松井証券 nisaに関するニュース

主要ネット証券初!住民票取得代行サービス提供のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月30日16時09分

※「主要ネット証券」は、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社。 「初」は、金融商品仲介業や対面などの申込手続きを限定するものを除くもの。 [全文を読む]

オリコン『ネット証券ランキング』総合第1位【GMOクリック証券】、新設した『NISA』部門第1位は【松井証券】

PR TIMES / 2014年12月04日11時24分

■2015年度 オリコン顧客満足度ランキング『ネット証券』発表『ネット証券』総合第1位【GMOクリック証券】今年スタートの『NISA』部門新設 『NISA』部門第1位は【松井証券】 オリコン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)では、「目に見えないサービスを可視化する」をコンセプトに、実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した「オリ [全文を読む]

NISA口座キャンペーン競争激化 株式売買手数料無料化も登場

NEWSポストセブン / 2014年01月05日07時01分

その後、この内容を上回るキャンペーンを発表したのは松井証券だ。国内株式の売買手数料を、NISA口座で売買ができる2027年まで(新規投資は2023年まで)、無料とした。つまり、同社のNISA口座で売買する限り、手数料は一切かからないことになる。しかも、松井証券では、ETFやREIT(不動産投資信託)の売買手数料も、2027年まで無料化するとしている。 実 [全文を読む]

【証券会社に関するアンケート調査】NISA口座を開設した人は2割弱、取引を開始した人は1割強。「口座開設の予定はないが、興味はある」は2割

PR TIMES / 2015年03月26日10時16分

主に取引した証券会社について満足度を聞いたところ、『GMOクリック証券』主利用者の4割弱、『SBI証券』『松井証券』主利用者の各3割強が「満足」と回答しています。◆証券会社で取引・購入した金融商品直近3年以内に取引、購入した金融商品は、「国内株式」(78.2%)がトップ、次いで「株式投資信託」(23.6%)、以下「国内債券(国債)」「外国債券(外債)」「M [全文を読む]

《ネット証券No.1》 証券総合口座350万口座達成のお知らせ

PR TIMES / 2016年01月18日16時07分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指します。(2016年1月18日現在、各社公表資料等より、SBI 証券調べ)※2 各社発表資料より当社にて集計 (集計対象期間:2015年4月~12月)※3 2015年9月~12月に口座開設された方の株式投資経験有無の割合※4 東証統 [全文を読む]

【主要ネット証券初】 ジュニアNISA口座の事前受付開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月29日16時43分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指します。(2015年10月29日現在、各社公表資料等より、SBI 証券調べ)<参考> ジュニアNISAの概要[画像2: http://prtimes.jp/i/7957/82/resize/d7957-82-517647-1.jpg [全文を読む]

口座開設時の本人確認書類WEBアップロードおよび自動文字認識機能導入のお知らせ

PR TIMES / 2015年08月24日20時07分

「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。住民票取得代行サービスにおける「主要ネット証券初」は、金融商品仲介業や対面などの申込手続きを限定するものを除くもの。(2015年8月24日現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ) [全文を読む]

主要ネット証券初!! ~NISA口座の他金融機関からの「乗り換え予約申込」の受付を開始!~

PR TIMES / 2014年11月07日16時43分

※1 比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります(2014年11月7日現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)。なお、「住民票取得代行サービス」の提供が「初めて」とは、金融商品仲介業者や対面取引などの申込手続きを限定するものを除くものです。 ※2 毎 [全文を読む]

“NISA利用率No.1を達成” 2015年もNISA口座の国内株式売買手数料が0円!

PR TIMES / 2014年09月12日16時30分

※1:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券 ※2:2014年8月末調査時点(株式会社QUICK・一般社団法人 金融財政事情研究会調べ)稼働率等の詳細に関するお問い合わせはQUICKまでお願いいたします。 ―概要― ■国内株式(現物)手数料0円 2015年のNISA口座内での国内株式(現物)取引の買付および売却時の手数料を一律 [全文を読む]

《ネット証券No.1※1》 NISA口座50万口座達成のお知らせ

PR TIMES / 2014年09月01日15時53分

※1 比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)となります。なお、「住民票取得代行サービス」の提供が「初めて」とは、金融商品仲介業者や対面取引などの申込手続きを限定するものを除くものです。 [全文を読む]

「NISA口座開設キャンペーン」実施のお知らせ ~総勢25,030名様に抽選で豪華賞品が当たる!最大10万円相当の賞品をプレゼント!~

PR TIMES / 2013年08月02日12時38分

※1 SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社。2013年7月25日現在。※2 2013年7月25日現在。なお、NISA口座の対象商品や銘柄数等は2013年8月1日現在の予定です。「NISA口座開設キャンペーン」の概要キャンペーン内容 キャンペーン期間中にNISA口座開設のお申込みをしていただき、開設手続が完了したお客様に抽 [全文を読む]

フォーカス