障害 能年玲奈に関するニュース

能年玲奈、あの性格が復帰の障害

NewsCafe / 2016年05月16日16時00分

昨年、事務所の独立騒動以降はこれといった仕事がなく、休業状態が続いている女優・能年玲奈(22)。 そんな彼女が10日、2013年に放映されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で共演した小泉今日子(50)との2ショットを自身のブログに掲載し、話題になっている。小泉らの手を借りて本格復帰とのウワサが巡っているが…。 「仕事が欲しくて焦り、自己アピールしているだ [全文を読む]

能年玲奈の復活はNHKと映画で決まり!岩手県のプロジェクトNが示す未来とは

アサ芸プラス / 2016年08月10日13時30分

「能年の復帰で障害となるのは前事務所との関係がこじれていること。何らかの番組やドラマに出演したくても、トラブルを嫌うスポンサー企業が難色を示す可能性が大きいのです。その点、CMが入らないNHKなら障害とは無縁ですし、それは映画でも同じこと。今後、岩手県を舞台にしたドラマや映画で、能年が復活する可能性が高そうです」 県などの自治体では、フィルムコミッションを [全文を読む]

能年玲奈がブログで大人気…コミュ障ファン獲得で広がる芸能界復活への期待

デイリーニュースオンライン / 2016年01月04日12時00分

以前、彼女がテレビのバラエティ番組に出演した際、受け答えに妙な間が開いたり、ずれた答えをしたりと、 「能年玲奈はコミュ障(コミュニケーション障害)ではないか?」 と言われたことがあった。だが、昔は普通にしゃべっていたことから、キャラ作りや計算ではないかとされ、炎上騒ぎになったことも。同じような障害を持っている人たちから、反感も買った。 だが今や、引きこも [全文を読む]

能年玲奈だけではない!! 大ブレイクした後に沈んだ女優たち

tocana / 2015年05月12日09時00分

表向きには観光業の仕事で来日した際に女優としてスカウトされたことになっていたが、実際はフィリピンパブのホステスとして働いていた「ジャパゆきさん」であり、脳性麻痺による重い障害を持つ子の母であったことをマスコミが書き立てたからだ。 さらに仕事のドタキャンや借金問題などのトラブルが度重なると、女優としての人気は低迷。所属事務所を解雇されてしまう。その後、フィリ [全文を読む]

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年08月20日15時05分

つまり、本人が性的なコンテンツを思い返すと動悸が激しくなるなどの精神的障害、あるいは時間が経って本人が結婚して子供でもできたときにご主人やご子息に「お前の母ちゃんAV女優」という言われ方をしたときに「あれは過ちであった。もう私のコンテンツを閲覧できないようにしてほしい」と訴え出られたら業者はそのように対応しなければならない、という方向にシフトしていくわけで [全文を読む]

新垣結衣『逃げ恥』人気が阻む?”テレビから消えた女優”の完全復帰

デイリーニュースオンライン / 2016年11月18日19時05分

能年にとっては大きな前進となるはずだったが、皮肉にも前事務所の先輩・新垣が障害になる格好……芸能界はまこと、因果な商売である。 文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版 [全文を読む]

佐村河内氏を描いた映画『FAKE』が突きつける テレビメディア3つの問題

しらべぇ / 2016年08月01日06時00分

聴覚に障害を持ちながら『交響曲第1番・HIROSHIMA』や『鬼武者』のゲーム音楽などを作曲したとされ、「現代のベートーヴェン」とも呼ばれた佐村河内守氏(52)。2013年に放映されたNHKスペシャル『魂の旋律〜音を失った作曲家』をきっかけに全国的な注目が爆発し、それも災いしてか週刊誌が「ゴーストライター問題」を報道。新垣隆氏(45)がゴーストライターだっ [全文を読む]

泥沼化はあの大物のせい?能年玲奈を悩ます”芸能界の板挟み”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月18日18時05分

裁判はいまだ続いていますが、これも能年が芸能活動を行うことに対して、大きな障害となっています」(スポーツ紙記者) そして今年6月には、レプロと能年の契約が切れると言われていたが、レプロ側にそのつもりはないようなのである。 ■沈静化しないのは“黒幕”の影響? 前出のスポーツ紙記者が言う。 「いまだにレプロのオフィシャルサイトには能年のページが残ったまま。一方 [全文を読む]

井上真央の独立で現実味?嵐・松本潤との結婚カウントダウン

デイリーニュースオンライン / 2016年04月26日19時10分

障害多数でもろもろを仕切りなおすため、井上が退社を決断したようにも感じられます」(前出•記者) いずれにせよ、この突然の退社劇は「ただごとではない」のは確かだろう。引退の可能性や松本との交際の行く末がどうなるのか、その動向からしばらく目が離せない。 文・佐藤勇馬(さとう・ゆうま)※個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされ [全文を読む]

フォーカス