過去 高島礼子に関するニュース

高畑淳子のバカ息子とオリンピック選手の汗と涙

クオリティ埼玉 / 2016年08月24日10時32分

過去、前田美波里、三田佳子、みのもんた、石田純一と多くの有名人の二世が逮捕されたが、強姦致傷の疑いで逮捕されたのはあまり例がない。 覚せい剤などは初犯であれば執行猶予がつくがこの罪は示談が成立している場合や被害者が寛大な処分を望んでいる場合を除き最低でも懲役5年はある。 そんなこともわからなかったのかと問いたいが、私が「あ~あ」と言ったように、高畑裕太は [全文を読む]

高島礼子「薬物乱用防止対策官」就任時の顔が意味深すぎる

しらべぇ / 2016年06月28日19時00分

このニュースは大きく報じられ、インターネット上でも大きな話題となったのだが...同時に妻である高島礼子にまつわる「過去のニュース」も話題になっているようだ。■意味深な顔をした高島礼子その過去のニュースとは、2015年に神奈川県から警薬物乱用防止対策官に任命されていたということ。神奈川県を中心としたニュースを報じる『タウンニュース』を見てみると、そこには意味 [全文を読む]

「高島礼子の父の介護で引退」美談の影で高知東生の悪い女癖

WEB女性自身 / 2016年06月28日06時00分

「逮捕場所となったラブホテルには、過去に何度も2人で入っていると麻取が確認している。行きつけのラブホはほかに数軒あった」(麻取関係者) シャブ愛人だった五十川容疑者は、東京・西麻布のクラブから、横浜の系列店に移った売れっ子ホステス。 「神奈川県内の大きな個人医院の娘。ルックスは高島礼子に似ていて、男好きする顔立ち。地元出身の若手政治家の愛人だったという噂 [全文を読む]

高島礼子 苦節1年…高知東生との3億円豪邸がようやく売却

WEB女性自身 / 2017年08月08日00時00分

そんななか、高島は高知との過去をひっそり清算していたのだ。 「今年5月ごろでしょうか。『高島さんのご自宅が売りに出ているみたい』と噂になっていたんです。家の中はいつも真っ暗で、誰も帰っていないようでした」(近所の住民) 今回本誌が調べたところ、高島は7月20日付けでこの自宅を都内の企業へと売却していたのだ。昨年8月時点ですでに、本誌は「高島が自宅を売ろうと [全文を読む]

高島礼子、映画「おみおくり」主演抜擢の陰で元夫・高知東生との“復縁説”

アサジョ / 2017年08月05日18時15分

ストーリーは、過去に愛する人との悲しい別れを経験した主人公の女性納棺師が、その傷を癒すかのように「死」と向き合う仕事をする。そんな中、両親を事故で亡くした女性が、知人の葬儀で主人公の姿を見て弟子入りを決意。様々な「おみおくり」の現場に接しながら、やがて心の闇から解放されていくというもの。 高島礼子は、昨年8月に元夫の高知東生との離婚を発表。高知は横浜市の [全文を読む]

高島礼子が死と向き合う納棺師に 「おみおくり」18年3月公開

映画.com / 2017年08月01日21時00分

愛する人との悲しい過去を持つ主人公・満島弥生は、納棺師という「死」に触れる仕事を通して自らの心の傷をいやし、生きることへの希望を見出していく。一方、幼い頃に事故で両親を亡くした亜衣は、知人の葬儀で弥生に出会い弟子入りを決意。様々な「おみおくり」に触れるなかで、自身の心の闇から解き放たれていく。 弥生に弟子入りする亜衣役には、「イタズラなKiss THE M [全文を読む]

テレ朝・田中萌アナ「同僚・加藤泰平アナと不貞行為」で「番組降板」決定のさびしい「自宅待機」生活

アサ芸プラス / 2017年01月06日09時57分

それにしても、テレ朝はスキャンダルを極度に嫌うわりに、過去には矢島悠子、徳永有美など“不倫疑惑アナ”が多発しているのも七不思議です」 過去の事例に照らせば、朝の看板アナをキズ物にした男子アナは地方局などへの異動が確定的。女子アナはアナウンス室でお茶くみなど懲罰的な雑務を命じられ、ほとぼりが冷めた頃合を見計らい、目立たない仕事で復帰するのが通例だというが‥‥ [全文を読む]

高畑淳子、涙の会見の評価

NewsCafe / 2016年08月26日14時52分

デスク「俳優、高畑裕太(22)が前橋のビジネスホテルの40代女性従業員を強姦、軽傷を負わせた事件で、母親の女優、高畑淳子(61)が涙の謝罪会見したけど…」 記者「気丈に見える彼女でも涙を抑えられず、接見時に『何があってもお母さんだからね』と話したって…」 デスク「で、裕太のほうは今後は裁判も控える身だけど、過去にも似たようなことをしてたんじゃないかっていう [全文を読む]

高島礼子、離婚でも消えない「関係」

NewsCafe / 2016年08月09日13時55分

高島が高知と体の相性がよすぎて離れられなくなっていた…その過去を彼女が引きずっていた可能性もあるでしょう」(先のデスク) 高島は離婚後も高知を友人として援助していきたいと言っているという。依存関係はまだまだ続くのか…。NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

高島礼子に小倉優子も…なぜ美女は「遊び人」と付き合うのか?

しらべぇ / 2016年08月04日07時00分

ところで、しらべぇでは過去に「堅実な恋愛をしたいのに、遊び人に惹かれてしまう」女性の割合を調査している。結果、20代では23%もの女性が「該当する」と答えた。理性ではダメだとわかっていても、危険な火遊びに誘われてしまうということか......。もっとも、小倉や高島が上記に該当するのか、それとも「遊び人風な人と恋愛したかった」のかは不明だが......浮気男 [全文を読む]

高島礼子に、和田アキ子が“妻の責任”を押し付け炎上! 家庭内別居発覚で「お前が言うな」祭りに

日刊サイゾー / 2016年07月04日20時30分

過去には、テレビのチャンネル争いでケンカしたこともあるという。 今回の和田の発言に、ネット上では「愛人とキメセクされてるのに、なんで離婚しちゃいけないの?」「和田は何言ってんだ? 不倫だけでも、十分離婚していいだろ」「だからー、離婚も視野に入れて見極めるって、高島が会見で言ってんじゃん!」「お前が高島さんの責任を語るな」「うるせー、ヘルメット!」などと、炎 [全文を読む]

高知東生のInstagram、「みつを」と「絆」と「俺の独り言」シリーズ

messy / 2016年07月02日17時00分

なぜか「今」ではなく「過去」の夫婦写真をアップするのも高知容疑者の特徴。唐突にこんな写真、こんな写真をアップしたりするが、中でも結婚式のオフショットとおぼしき、ウエディングドレス姿の高島がタバコを手に持っている写真は写真とムービーで2枚もアップされている。よほど気に入っているようだ。しかし逮捕されたいまとなっては、どれもこれも“愛妻家”のキャラ作りに過ぎ [全文を読む]

高島礼子は潔白?高知東生容疑者の次に狙われる”大物女優”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月01日19時05分

過去に大河ドラマや朝ドラにも出演していたにも関わらず、です」(前同) 今年は清原和博元被告(48)に高知容疑者と、薬物関連の著名人逮捕が続いているが、AやXに捜査のメスが届く日は訪れるのか。 文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカ [全文を読む]

高島礼子、「決意」の評価…6月会見雑感

NewsCafe / 2016年07月01日18時50分

まだ、バカ夫を支えたい気持ちがあるんだね」 記者「周りは強く、離婚しても更生の手助けはできると説明はしていますが、彼女にその気はまだないようです」 デスク「高島はできる限りの対応をしたと思うけど、許せないのは覚醒剤の過去がある歌手、酒井法子(45)だな。しれっと化粧品のイメージキャラクター決定会見に出てきてたけど、結果的には高知がらみの質問から逃げた」 記 [全文を読む]

高知東生 過去には自宅で不倫三昧、ダミー男性も準備

NEWSポストセブン / 2016年06月29日16時00分

高島さんには申し訳ない気持ちだった」 [全文を読む]

フジテレビに大ダメージ!高知東生の逮捕であの人気ドラマが放送禁止に!?

アサ芸プラス / 2016年06月27日17時59分

フジは現在、新ドラマが軒並み低視聴率を記録しており、過去の作品を再放送したほうがマシと言われています。そのため、『結婚できない男』が放送できない状況は痛手でしょう」(前出・テレビ誌ライター) 過去、俳優の押尾学も薬物所持などの疑いで逮捕され、彼が出演していた人気ドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ系)の放送も禁止となっている。これらのとばっちりに、関係者や [全文を読む]

元俳優の高知東生容疑者が覚せい剤逮捕!妻・高島礼子は…

しらべぇ / 2016年06月24日18時05分

過去には「東急」→「東生」改名騒動も高知容疑者は1993年に芸能界デビュー。1996年には東京急行電鉄(東急)から、「高知県に東急が進出したと誤解される」との理由で、不正競争防止法による芸名差し止めを訴えられた。1998年に一審の東京地裁で敗訴した後、芸名を「東生」に変更していたが、ツイッターには告訴していた東急グループの先見の明を賞賛する声も。東急に訴 [全文を読む]

三池監督最新作「極道大戦争」に、成海璃子、リリー、高島礼子ら出演

Entame Plex / 2015年02月03日15時03分

その他にも、初めての三池組で極道役に挑戦する劇団EXILEの青柳翔、過去に多くの三池作品に出演してきた渋川清彦、さらには優希美青、ピエール瀧、でんでんらが脇を固める。 今作に関して成海璃子は「10年ぶりに三池組へ参加できて嬉しいです。私はヤクザ化しなかったので、すこし寂しかったです。ヤヤン・ルヒアンさんのファンなので共演できて光栄でした」 [全文を読む]

前田敦子は大丈夫? 高島礼子と黄桜にみる「酒とCM」契約事情

サイゾーウーマン / 2013年02月05日13時00分

すでに“お尻丸出し”は過去のことになっているのかもしれないが、やはり多額の契約金が発生するCMには、さまざまな規約が存在しており、違反した際の多額な賠償金についても常々報道されている。ある芸能プロ関係者は「うちは、『いかにCMで稼げるか』を重要視しており、それを念頭においてタレントの戦略を考えていると言っても過言ではありません」と語るほど。 数ある芸能界 [全文を読む]

若槻千夏が「この先が心配なタレント」2名を激白 「説得力ある」の声も

しらべぇ / 2017年09月08日16時00分

過去の若槻の人気ぶりを考えれば、自分と重ねてしまう気持ちも理解できる。・合わせて読みたい→高島礼子の買い物にドン引き 「闇が深すぎる」と心配の声も(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日対象:全国20代~60代の男女1,332名 (有効回答数) [全文を読む]

フォーカス