松井証券 sbi証券に関するニュース

【ネット証券に関するアンケート調査】ここ1年で投資資金が増加した人は、ネットでの株式売買経験者の4割強。2012年調査時より大幅増

PR TIMES / 2013年09月02日13時42分

◆インターネット取引経験がある証券会社、主にネット取引をしている証券会社の満足度 インターネット取引経験がある証券会社は「SBI証券」(41.2%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「松井証券」「野村證券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割と、他の年代より多くなっています。「野村證券」は50代以上で多くみられます。 現 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】

PR TIMES / 2016年10月01日11時17分

主に取引している証券会社の満足度を聞いたところ、「満足」と回答した比率は、「GMOクリック証券」では4割強、「SBI証券」「松井証券」では3割前後となっています。「満足」「やや満足」を合計した比率は、「GMOクリック証券」「SBI証券」「松井証券」「カブドットコム証券」で8割前後を占めます。 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】インターネットでの株式売買経験者のうち、4割はここ1年で投資資金増加。ネットでの取引意向者は2割強、「取引手数料の安さ」を重視

PR TIMES / 2014年09月24日09時28分

◆インターネットで取引したことがある証券会社インターネットで取引したことがある証券会社は、「SBI証券」(37.7%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「野村證券」「松井証券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割弱と、他の年代より多くなっています。主にインターネット取引をしている証券会社の満足度を聞いたところ、『松井証券 [全文を読む]

【証券会社に関するアンケート調査】NISA口座を開設した人は2割弱、取引を開始した人は1割強。「口座開設の予定はないが、興味はある」は2割

PR TIMES / 2015年03月26日10時16分

主に取引した証券会社について満足度を聞いたところ、『GMOクリック証券』主利用者の4割弱、『SBI証券』『松井証券』主利用者の各3割強が「満足」と回答しています。◆証券会社で取引・購入した金融商品直近3年以内に取引、購入した金融商品は、「国内株式」(78.2%)がトップ、次いで「株式投資信託」(23.6%)、以下「国内債券(国債)」「外国債券(外債)」「M [全文を読む]

オリコン『ネット証券ランキング』総合第1位【GMOクリック証券】、新設した『NISA』部門第1位は【松井証券】

PR TIMES / 2014年12月04日11時24分

■2015年度 オリコン顧客満足度ランキング『ネット証券』発表『ネット証券』総合第1位【GMOクリック証券】今年スタートの『NISA』部門新設 『NISA』部門第1位は【松井証券】 オリコン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)では、「目に見えないサービスを可視化する」をコンセプトに、実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した「オリ [全文を読む]

NISA口座キャンペーン競争激化 株式売買手数料無料化も登場

NEWSポストセブン / 2014年01月05日07時01分

その後、この内容を上回るキャンペーンを発表したのは松井証券だ。国内株式の売買手数料を、NISA口座で売買ができる2027年まで(新規投資は2023年まで)、無料とした。つまり、同社のNISA口座で売買する限り、手数料は一切かからないことになる。しかも、松井証券では、ETFやREIT(不動産投資信託)の売買手数料も、2027年まで無料化するとしている。 実 [全文を読む]

【主要ネット証券最大級】投資信託の積立設定金額60億円突破のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月28日12時59分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2017年4月28日現在、SBI証券調べ) ※2 2017年4月28日現在、SBI証券調べ <金融商品取引法に係る表示> 商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第44号 加入協会 日本証 [全文を読む]

【株がスマホを誉めそやす。】こんなスマホ時代だから、そんな株取引。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月21日09時00分

SBI証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券などが主要どころで、基本的に口座開設は無料です。 各証券会社のホームページから、新規口座開設を申し込みましょう。 <STEP2>株アプリをインストール 口座があれば、スマホアプリ(口座開設した企業が出しているアプリ)を利用しなくても、株取引を行うこと自体は可能ですが、アプリを利用した方 [全文を読む]

「NISA口座開設キャンペーン」実施のお知らせ ~総勢25,030名様に抽選で豪華賞品が当たる!最大10万円相当の賞品をプレゼント!~

PR TIMES / 2013年08月02日12時38分

※1 SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社。2013年7月25日現在。※2 2013年7月25日現在。なお、NISA口座の対象商品や銘柄数等は2013年8月1日現在の予定です。「NISA口座開設キャンペーン」の概要キャンペーン内容 キャンペーン期間中にNISA口座開設のお申込みをしていただき、開設手続が完了したお客様に抽 [全文を読む]

「金・プラチナ リアルタイム取引」の提供開始のお知らせ~業界最低水準の手数料で、実物資産への24時間・リアルタイムの少額投資が可能に!~

PR TIMES / 2017年06月02日15時00分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します(2017年6月2日現在、SBI証券調べ)。なお、現物転換等が行われた際には別途保管料等が発生する場合がございます。手数料等の詳細は各社のWEBサイトにてご確認ください。 [全文を読む]

投資信託の最低買付金額引き下げのお知らせ~SBI証券が資産形成層を応援!!投資信託の100円からの少額買付が可能に!~

PR TIMES / 2017年05月24日15時00分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2017年5月24日現在、SBI証券調べ) ※2 一部対象外となる投資信託があります。 ※3 サービス開始日等の詳細は、決定し次第、当社WEBサイト等でご案内いたします。 詳細は当社WEBサイトをご確認ください(https: [全文を読む]

ネット証券No.1※1のSBI証券が金融商品仲介業(IFA)の普及に向けた専用サイト「IFA online」をオープン

PR TIMES / 2016年03月31日15時42分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5位のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指します。「ネット証券No.1」とは口座開設数、委託売買代金、預り資産残高のすべての指標での1位を指します。(各社公表資料等より、SBI 証券調べ)※2 2016年3月31日時点 [全文を読む]

SBI証券独自のサービス、「J-NETクロス取引」に日経225オプションを追加!取引所立会取引より有利な価格での約定機会を提供!

PR TIMES / 2016年03月28日15時11分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指します。(2016年3 月28 日現在、各社公表資料等より、SBI 証券調べ)※2 一般投資家向けのサービスとしては日本初。2016/3/28時点(SBI証券調べ) [全文を読む]

口座開設時の本人確認書類WEBアップロードおよび自動文字認識機能導入のお知らせ

PR TIMES / 2015年08月24日20時07分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。住民票取得代行サービスにおける「主要ネット証券初」は、金融商品仲介業や対面などの申込手続きを限定するものを除くもの。(2015年8月24日現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ) [全文を読む]

大手ネット証券最多の商品ラインナップ!! ~「JPX日経インデックス400先物」の取扱い開始~

PR TIMES / 2014年11月12日16時08分

※比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります。(2014年11月12日現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)。 <「JPX日経インデックス400先物」の概要> 対象指数: JPX日経インデックス400 限月: 3月、6月、9月、12月のうち直近5限 [全文を読む]

主要ネット証券初!! ~NISA口座の他金融機関からの「乗り換え予約申込」の受付を開始!~

PR TIMES / 2014年11月07日16時43分

※1 比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります(2014年11月7日現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)。なお、「住民票取得代行サービス」の提供が「初めて」とは、金融商品仲介業者や対面取引などの申込手続きを限定するものを除くものです。 ※2 毎 [全文を読む]

債券取引の完全ネット化のお知らせ

PR TIMES / 2014年05月21日18時10分

※大手ネット証券は、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社 <債券取引の完全ネット化のポイント> 1. 円貨建及び外貨建の新発/既発債券ともにネットで取引が可能に!! 2. お申し込み後のキャンセルもネットで完結!! <債券のネット取引画面イメージ> ■円貨建の既発債券を買付する場合 ※詳細につきましては、当社WEBサイ [全文を読む]

個人投資家を対象とした投資及び景気動向に関する1月度「定点観測レポート(第15回)」発表

@Press / 2013年02月27日15時00分

人気証券会社は松井証券が楽天証券と並び2位へ。「一日信用取引」の影響か。今回の調査を実施した1月中旬の日経平均は10,700円前後、その後の2月中旬には11,400円を超える場面も。今後に注目したい。【レポート項目】1.1 [口座開設の決め手] 手数料の次は、取引画面の使いやすさが差別化のカギ1.2 [人気証券会社] SBI証券1位変わらず、松井証券が楽天 [全文を読む]

「いちにち信用」金利・貸株料0% キャンペーン実施のお知らせ

PR TIMES / 2017年05月19日16時00分

※大手ネット証券(松井証券、SBI証券、楽天証券)が提供する返済期限が1日の信用取引サービスとの比較になります。2017年5月1日時点。[画像1: https://prtimes.jp/i/11088/158/resize/d11088-158-303961-0.jpg ]■期間:2017年5月22日(月)~2017年7月31日(月)約定分■内容:キャンペ [全文を読む]

株主優待を「無料ゲット」 株価下落リスクを抑える方法とは?

ZUU online / 2017年05月09日16時40分

ちなみに、SBI証券、マネックス証券、松井証券、GMOクリック証券については、問題なく開設ができました。手続きには1週間ぐらいかかりますので、事前に開設しておくことをおすすめします。このとき紹介キャンペーンをぜひとも利用したいところです。■優待クロス取引で株価下落リスクを回避株主優待をお得に手に入れ、確実に資産を増やしていくために、優待クロス取引の実践もお [全文を読む]

フォーカス