蓮舫 前原誠司に関するニュース

民進党・蓮舫がひた隠す“チャラチャラ正体”を全暴露(1)追及は激しく、言い訳は静かに

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時55分

いち早く立候補を表明して、やる気満々の蓮舫氏が代表となったが、「二重国籍」の疑惑が選挙前に浮上。嘘と言い訳を重ねて釈明する姿に有権者はドッチラケムード。党の「顔」になっても隠し切れない、軽くてチャライ「正体」に今こそ迫る!「31年前、誕生日が来る前だったので17歳でした。未成年だったので、父と東京で台湾籍の放棄手続きをしています」 9月6日、地方遊説先の高 [全文を読む]

自民総裁選はガチなのに民進代表選はそうでないため遺恨残る

NEWSポストセブン / 2016年09月01日07時00分

出馬表明した蓮舫氏の前に、細野豪志氏や江田憲司氏、枝野幸男氏、そして若手の玉木雄一郎氏といった有力議員は軒並み不出馬を表明している。 民進党代表選が盛り上がらないのは、蓮舫氏のライバルたちがまるでババ抜きのように、対立候補に担がれないように出馬を固辞しているからにほかならない。 そんな中で「5年ぶり3度目の出馬」を表明したのが、前原誠司・元外相だ。甲子園じ [全文を読む]

小池百合子 欲望と裏切りの永田町「にんげん相関図」!(4)猛威を拡大させる「小池旋風」

アサ芸プラス / 2016年11月10日12時55分

来年1月には政治家養成塾を開く予定です」(地元紙記者) 一方で、野党の民進党は蓮舫氏(48)が代表就任してからというもの、不協和音が鳴りっぱなしである。「初陣」となった補選では、共産党に公認候補者の取り下げを求めてまで臨んだにもかかわらず、野党共闘につまずいて惨敗。「共産党と組んだら保守層が離れると、票読みをしていました。ただ、選挙中には民進党の安住淳代表 [全文を読む]

蓮舫民進党、早くも激ヤバ「党内抗争」

日刊大衆 / 2016年10月05日19時00分

「2番じゃダメですよ、この人が」 野党関係者がこう嘆息するのは、9月21日に発足した民進党・蓮舫代表率いる新執行部。なんたることか、事もあろうに、党ナンバー2の幹事長には、あの“ドジョウ”こと元総理大臣の野田佳彦氏が抜擢されたのだ。 「蓮舫さんは、党内に信用できる議員が全然いないんです。頼れる数少ない先輩が野田さんで、断り続ける彼を強引に口説き落として、幹 [全文を読む]

蓮舫人気にすがる民進党の苦境 長島昭久議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年08月19日09時30分

しかし、名乗りを上げているのは執行部系の蓮舫代表代行だけ。対抗馬が中々決まらず、無投票当選の可能性まで取沙汰されている。おりしもリオ五輪真っ盛り、代表選のニュースは全く注目を集めずお寒い限りだ。そうした中、出馬を模索する長島昭久元防衛副大臣に話を聞いた。 安倍:出馬を検討されてますね?長島:今推薦人を集めている段階です。20人はきつい、まだ半分くらいです。 [全文を読む]

代表選大敗なら離党? 民進・前原氏が“あの人”と画策する仰天新党構想

週プレNEWS / 2016年09月10日06時00分

蓮舫代表代行と前原誠司元外相の争いとなった民進党代表選。だが、戦前から大勢は決しているとも。 「8月末になって山尾志桜里(しおり)政調会長、福山哲郎幹事長代理といった有力議員が前原支援を表明したものの、支持は広がっていません。頼みの細野豪志(ごうし)元環境大臣グループは早々と蓮舫支持に動いた上、前原氏が率いる『凌雲会(りょううんかい)』からも『蓮舫支持』を [全文を読む]

民進党・蓮舫議員 テレビ番組で二重国籍を否定も『Twitter』炎上中

ガジェット通信 / 2016年09月05日12時35分

9月2日告示の民進党代表選に出馬した蓮舫参議院議員。先日、「二重国籍疑惑」が取りざたされ、9月1日に行われたインタビューでは「質問の意味が分からないけど、私は日本人です」と返答しネット上でかなりの議論となった。 参考記事:蓮舫代表代行インタビュー(3)台湾との「二重国籍」疑惑報道に「帰化じゃなくて国籍取得」「質問の意味分からないけど、私は日本人」 http [全文を読む]

蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」

まぐまぐニュース! / 2016年09月21日04時45分

圧勝という形で民進党の新代表に就任した蓮舫氏ですが、その最初の大仕事とも言える党人事で、周囲の反対を押し切り野田佳彦氏を幹事長に起用、党内からは反発の声が上がっています。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では野田氏の戦犯性と民進党の混濁ぶりを記すとともに、今回の人事について「政治的自殺行為」と厳しく批判しています。 「野田幹事長」という民進党の死に [全文を読む]

ブーメラン芸に党内対立…民進党が本格的に訳が分からない件|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年04月03日11時45分

先日も、民進党の原子力政策をめぐって党内調整なく蓮舫女史が突っ走ってしまい、騒動になるというネタがちょっとした騒ぎになったばかりで、党運営以前のところでの各種調整がなされないまま独立稼業のような各議員が好きに騒いでいるだけなんじゃないかと思うわけですね。 もちろん、国会議員ともなると選挙区に責任を持つある種の一国一城の主なわけですし、いくら安倍政権がいま [全文を読む]

対中韓外交で相違浮き彫り=蓮舫氏「距離縮めたい」、前原氏「中国はルール守れ」、玉木氏「人的交流を」―民進党代表選候補が討論会

Record China / 2016年09月02日18時44分

2016年9月2日、民進党代表選に立候補した蓮舫代表代行、前原誠司元外相、玉木雄一郎国会対策副委員長が日本記者クラブでの討論会に臨んだ。中国、韓国など近隣諸国との関係について、3候補とも「中韓は日本にとって極めて重要」との点で一致しながらも相違が浮き彫りになった。 蓮舫氏は「近隣外交を推進し、中国、韓国との距離感は埋めなければならない」と指摘した上で、「中 [全文を読む]

右派の長島氏「ついに民進党離脱」の舞台裏 蓮舫氏の求心力はますます低下していく

東洋経済オンライン / 2017年04月11日12時34分

■細野氏より先に民進党を離党したかった? [全文を読む]

民進党結成から1年、支持率上がらない野党第一党の行方 「VR蓮舫」は話題となるか?

ZUU online / 2017年03月28日16時20分

9月の代表選には岡田氏は出馬せず、1年たった今、代表は蓮舫氏が務めている。最近では蓮舫代表に国会の場で追及される体験ができるという「VR蓮舫」なるサービスを発表するなど話題を振りまいているが、野党第一党ながら支持率が10%を超えることはほとんどなく、存在感をまったく示せていない。■1年間の主要選挙の結果結党後、初の国政選挙は2016年4月の衆院補選だ。北海 [全文を読む]

蓮舫VS稲田「国会ドロ仕合」の舞台裏

日刊大衆 / 2017年02月23日19時30分

蓮舫代表の求心力が低下し、前原誠司元外相のグループから突き上げをくうなど混乱状態。安倍政権に斬り込む力は残っていませんよ」(全国紙政治部記者) そんな落ち目の蓮舫氏の舌鋒が久々に火を噴いたのが、1月30日の衆院予算委員会。女性の働き方に関する質疑の中、稲田朋美防衛大臣に「過去の発言と不一致がある」と指摘したのだ。 「何かと思えば、10年も前の雑誌の対談 [全文を読む]

民進党・蓮舫代表、批判ばかりで党内制御不能&支離滅裂…カジノ法案徹底抗戦→あっさり容認

Business Journal / 2016年12月30日20時00分

「そもそもカジノ法案を成長戦略として掲げたのは、政権の座にいた時の民主党(民進党の前身)ではないか」「民進党の中にもIR推進議連が立ち上がっており、身内にもカジノ賛成派がいるのに、なぜ反対したのか」「蓮舫代表は徹底抗戦と言っていたが、参院ではあっさり採決に応じてしまった。おかしいではないか」 そこで民進党本部に問い合わせてみたところ、次のような回答が寄せら [全文を読む]

蓮舫の花を枯らす野田幹事長。新潟県知事選の裏でしでかした“最悪の邪魔”

週プレNEWS / 2016年10月21日06時00分

蓮の花を支えるレンコンになる! 蓮舫(れんほう)執行部スタート時、そう大見得を切っていた民進党の野田佳彦幹事長。だが、やっていることはその真逆。支えるどころか、蓮舫代表を窮地に追いやりかねない大ポカをしでかしていたのだ。民進党のある国会議員がこう怒る。 「新潟県知事選に出馬した米山隆一候補を応援するため、投票日直前の14日に蓮舫代表が急きょ新潟入りしたので [全文を読む]

自民・民進両党の明暗を分けた安倍人事と蓮舫人事

経済界 / 2016年10月20日12時01分

9月15日、野党第1党の民進党代表選が行われ、蓮舫氏が新代表に選出された。蓮舫氏は、「富士山から飛び降りる覚悟だ」と語り、いの一番に出馬に名乗りを挙げた。岡田克也代表、枝野幸男幹事長、安住淳国対委員長といった当時の執行部が蓮舫氏支持を明らかにした。それぞれがどの候補者を支持するのかを明らかにするのは問題ではない。しかし、党幹部の中から無投票にする動きが出 [全文を読む]

反日中国人が祝福するだけ?民進党・蓮舫党首誕生のデタラメ加減

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日13時05分

2016年9月15日、民進党代表選挙において蓮舫代表代行議員が過半数以上の票を獲得し、同党の代表に就任しました。蓮舫議員は15日現在二重国籍問題で渦中の人物となっているため、各方面から賛否両論の声があがっています。 ■人の心をつかむ蓮舫議員のスピーチ 僕はNHKテレビで中継された代表選挙を視聴していたのですが、開票前の時点で蓮舫議員の圧勝を予想していまし [全文を読む]

【民進党】大批判のなか船出した”蓮舫代表”の本当の危険性

デイリーニュースオンライン / 2016年09月18日12時05分

「皆様方のご選出によりまして、新代表になりました(略)この重責をしっかりと受け止めて、必ず選んで頂ける政党に建て直す先頭に立っていきたいと改めてお誓いさせて頂きます」 「信頼をひとつずつ積み重ねていく政党にしたい」(注1) 信頼を失っているのはお前だろ! ……の声もどこ吹く風、蓮舫氏(48)が民進党の党首に選出された。予想されたほどの圧勝では無いものの、国 [全文を読む]

ネットでは”脱法ハーフ”なる言葉も…… 民進党の新代表に蓮舫議員が選出される

ガジェット通信 / 2016年09月15日16時10分

9月15日、民進党代表選挙の投開票が行われ、蓮舫参議院議員が過半数を獲得。前原誠司衆議院議員、玉木雄一郎衆議院議員を抑え、新代表に選出された。 14時30分すぎ、テレビ各局が放送していた内容は NHK 民進党代表選 新代表に蓮舫氏 日テレ 民進党代表選 新代表に蓮舫氏 TBS 民進党代表選 新代表に蓮舫氏 フジ 民進党代表選 新代表に蓮舫氏 テレ東 午後の [全文を読む]

どうする少子化!?田原総一朗vs蓮舫・前原・玉木【民進党代表選】

ニコニコニュース / 2016年09月13日13時56分

民進党代表選挙に立候補している蓮舫氏、前原誠司氏、玉木雄一郎氏の3名による討論会が田原総一朗氏を司会に招き、9月12日に開催されました。 ニコニコでは本討論会の生放送を実施。討論が行われたテーマの中から、少子化対策について三候補が討論を行った様子をお届けします。すべての写真付きでニュースを読む■民進党(当時・民主党)の過去の少子化対策について田原: 日本の [全文を読む]

フォーカス