病気 高島礼子に関するニュース

高島礼子の買い物にドン引き 「闇が深すぎる」と心配の声も

しらべぇ / 2017年09月07日14時00分

高島礼子の闇を感じる…#今夜くらべてみました— しろね (@Shirone21) September 6, 2017高島礼子さんこれ大丈夫??病気?? #今夜くらべてみました— まおっぴ???????????? (@negimayo2) September 6, 2017高島礼子の買い方はストレス発散型だね????あんなに買ったら家が広くてもゴミ屋敷になっ [全文を読む]

高島礼子 父を自宅介護したいと希望し夫・高知東生賛成した

NEWSポストセブン / 2012年02月06日16時00分

そもそもパーキンソン病とは、中脳の黒質でドーパミンが作れなくなるという原因不明の病気で、難病にも指定されている。にわファミリークリニック・丹羽潔院長がこう説明する。 「症状はいろいろありますが、手足が硬くなったり、震えたり、動きが非常に緩慢になります」 高島がこう語る。 「パーキンソン病の治療は投薬治療が基本なんですけど、薬の量は、両手のひらに山盛り一杯 [全文を読む]

高島礼子 パーキンソン病の父を8年間介護、その思いを語る

NEWSポストセブン / 2012年02月02日16時00分

みんなは『ボケたんじゃない?』なんて笑っていたんですけど、姉は断固として、『ボケじゃない! 絶対に変だ! 病気だ!』といい張るんです。 そこまで姉がいうんならと思って、私が友人の病院に車で連れて行ったんです。その途中で、父が高速道路を見て、『あっ、動物園だ』っていったんですよ。その瞬間に私もおかしいと思って…。きっと父には幻影が見えていたんだと思います。 [全文を読む]

夫に不倫され同情集めた小倉優子を「あっぱれ」と西原理恵子

NEWSポストセブン / 2016年08月27日07時00分

「妊娠中の浮気は、相手が病気の時に遊びにいくのと一緒。妻と子供がインフルエンザで寝こんでいる時に、『おれは外でメシ済ませて来たからあとはよろしく』って平然と言い放つ男と変わらないし、こういう男は絶対に治らないし、何を言っても気づかない。 小倉さんも、自分がそういう病気の男にほれてしまうセンサーを持っていることを自覚しなければ。ただ、『男選びをしくじった』 [全文を読む]

高知東生“義父介護で引退”語る「高島礼子のファンだから」

WEB女性自身 / 2015年07月08日06時00分

病気で倒れてからも、お義母さんと暮らしていた横浜の家のほうがいいと言っているんです。自宅もバリアフリーですが、あちらもバリアフリーに改装しています。以前、(義父が)家の中で転倒したことがありました。いくらヘルパーさんたちが気をつけてくださっていても、(介護には)思わぬことが起こります。支えて歩くのも大変ですし、男の力が必要になることもあるのではないかと考え [全文を読む]

ASKAの入院仲間「作家・石丸元章」が薬物事件をメッタ切り!(2)ドラッグの前では誰もが平等

アサ芸プラス / 2016年12月17日09時57分

大麻がドラッグかどうかという議論はさておき、薬物依存症という“病気”の前では皆が平等なんです。金持ちの芸能人だって貧乏なジャンキーだってやめるまでには同じ苦しみを味わう。脳にダメージを負い、最高に悲惨な喜劇を一緒に見ている。そんな感覚に近いのかもしれません。 この記事の締め切り直前、週刊誌で「コカイン使用疑惑」が報じられた俳優の成宮寛貴(34)が芸能界引 [全文を読む]

ベッキー、清原和博、香取慎吾、舛添要一、桂文枝…2016年世間を騒がせた有名人に共通点! 名前の文字が超ド級の疫病神を呼ぶ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月17日06時30分

また、覚せい剤所持の疑いで逮捕された、清原和博の「清」の字は、吉凶作用の入れ替わりの激しい文字のひとつで、病気や事件の凶暗示がある。清原の元妻・清原亜希の「亜」も非常に凶作用の強い文字。「亜」は「中国古代の貴族の墓」を表す死に関わる文字のため、家庭運に恵まれない運命を招くといわれている。文字の吉凶は、漢字だけでなく、漢字を起源とした平安文字のひらがなやカ [全文を読む]

高畑淳子 40代で行きついた「人生で大事な2つのこと」

WEB女性自身 / 2016年07月09日06時00分

「裕太はアトピーやぜんそくもあって病気がち。救急車で病院に連れていくこともしょっちゅうでした。夜もかゆさから体をぽりぽりかくし 。でも、ステロイドは使わずに治そうと決意したころから、自分のことをまったく気にしなくなりました。『子どもさえ元気でいてくれたら、それでいい』と思ったのです。自分の顔や姿は『(撮影や芝居の)仕事場で整っていれば、あとはよし』と。 [全文を読む]

デリカシー皆無!和田アキ子、吉田拓郎を「薬物疑惑」扱いするトークに批判殺到

アサ芸プラス / 2016年07月06日09時58分

病気とか、療養中とかあるからね」と言い、「ごめんね、拓郎ちゃん」と謝った。 この放送を観ていた芸能ジャーナリストは「軽いノリの話じゃない」と憤慨した。「薬物関連の流れの話で、特定の人の名前を出し『痩せた』云々を話題にするのはいかがなものか。ましてや吉田は2003年に肺がんを患い、07年には更年期障害によるストレスとうつ状態であると告白。09年には、慢性気管 [全文を読む]

高知東生の呆れたヒモ生活 午前4時に高島駆けつけ飲み代会計

WEB女性自身 / 2016年07月05日00時00分

さらに更年期にさしかかったころから、ひそかに病気とも闘っていたのだ。 「高知さんが『かみさんに3日間泣かれた』と言うんです。高島さんの持病が悪化したらしく、帰るとリビングの真っ暗な中でずっと泣いていたそうです。治療薬を飲んだら今度は副作用で言語障害のような状態に。壮絶な状態だったと聞きました」(前出・高島の知人) 高島は『家庭画報』15年2月号のインタビュ [全文を読む]

金銭トラブルで事務所移籍、レギュラー降板……俳優・渡辺いっけい“体調不良説”の深刻度

日刊サイゾー / 2016年06月21日13時00分

それ以来、公の場に姿を見せていませんけど、7月クールのドラマに出られるのであれば、大きな病気じゃなかったということですかね」(テレビ局関係者) 事務所移籍の心労がたたったのかもしれない。 [全文を読む]

父を介護する高島礼子 「介護のプロ」戸田恵子から救われた

NEWSポストセブン / 2012年02月03日16時00分

でも、結局はストレスを溜めることになって、本来、病気の本人こそがつらいのに、自分たちがいちばん大変となってしまう最悪なパターンになっていたこともありました」(高島) そんな高島を救ったのが、2004年に放送されたドラマ『異議あり!女弁護士大岡法江』(テレビ朝日系)で共演した戸田恵子(54)だった。彼女自身も、肝臓を悪くして、晩年は認知症にまでなってしまった [全文を読む]

フォーカス