流行 椎名林檎に関するニュース

椎名林檎、「林檎博'14」がDVD&Blu-ray化!

okmusic UP's / 2015年01月24日15時00分

■DVD&Blu-ray『(生)林檎博'14 ―年女の逆襲―』2015年3月18日発売 【初回完全限定生産DVD】 TYBT-19011/¥5,500+税 【初回完全限定生産Blu-ray】 TYXT-19005/¥6,400+税 <仕様> ・ケース付き3Dレンチキュラー・ハードカバー・ブック仕様 ・年女のパンフ付 <収録曲> 今/葬列/赤道を越えたら/都 [全文を読む]

【恋開運】40代超えの彼女のモテ運が強力な理由はこれ!

OTONA SALONE / 2017年06月29日11時30分

自分から積極的におしゃべりするのが魅力的にうつるのがこの星の特徴! ★四緑木星のモテ女のサンプル 黒柳徹子、石田ゆり子、森高千里、中村江里子、長谷川京子、椎名林檎、長沢まさみ →流行を取り入れつつも、さわやかな女性らしいファッションで人前に現れる人たち。そう、四緑がモテるためには流行のおしゃれは欠かせない。エレガントな話し方も取り入れたい! ★五黄土星のモ [全文を読む]

【実録】死にたいほど恥ずかしい過去の自分【ブログ編】

Woman Insight / 2015年10月07日19時00分

【まずは流行に乗ってしまった系から】 「とりあえず病んでた。笑 リアル日記とか意味わからん日記が流行ってて、その流行に乗ってました」 「当時流行ってたテキストサイトを真似して、別に面白くもないところでフォントのサイズを大きくするのにハマりまくっていました……そのときのログが残っているのですが本当に面白くない」 「椎名林檎さんが好きすぎて、ブログ名は「漢字 [全文を読む]

椎名林檎、ニコニコ生放送で初の特番放送決定。24時間一挙放送!

okmusic UP's / 2013年05月20日15時00分

(別ヴァージョン) 06.Σ 07.ギブス 08.闇に降る雨 09.アイデンティティ 10.罪と罰 11.東京の女 12.依存症 13.ストイシズム 14.やっつけ仕事 15.真夜中は純潔 16.おこのみで 17.君を愛す 18.yer blues 19.映日紅の花 20.シドと白昼夢(ビックバンド) 21.とりこし苦労 22.ギャンブル<Motion G [全文を読む]

真木よう子「ワロス」とネット死語 ファン「大目に見てあげて」

J-CASTニュース / 2017年07月08日11時00分

しかし、「ワロス」は10年くらい前に流行り、今では「死語」のようになっている。 ネットスラングも流行廃れがあるから難しい 当の「2ちゃん」でも真木さんのツイートが話題になり、 「無理してネットスラング使おうとして、思いきり滑ってる」 「ひと昔前によくいた、椎名林檎が好きな専門学校生が書きそうな文面」 「きっと今ごろ死にたくなるくらい恥ずかしがってると思う」 [全文を読む]

椎名林檎、「情熱大陸」のインタビュー映像が「48歳に見える」とファン悲鳴

アサジョ / 2017年02月02日10時14分

「カツラかもしれませんが、最近流行のショートの髪型、そして和装で登場。そのあたりは椎名らしいサプライズでしたが、メイクのノリが悪いのか、はたまた肌の調子がよくないのか、38歳の年齢よりはずいぶんと老けて見えました。情報を知らずにチャンネルをつけた視聴者は一瞬、彼女だとわからなかったようです。口元や頬のたるみ、ほうれい線など、番組を見た男性ファンたちが口々に [全文を読む]

<NHK紅白歌合戦出場曲にランキング1位はわずかに5曲>「懐メロ」で埋め尽くされた紅白は国民的番組ではない

メディアゴン / 2015年12月26日07時40分

もちろん、音楽を聴いている若い層がネットでの音楽視聴にシフトして、CDなどは買わないので、若者の流行や感性がランキングには反映されづらいという現実はある。それに加えて、そもそもアーティストが抱える固定ファンを除けば、若者たちはテレビで歌番組などを見ないのだから、若者のリアルな感覚を番組に反映させる意味もないのかもしれない。そうなると、自ずとテレビを見る層、 [全文を読む]

レコチョクが、最新ビデオクリップを無料で好きな時にいつでも楽しめるスマートフォン向けの新アプリ「レコチョク TV」を提供開始!

PR TIMES / 2012年08月03日13時13分

----- 概要 ----- ■アプリ名称:「レコチョク TV」 ■価格:無料 ■サービス概要 流行のミュージックビデオ(短尺)を無料で見放題 「気軽に最新ミュージックビデオをチェックできるアプリ」 ■ アプリのダウンロード方法 Google Play 1.「レコチョク TV」で検索 2.「カテゴリ」→「メディア&動画」→「人気(無料)」 ■ 参加予定レ [全文を読む]

森高千里「私がオバサンになっても」(後編)(2)中森明菜への憧れと目覚め

アサ芸プラス / 2012年07月06日10時58分

残念ながら、現在はピアノリサイタル用に改修されてしまい、当時を知るすべは入り口に残された「PEPPER LAND」というプレートのみとなったが、森高らバンドメンバーは、このライブハウスの控え室でもあった練習スタジオで、当時流行していたレベッカなどのコピー曲を練習していた。やはりこの場所から森高伝説は始まっていたのだ。「まさか自分の演奏するドラムをレコーディ [全文を読む]

フォーカス