謝罪会見 高島礼子に関するニュース

高島礼子、映画「おみおくり」主演抜擢の陰で元夫・高知東生との“復縁説”

アサジョ / 2017年08月05日18時15分

高島はメディアの前で涙の謝罪会見を開き、離婚はそれが原因とされてきた。それからしばらく高島は表舞台から姿を消していたが、今回の映画の主人公抜擢は、その騒動以降初の大仕事となる。「おそらく高島の中での“喪”が明けたのでしょう。しばらく仕事を控えていましたが、この映画にかける熱意はかなりのものだそうです」(スポーツ紙記者) しかし、ここにきて高島と高知の“復縁 [全文を読む]

「不倫謝罪」を迫られる人気商売のつらさ

プレジデントオンライン / 2017年07月22日11時15分

渡辺謙の「不倫謝罪会見」はそれとは真逆だった。国際的俳優は冒頭、「私の軽率な行動が応援してくださった皆様に多大な心配、ご迷惑をおかけしました」と報道陣の前で深々と頭を下げた。 乳がんの治療中の妻・南果歩が不在の時、自宅に女性を引き入れていた「ニューヨーク不倫」が『週刊文春』で報じられたのは今年の3月末だったが、渡辺は帰国後も沈黙したままだった。 NHKの [全文を読む]

謝罪会見は業界関係者向け?高畑淳子の「被害者とされる方」発言に非難が集中

アサ芸プラス / 2016年08月30日09時59分

しかし日本の場合は親の謝罪は慣例となってしまいました」(週刊誌記者) 地味なメイクと衣装、記者の質問にオープンに答えるスタイルは好評だった高島礼子の謝罪会見を彷彿とさせたが、高島の会見ほどの効果は出せず、むしろ非難が集まっている。「高島の場合、夫の高知東生は薬物での逮捕だったため、被害者はいません。しかし、今回の事件は婦女暴行致傷であり、被害に遭った方がい [全文を読む]

女優・高畑淳子、謝罪会見で同情一色に!?“親の責任”問われず「みのもんた状態」回避か

日刊サイゾー / 2016年08月25日17時00分

翌日謝罪会見を開く淳子は、待ち構えていた報道陣に対し「申し訳ありませんでした。初めて本人に会いますので、明日詳しいことを皆さまにお話しできると思います。ご容赦ください。よろしくお願いします」と頭を下げるに留まった。 高畑といえば、2人目の夫との間に長女のこと美(29)と裕太容疑者を生んだ後、離婚。女手一つで2人の子どもを育て、2014年に「紫綬褒章」を受 [全文を読む]

高島礼子トリプルショック? 主演ドラマ『女たちの特捜最前線』が打ち切り危機

日刊サイゾー / 2016年08月07日19時00分

しかし、尿検査の結果、高島自身はシロで、謝罪会見から誠意が見てとれたことで、テレ朝は放送強行を決断。 初回は視聴者の高島への同情心や野次馬根性がはたらいたのか、11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の好視聴率をマーク。これは、今クールのプライム帯の民放連ドラの初回では、北川景子主演『家売るオンナ』(日本テレビ系/水曜午後10時~)の12.4%に [全文を読む]

高島礼子「夫が愛人と同伴出廷…」離婚決断にあった妻の苦痛

WEB女性自身 / 2016年08月02日00時00分

また、彼は一緒に逮捕されたホステスの五十川敦子被告(33)のことをとても心配しているそうです」(警視庁関係者) 夫が逮捕されてからしばらく経った6月30日、高島は 謝罪会見 を開き「本当にわかりませんでした」と語っていた。青天の霹靂だったという夫の覚せい剤使用だが、「彼の更生を見極めたい気持ちはあります。彼の動向を見て判断します」と含みを持たせる発言も。そ [全文を読む]

夫逮捕で高島礼子に責任ある? 小島慶子と江川紹子の見解

NEWSポストセブン / 2016年07月15日07時00分

「妻の責任がある」──夫の逮捕を受け、謝罪会見でそう声を震わせた高島礼子の言葉が波紋を呼んでいる。信じていた夫に裏切られたとき、妻はその行為の責任を負うべきなのか、そして、夫を支えていくというもうひとつの責任も果たさなければいけないのか――そこから見えてくる現代夫婦のあり方を今一度考えてみたい。◆「責任ゼロはない」か「責任を取る筋合いはない」か タレントで [全文を読む]

高島礼子の代表作は『極妻』から『女たちの特捜最前線』へ!? テレ朝も「覚せい剤回」に期待か

日刊サイゾー / 2016年07月07日00時00分

また、高島が先月30日に開いた謝罪会見について、角南源五社長は「立派な会見だった。真摯にお答えされていた。仕事は仕事で、ドラマの撮影をきちっとやられている」と評価した。 『女たちの特捜最前線』は、高島演じる京都中央警察署の総務課に勤める警察官と、宮崎美子演じる広報課の警察官、高畑淳子演じる食堂調理員が“井戸端捜査会議”を繰り広げながら、事件の真犯人を暴い [全文を読む]

高島礼子、ヒモ夫支える覚悟は…

NewsCafe / 2016年07月06日11時05分

デスク「ヒモ夫の元俳優、高知東生(51)の覚醒剤事件で崖っぷちだった妻の女優、高島礼子(51)が大セーフだな」 記者「主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)が予定どおり21日からスタートします」 デスク「警官を演じるのに、ダンナが逮捕じゃしゃれにならないはずだったのに…」 記者「テレ朝の角南源五社長(59)が、先日の高島の謝罪会見を『立派な会見。 [全文を読む]

高島礼子の会見に「妻が謝罪する必要があるのか」の議論が...坂上忍、東国原英夫らは「謝罪は当然」の主張

リテラ / 2016年07月02日18時30分

7月1日放映の『バイキング』(フジテレビ)でも配偶者の責任、謝罪会見の是非が俎上にのぼった。ジャーナリストの江川紹子がゲストとして登場し、謝罪会見にこんな問題提起を行ったのだ。「彼女は被害者じゃないですか、どっちかっていうと。家族がこういう風になって混乱してるところに、引っ張り出されていろいろ問われるということ自体が、見ていて気の毒でしょうがない」「こん [全文を読む]

高島礼子は潔白?高知東生容疑者の次に狙われる”大物女優”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月01日19時05分

高島礼子(51)が6月30日、夫で元俳優の高知東生容疑者(51)が覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕された件について謝罪会見を開いた。凛とした立ち振る舞いは見る者を惹きつけ、高島礼子のイメージは損なわれるどころか上がったのではないか。 1999年に高知容疑者と結婚した高島は、会見で「私の中で、クスリ関係のことが起こること自体、想像もしたことがなかっ [全文を読む]

高島礼子、元夫・高知東生と復縁していた!?

日刊大衆 / 2017年07月10日11時05分

「高島は、高知が捕まった際の謝罪会見でも、“妻としての責任がある”と語っていましたが、そもそも本人には離婚するつもりがなかったといいます。“芸能活動のマイナスになる”と周囲から強く言われ、離婚を決意したんですが、何を言われようと高知が好きだったんでしょうね」(前同) 傍目から見れば、高知はヒモのようにしか見えないが、芸能レポーターのあべかすみさんは、こう [全文を読む]

高島礼子 元夫・高知東生が「土下座謝罪」でもスポンサー圧力で強制離婚

アサ芸プラス / 2016年08月11日17時57分

高知東生被告(51)が逮捕、起訴されると、6日後の謝罪会見で「妻としての責任はある」とかばう姿勢を示していたが、周囲の説得に押し切られ、決断を下すことになったのである。 7月29日、高知被告の保釈申請が認められた。身元引受人は高島ではなく、第三者。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が話す。「第三者となった時点で、離婚は決定的でした。高知は99年の結婚以来、『 [全文を読む]

獄中から離婚届?高島礼子が”薬物夫”との別離を決断か

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日19時05分

さすがの高知も、高島に対しての申し訳なさでいっぱいになったのでしょうか」(スポーツ紙記者) 高知の逮捕後、妻として謝罪会見を開いた高島だったが、離婚について明言は避けていた。 「高島には、やはり『夫を見捨ててもいいのか』といった迷いがあったと思います。しかし、最後は高知が彼なりの“男気”を見せたようにも見えます」(同前) 同誌では高島も離婚を受け入れたと報 [全文を読む]

アグネス 夫逮捕の高島礼子に「妻が責任を負うものではない」

NEWSポストセブン / 2016年07月18日07時00分

元俳優・高知東生容疑者(51才)が覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件を受け、謝罪会見で「妻の責任がある」と発言した女優の高島礼子(51才)。妻としての責任問題について、さまざまな意見が交わされている。 家族が間違った道に進んでしまったとき、妻や親はどのように“責任”を取ってきたのか。芸能界では次のような例がある。 古くは1970年代 [全文を読む]

高知東生「薬物使用」へとつながる高校時代の先輩・後輩「闇交遊人生」

アサ芸プラス / 2016年07月17日17時57分

謝罪会見で涙を浮かべた妻・高島礼子(51)との離婚が取りざたされるばかりだが、高知容疑者にとって切っても切れないのは、むしろ闇社会だったようだ。 6月24日、高知容疑者は横浜市南区にあるホテルの一室で、クラブホステスの五十川敦子容疑者(33)とベッドにいたところ警察に踏み込まれる。覚醒剤を約4グラム、大麻たばこと乾燥大麻計約2グラム、あぶって吸引するために [全文を読む]

フォーカス