手数料 松井証券に関するニュース

2013 年9 月23 日(月)より米国株取引手数料を改定

PR TIMES / 2013年08月26日17時56分

~最低手数料 5.25 米ドルより~マネックス証券株式会社(以下、「マネックス証券」)は、2013 年9 月23 日(月)(米国東部標準日付ベース、以下同様)約定分の取引より、米国株式の国内取引手数料(以下、「米国株取引手数料」)を改定いたしますので、お知らせいたします。現行の手数料体系では、前月の取引回数(約定回数)により当月の手数料が決まっていましたが [全文を読む]

株式取引手数料大幅引き下げのお知らせ~ 11月21日(月)より手数料・信用買方金利とも業界最低水準 ~

@Press / 2016年11月18日16時00分

)は、当社のオンライントレードサービスである、「むさし証券トレジャーネット」において、2016年11月21日(月)より、日本国内株式の取引手数料を大幅に引き下げることといたしましたので、お知らせいたします。なお、この手数料引き下げは2016年11月21日(月)より適用いたします。トレジャーネット手数料の引き下げは、1注文の約定代金600万円までの約定金額別 [全文を読む]

おかげさまで17周年&200万口座突破 大手ネット証券最低水準の新手数料はじまる!

PR TIMES / 2016年03月22日11時44分

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2016年5月2日(月)約定分より、国内株式手数料「超割コース」の手数料体系を改定し、国内株式取引手数料を20%~59%値下げします。さらに、国内株式や海外株式等の取引手数料の1%をポイントバックします。また、取引が大きいお客様や貸株・投資信託の残高が大きいお客様向けの [全文を読む]

“NISA利用率No.1を達成” 2015年もNISA口座の国内株式売買手数料が0円!

PR TIMES / 2014年09月12日16時30分

海外ETFの買付手数料も実質無料に 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都品川区、以下「楽天証券」)は、2014年に引き続き、2015年中のNISA口座内の国内株式売買手数料を無料にします。同様に、海外ETF(米国・中国・シンガポール)の買付時の取引手数料を全額キャッシュバックします。 楽天証券のNISA口座では、2014年の国内株式売買 [全文を読む]

2015年5月25日(月)の初取引日から「日経225 Weeklyオプション」取引サービス開始

PR TIMES / 2015年04月03日17時29分

業界最低水準の手数料・スマホアプリにも対応 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都品川区、以下「楽天証券」)は、2015年5月25日(月)に、大阪取引所にて取引初日を迎える予定の日経平均オプション取引の「Weeklyオプション」につきまして、同日より「日経225Weeklyオプション」取引として、サービスを開始することをお知らせいたします [全文を読む]

NISA口座キャンペーン競争激化 株式売買手数料無料化も登場

NEWSポストセブン / 2014年01月05日07時01分

ネット系証券では、NISA(少額投資非課税制度)用キャンペーンとして、NISA口座での株式の売買手数料を無料化する会社が登場している。 ほぼ同時期に打ち出したのは、SBI証券と楽天証券。両社は、国内で上場されている株式の購入および売却に関して、2014年中の1年間は手数料を0円としている。売買回数に制限はない。 その後、この内容を上回るキャンペーンを発表し [全文を読む]

おもいっきり改まって、基本に立ち返って、「ネット株」をしとどに解説。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月15日09時00分

ネットであろうが、株取引には売買手数料がかかる。ただし、だいぶ安い。 ネットでは手数料がかからないと思っている方も、たまにいらっしゃるのですが、ネットで株取引をする際にも、ほとんどの場合、売買手数料がかかってきます。 ただ、ネット証券会社というのは、リアル店舗を持つ証券会社に比べると、全体的に手数料を安く抑えられるので、10万円までの取引なら100~40 [全文を読む]

【主要ネット証券初】 ジュニアNISA口座の事前受付開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月29日16時43分

当社はNISAおよびジュニアNISAを、個人投資家の皆さまの資産運用において極めて重要な制度であると位置付けており、2016年からはNISA口座での国内株式の売買手数料や海外ETFの買付手数料を恒久的に無料とするほか、2016年のジュニアNISA口座での取引手数料(国内株式の売買手数料および海外ETFの買付手数料)を無料とするキャンペーンを実施することも決 [全文を読む]

【主要ネット証券最大級】投資信託の積立設定金額60億円突破のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月28日12時59分

現在、当社の取扱う投資信託は、公募投資信託2,492本、うち販売手数料無料のノーロード投信1,128本と、ともに国内最多水準※2を誇り、投資初心者の方から投資経験豊富な方まで、幅広くご利用いただくに至っております。 当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の皆さまの資産形成 [全文を読む]

松井証券、投資信託の取扱開始およびポートフォリオ提案サービス『投信工房』のリリースを発表

PR TIMES / 2016年11月11日16時47分

撤退の理由は、当時、販売額の2~3%もしていた投資信託の販売手数料を、個人が低コストで資産運用を行えるようにすることを目的として一律1%に引き下げる方針を発表したところ、全ての投信運用会社から商品供給が停止してしまったことにあります。しかしながら、最近では、運用会社がインデックス型の投資信託を中心に信託報酬を引き下げる動きが相次いでおり、低コストで資産運用 [全文を読む]

オリコン『ネット証券ランキング』総合第1位【GMOクリック証券】、新設した『NISA』部門第1位は【松井証券】

PR TIMES / 2014年12月04日11時24分

手数料は業界最安水準で、株式の高機能取引ツールではフル板も無料でご利用可能です。そうした取り組みをご評価いただき嬉しく思います」とのコメントのとおり、『項目別ランキング』では、「ツールの使いやすさ、発注方法の充実」で1位、「手数料・取引コストの満足度」で2位を獲得。ユーザーの様々な利用シーンを想定した取引ツールを用意している同証券ならではの強みが、結果にも [全文を読む]

大手ネット証券最多の商品ラインナップ!! ~「JPX日経インデックス400先物」の取扱い開始~

PR TIMES / 2014年11月12日16時08分

当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、魅力的な投資商品を拡充し、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。 ※比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります。(2014年11月12日現在、各社公表資料等より、S [全文を読む]

「金・プラチナ リアルタイム取引」の提供開始のお知らせ~業界最低水準の手数料で、実物資産への24時間・リアルタイムの少額投資が可能に!~

PR TIMES / 2017年06月02日15時00分

当社が提供する「金・プラチナ リアルタイム取引」では、GBI(Gold Bullion International)社が提供する貴金属取引プラットフォームを利用することで、業界最低水準※の手数料はもちろんのこと、ほぼ24時間・リアルタイムの少額投資を実現しました。スポット取引、積立取引ともに「金額指定で1,000円」、「数量指定で1g」から取引可能で、気 [全文を読む]

投資信託の最低買付金額引き下げのお知らせ~SBI証券が資産形成層を応援!!投資信託の100円からの少額買付が可能に!~

PR TIMES / 2017年05月24日15時00分

当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。 ■投資信託の最低買付金額引き下げの概要 [画像: https://prtimes.jp/i/7957/137/resize/d7957-137-731219-0.jpg ] ※1 比較対象範 [全文を読む]

豪州におけるFX事業の取得に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年08月05日16時23分

※1 大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)の比較において(楽天証券調べ) ※2 一般社団法人金融先物取引業協会公表の2016年6月月次取引金額(円金額)を参考 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担 [全文を読む]

松井証券、「東証マザーズ指数先物」の取扱い開始を発表

PR TIMES / 2016年05月20日17時37分

<金融商品取引法に係る表示> 当社が取り扱う商品等に投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、全ての商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。商品によっては、投資元本を超える損失が発生することがあります。各商品等への投資にかかる手数料等およびリスクについては、当社WEBサイトの当該商品等の取 [全文を読む]

FX自動売買プラットフォーム「MetaTrader 4」提供開始のお知らせ

PR TIMES / 2016年05月11日17時24分

※大手ネット証券とはSBI証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、当社の6社 以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる [全文を読む]

楽天FX 3通貨ペアのスプレッドを縮小・固定化

PR TIMES / 2016年05月06日16時44分

以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されてい [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小キャンペーンに2通貨ペアを追加!「ユーロ/米ドル」0.9pips⇒0.4pips, 「英ポンド/米ドル」1.9pips⇒1.0pips

PR TIMES / 2016年02月04日16時02分

以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されてい [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小キャンペーン実施のお知らせ「ユーロ/円」1.1銭⇒0.5銭「英ポンド/円」1.9銭⇒1.0銭

PR TIMES / 2016年01月07日17時19分

以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されてい [全文を読む]

フォーカス