椎名林檎 長渕剛に関するニュース

話題の『1998年の宇多田ヒカル』著者が語る、宇多田“復活”が意味するもの「新曲は今まで以上にパーソナルな部分が色濃く出ている」

週プレNEWS / 2016年04月12日06時00分

日本経済が下り坂に入っていた中、なぜそれほど売れたのでしょう? 宇野 まず、この本は1998年にデビューした4人――宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみにフォーカスしていますが、彼女たちが本格的にブレイクするのは99年になってからです。 98年にCDが売れた理由には、大きく3つの要素があります。まず、B’zのベストアルバムが2枚出て累計1000万枚 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『関ジャム』で蔦谷好位置が注目 バンド・Official髭男dismが急きょ音源を公開

TechinsightJapan / 2017年06月22日12時22分

■蔦谷好位置が選ぶ“2017年上半期ベストソング TOP5” 1位 長渕剛『Loser』(作詞・作曲:長渕剛) 2位 椎名林檎とトータス松本『目抜き通り』(作詞・作曲:椎名林檎) 3位 Official髭男dism『始まりの朝』(作詞・作曲:藤原聡) 4位 クリープハイプ『イト』(作詞・作曲:尾崎世界観) 5位 evening cinema 『わがまま』 [全文を読む]

サザン桑田佳祐と長渕剛の“30年戦争”よりヤバい!? 『紅白』で椎名林檎が新たな火種に

日刊サイゾー / 2014年12月03日11時00分

それは意外なことに、紅組の椎名林檎という。 「本人は否定していますが、椎名さんはどちらかというと“右寄り”なんです。また韓国や中国が横ヤリを入れてこなければいいのですが……」(同) 11月5日にリリースしたばかりの椎名のニューアルバムのタイトルは『日出処(ひいずるところ)』。ジャケット写真には旭日旗風のデザインも描かれており、これを見た韓国人はTwitte [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「安倍なつみも騒動に…音楽業界はこの手の話が多い」

アサ芸プラス / 2015年09月13日17時57分

「1~2曲ではなく、自分で作詞したという数十曲に対して盗用が指摘されており、ネタ元も椎名林檎やCocco、中島みゆきなど比較的わかりやすく露骨なものが多かった。そういえば、浜崎と同じエイベックス所属の倖田來未や大塚愛にも同様の疑惑が頻繁にささやかれていましたね」 ただし、音楽界での盗作疑惑はウヤムヤに終わっているのが実情だ。どれだけ似ていたとしてもシラを切 [全文を読む]

紅白歌合戦みどころ「嵐が妖怪ウォッチとコラボ」「AKB48のプラカード」

dwango.jp news / 2014年12月31日18時10分

中でも注目は椎名林檎。その独創的な世界観を表現したパフォーマンスには要注目だ。ゴールデンボンバーは、取材陣完全シャットアウトで何を仕掛けてくるのか?かなりの演出になるだろう。企画コーナーも、妖怪ウォッチ、アナ雪、花子とアンとのコラボなど見逃せない豪華なものとなっている。特に、嵐とのコラボとなった妖怪ウォッチ。嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』を可愛すぎるコ [全文を読む]

フォーカス