態度 藤原さくらに関するニュース

<吃音を知るためのガイド>ドラマ『ラヴソング』を見て吃音に興味を持った人へ

メディアゴン / 2016年05月19日07時30分

『特別支援教育における 吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援』(小林宏明・川合紀宗編著、学苑社)や『学齢期吃音の指導・支援(改訂第2版)』(小林宏明著、学苑社)、『吃音のある学齢児のためのワークブック:態度と感情への支援』(リサ・スコット編、学苑社)の3冊が理解しやすいのではないかと思います。坂田善政氏は『ラヴソング』のエンドグロールにも名前がでてきま [全文を読む]

「ラヴソング」が「重版出来!」に負けているのは制作側の本気度だった!

アサ芸プラス / 2016年05月16日17時58分

プロ志向の若手アーティストが選ぶ場ではないのは明らかで、制作陣がロケをお手軽に済まそうとしている態度が透けて見えますね」 福山雅治が書き下ろし、藤原さくらが歌う主題歌の「soup」も、ユーチューブでの視聴回数は低迷気味。しかも、本ドラマには関係ないギター女子によるカバー動画のほうが、本家の藤原より再生回数を伸ばしている状況だ。どうにも制作陣の本気が伝わって [全文を読む]

態度がデカい!?福山雅治「ラヴソング」ヒロインの言動に米倉涼子もドン引き

アサ芸プラス / 2016年04月05日17時59分

「曲の演奏前、福山から紹介されると藤原は『(VTRの)ワイプめっちゃ興奮しました! ワイプ載ってた!』とはしゃぎ出し、その後も特に挨拶をすることもなく、足を組みながらの対応だったため、視聴者からは『なにこの子?』『謙虚さがない!』『新人なのに態度がデカすぎる』と厳しい意見が殺到しました。さらに彼女が話している間、スタジオにいる米倉涼子の引きつった顔が映るな [全文を読む]

2人の無名歌手の宣伝で終わった『ラヴソング』 月9史上ワースト視聴率も当然の結果か……!?

日刊サイゾー / 2016年06月15日20時00分

ところが、そのオーディン自体が、アミューズの意向に沿った“出来レース”の疑惑が出たことで、LDH側は態度を硬化。フジに抗議して、Leolaをねじ込んだようなのです。それこそ、デビューしたばかりのまったくの無名歌手ですから、ヒロインでなくても、いいプロモーションになったはずです」(テレビ制作関係者) 『ラヴソング』は月9の歴史に残る低視聴率となったが、藤原、 [全文を読む]

福山主演月9ドラマで描かれた「吃音(きつおん)症」ーー“吃音ドクター”が明かす、見えない障害のリアル

週プレNEWS / 2016年06月12日06時00分

「一生懸命、話そうとしているのにそこで“ダメ出し”されたり、威圧的な態度を取られたりすると、ますます言葉が出にくくなってしまいます。一番身近な人に自分の話を聞いてもらえないのはつらいし、自信が持てなくなる。だから、話そうとしているのを遮(さえぎ)らずに、まずは話を聞いてほしい。 私も音読で詰まった時に『こんな漢字も読めないの?』って言われたことや、家庭で [全文を読む]

あの元カノ女優を避けた!?福山雅治が「ラヴソング」番宣で途中退席した裏事情

アサ芸プラス / 2016年04月11日17時59分

「『ラヴソング』出演者は番宣のために、バラエティ番組『草なぎ剛のがんばった大賞』に出演したのですが、ヒロインを務める藤原さくらは、“態度がデカい”と視聴者から批判され、主演の福山も、彼だけ冒頭から15分で退席し、その印象を悪くするなど、宣伝のための出演が逆効果となりました」(テレビ誌記者) 他の役者がスタジオに残っている中で、福山のみが途中退席したことで、 [全文を読む]

フォーカス