購入 武豊に関するニュース

武豊 “カタール石油王”が日本競馬に参戦で「タケノミクス」到来?

アサ芸プラス / 2014年03月19日09時57分

昨年7月の(社台の)セレクトセールでも、1歳馬2頭、当歳馬3頭の計5頭(うち牡3頭)を購入。中でも9000万円で落札したピンクパピヨンの2012(牡)は、父キンカメ、母父サンデー。今年のダービーの有力馬トゥザワールドと同じ配合です。ダービーなどのクラシックを狙っているようにも映りますね」 日本以外で出走経験がある外国産馬はJRAの調教師に預託できない規定が [全文を読む]

武豊 乗ってよし、買ってなおよし!「伝説の天才馬券術」があった!(1)

アサ芸プラス / 2014年02月06日09時57分

ギャンブラーとして馬券を購入する際にも「天賦の才」をいかんなく発揮していた。 「成績と展開ですよね、やっぱりボクが気になるのは。自分が乗る時も専門紙の成績欄は見たりします。あとは厩舎コメントもたまにチラッと読んだり‥‥」 一昨年、CS放送のグリーンチャンネルが、興味深い番組を制作していた。アサヒ芸能2月6日号でも紹介した「競馬場の達人」のスペシャルに武が登 [全文を読む]

「武豊と凱旋門賞へ」ユタカ騎乗率約8割のこだわり馬主が挑む夢舞台! 「超大物」グランダルシュが凱旋門賞1番人気敗退という両親の無念を晴らす!

Business Journal / 2016年07月13日08時00分

一人の男が自分の壮大な夢を託して、一頭の仔馬を1億6000万円で購入した。 その男とは、株式会社キーファーズの松島正昭氏。夢を託したのは2011年の凱旋門賞(仏G1)で1番人気になりながら7着に敗れたサラフィナの仔、グランダルシュ(父ディープインパクト)である。 この松島氏、昨年からJRAで所有馬を走らせ始めた新米馬主だが、競馬界の帝王・武豊への“思い”は [全文を読む]

武豊 乗ってよし、買ってなおよし!「伝説の天才馬券術」があった!(2)

アサ芸プラス / 2014年02月10日09時57分

実はプライベートでも、武の自宅に程近い競輪場で、たびたび車券を購入。勝負勘を養っていたというのである。競輪担当記者が解説する。 「武騎手の競輪好きは有名で、地元関西の競輪場でもちょくちょくお見かけしますよ。現在は閉鎖されましたが『大津びわこ競輪場』には、たびたび遊びに来ていましたね。中でも毎年6月の『高松宮記念杯』には奥さんの佐野量子さん(45)と一緒に来 [全文を読む]

JRA払い戻し率変更で“武豊馬券”がおいしくなる?(1)「毎週馬券を購入する人は大きな差が!」

アサ芸プラス / 2014年03月25日09時57分

JRAが、馬券ごとの払い戻し率の変更を発表した。人気の3連単が下がる一方、馬連やワイドがアップ。的中しやすい馬券だけに配当妙味こそわずかかもしれないが、馬券戦略の転機になる出来事だ。そこで変更後にがっぽり儲けられる騎手を探ると、名手・武豊の名前が浮上した! 競馬法の一部改正に伴う勝馬投票法ごとの払い戻し率の設定変更。すでに発表していた大井競馬は3連複と3連 [全文を読む]

武豊 乗ってよし、買ってなおよし!「伝説の天才馬券術」があった!(3)

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時57分

出遅れてまくって勝つというのが今日のパターンかな」 とレース展開を予想すると、再び1着固定の3連単で馬券を購入。しかも2着、3着を3頭までしぼり込み、勝負馬券は実に6通り×5000円の3万円ナリ。さらに軸馬が2着以下に沈んだ場合の保険として4頭ボックスの3連単(24通り)、さらには気になる穴馬を1頭入れ替えた別の4頭ボックスを購入し万全の態勢だ。 「けっこ [全文を読む]

大魔神・佐々木が武豊を乗せない“禁”呪縛(4)一ファンとして“馬券の基本は武”

アサ芸プラス / 2013年06月27日09時59分

これから馬券購入の参考にさせてもらうよ。まあ、そうは言っても、俺の馬券の基本は武君だけどね。 武フリークまる出しなのである。ただ、「俺の馬にもぜひ乗ってよ」というセリフは佐々木氏の口からは出てこない。これもやはり師匠の呪縛なのか‥‥。 さて、武との友人関係同様、競馬界における佐々木氏の評判は上々のようで、 「乗り方にも注文をつけたりしないから、騎手や調教師 [全文を読む]

日本競馬を動かす馬主・金子真人氏......超能力としか思えない「所有馬実績」と唯一の「弱点」とは?

Business Journal / 2016年04月25日19時00分

ディープインパクトを購入した際、金子氏は「瞳の輝きに衝撃を受け」、同馬の購入を決定していたというエピソードもあり、ここまでいくともう「超能力者か」と疑ってしまうレベルだが……。いずれにせよ、現在の競馬界において金子氏の影響が個人馬主としては異常なまでに大きいとは断言できる。 そんな金子氏にも「弱点」、というと語弊があるかもしれないが、達成できていないもの [全文を読む]

日本橋三越本店 デビュー30周年記念 武豊展 ~名馬と共に歩んだ30年~

PR TIMES / 2016年04月22日19時32分

【イベント】 武豊氏 トークショー(約30分)&サイン入り【デビュー30周年記念写真集】販売会 <会場>日本橋三越本店 本館屋上ステージ(入場無料) <会期>5月4日(水・祝) 午後4時30分~ 『武豊氏サイン入り写真集購入整理券』、並びに『武豊氏トークショー着席整理券』をお配りします。ご希望のお客さまは、5月4日(水・祝)当日、日本橋三越本店本館地下1 [全文を読む]

JRA「騎乗依頼仲介者の馬券購入は禁止されるべき」と弁護士

NEWSポストセブン / 2013年12月07日07時00分

だが、エージェントにはこうした購入制限がないというのだ。JRA報道室によると「騎乗依頼仲介者(エージェント)は厩舎関係者ではないので、馬券の購入は可能です」とのこと。 [全文を読む]

馬主が査定した有力騎手(1)発走前に勝負の5割は決まる

アサ芸プラス / 2013年01月25日09時59分

「エイシンフラッシュに重い印を打っていながら、個人的な購入馬券の狙い目を変更している記者が多かった。テン乗り(初コンビ)自体が割引材料ですからね」 乗り替わりの難しさについては、後述することにして、まずは「騎手の格付け」のポイントについて個人馬主が話す。 「よく『アイツは腕っぷしが強くて追える』なんてほめ言葉を聞きますが、実は大したポイントではない。騎乗 [全文を読む]

福永祐一騎手G1制覇を完全スルー!? 『週刊Gallop』の表紙はまさに「弱肉強食」!

Business Journal / 2016年03月31日10時00分

「ねえ、祐一くんってホントにG1勝ったの?」 そう訊ねてきた友人の手には、購入したばかりの『週刊Gallop』(サンケイスポーツ)の今週号が握られている。彼女は以前から福永祐一騎手のファンなのだが、表紙を睨みながら「祐一くん、どこにも載ってないんだけど......」と不満を漏らしているのだ。 表紙にそこまで注意がいっていなかった私も「そんなバカな」と思いな [全文を読む]

フォーカス