読む]

能年玲奈、洗脳&独立報道に暗躍する“バーニングの女帝”小泉今日子の魂胆とは?

サイゾーウーマン / 2015年05月28日13時00分

本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソかまことかわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋17年の芸能記者B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し、情報 [全文を読む]

事務所を干された能年玲奈に救いの手を差し伸べる“母”小泉今日子の「男気」

アサ芸プラス / 2015年04月30日17時59分

4月28日発売の週刊文春で、能年玲奈がNHK朝ドラ「あまちゃん」以降、所属事務所に“干された”ことにより、新事務所を立ち上げたと報じた。 記事によると、「あまちゃん時代の月給は5万円で肌着も買えない」「事務所社長から『お前は負け犬』と言われた」「マネージャーに『仕事は入れない』と言われた」と、国民的アイドルが消えていった裏側が明かされている。同誌の直撃に対 [全文を読む]

『あまちゃん』紅白の演出 能年らGMT、小泉、薬師丸も歌唱か

NEWSポストセブン / 2013年10月17日07時00分

主演の能年玲奈の司会起用の噂も出たが、いったいどのような演出になるのだろうか? 「『あまちゃん』のコーナーを作って、30分ぐらいの時間を割くそうです。メインの出演者は全員が何らかの形で出ることになると思います」(テレビ局関係者) 毎年、視聴率低迷がさけばれる紅白。目玉となる『あまちゃん』を活かしていかに視聴率を稼ぐか、NHKは現在、さまざまな企画を練ってい [全文を読む]

“NGワード”が?『あまちゃん』DVDでカットされたシーン

WEB女性自身 / 2013年10月08日00時00分

「じつは、春子(小泉今日子)が娘のアキ(能年玲奈)に、自分がなんでアイドルを目指したかという話をする、印象的なシーンがあるんですが、なぜか違和感があるんです」 くだんのシーンは第7週「おらのママに歴史あり」の第38話。アイドルのポスターやレコードに飾られた春子の部屋で、春子がアイドルの歴史について語り出す場面だ。 春子が「み〜んな夢中だったのよ、聖子ちゃん [全文を読む]

「AKB48最大のライバルは今や『あまちゃん』」と中森明夫氏

NEWSポストセブン / 2013年09月13日07時00分

主演の能年玲奈は今や国民的アイドル女優となった。80年代アイドルの回顧や、現在の地元アイドルの活況、AKB48に代表されるグループアイドルのブーム等、『あまちゃん』はアイドルというジャンルの古今の富を存分に取り込んでいる。 そればかりではない。小泉今日子が役名の天野春子として、劇中の80年代ヒット曲『潮騒のメモリー』をCD発売、現実にヒットした。GMTや [全文を読む]

能年玲奈の初スキャンダルも間近か 週刊誌に狙われた「あまちゃん」女優たち

メンズサイゾー / 2013年08月02日17時05分

主演の能年玲奈(20)の初スキャンダルを押さえるため、各誌の記者やカメラマンたちが必死に動いているようだ。 2日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)では、小泉今日子(47)演じる主人公の母親・天野春子の少女時代を演じている有村架純(20)の熱愛写真がスクープされた。お相手はHey!Say!JUMPのメンバー・岡本圭人(20)で、有村らしき女性の頬にキス [全文を読む]

島崎遥香、“小泉今日子の娘”役に「のんの方が良かった」の声 紅白選抜には「もう内定済みでしょ?」

おたぽる / 2016年12月13日19時00分

また、小泉の娘役に関しては、2013年上期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で小泉の娘役を演じ、プライベートでも本当の娘のように小泉から可愛がられている、能年玲奈改め“のん”のキャスティングを期待していた小泉ファンは多かっただけに、『キャスティングやり直し!』『キョンキョンの娘役はのんちゃんの専売特許』などといった声が飛び交ってしまっていま [全文を読む]

干された“のん”こと能年玲奈、完全復活に向けて再始動へ! 水面下で内定した新所属事務所と“ウラ事情”を関係者が暴露

tocana / 2016年10月01日09時00分

事務所独立騒動の渦中にあるのん(本名・能年玲奈)が9月、出世作となったNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県に出現した。徐々にだが仕事が入るようになったのんだが、いまだ元所属事務所のレプロエンタテインメントとの間に抱える問題は解決していない。すっかり“危険物件”となってしまったのんだが、実は水面下で新しい所属事務所が内定しており、わずかな [全文を読む]

キョンキョンじゃない!? 能年玲奈改め「のん」の“身元引受人”は、あの大女優か

日刊サイゾー / 2016年09月23日09時00分

独立騒動が尾を引く能年玲奈改め、のんが死に物狂いだ。 6月いっぱいで所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約は満了したかに見えたが、その後もレプロ側が契約継続を訴えるなど、トラブルは一向に解消されない。 「騒動の原因がレプロに無断で個人事務所を立ち上げたことですから、トラブルが解消されるまでテレビには出られないでしょう。先日、アニメ映画の声優挑戦がニ [全文を読む]

能年玲奈改め「のん」!復活のカギは「母親」の小泉今日子の映画監督デビュー作品!?

Business Journal / 2016年07月25日19時00分

所属事務所「レプロ」からの独立騒動の渦中、突如として「のん」への改名を発表した能年玲奈。 当然のことながら対立する「レプロ」サイドは激怒しており、双方の対立構図はドロ沼化の一途をたどっているという。 「『レプロ』サイドは再三にわたって能年サイドに妥協案を提示していましたが、当の能年サイドが交渉のテーブルにさえ着こうとしなかった。もちろん、能年にも彼女なりの [全文を読む]

フォーカス