あらすじ 武井咲に関するニュース

武井咲、福山雅治と初対面で感激 早くも次の約束?「ラジオにお邪魔したいです!」<黒革の手帖>

モデルプレス / 2017年08月24日06時00分

(modelpress編集部) ■第6話あらすじ ついに長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ『ルダン』を買い取る準備を整えた原口元子(武井咲)は、手付金の5千万円を現金で支払い、売買契約書を交わす。 長谷川との商談を終え自宅に戻った元子のもとに中岡市子(高畑淳子)が現れ楢林謙治(奥田瑛二)から奪った金を返すよう迫る。「何の話だかさっぱり」ととぼける [全文を読む]

武井咲『黒革の手帖』低視聴率女王からの脱却が狙える好調12.3%

デイリーニュースオンライン / 2017年07月30日20時00分

その結果、パトロンの存在を失った波子は、全ての予定が狂ってしまい、クラブ「カルネ」に乗り込んでいった…というのが全体のあらすじだ。 仲はどうしてもヤンキー臭が抜けきれず下品なことから、とても銀座のホステス、ひいては銀座のクラブのママになる器としてはキャスティングミスに思えてしまう。しかし、武井の演じる上品なママとの対照としてはいい味を出しているのではないだ [全文を読む]

「ペロペロ舐めて」悪女・元子に屈辱の展開も、武井咲の“デキ婚報道”が脳裏にチラつく『黒革の手帖』第7話

日刊サイゾー / 2017年09月08日23時30分

さて、これまでのあらすじを少し。東林銀行で派遣社員として働いていた原口元子(武井咲)は、“黒革の手帖”に脱税者の情報を記し、税務署に密告すると脅して次長・村井亨(滝藤賢一)ら上司の口を封じ、1億8千万円を横領。それを資金に銀座でクラブ・カルネを開業し、“銀座で1番若いママ”として注目される存在となります。 勢いに乗る元子は前回、銀座で1番のクラブ・ルダン [全文を読む]

「君はもう丸裸だ」悪女・元子に逆風吹き荒れ、原作超えの面白さ!『黒革の手帖』第6話

日刊サイゾー / 2017年08月25日23時30分

さて、まずはこれまでのあらすじを少し。派遣社員として働いていた銀行員時代に“黒革の手帖”に脱税者の情報を記し、それを脅しのネタに銀行から1億8千万円を横領した原口元子(武井咲)。その資金を元手に銀座でクラブ・カルネを開店し、“銀座で1番若いママ”として脚光を浴びます。 しかし、話題になったのは最初だけ。次第に収益が細り始めてしまうのです。そんな時、銀行員 [全文を読む]

「帰らせないよぉ」性獣・橋田がふたたび暴走も元子の目力が制す!『黒革の手帖』第5話

日刊サイゾー / 2017年08月18日23時30分

さて、まずは前回のあらすじを少し。銀座で1番のクラブ・ルダンが3億円で売りに出されているというウワサを耳にして以来、原口元子(武井咲)は何がなんでも手に入れたいと切望します。現在経営しているクラブ・カルネを売りに出せば1億円が手に入る。残りの2億円をカルネの常連客で大手予備校の理事長を務める橋田常雄(高嶋政伸)から奪い取ろうと画策するのです。 元子の目当 [全文を読む]

「お金を支配したい!」 元子のお金に対する並々ならぬ執着心が露わに『黒革の手帖』第3話

日刊サイゾー / 2017年08月04日21時00分

さて、その前回までのあらすじを少し。脱税している顧客の情報をメモした“黒革の手帖”を脅しのネタにして、派遣社員として働いていた東林銀行から1億8,000万円を横領し、その資金を元手に銀座でクラブ・カルネを開いた原口元子(武井咲)。前回、お金に困っているという銀行員時代の同僚・山田波子(仲里依紗)を店のホステスとして雇うことになりました。 外見も内面も地味 [全文を読む]

「黒革の手帖」江口洋介ら豪華キャストに武井「微妙で危うい関係をどう演じるかとても楽しみ」

ザテレビジョン / 2017年06月13日06時00分

■ 第1話(7月20日放送)あらすじ 東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井)。莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。 そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては [全文を読む]

江口洋介も武井咲を絶賛!「女優としての魂が燃えているよう」

ザテレビジョン / 2017年08月02日07時00分

■ 第3話(8月3日放送)あらすじ 原口元子(武井咲)が巡らせた策により、山田波子(仲里依紗)の新店オープンの話が頓挫。楢林謙治(奥田瑛二)から「文句があるなら『カルネ』のママに言え!」と言われた波子は、「楢林先生に何をしたの!?」と元子に詰め寄る。しかし、元子はそんな波子を軽くいなし、ボーイを使って店から追い出してしまう。 「銀座で商売できないように潰 [全文を読む]

フジ『貴族探偵』、また月9視聴率最低更新は必至か…相葉クンが学芸会レベル演技で悲惨

Business Journal / 2017年04月18日06時00分

以上が第1話のあらすじである。コメディータッチの推理ものなのだが、視ていて、何を視させられているのか、そしてどこをどう楽しめばよいのかまったくわからず、「これって、相葉クンのファン以外は誰が視るんだろう……」というのが正直な感想である。そう、相葉クンのファン以外に、想定される視聴者層が思いつかないのだ。 見どころがないわけではない。人格が破綻したダメ刑事 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀の月9『貴族探偵』に、フジテレビスタッフが「シラけている」?

日刊サイゾー / 2017年03月15日09時00分

ストーリーやあらすじも、あらかた想像がつくでしょうし、正直不安しかありませんよ」 『IQ246』では、織田裕二演じる貴族の末裔がひとりで事件を解決するが、「貴族」という設定はまったく同じ。一方の『謎解き』も、財閥令嬢で刑事のお嬢様らの推理はほぼ当たらず、執事役の嵐・櫻井翔が代わりに事件を解決するという話。確かに、『貴族探偵』の設定と似通っている。 「『絶対 [全文を読む]

桐谷美玲×山崎賢人×坂口健太郎のラブコメ初OA

Smartザテレビジョン / 2016年09月29日10時00分

■「ヒロイン失格」あらすじ松崎はとり(桐谷)は恋に突き進む高校生。同級生の利太(山崎)に幼い頃から一途な恋心を抱き、彼の“ヒロイン”は自分だと信じて生きていた。しかしある日、はとりの恋においては“ザコキャラ”の地味目女子・安達(我妻三輪子)が利太に急接近したことで状況は一変! 利太は安達と付き合うことになり、はとりは大慌てで“利太奪還大作戦”を展開するが、 [全文を読む]

実写×アニメのハイブリッド、年末公開『映画 妖怪ウォッチ』実写キャスト発表も「そこはかとなく漂うそれじゃない感」

おたぽる / 2016年07月12日20時00分

ケータたちはアニメと実写の世界を行きつ戻りつしながら、その原因解明に励む……といったあらすじ。 そして今回、主人公のケータを演じる南出凌嘉以外の追加キャストが発表されたのだが、山崎賢人、斎藤工、武井咲、浜辺美波、黒島結菜、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑、遠藤憲一といったメンバーが揃った。出演者らは「最初は声優の仕事だと思いました」と口を揃えて言い、斎藤は「 [全文を読む]

“あの害虫”と人類が戦う理由とは!?新宿駅にて一週間限定「第0話」が読める「テラフォーマーズ “生原稿展”」実施

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月21日17時30分

■「テラフォーマーズ “生原稿展”」 期間:2015年8月24日(月)~8月30日(日) ※6:00~23:00 場所:東京メトロ丸の内線新宿駅メトロプロムナード ■『テラフォーマーズ』あらすじ 火星の地表を、「コケ」と「ゴキブリ」を撒くことで暖め、人が住めるようにするという「テラフォーミング計画」。西暦2599年、計画の総仕上げとして、地表に残っている [全文を読む]

フォーカス