松井証券 楽天証券に関するニュース

「いちにち信用」取引手数料無料、金利・貸株料を業界最低水準※1にて恒久化!

PR TIMES / 2016年09月30日19時17分

以上 ※1大手ネット証券(SBI証券、松井証券、楽天証券)が提供する返済期限が1日の信用取引サービスとの比較になります。 【いちにち信用の取引コスト】 [画像: http://prtimes.jp/i/11088/130/resize/d11088-130-745151-0.jpg ] ※2手数料コースが「いちにち定額コース」の場合、いちにち信用取引の約 [全文を読む]

豪州におけるFX事業の取得に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年08月05日16時23分

※1 大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)の比較において(楽天証券調べ) ※2 一般社団法人金融先物取引業協会公表の2016年6月月次取引金額(円金額)を参考 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担 [全文を読む]

日経225先物・オプション取引 手数料改定のお知らせ

PR TIMES / 2015年01月08日16時10分

※大手ネット証券とは、楽天証券、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券の5社のことを指します。 <改定後の手数料体系(2015年1月16日(金)ナイトセッションから)> ■日経225先物取引 ・ラージ:278円(税込300.24円)/ 1枚 ・ミニ:38円(税込41.04円)/ 1枚 ※手数料合計額に1円未満の端数が生じた場合は、切り捨 [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小のお知らせ ~「米ドル/円」スプレッドを0.3銭に標準化~

PR TIMES / 2014年10月20日10時25分

以上 ※SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社 ■2014年11月3日以降のスプレッド体系 米ドル/円 0.5銭(通常スプレッド)⇒ 0.3銭(11月3日以降の通常スプレッド) ※上記は通常時のスプレッドです。相場環境の急変時などはスプレッドが広がる可能性があります。詳細は後述の【スプレッドの例外について】をご参照くださ [全文を読む]

海外株式における特定口座対応のお知らせ

PR TIMES / 2014年10月15日20時42分

※大手ネット証券5社とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券のことを指します。 以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかか [全文を読む]

“NISA利用率No.1を達成” 2015年もNISA口座の国内株式売買手数料が0円!

PR TIMES / 2014年09月12日16時30分

※1:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券 ※2:2014年8月末調査時点(株式会社QUICK・一般社団法人 金融財政事情研究会調べ)稼働率等の詳細に関するお問い合わせはQUICKまでお願いいたします。 ―概要― ■国内株式(現物)手数料0円 2015年のNISA口座内での国内株式(現物)取引の買付および売却時の手数料を一律 [全文を読む]

楽天FX 3通貨ペアのスプレッドを縮小・固定化

PR TIMES / 2016年05月06日16時44分

■2016年5月9日以降のスプレッド体系 [表: http://prtimes.jp/data/corp/11088/table/103_1.jpg ] ※1 例外あり ※2 2016年4月26日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) 【スプレッ [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小キャンペーンに2通貨ペアを追加!「ユーロ/米ドル」0.9pips⇒0.4pips, 「英ポンド/米ドル」1.9pips⇒1.0pips

PR TIMES / 2016年02月04日16時02分

※2016年1月21日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) ■□ キャンペーン概要 □■ ■キャンペーン対象通貨 「ユーロ/米ドル」、「英ポンド/米ドル」 ■キャンペーン期間 2016年2月8日(月)AM7:00 ~ 2016年3月1日(火)A [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小キャンペーン実施のお知らせ「ユーロ/円」1.1銭⇒0.5銭「英ポンド/円」1.9銭⇒1.0銭

PR TIMES / 2016年01月07日17時19分

※2016年1月5日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) ■□ キャンペーン概要 □■ ■キャンペーン期間 ・2016年1月12日(火)AM7:00 ~ 2016年1月30日(土)AM6:55 ■キャンペーン内容 ・期間中、ユーロ/円のスプレッ [全文を読む]

2015年5月25日(月)の初取引日から「日経225 Weeklyオプション」取引サービス開始

PR TIMES / 2015年04月03日17時29分

以上 ※楽天証券、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券の5社を指します。 【参考1】楽天証券の日経225 Weeklyオプション 取引手数料 ■取引手数料は、従来のオプション取引と同様 売買代金の0.18%(税込0.1944%)[最低手数料: 180円(税込194.4円)] ・自動権利行使・権利割当は、上記の手数料がかかります ・自動 [全文を読む]

「いちにち信用」金利・貸株料0% キャンペーン実施のお知らせ

PR TIMES / 2017年05月19日16時00分

※大手ネット証券(松井証券、SBI証券、楽天証券)が提供する返済期限が1日の信用取引サービスとの比較になります。2017年5月1日時点。[画像1: https://prtimes.jp/i/11088/158/resize/d11088-158-303961-0.jpg ]■期間:2017年5月22日(月)~2017年7月31日(月)約定分■内容:キャンペ [全文を読む]

【株がスマホを誉めそやす。】こんなスマホ時代だから、そんな株取引。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月21日09時00分

SBI証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券などが主要どころで、基本的に口座開設は無料です。 各証券会社のホームページから、新規口座開設を申し込みましょう。 <STEP2>株アプリをインストール 口座があれば、スマホアプリ(口座開設した企業が出しているアプリ)を利用しなくても、株取引を行うこと自体は可能ですが、アプリを利用した方 [全文を読む]

大手ネット証券初 いよいよサービス開始!上海A株取扱いスタート

PR TIMES / 2016年02月29日09時41分

※大手ネット証券:楽天証券、SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券■□ 「上海A株」サービス概要 □■■サービス開始日2016年3月14日(予定)■取扱い銘柄(予定)上場株式:250銘柄主な銘柄:ピンアン・インシュランス(Ping An Insurance)シャンハイ・インターナショナル・エアポート (Shanghai Int’l Air [全文を読む]

「貸株サービス」開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年12月01日11時07分

※大手ネット証券とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社を指します。※2014年11月29日時点のボーナス金利銘柄数は274銘柄。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――< 貸株サービスの概要 >■取扱い対象銘柄:国内取引所に上場している銘柄・ほふり非取扱い銘柄、東証外国株市場銘 [全文を読む]

FX自動売買プラットフォーム「MetaTrader 4」提供開始のお知らせ

PR TIMES / 2016年05月11日17時24分

※大手ネット証券とはSBI証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、当社の6社 以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる [全文を読む]

大手ネット証券初!米国上場Direxionブル・ベア3倍ETFの取扱いを開始

PR TIMES / 2014年10月14日17時37分

※1 大手ネット証券とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社のことを指します。※2 Direxion Investments社は、1997年に設立され、ニューヨーク、ボストン、香港にオフィスがあるETF運用会社です。非伝統的な資産運用を行う会社であり、革新的な60以上のETFがニューヨーク証券取引所に上場しています。― [全文を読む]

NISA口座キャンペーン競争激化 株式売買手数料無料化も登場

NEWSポストセブン / 2014年01月05日07時01分

その後、この内容を上回るキャンペーンを発表したのは松井証券だ。国内株式の売買手数料を、NISA口座で売買ができる2027年まで(新規投資は2023年まで)、無料とした。つまり、同社のNISA口座で売買する限り、手数料は一切かからないことになる。しかも、松井証券では、ETFやREIT(不動産投資信託)の売買手数料も、2027年まで無料化するとしている。 実 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】ここ1年で投資資金が増加した人は、ネットでの株式売買経験者の4割強。2012年調査時より大幅増

PR TIMES / 2013年09月02日13時42分

◆インターネット取引経験がある証券会社、主にネット取引をしている証券会社の満足度 インターネット取引経験がある証券会社は「SBI証券」(41.2%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「松井証券」「野村證券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割と、他の年代より多くなっています。「野村證券」は50代以上で多くみられます。 現 [全文を読む]

【もうすぐ新年度。株っちゃう?】《実践》初心者向け・株の買い方

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年03月16日09時00分

なお最近は、株式売買手数料と口座管理料が安く抑えられる、ネット証券会社がかなり人気で、SBI証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券などがあります。 そして、口座を開設する際は、以下3タイプから選ぶことになります。 (1)一般口座 (2)源泉徴収ありの特定口座 (3)源泉徴収なしの特定口座 初心者であれば、自分で「年間取引報告書」 [全文を読む]

【ネット証券に関するアンケート調査】インターネットでの株式売買経験者のうち、4割はここ1年で投資資金増加。ネットでの取引意向者は2割強、「取引手数料の安さ」を重視

PR TIMES / 2014年09月24日09時28分

◆インターネットで取引したことがある証券会社インターネットで取引したことがある証券会社は、「SBI証券」(37.7%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「野村證券」「松井証券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割弱と、他の年代より多くなっています。主にインターネット取引をしている証券会社の満足度を聞いたところ、『松井証券 [全文を読む]

フォーカス