グラビア 小向美奈子に関するニュース

「国民栄誉グラドルBEST20」(6位~10位)大きくないバストで初めて頂点に 立ったグラドルは?

アサ芸プラス / 2016年05月07日09時59分

グラビア界に“多大なる功績”を残した20人を「アサ芸プラス」が独断で決定。「国民栄誉グラドル」として、改めてここに表彰する。 いよいよ10位~6位を発表!10位 小向美奈子(156センチ・B86・W58・H83) 人生すべてが“衝撃”の連続だろう。水着デビューは中学生、当時でFカップあり、グラビア界の低年齢化を推進した。そして、薬物逮捕、ストリップデビュー [全文を読む]

カミングアウトするグラビアアイドルが続々、“軟乳”はもはやトレンドなのか?

週プレNEWS / 2015年05月05日10時10分

グラビアアイドル時代の小向美奈子は、自分の巨乳のことを「スライム乳」と呼んでいたが、それが水風船のように軟らかいオッパイだったことが、後年、アダルト作品への出演ではっきりと確認された。 ひと昔前は、小向のように自らの胸が軟らかくなったことを大っぴらに語るアイドルはあまりいなかったが、最近それを肯定的にアピールする発言が多くなっている。 バラエティー番組で「 [全文を読む]

「垂れてるから、それが豊胸してない証拠」筧美和子、天然バストをアピール! 乳輪サイズもついポロリ

メンズサイゾー / 2017年01月06日17時00分

それ以降、積極的にグラビア活動を展開し、昨年11月には2冊目の写真集『Parallel』と初のスタイルブック『Me』(ともに光文社)を同時リリース。メインターゲットが男性層の写真集では刺激的な手ブラショットやランジェリー姿を見せ、ネット上に絶賛コメントが殺到することとなった。 そんな彼女の人気は認めつつも、劇団ひとりは「いつ人気がなくなるかわからない」「( [全文を読む]

小向美奈子、服役後グラビア復帰も“過去の人”へ!? 「人間離れした顔」に関係者あ然

サイゾーウーマン / 2016年11月01日12時45分

2015年に覚せい剤取締法違反で逮捕された小向美奈子が、10月28日発売の「フライデー」(講談社)でグラビア復帰した。しかし、袋とじページで大胆なヌードを披露しているにもかかわらず、まったく話題になっていないばかりか、「裸体よりも顔面の方に目がいってしまう」(AV業界関係者)という。 「かつて人気グラビアアイドルとして活動していた小向は、09年に1度目の覚 [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(4)00年代1位~10位 ほしのあきが魅せた“透けたセーラー服”

アサ芸プラス / 2017年05月02日05時58分

2位・根本はるみ メジャーなグラビアアイドルとして、初めて100センチ超えのバストの持ち主。残念ながら活動は短命に終わったが、記録は永遠に残る。3位・ほしのあき 細い手足に反比例するスレンダーグラマーぶりも魅力だったが、透けたセーラー服などグラビア的な見せ方のバリエーションも光った。4位・花井美理 147センチの小柄な体に、Hカップという規格外のバスト。さ [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(3)艶姿だらけの写真集部門は伸びしろ見せたダレノガレ明美に

アサ芸プラス / 2016年07月03日17時57分

グラビア女子会のリーダー格の見事な一糸まとわぬ姿なだけに、今後、グラドル後を追い、こうした写真集の発売が盛んになるかも」(芸能評論家・織田佑二氏) 6月のAKB総選挙で初の2連覇を成し遂げた指原莉乃(23)は「スキャンダル中毒」(講談社)でアイドルらしからぬ下着食い込み尻出しショットを披露。「ずばり指原の魅力はバックショットにあります。みごとなヒップと脚線 [全文を読む]

高崎聖子の「本気」DVD生実況!(1)「小向に匹敵する衝撃作」の声

アサ芸プラス / 2016年05月16日17時57分

Gカップの胸を武器にグラビア界を席巻した現役アイドルが艶系女優に電撃転向。桃色デビュー作では本気の「完脱ぎ」を惜しげもなく披露しているのだ。高崎聖子改め高橋しょう子の衝撃シーンをまるごと生実況する。「はい、高橋しょう子。22歳です。B型のおうし座です。ニックネームは“たかしょー”です。以前はグラビアの仕事を2年間していました」 窓辺に腰掛け、自己紹介する [全文を読む]

テリー伊藤対談「山地まり」(1)薬局でいきなりスカウトされて…

アサ芸プラス / 2015年04月03日09時54分

一躍グラビア界に現れた超新星だが、その印象的な瞳の奥には知られざるデビュー秘話が。みずみずしい20歳の恥じらいと、豊かな胸の内に隠されたバージン・ストーリーを天才テリーがすべて聞き出した!テリー スカート短いなあ。パンツ見えるぞ。山地 これ、ズボンなんです。間で分かれてます。テリー あ、俺のいちばん嫌いなパターンだ。一見スカートだけど、キュロットっていうや [全文を読む]

アイドルの「卒業」名場面30年史(8)小向美奈子、高崎聖子はグラビア界から“強制卒業”

アサ芸プラス / 2016年03月20日17時58分

「さらに、グラビア活動も“卒業”すると宣言したんです。これには応援していたファンからもブーイングでした」(アイドル評論家・織田祐二氏) 騒動が起きた当時、電子書籍版で発売した写真集のタイトルは「僕が卒業できない理由」である。これ以上ないくらい、皮肉めいたタイトルだ。 さて、周期的にお騒がせの材料をぶっ込んでくる熊切あさ美は、13年8月のイベントで突然のアイ [全文を読む]

ロンブー田村淳、会見で自身の覚せい剤疑惑に触れず…タブー破りの新番組会見でタブーだらけ

Business Journal / 2016年03月19日17時00分

なかでも、特番を見た元グラビアタレントの小向美奈子受刑者(覚せい剤取締法違反)の所属事務所社長から電話があり、「ウチのも、ぜひやってくれませんか」と申し入れを受けたというエピソードを披露。「ウチのはまだ塀の中なので、出てきてからですけど」と言われ、田村は「いや、僕は今からやりたい。面会するところから。今、密に連絡を取っているところです」とヤル気満々の様子を [全文を読む]

薬物逮捕“前日”!高部あいが出席した華やかすぎる“パーティ”がブログに!? 人気タレントたちにも影響飛び火か……

日刊サイゾー / 2015年10月27日20時30分

だが、2004年の「全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を受賞し、女優としてドラマや有名バラエティに出演歴があり、12年には声優としてアニメ『キルミーベイベー』(TBS系他)のヒロイン役を演じるなど、飛躍を信じて様々な“種目”に顔を出してきた経歴がある。10年近く芸能界に身をおく中で中々ブレイクしなかった悩みが、高部容疑者の経歴からは見え隠れする。そ [全文を読む]

「むしろたまらん!」「柔らかそう!」“千年さん”こと橋本環奈(16)、太っても世間は歓迎ムード!?

おたぽる / 2015年10月02日15時00分

2013年に“天使すぎるアイドル”として発掘されて以来、所属するRev. from DVLの牽引役はもとより、テレビ番組出演、CM、雑誌グラビアなど、橋本の活躍は枚挙にいとまがない。 さらに最近では、実写映画『暗殺教室』で箱型の人工知能の攻撃ロボット・自律思考固定砲台(律)に出演して話題を呼び、また、来年公開の『セーラー服と機関銃 -卒業-』で初主演を務め [全文を読む]

小向美奈子、復帰絶望の深層

NewsCafe / 2015年02月17日17時00分

「その後はストリッパーに転身し、AVデビューや深夜番組出演、さらには週刊誌のグラビアを飾るなど、徐々に芸能活動を再開していました。小向は有名グラビアアイドルというステータスがあったから、ここまで復帰できたんです」 しかし、"スライム乳"などと巨乳ももてはやされたが、脱いでしまえばすぐに飽きられていたか? 「芸能事務所では、女性タレントを採用する厳しい基準 [全文を読む]

「楽屋に吸引器具あった」小向美奈子、怪しい業界人もお手上げのヤバすぎる薬物依存度

サイゾーウーマン / 2015年02月10日13時00分

その後はストリッパーに転身し、AVデビューや深夜番組出演、さらには週刊誌のグラビアを飾るなど、徐々に芸能活動を再開していました」(スポーツ紙記者) また2回目に逮捕状が取られた時点では、小向は留学のためフィリピンに滞在していた。「週刊誌に薬物疑惑の記事が出ることを察知して、いち早く海外に逃亡といわれていましたが、真相は不明です。その後、帰国と同時に逮捕され [全文を読む]

伝説のCM美少女・後藤理沙がAVデビュー決定!? 衝撃の内容とは…

メンズサイゾー / 2013年04月19日14時00分

1997年に14歳でグラビアデビューし、99年の「ポカリスエット」のCMでブレイクした女優の後藤理沙(29)が6月中旬にAVデビューするという衝撃的なスクープを東京スポーツが一面で報じている。かつては黒髪ロングの正統派美少女として多くの男性ファンに支持され、清純派アイドルとして当時同じ事務所だった広末涼子(32)らと人気を分けあった彼女。元アイドルで現役女 [全文を読む]

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美

アサ芸プラス / 2012年06月14日11時00分

実際、古巣のグラビア事務所と「出戻り」を画策したこともあったと、前出の石川レポーターは言う。 「旧知の社長と再契約寸前までいったけど、やはりご破算になった。それは、プロダクション尾木を辞めた経緯がクリアになっていないから。芸能界は所属した大手事務所との話がつかないうちは、簡単には復帰できない世界」 フィリピンの父親のもとで1年を過ごしたのは、病気に関して、 [全文を読む]

フォーカス